【グアム】親子でワクワク!最新カフェ「Cafe’N Play Guam」を徹底解説!

Lea

トラベルライター

シェアありがとうございます

グアム インドアプレイルーム
photo by Joe Shlabotnik

日本から3時間半のフライトで到着できるグアムは、小さな子供連れのファミリー層にも大人気の観光地。

海でのレジャーを思う存分楽しむぞ!

と思っていたけど、子供が海遊びに疲れたり、あまり小さいと体力がないので思うようにゆっくりできなかったという子連れ旅行者の方が多いですよね。

そんなお困りのママにおすすめしたいの「Cafe’N Play Guam」。

乳幼児から児童、パパママもみんなが楽しめるグアムで話題のスポット。

今回は、あまり観光客に知られていない「Cafe’N Play Guam」をご紹介します。

Cafe’N Play Guamって何?

この投稿をInstagramで見る

Cafe N’ Playさん(@cafenplayguam)がシェアした投稿

子供にやさしいグアムには、マイクロネシアモールなどに無料や格安のキッズスペースや室内遊技場が結構充実しています。

乳幼児のうちは、小さなキッズスペースで満足できたりしますが、そのうちに走り回ったり同伴している保護者が疲労困ぱいで疲れてしまうこともしばしば。

他にも小学生くらいになると、海遊びが苦手な子供や少し泳げるようになり、目が離せなくなる場合もあり。

兄弟が多いと毎日ぐったりというママやパパも多いのでは。

「Cafe’N Play Guam」は、タモン中心部より車で20分のところにある新しい室内遊戯場とカフェ空間を併設したファミリーで楽しめる施設です。

この投稿をInstagramで見る

Cafe N’ Playさん(@cafenplayguam)がシェアした投稿

広々とした店内は、どの年齢の子供にも対応可能なオモチャや遊び場があり子供同士で遊んだり、保護者が同伴して遊ぶことももちろん可能です。

またどの年齢層の遊び場からも保護者のいるカフェエリアが見られるようになっているので安心です。

子供の天国「Cafe’N Play Guam」

この投稿をInstagramで見る

Cafe N’ Playさん(@cafenplayguam)がシェアした投稿

乳幼児向けのブースには、転んでも安心なフロアマットが敷かれてあり、可愛い小さめの滑り台やトンネル、積み木やぬいぐるみのおもちゃなどがたくさん。

身体を動かしたくなる未就園児や幼稚園児には、体全体でトランポリンの楽しさを味わってもらえるコーナーや滑り台を滑るとボールプールを楽しめます。

この投稿をInstagramで見る

Cafe N’ Playさん(@cafenplayguam)がシェアした投稿

ごっこ遊びが楽しい女の子にはお姫様やパティシエになりきって遊べるコーナー。

ドールハウスやブロックや読書が好きな子供には、それぞれ楽しめる小部屋を用意。

アクティブに遊びたい小学生には、キッズ用エクササイズマシーンや大型の滑り台もあります。

この投稿をInstagramで見る

Cafe N’ Playさん(@cafenplayguam)がシェアした投稿

他にも大きめの子供も退屈することないよう任天堂スイッチのコーナーや大人も一緒に楽しめるチェスやボードゲームもたっぷり用意されているので一日中遊べちゃいます。

同伴するママやパパもゆっくり寛げるカフェスペースが充実!

この投稿をInstagramで見る

Cafe N’ Playさん(@cafenplayguam)がシェアした投稿

子供の遊びにちょっと付き合ってからゆっくりしたいという場合も「Cafe’N Play Guam」には、フリーwifi完備のペースがあるので安心です。

どのブースからも保護者を確認できる安心感で子供も大人もストレスフリー。

この投稿をInstagramで見る

Cafe N’ Playさん(@cafenplayguam)がシェアした投稿

店内には、カフェドリンクの種類が豊富で見た目もインスタ映えすると話題のシェイクやフラッペなどのドリンクメニューがホットとアイス合わせてなんと30種類を超える豊富さは驚きですね!

ドリンク以外にもサンドイッチやカップケーキのフードメニューもあるので、朝8時からのオープンと同時にカフェに入店し、遊んでいくという地元のファミリーも多いとか。

他にもスナック菓子のコーナーには、見た目が可愛い子供用のおやつがたっぷり。

この投稿をInstagramで見る

Cafe N’ Playさん(@cafenplayguam)がシェアした投稿

万国共通の人気オモチャスライムやアメリカやグアムの女の子に今大人気のユニコーンのおもちゃなどの販売もしているので旅のお土産にもなりそう。

ただの遊技場ではない!アレンジ可能なパーティールームに早変わり!

この投稿をInstagramで見る

Cafe N’ Playさん(@cafenplayguam)がシェアした投稿

「Cafe’N Play Guam」では、プライベートルームをレンタルしてデコレーションやパーティーフードを持ち込んで使用することも出来ちゃいます!

備え付けの椅子やテーブル、冷蔵庫やスピーカーもレンタルでき、紙皿やコップ、フォーク、ジュースサーバーも料金に組み込まれているので非常に便利です。

この投稿をInstagramで見る

Cafe N’ Playさん(@cafenplayguam)がシェアした投稿

お部屋のデコレートも持ち込んで自分好みにアレンジしても大丈夫なので、インスタ映えも狙って色々試してみるのもおすすめですよ。

18歳以上は無料で入場可能!

この投稿をInstagramで見る

Cafe N’ Playさん(@cafenplayguam)がシェアした投稿

「Cafe’N Play Guam」は、時間制で施設使用料を支払うシステムになっています。

30分の使用の場合$8、1時間$10、一日券$25、1時間利用10回券$85となっており、生後6か月から有料となりますが、15歳以上は驚きの無料です!

一度足を運んでみる価値ありですよ!


【正式名称】Cafe’N Play Guam
【住所】Harmon, Tamuning, 96913 Guam
【アクセス方法】タモンエリアから車で20分
【公式サイト】https://www.facebook.com

一日中お得に遊べる楽しくておいしいオシャレなカフェ!

今回はグアムの「Cafe’N Play Guam」をご紹介しました。いかがでしたか。

1日目は海やプールを満喫したら、2日目は室内遊技場でゆったりくつろぎながら子供も大人も異文化交流というのも新しいグアムの楽しみ方かもしれませんね。

遊びの中で身に着ける国際感覚の場をグアムで体験してみるのはいかがでしょうか。

【グアム】フォトジェニックで美味しいパンケーキ&スイーツ12選♡

グアムは、フォトジェニックスポットとして最近話題になっています。グアムのフォトジェニックスポットは、観光スポット以外にも、見た目が話題のフォトジェニックスイーツやパンケーキなどの食べるのがもったいないほど可愛いスイーツが目白押し。インスタ映えするグアムのスイーツを一気にご紹介します!

南国ハワイとグアムはどう違う?9つの違いから徹底比較!

南国リゾートといえば、ハワイやグアムを思い浮かべる人が多いでしょう。「ハワイとグアムは一緒じゃない?」と思っている人も多いのですが、実はかなり違うのです。今回は、9つの違いからハワイとグアムの違いを徹底比較していきます。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Lea
日本とフィリピンのクオーターのフリーランスライター。アメリカ、カナダに留学経験、グアム、セブ島に在住経験もあり。趣味は国内外問わず旅行。海外渡航はイギリス、ドイツ、スペイン、台湾、韓国、ベトナム、タイ、インドネシア、マレーシア、シンガポール。東北の風光明媚なフォトジェニックスポット巡りも大好きです♪
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で