徹底解説! タイ77県の魅力が集まるバンコクの『スークサイアム』

Juri Mizuki

トラベルライター

スークサイアム

(photo by Juri)

バンコクにある東南アジア最大級のショッピングモール【 ICONSIAM アイコンサイアム】

2018年11月にオープンしたばかりで有名ブランドショップはもちろん日本でもお馴染みのデパート『高島屋』もテナントとして出店していてバンコクで今最も注目されているショッピングモールです。

今回はその1階にある巨大マーケットスペースのSOOK SIAM(スークサイアム)を細かく紹介したいと思います。

【口コミ】

スークサイアムに対する評価は全体的に非常に高く、高級ショッピングモールの中にあるにも関わらず手頃な価格でお土産や食事が提供されている事そして全体的な雰囲気に対して高い評価を得ています。

・実際に外からそのまま持ち込まれたかの様に屋台の食べ物が室内に持ち込まれていて雰囲気が良く再現されています。雨の日に最適です。(アメリカ人)

・高級モールの中にあるにも関わらず手頃な価格が維持されています。(シンガポール人)

・ここではタイの屋台の食べ物や伝統的な料理を見つける事が出来ます。私はこの場所が大好きです、また来ます。(タイ人)

点数理由
友達と5スークサイアム内は非常に賑やかなので友達との旅行でも楽しめると思います
恋人と5カジュアルなのに屋台の雰囲気が味わえてデートでも訪れる事が出来ると思います。
家族で5屋台形式なので一人一人が好きな物を注文して食べ比べが出来て楽しいです。
小さな子と4混雑時はベビーカーでの移動が難しいと思うので4をつけます。
ひとり旅5治安が良い為ひとりでも安心して訪れられます。
出張で3周辺が非常に渋滞しやすい為最寄りにBTSの駅が出来るまでは移動時間の予想が難しいので出張の様なタイトスケジュールの方にはおすすめしません。

(出典:TripAdvisor)

SOOK SIAMとは?

スークサイアム地図

(Photo by Juri)

SOOKSIAM(スークサイアム)はICONSIAMの1階中央に位置していて大きく北部(バンコク中心部方面)と南部(チャオプラヤ川側のメインエントランス方面)の2つに分けられています。

スークサイアムは全体的に市場とテーマパークが融合した様な形になっていてタイ全土から集まった屋台飯をはじめとするローカルフードや各地のお土産を手に入れる事が可能です。

特にタイでは屋台飯を食べるのが国民の生活に深く定着していて街を歩いていると見かけない日は無いほどですが私たち日本人には衛生的な都合で少し心配な部分もあるのが事実だと思います。

もちろんタイは安価で美味しいローカルフードが食べられる屋台もあれば、現地の富裕層や外国人観光客を対象とした高級レストランまで食事の場の選択肢は非常に幅広いです。

しかしながらせっかくタイを訪れたら一度は屋台で食べられている料理を試してみたいですよね?

スークサイアムではお土産を買いたいあなたも、バンコクでタイ全土の魅力を体感したい方もローカルフードに安全に挑戦したい方などとにかくあらゆるニーズに答えてくれます!

A. Lan Muang (City Courtyard)

スークサイアム

(photo by Juri)

こちらはスークサイアムの最も中心となる場所で、タイの伝統文化に関連するイベントやタイの物産展などを中心に一年中開催されています。

私が実際に訪れた時はタイ77県から集まったハンドメイド作品のお店などが多数出店して今した。

B. Nang Kwak (The Beckoning Lady)

sook siam 5

(photo by Juri)

スークサイアムの中で一番屋台飯が集まるエリアがここNang Kwakです。

sook siam 6

(photo by Juri)

パッタイをはじめとしたタイの麺料理やよく屋台で売られている様な串料理が簡単に手に入ります。

50バーツ(175円)程度から手に入るので1000円あればお腹いっぱい食べ歩きを楽しむ事ができます。

sook siam 6

(photo by Juri)

sook siam 8

(photo by juri)

C. Floral Villa (Mala Villa)

フローラルヴィラ

(Photo by juri)

周辺に水上ヴィラがあり花屋さんが存在することから名付けられたエリア『フローラルヴィラ』

フローラルヴィラ

(photo by juri)

こちらのエリアは実際にタイの伝統的な市場『水上マーケット』のような造りになっていて水際に出店していている多数の屋台で軽食やデザートを購入する事ができます。

フローラルヴィラ2

(Photo by Juri)

決済は全て現金で行いますのでなるべく小さなお金を手に行きましょう。

外の屋台では心配なローカルフードもここなら安心して食べる事が出来るでしょう。

フローラルヴィラ3

(Photo by Juri)

価格はやはり外の屋台で食べるよりも2〜2.5倍高めに設定されていますが冷暖房の効いた清潔な場所でローカルフードが食べられると思えば安いでしょう。

フローラルヴィラ5

(Photo by Juri)

フローラルヴィラのエリアにはタイカレーやパパイヤサラダが売られていました。

パパイヤサラダはソムタムと呼ばれる青パパイヤを使ったサラダでタイではポピュラーなローカルフードです。

現地の方々が食べるパパイヤサラダは結構辛めに作られている為、辛いものが苦手な方は辛さを調節してもらいましょう。

フローラルヴィラ6

(photo by Juri)

またこのエリアではタイのローカルスイーツにも挑戦する事も出来るんです!

色んなスイーツが売られていますが特におすすめしたいのが『ブア・ローイ』と呼ばれるタイ風のおしるこです。

フローラルヴィラ4

(Photo by Juri)

ブア・ローイはタイの定番スイーツでココナッツミルクから作られる温かいスープの中に紫芋や人参、カボチャなどから作られた白玉が入っているスイーツです。

D. Naga Staircase

naga staircase

(photo by Juri)

マコンと呼ばれるタイの神話上の生き物をモチーフにしたエスカレーターが目を惹くのがこちらのエリアの特徴です。

二階に上がるとフードコートやカフェそしてスークサイアム以外のエリアに繋がっています。

ここから二階に上がってフラワーヴィラエリアの上まで行くとスークサイアムが全体的に見渡せてとても綺麗なので写真を撮りたい方には是非オススメしたいです。

私が訪れた時はエスカレーター周辺にスルメ屋さんのような屋台のおじさんが居ました。

sook siam 1

(photo by Juri)

sook siam 2

(Photo by Juri)

この周辺は一般的なお土産屋さんが多いので一つ一つ覗いてみたら、その辺では見つけられない様な素敵な品を見つけられるかもしれませんね。

sook siam 3

(photo by Juri)

是非ゆっくりと時間をかけて散策してください!

sook siam 4

(photo by Juri)

またこちらの周辺にもタイ各地から集まった料理やデザートが販売されていて私たちの目を楽しませてくれます。

iconsiam8

(photo by Juri)

日本ではあまり見かける事のない様なスイーツが勢揃いなので色々と試してみると楽しいでしょう!!

iconsiam9

(photo by Juri)

E. Sino Mansion

sino mansion

(Photo by Juri)

東南アジア特有のカラフルなプラナカン様式建築が目を引くSino Mansionエリアでは主にタイ各地からのお土産類が販売されています。

アクセサリーやバッグをはじめトロピカルな南国フルーツが購入可能なので、食べたことの無いフルーツなどを見かけたら是非試してみてくださいね!

sino mansion2

(photo by Juri)

F. Lao Khao Thai (rice Barnyard)

rice barnyard

(Photo by Juri)

このエリアはタイ各地からのアンテナショップの様な店が出店しています。

スークサイアムでは一番空いているエリアだと思います。

ICONSIAM (アイコンサイアム)へのアクセス

BTS(photo by quinntheislander)

バンコク中心部からの主なアクセス方法はタクシーの利用ですが、バンコクの交通渋滞は深刻な為BTSシーロム線のサパーンタクシン駅から水上バスを利用してアクセスするとより便利で時間の節約にもなるでしょう。

2020年にはBTSゴールドラインが開通予定な為、現在アイコンサイアム前では駅が建設されています。

現在アイコンサイアムは簡単にアクセスするには少し難しい立地に位置していますが新しいBTSラインが開通したらアクセスがより便利になり更に多くの人で賑わう様になるでしょう。


名称:ICONSIAM
住所:299 Charoen Nakhon Rd, Khwaeng Khlong Ton Sai, Khet Khlong San, Krung Thep Maha Nakhon 10600 タイ
営業時間:10:00~22:00
電話番号:+66 2 495 7080
公式サイト:https://www.iconsiam.com/th

安全な屋台飯は室内屋台を有するスークサイアムで食べよう!

スークサイアム

(photo by Juri)

暑い日や雨でなかなかバンコク観光が進まない日は是非『スークサイアム』に足を運んでみてください。

スークサイアムがあるショッピングモールのアイコンサイアムは多数のテナントが入居する巨大商業施設な為スークサイアムの観光を終えた後もショッピングを楽しむ事ができるのがこちらをオススメしたい理由の一つです。

また先にも述べた通りスークサイアムでは空調の効いた空間で安全に屋台飯を楽しむことが出来るので、路上の屋台でご飯を食べるのは衛生的に心配な方でも安心してローカルフードに挑戦していただく事ができます。

ローカルな雰囲気を味わいつつ効率的にタイのお土産探しをしたい方には是非おすすめの観光スポットです!!

バンコクの記事こちら

パッタイやタイラーメン、串焼きにタイスイーツ…。B級グルメの宝庫、バンコクで出会える絶品フード・スイーツをご紹介します。タイ旅行のお楽しみのひとつといえば、やっぱりグルメ♪日中たっぷり遊んだら、夜はB級グルメ食べ歩きでしめましょう!
2018年11月にバンコクに誕生したアイコン サイアムは、新しさとタイの歴史文化を兼ねそろえた新しいランドマークとして、観光客から注目を集めている大型ショッピングモールです。アクセス方法や見どころなど、アイコン サイアムの魅力に迫ります!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Juri Mizuki
21歳から世界を旅し始めて5年間でラグジュアリー旅からバックパッカー旅など幅広い形での旅を経験し、これまでに102カ国渡航しました。グアテマラのアンティグアでの語学留学経験あり。トラベルコンサルタントとして旅しながらリモートで働かせていただいております。 ガイドブックなどには載ることの無いリアルな情報をここから読者の皆さんにお届けします。現在旅している人・そうでない人関係なく楽しんでいただけるメディア作りをしていければなと思います。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で