緑あふれる世界遺産、シンガポール植物園をご紹介!

Vista

トラベルライター

シェアありがとうございます

Photo by Barni1
シンガポールの観光名所といえばシンガポール植物園。

観光の中心地からは少し離れていますが、世界遺産にも登録されている巨大なエリアで1日中観光を楽しむことができます。

そこで今回はシンガポール植物園の魅力を紹介していきます。

1. シンガポール植物園の歴史

Photo by LittleMouse
シンガポール植物園は農業園芸協会によってイギリス人の植民地化であった1859年に開園されたとしています。

開園後は南アジアにおける植物研究所として活躍し、特にゴムの木やランの研究が行われていました。

その後、研究が進むにつれ、園内で管理される植物の数や敷地面積がの増加し、現在の規模になったといわれています。

そして、2015年には実験結果と100年以上の歴史が認められ、シンガポールで初めての世界遺産として登録をされました。

2. シンガポール植物園の構成

Photo by casc
シンガポール植物園は約40万平方メートルもある巨大植物園。なんと東京ドーム13個分もの大きさがあります。

この敷地内は、熱帯植物の原生林、ジンジャーガーデン、カクタスガーデンなどいろいろなエリアに分かれており、すべて見て回るには半日かかるといわれています。

園内のつくりはとても複雑になっているので、入園したらすぐにマップをゲットすることをおすすめします。

それぞれのエリアでは、プルメリアやハイビスカス、巨大なサボテンなど、日本では見ることができない熱帯植物などもあるので、小さな子供を連れて行くのもいいでしょう。

また、湖では運が良ければ白鳥に出会うこともできます。

3. 入場料は無料

View this post on Instagram

Ryan Gohさん(@takafumes)がシェアした投稿

広大な敷地面積を誇るシンガポール植物園ですが、なんと無料で入場することができます。

そのため、週末になるとピクニックしに多くの地元の人がやってきます。

シンガポールの多くの観光スポットは有料となるため、旅行中に出費を少しでもおさえたいという人にもシンガポール植物園はおすすめ。

しかし、園内の一部にあるナショナルオーキッドガーデンのみ大人5ドル、子供1ドルの入場料がかかります。

4. ナショナルオーキッドガーデン

View this post on Instagram

azusaさん(@azusa_318)がシェアした投稿

ナショナルオーキッドガーデンとは、唯一シンガポール植物園内で有料となるエリアで、ガーデン内にはいたるところに色鮮やかな蘭が咲いています。

約1000の原種、約2000の交配種の洋ランとともに、噴水や温室も設置されており、それぞれで異なる種類の蘭を見ることができます。

まさに、インスタ映えする写真を取るには最適!

そして、オーキッドガーデンの奥には、VIPオーキッド・ガーデンというものがあります。ここでは、ナショナルオーキッドガーデンを訪れたことのある世界中のVIPの名前を付けた蘭を展示。

ダイアナ妃、皇太子徳仁親王妃雅子などの花が展示されており、豪華な雰囲気を堪能することができます。

5. 植物園内のレストラン

View this post on Instagram

Philip Huさん(@philipkchu)がシェアした投稿

植物園内にはザ ハリア アット シンガポール ボタニック ガーデンズというレストランが入っています。
ここではジンジャーを中心に使ったコース料理が提供されています。植物園だけであって、野菜たっぷりのメニューが多く、女性同士の食事にもぴったり!

また、程よい辛みが利いたチリクラブのスパゲッティーはここでしか食べることができない人気のメニューです。

植物園内の緑を楽しみつつヘルシーな食事を楽しむのもいいでしょう。

6. 無料のコンサート

View this post on Instagram

Vivaemさん(@vivaemsg)がシェアした投稿

シンガポール植物園の中心地にはステージが設けられています。

ここでは映画祭やコンサートなどが定期的におこなわれており、無料で鑑賞することができます。

イベントスケジュールはシンガポール植物園の公式サイトで確認することができるので、事前にチェックしておきましょう。

また、イベントの際には大混雑するので早めに場所取りをするのがおすすめです。

敷物と水分をもってぜひ参加してみましょう。

7. お土産ショップ

View this post on Instagram

Harukoさん(@hrk._.msd)がシェアした投稿

シンガポール植物園ではお土産も購入することができます。

お土産ショップがあるのはナショナルオーキッドガーデンの出入り口付近。

ここでは蘭をモチーフとしたブローチやスカーフ、タンブラーなど様々なグッズが並んでいます。

上品なデザインのグッズが多いので、大人の女性へのお土産の購入にぴったりです。

8. 家族で楽しめるシンガポール植物園

シンガポール植物園は、多様な植物を見ることができる家族で訪れるには最適な人気観光スポットです。

観光中心地の人ごみを離れて緑の中でゆっくりと過ごしたい、という人はぜひ遊びに行ってみましょう!

シンガポール植物園
【住所】1 Cluny Rd, Singapore 259569
【アクセス】MRTボタニック ガーデン駅から徒歩1分
【営業時間】5時00分~0時00分
【公式サイト】https://www.sbg.org.sg

シンガポール旅行に興味のある方は、こちらの記事もおすすめ!

東南アジア随一の最先端の国、シンガポール。日本から飛行機でたったの約6時間!定番のマーライオンだけでなく、セントーサ島やナイトサファリなど見どころ多数!そこで今回は、シンガポールでおすすめの観光スポットをご紹介します。

近年近場の旅行先として人気を集めているシンガポール。 日本ではあまり知られていませんが、シンガポールには美味しいグルメが多くあります。そこで今回は、シンガポール在住者が勧める現地の人気店を紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもstaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Vista
ベルリン在住のフリーランスライター。アメリカ留学とシンガポール在住経験もあり。 趣味は海外旅行で現在訪れた国は25か国以上🌍50を目標に常に次の旅行中を模索中!
応募はこちら▼
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で