在住者が教える!バンコク女子に人気のインスタ映えカフェ13選

RUMI

トラベルライター

バンコク インスタ映え カフェ

Photo by RUMI

バンコクのカフェブームは盛り上がる一方で、独創性にあふれたカフェがどんどんオープンしています。

人気がなければ閉店し、人気が出ると大きな物件に移転し、もはやガイドブックは追いつきません。

今回は2019年最新版のカフェ情報をお伝えします。

※英語表記は正式名称、カタカナ表記は通称です。

エリアの特徴

■時差-2時間
*サマータイム実施なし
■言語タイ語
■通貨THB(タイバーツ)
■気候一年を通して日差しが強く、高温多湿。猛暑季(4~5月)・雨季(6~10月)・乾季(11~3月)と3つのシーズンに分かれる。

1. Audrey Cafe’ des Fleurs(オードリー)

バンコク インスタ映え カフェPhoto by RUMI

タイの有名女優が経営する、乙女心満載のカフェです。お店に入ると誰でもお姫様気分。

それなのに価格はリーズナブルで、パスタもタイ料理もスイーツもとても美味しいです。

ランチの時間帯にはお得なセットメニューもあります。チェンマイ名物のカオソーイが食べられるのも嬉しいところ。

<詳細情報>オードリー エムクオーティエ支店
【住所】8th Floor, EmQuartier Sukhumvit Khlong Tan Nuea, Watthana Bangkok
【電話】02-003-6244
【アクセス】BTSプロムポン駅直結 エムクオーティエ8階
【定休日】デパートの休業日に準じる
【営業時間】11時から10時
【公式サイト】http://www.audreygroup.com/(現在メンテナンス中)

2. After You Dessert Café (アフターユー)

バンコク インスタ映え カフェPhoto by RUMI

10年前から大人気のカフェで、当時本店は深夜1時までの営業でしたが、夜12時に行っても大行列でした。

一番人気は「Shibuyaハニートースト」。小さい食パン半斤を使った見た目もゴージャスかつパワフルなスイーツです。

今はあちこちに支店ができ、しかも一部上場企業になりました。最近では航空会社とコラボして、機内食のデザートも手掛けています。

バンコク女子で「アフターユー」を知らない人はほとんどいないと言われる、超有名店です。行列覚悟で行って下さい。

<詳細情報> アフターユー ターミナル21支店
【住所】2F Terminal21 88 Soi Sukhumvit 19, Khlong Toei Nuea, Watthana Bangkok
【電話】02-061-5545
【アクセス】BTSアソーク駅下車徒歩1分 ターミナル21デパート2階
【営業時間】10時から22時
【定休日】デパートの休業日に準じる
【公式サイト】https://www.afteryoudessertcafe.com

3. ROAST(ロースト)

バンコク インスタ映え カフェPhoto by RUMI

バンコクカフェブームの火付け役となったカフェです。

オーナーはアメリカの大学を卒業した富裕層の男性ですが、とても素朴で好感のもてる人物です。「自分はカフェでお金儲けをしようと思っていない。

味しい物を提供して、地域の人に貢献したいんだ」と語っていました。オーナーの人柄があらわれるステキなカフェです。

現在バンコク市内に複数支店がありますが、一番広くて落ち着けるのは、コモンズ本店でしょう。

ここのスイーツはインスタ映え必至です。

<詳細情報>ロースト コモンズ本店
【住所】The COMMONS Soi 17, Sukhumvit 55 Khlong Tan Nuea, Watthana Bangkok
【電話】02-185-2865
【アクセス】BTSトンロー駅下車徒歩1分、トンロー通りに入って直進10分左側、コミュニティモールThe COMMONS内
【営業時間】月曜〜木曜 10時から23時/ 金曜、土曜 9時から23時 / 日曜 9時から22時
【公式サイト】http://www.roastbkk.com

4. Coffee Break At Li-bra-ry (ライブラリー)

バンコク インスタ映え カフェPhoto by RUMI

日本好きなタイ人姉妹が作ったカフェです。

店名の通り、カフェ内には本がたくさんあり、ひとりで来てのんびり読書をしている人もよく見かけます。

2階席はパソコンを持ち込んだタイの大学生に占領されていることが多いので、1階席の方が落ち着きます。

バンコク インスタ映え カフェPhoto by RUMI

なお、店名はカタカナで「ライバーリー」となっていますが、
オーナーいわく

「日本語が好きだから、看板に日本語を書きたかったけど、Libraryを日本語で「ライブラリー」と書くことを知らなかった。後から指摘されて、名刺も看板も全部作り直したかった」

と、とても残念そうでした。

<詳細情報>ライブラリー スクンビット支店
【住所】24 Sukhumvit Rd Khwaeng Khlong Tan, Khlong Toei, Watthana Bangkok
【電話】02-259-2878
【アクセス】BTSプロムポン駅下車すぐのsoi24通りに入って直進10分、右側
【営業時間】9時から20時
【定休日】なし
【公式サイト】 https://m.facebook.com

5. ビストロM

バンコク インスタ映え カフェPhoto by RUMI

ホテル内のカフェなのに、カジュアルでリーズナブル、なおかつ居心地が良くて長居できるカフェです。

ホテル内なのでサービスもばつぐん。期間限定でお得なキャンペーンをやっているので、キャンペーンを狙って行って下さい。

2019年3月現在はランチビュッフェプロモーションを行っています。

<詳細情報>ビストロM
【住所】1floor Marriott Executive Apartments 90 Sukhumvit Soi 24, Klongton, Klongtoey, Bangkok
【電話】02-302-5265
【アクセス】BTSプロムポン駅下車すぐのsoi24通りに入って直進13分、右側。前述のカフェ「ライブラリー」を通り過ぎてすぐ
【営業時間】5時半から23時
【定休日】なし
【公式サイト】こちら

6. SHIO洋食(シオ)

バンコク インスタ映え カフェPhoto by RUMI

店名の由来は日本の「塩」です。

オーナーはタイと日本のハーフで、服部栄養専門学校で勉強している時に「塩」の大切さに気付いたそうです。実際おしるこに塩を入れないと甘みが出ませんよね。

スイーツにとって塩がとても大事な要素であることから店名は「SHIO」となりました。ここのモンブランは絶品です!

<詳細情報>シオ エムクォーティエ支店
【住所】8th Fl., EmQuartier Sukhumvit Rd, Khlong Tan Nuea, Watthana Bangkok
【電話】02-003-6287
【アクセス】BTSプロムポン駅直結 エムクオーティエ8階
【営業時間】11時から22時
【定休日】デパートの休業日に準じる
【公式サイト】なし

7. HOLLYS COFFEE (ホリース コーヒー)

バンコク インスタ映え カフェPhoto by RUMI

いまやバンコク市内に大量にある、雪のようなかき氷(Snowビンス)を提供するカフェです。

その中でもここはWiFiフリーで24時間営業、市内中心部にあり駅からも近いため、いつ行っても混んでいます。

目玉商品は甘いかき氷なのですが、男性客が多いのがこの支店の特徴です。

バンコク インスタ映え カフェPhoto by RUMI

カウンターで代金を支払うと、タイマーを貸してくれます。

このタイマーが光ったら、カウンターに行って商品を受け取ります。

大音量のアラームも鳴り響くので、早めに行かないとちょっと恥ずかしいです。

バンコク インスタ映え カフェPhoto by RUMI

マンゴーかき氷は氷の中にもマンゴーがたっぷり。ブルーベリーかき氷の中身はブルーベリージャムです。

こちらはミニサイズ(各180バーツ=約630円)ですが、店内はクーラーが効いているので、食べ終わる頃には鳥肌がたつほど寒いです。

<詳細情報>ホリースコーヒー アソーク支店
【住所】219/1 Sukhumvit Khlong Toei Nuea, Watthana Bangkok
【電話】02-651-1062
【アクセス】BTSアソーク駅下車、ナナ駅方面に徒歩5分、ソフィテルホテルの手前
【営業時間】24時間営業
【定休日】なし
【公式サイト】https://www.facebook.com
RUMI
カンボジア・シェムリアップでゲストハウス経営の後、タイのバンコクに移住。バンコク在住歴は通算6年です。世界20か国以上を旅行しており、「人が住んでいる所ならどこでも生きられるはず」と信じて東南アジアのマイナーな街にも探検に出かけています。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo