米どころ秋田の銘酒!在住者が選ぶ本当に美味しい秋田の日本酒11選

飯島かさほ

トラベルライター

シェアありがとうございます

日本酒
photo by  Tatsuo Yamashita

米どころ秋田には自慢の日本酒が数多くあります。酒蔵の数は30以上!秋田グルメのお供だけでなくお土産としても人気が高いです。

何をオーダーすればいいか、贈り物にはどれが合うか、迷ってしまいますよね。

おすすめの秋田の日本酒を紹介します!

11位:花邑(はなむら)

View this post on Instagram

kout_monsyouyaさん(@kouyondaime)がシェアした投稿

両関酒造は酒米製造が盛んな秋田県湯沢市にある酒蔵です。低温の中でじっくりと醗酵させる独自の低温長期醸造法で日本酒を製造しています。

両関や雪月花が代表的です。

その中で人気上昇中の日本酒が「花邑(はなむら)」です。フルーティな香りとまろやかな口当たりから、飲んだ後のキレの良さまでメリハリのあるお酒です。

花邑は限定流通品のため希少なのでお店で見つけたらぜひトライを。中でも瓶燗火入れして作る「花邑雄町」が一押し商品です。

「花邑」の商品情報
製造元:両関酒造株式会社
住所:秋田県湯沢市前森4丁目3-18
電話番号:0183-73-3143
価格帯:6,000~26,000円程度
公式HP:http://www.ryozeki.co.jp

10位:まんさくの花

まんさくの花
photo by 飯島かさほ

「まんさくの花」は日の丸醸造を代表する日本酒で、まろやかな甘みが特徴の日本酒です。昭和56年放送の秋田県横手市を舞台とした朝ドラ「まんさくの花」を機に発売されました。

甘くてフルーティでワインのような味わい、日本酒が苦手な人でも飲みやすいのが魅力。掛け搾りの最後だけを凝縮したアルコール度高めの限定版や、超辛口の番外品などもあり!

掛け搾りの最初にとれる荒ばしりなどシーズン限定のものも豊富で、自分の好みに合わせて選ぶ楽しさがありますよ。

「まんさくの花」の商品情報
製造元:日の丸醸造株式会社
住所:秋田県横手市増田町増田字七日町114-2
電話番号:0120-86-3987
価格帯:1,200~12,000円程度
公式HP:https://hinomaru-sake.com

9位:天の戸

天の戸
photo by 飯島かさほ

大正6年創業の浅舞酒造が作る「天の戸」はフルーツのような香りと渋みの効いたガツンとくる味が特徴です。

横手市平鹿の盆地で、奥羽山脈から湧く美しい水と米どころ秋田の良質な酒米で作られています。ラベルに描かれた勾玉が目印!

天の戸の一商品である「じゃごたろ」は夏に飲みたくなるにごり酒。キンキンに冷やしていただくのがおすすめです。

「天の戸」の商品情報
製造元:浅舞酒造株式会社
住所:秋田県横手市平鹿町浅舞字浅舞388
電話番号:0182-24-1030
価格帯:1,000~18,000円程度
公式HP:http://www.amanoto.co.jp

8位:雪の茅舎

雪の茅舎
photo by 飯島かさほ

齋彌酒造店は明治35年創業で、初代当主齋藤彌太郎の名前から酒造店の名がつきました。

齋彌酒造店を代表するのが、秋田県の中でもファンの多い「雪の茅舎」です。

飲みやすさとコスパの良さが特徴です。山廃は熱燗にするのがおすすめ。飲み込むときのこっくりとした味わいが癖になります。

齋彌酒造店は蔵への薬剤不使用にもこだわっており、酒蔵として日本初のオーガニック認定を受けています。安心安全で飲みやすく、お土産にも喜ばれる一品です。

「雪の茅舎」の商品情報
製造元:齋彌酒造店
住所:秋田県由利本荘市石脇字石脇53
電話番号:0184-22-0536
価格帯:1,000~8,000円程度
公式HP:http://www.yukinobousha.jp

7位:No.6

No.6新政
photo by Hazy Moon

秋田市内に蔵を構える新政酒造が生み出した「No.6」は、6番酵母に徹底してこだわって製造された生酒です。

秋田の日本酒ブランドの概念を引き上げる逸品。

秋田県内でも流通が少なく、買えるお店が限られている日本酒です。秋田の居酒屋で秋田の郷土料理と合わせていただくのがおすすめ!

ふくよかな甘みと日本酒らしい酸味、そして控えめな辛みが絶妙なバランスで口にアタックしてきます。

合わせる料理にもこだわりたくなる味です。

「No.6」の商品情報
製造元:新政酒造株式会社
住所:秋田県秋田市大町6丁目2-35
電話番号:018-823-6407
価格帯:1,500~5,000円程度
公式HP:http://www.aramasa.jp

6位:北秋田

北秋田
photo by 飯島かさほ

数ある秋田の日本酒の中で、実は日本のスーパーで売り上げNo.1なのが株式会社北鹿製造の「北秋田」です。秋田の雪深い大館の地で作られています。

最大の魅力はコスパの良さ!低価格で雑味が少なくとても飲みやすいです。量をいきたい人、食事と一緒に少しづつ楽しみたい人、どちらにもおすすめできます。

さわやかな口当たりの「北秋田」は癖も少なく、肉料理などの濃い口の料理と合わせても邪魔になりませんよ。

「北秋田」の商品情報
製造元:株式会社北鹿
住所:秋田県大館市有浦2丁目2-3
電話番号:0186-42-2101
価格帯:500~2,500円程度
公式HP:http://www.hokushika.jp

5位:飛天の夢

飛天の夢
photo by 飯島かさほ

幕末の時代に創業した出羽鶴酒造は、農家とタッグを組んで酒米の栽培からこだわり良品質を貫く酒造です。「飛天の夢」は芳醇な香りとキレの良さが特徴の日本酒です。

おすすめは飛天の夢のスパークリング!ワインに似ているようで、日本酒独特の鼻に抜ける香りが強くあり、それが全く邪魔に感じません。

スパークリングの軽いタッチなら、ちょっとおしゃれに演出したい夜やパーティでも渋くなりすぎずに食事に添えられますよ。

「飛天の夢」の商品情報
製造元:秋田清酒株式会社(出羽鶴酒造)
住所:秋田県大仙市南外悪戸野81
電話番号:0187-74-2600
価格帯:1,000~10,000円程度
公式HP:https://www.igeta.jp

4位:飛良泉

飛良泉
photo by 飯島かさほ

山形県にほど近い秋田の沿岸南部にある飛良泉本舗は室町時代から続く歴史ある酒蔵。名を冠した「飛良泉」は今も昔も秋田県民に愛され続ける銘酒です。

飛良泉の特徴は、吟醸酒や純米吟醸酒が好んで飲まれる昨今にあって、徹底して山廃仕込みにこだわっている点です。口にダイレクトに飛び込んでくる甘みと酸味のハーモニーが最高です。

もちろん大吟醸も絶品。山廃より後味がスッキリしていて辛口が引き立ちます。

「飛良泉」の商品情報
製造元:株式会社飛良泉本舗
住所:秋田県にかほ市平澤字中町59
電話番号:0184-35-2031
価格帯:500~15,000円程度
公式HP:http://www.hiraizumi.co.jp

気になる第3~1位は?>>>

飯島かさほ
旅行大好きの秋田在住ライター!10年以上務めた金融をやめてフリーになり、書いては旅へ、旅をしては書く日々を送っています。47都道府県制覇に向けて邁進中!現在は約半分ほど訪れました。海外は韓国、シンガポール、サイパン、台湾のみ。毎年1回は海外に行くのが目標です!観光は世界遺産や神社仏閣など歴史的建造物が好き。もれなくグルメも堪能しております♪ブログも運営中。
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で