バンコクひとり旅!2泊3日のおすすめ観光モデルコース!

櫻井れき

トラベルライター

バンコク バックパックグルメ・ショッピング・夜遊びスポットなどなど…大満足な2泊3日のバンコクひとり旅モデルコースをご紹介します。

お友だちとの旅とはまた違う、ひとり旅だからこそ楽しめる観光スポットやわがままグルメ、のんびりショッピングを満喫しましょう♪

ひとり旅の醍醐味はなんといっても“好きな時間”に“好きな場所”で“好きなこと”ができること!このチャンスを生かして、バンコクでたくさんの思い出を作ってください。

エリアの特徴

■時差-2時間
*サマータイム実施なし
■言語タイ語
■通貨THB(タイバーツ)
■気候一年を通して日差しが強く、高温多湿。猛暑季(4~5月)・雨季(6~10月)・乾季(11~3月)と3つのシーズンに分かれる。

■1日目 バンコク到着は早朝便がおすすめ

日本からバンコクまでは直行便で6~7時間のフライト時間を要し、スワンナプーム空港へは早朝または夕方到着の便となります。

夕方到着便ですと、1日目がほぼ移動だけで終わってしまいます。これはもったいないですよね。

体力に自信のある方、時間を有効に使いたい方は、初日からいろいろ動ける早朝到着便がおすすめです。

【空港-市内】ホテルの空港送迎サービスで楽々移動!

001-2_タイ_スワンナプーム空港_車寄せ

Photo by Wolf-Dieter

到着後は、まずホテルに直行して荷物を預けてから街を散策しに行きましょう。空港送迎サービスのあるホテルをチョイスすれば、重い荷物をひきずっての電車移動やタクシー手配などの手間がはぶけます。

早朝着の場合はホテルのチェックインまではまだ時間がありますが、フロントで本人確認ができればチェックイン時間まで荷物を預かってもらうことができます。

これらのサービスは、ホテルにより事前リクエストや車の手配料金(片道1,500バーツ~)が必要な場合がありますので、予約時のチェックを忘れずに。

空港―市内 その他の移動方法

他にも空港からバンコク市内まではさまざまな移動方法があります。詳しくは「空港―バンコク市内の移動方法は?」をご覧ください。

【ホテル】アーノマ グランドホテル バンコク(ARNOMA GRAND HOTEL BANGKOK)

003_タイ_アーノマホテル バンコク_外観

trip.com

アーノマ グランドホテル バンコクは、BTS「チットロム駅」より徒歩5分、商業施設やオフィスビルが建ち並ぶ都会的な環境に立地しています。

周辺はタイ料理をはじめ和洋中華料理・ファストフード、カフェなどの飲食店が多数あり、有名店の「ピンクのカオマンガイ」や「緑のカオマンガイ」も徒歩圏内です。

003_タイ_アーノマホテル バンコク_部屋

trip.com

向かいには大型ショッピング施設「セントラルワールド」、お隣に大型スーパー「ビッグC」があり、ショッピングにも最適。人通りも多く、夜間の外出も比較的安全です。

アーノマ グランドホテル バンコク(ARNOMA GRAND HOTEL BANGKOK)
【住所】99 Ratchadamri Road, Pathumwan, Bangkok 10330, Thailand
【アクセス】BTS「チットロム駅」より徒歩5分
【価格帯】\9,000~\35,000
【公式サイト】https://www.arnoma.com/

・駅近くで立地が良く、バンコク中心部を観光するのに適している(女性 20代)
・周辺にショッピングモールやスーパーがたくさんあり、ショッピングに便利(女性 30代)
・立地が良く宿泊代もリーズナブル(男性 20代)
・歴史のあるホテルなので老朽化している(男性 30代)

View this post on Instagram

Arnoma Grand Bangkokさん(@arnomagrand)がシェアした投稿

【観光】エラワン祠

004-1_タイ_エラワン祠

Photo by 櫻井れき

チットロム駅を出てすぐ、グランドハイアット エラワンホテル前にあるエラワン祠は、梵天様をまつるヒンドゥー教の祠です。

受験や就職など大きな願い事がある時にここを参拝すると成就すると言われており、連日多くの参拝者が訪れています。

004-2_タイ_エラワン祠

Photo by 櫻井れき

参拝に必要なお花と線香のセットは25バーツから販売されていますのでこれを購入し、祠に奉納して祈りをささげます。

参拝のマナーは周りの人たちをお手本にすると良いでしょう。

004-3_タイ_エラワン祠

Photo by 櫻井れき

普通の参拝ならここで終了ですが、特に受験や就職など大きな願い事がある時、受付にて寄付金をおさめると、民俗衣装を着た女性達による成就を祈るタイ舞踊が見られます。

「願い事が成就した時は、またお礼の参拝をしにきます」と頭に思い浮かべながらお祈りしてくださいね。

エラワン祠
【住所】Ratchadamri Rd, Khwaeng Lumphini, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330 タイ
【アクセス】BTS「チットロム駅」より徒歩2分
【公開時間】8:00~23:00
【入場料】無料 ※参拝セット 25バーツ~

【ショッピング&ランチ】ターミナル21

005-1_タイ_ターミナル21

Photo by 櫻井れき

BTSアソーク駅またはMRTスクンビット駅に直結しているターミナル21は、世界の空港をモチーフにした、ユニークな発想のショッピングモールです。

ファッション・雑貨、スーパーなどのショップや、カフェ・レストランやフードコート、シネコンなどなんでもそろっています。

005-2_タイ_ターミナル21

Photo by 櫻井れき

エスカレーター横にある階数表示は、まるでフライト案内板のよう。

サンフランシスコやパリ、ロンドンなど、各フロアはそれぞれ世界の街並みを再現した作りになっています。

東京がテーマになった階もありますよ!

005-3_タイ_ターミナル21

Photo by 櫻井れき

東京がコンセプトとなったM階は、歌舞伎町の街並みをモチーフにしたフロア構成になっています。

神社の鳥居やまねき猫のオブジェ、ところどころにヘンな日本語があったりして、クスッと笑えてしまいます。

フードコート「PIER 21」

005-4_タイ_ターミナル21_フードコート

Photo by 櫻井れき

レストランフロアの5階には、タイラーメンやパッタイ、ワンプレート料理からスイーツまで、さまざまな料理が食べられるフードコートがあります。

料理を1人前から食べられるフードコートは、ひとり旅の強い味方!

005-5_タイ_ターミナル21_フードコート

Photo by 櫻井れき

各店舗には料理の写真やわかりやすいサンプルが出ているので、どんな料理に特化したお店なのかが一目でわかります。

言葉がわからなくても指さしで注文できるのも嬉しいところですね。

005-6_タイ_ターミナル21_フードコート

Photo by 櫻井れき

ワンプレート料理と飲み物くらいであれば、100~150バーツのクーポンを購入しておけば十分でしょう。

クーポンが余ってしまっても、当日限りは受付で払戻しができますので安心です。

ターミナル21 TERMINAL21 ASOK
【住所】88 Sukhumvit Soi 19 (Wattana) Sukhumvit Rd.North Klongtoei, Wattana, Bangkok 10110
【アクセス】BTS「アソーク駅」 / MRT「スクンビット駅」直結
【営業時間】10:00~22:00
【公式サイト】https://www.terminal21.co.th

【カフェ】Paul Frank Cafe Esplanade

お猿のキャラクターがトレードマークの「ポール・フランク」は、街でグッズを身に着けている人を見かけない日はないほど、多くのタイ人から支持されているアメリカのブランドです。

バンコク内には数多くのポール・フランクショップが点在しており、その中でもカフェが併設されているエスプラナード ラチャダー店は、若者を中心に人気を集めています。

かわいらしい店内で食べられるのは、SNS映えまちがいなしのカラフルなスイーツ。

定期的に新メニューも登場し、何度訪れても飽きることはないでしょう。

大きなポールフランク人形が座るテーブル席は、まるで向かい合わせでおしゃべりしながらカフェを楽しんでいるような気分にさせてくれます。

Paul Frank Cafe Esplanade
【住所】G Ratchadaphisek Rd, Khwaeng Din Daeng, Khet Din Daeng, Krung Thep Maha Nakhon 10400 タイ
【アクセス】MRT「タイ文化センター駅」より徒歩1分
【営業時間】10:00~20:00
【公式サイト】https://www.facebook.com

【夜遊び】ラチャダー鉄道マーケット

001-1_タイ_ラチャダーナイトマーケット

Photo by 櫻井れき

ショッピングモール「エスプラナード ラチャダー」の裏側にあるラチャダー鉄道マーケットは、バンコクでも最大級のナイトマーケットのひとつです。

エスプラナード駐車場4階から望む屋台のきらびやかな明かりの群れは、なんともフォトジェニック!ぜひカメラにおさめておきたいですね。

敷地内は、ファッション・アクセサリー・ヴィンテージ物・タイ土産など、ジャンルごとに販売ゾーンが分かれています。

食べ歩き屋台や、ゆっくり座って食べられるレストランもありますよ。

値段交渉などで屋台の人たちとのコミュニケーションが楽しめるのも、ナイトマーケットの魅力のひとつ。まとめ買いをすると、だいたい値引きに応じてくれます。

この機会にぜひチャレンジしてみては?

ラチャダー 鉄道マーケット
【住所】Khwaeng Din Daeng, Khet Din Daeng, Krung Thep Maha Nakhon 10400
【アクセス】MRT「タイ文化センター駅」より徒歩3分
【営業時間】17:00~1:00 毎日営業
【公式サイト】https://www.facebook.com

2日目は次のページへ!

櫻井れき
東京都在住。旅行・グルメ・エンタメライター兼主婦。 タイ・バンコクやバンコク近郊の観光スポット・グルメ・エンタメ情報を中心にお届けいたします。ガイドブックにはまだ載っていない、みなさまの旅が盛り上がるような記事が発信できたらうれしいです。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で