ゲストの方へ

激安!海外で民泊を経験しながら、カナダ横断をした話⑤まとめ

FOR GUESTS
Seiya Mizukami

トラベラー

シェアありがとうございます

海外旅行での民泊体験って不安ではありませんか?

正しく利用すれば、とてもお得で貴重な体験ができる民泊。

今回は民泊を賢く利用するために、大学生の水上さんの体験談最終回をお届けします。

1. フォトジェニックな街

NYに1週間滞在した後、再度トロントに戻りました。

そこでも民泊サイトAirbnbを利用したのですがこれまでのような変わったことは起きず、一泊しかしていないので今回は省きました。

もちろん、ホストの方はとても人当たりの良い方々で部屋も綺麗で、文句なしの民泊でした。

その後モントリオールに行きホステルに三日間宿泊しました。

ちなみにモントリオールの街は最近話題のインスタ映えのする街で、教会や、市場、パブリックアートなどつい写真を撮りたくなる景色がたくさんありました。

あと、プーティンが有名と聞いたので食べてみたのですが、これがめっちゃうまい!

塩分、脂肪分、炭水化物とカロリーの宝石箱のような料理でしたがそれが逆に背徳感を刺激し、より一層美味しく感じさせました。

2. 最終地ニューファンドランドに到着!

ついに最終地、ニューファンドランド島のセト・ジョンズに到着しました。

カラフルな家々が立ち並ぶ街並みは、すごく綺麗で、どこかヨーロッパの陽気な雰囲気が漂う港町でした。

そして、待ちに待った景色を見ることができました。

シグナルヒルという灯台から見える見渡す限りの水平線に広がる大西洋です。

この景色が見えた時、冷たく吹きつける海風に身震いし、と同時に体の内から溢れ出る達成感を感じました。

そして、それから間もなく訪れた、突然胸が空っぽになったような虚しい感情が襲い、しばらくそこから離れることができずにいました。

3. Airbnbを利用した新たな旅行のカタチ

このカナダ横断の旅の中でたった4回利用しただけですが、一括りに民泊と言ってもホストによってそれぞれのルールがあり、多様な宿泊を体験できることがわかりました。

また今回は宿泊費を削るために、ホテルではなく、Airbnbを利用した為、いろんなトラブルに巻き込まれることは少なくなかったです。

居心地が悪く、よく寝れない夜もありましたし、家に帰りたくないが為に、夜遅くまでわざと外で彷徨くこともありました。

ですが、それ以上に多くの出会いに恵まれたと思っています。

これは大金を出してホテルに泊まっては得られない、間違いなくお金より価値のあるものです。

出会った方々は、本当にいろんな人がいました。

黒人と口論となって、帰り道ずっと「警察がいなかったら、ボコボコにしてた」と豪語するガリガリの人。

NE-YOのような美声を部屋の中で響かせる人。

ブロードウェイのライオンキングでナラ役を演じたことのある人。この旅でAirbnbを利用していなければ出会えなかった人達です。

また出会いがあればそれと同じくらいの新しい経験ができると思いました。

それらは良いことも悪いこともありますが、そこから得られる考え方や知恵は、これからの人生のどこかで役立つ日がくると信じています。

お金がない方、出会いを求めてる方、人と話すのが好きな方、日々になにか退屈を感じてる方など、次回の旅行の計画はぜひAirbnb、HomeAwayといった民泊予約サイトを利用していただきたいと思います。

きっと新たな旅行のカタチを見出せると思います。

今までの記事 icon-bookmark-o 

激安!海外で民泊しながら、カナダ横断をした話 ① 出発編

激安!Airbnbで初めて民泊を経験しながら、カナダ横断をした話②カルガリー篇

激安!Airbnbで初めて民泊を経験しながら、カナダ横断をした話③トロント篇

激安!Airbnbで初めて民泊を経験しながら、カナダ横断をした話④ニューヨーク篇

激安!Airbnbで初めて民泊を経験しながら、カナダ横断をした話⑤まとめ

Staywayについて

Staywayでは、海外のお得な民泊サイトを比較してお届けします。水上さんの宿泊したような激安の宿もあれば、まるまる貸切型のラグジュアリーコンドミニアムも探せます。
お得に暮らすような旅をするならStayway。ニューヨークの民泊・別荘を探すならこちらへ

Seiya Mizukami
学生中にバンクーバーに1年間留学。Airbnb・民泊を使い、カナダ・アメリカを横断した経験を持つ

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で

宿泊サイトをまとめて比較

公認トラベラーが情報をお届け

宿泊施設を探す