在住者が教える!カンボジアのベストビーチ3選&ワーストビーチ2選

RUMI

トラベルライター

シェアありがとうございます

シアヌークビル オートレスビーチPhoto by RUMI
カンボジアでビーチリゾート、と聞くと「カンボジアにビーチなんてあるの?」と思う方もいるかもしれません。

実はカンボジアには美しい砂浜とエメラルドグリーンの海があり、近い将来それがなくなるかもしれないのです。行くなら今がチャンスです。

エリアの基本情報

■時差 -2時間
■言語 クメール語
■通貨 アメリカドル、カンボジアリエル (店舗により1ドル=4,000リエルまたは4,100リエル)
■気候 乾季(11月~3月)と雨季(4月~10月)がある。1年を通じて温暖だが、12月の早朝は肌寒く、また3月から5月までは最高気温が40度を超える日もあるので、寒さおよび熱中症対策が必要

シアヌークビルにはセレンディビティビーチをはじめ、ソカビーチ、ヴィクトリービーチなど7つのビーチがあり、さらにフェリーやボートで行ける大きな離島が2つあります。

ひとつはロン島、もうひとつはロンサレム島です。ロンサレム島は、現地では「コーロンサムローン」と呼ばれているので注意して下さい。「コー」は島という意味です。

ワーストビーチ① セレンディピティビーチ

シアヌークビルPhoto by RUMI
カンボジアの首都プノンペンから車で3時間の場所にあるシアヌークビル。この街は、かつてはプノンペンに住む裕福なカンボジア人がリゾートに来る場所でした。

しかし、現在99年の契約で、中国の租借地となっています。香港が99年間イギリスの租借地だったのと同じ状態ならいいのですが、事態はかなり深刻です。

シアヌークビルPhoto by RUMI
シアヌークビルが中国所有となってから、カジノがあちこちにできて、カジノ目当ての中国人のガラの悪いおじさんたちが大量にシアヌークビルに来るようになってしまったのです。

彼らが滞在するのは、カジノが密集するセレンディピティビーチ。このビーチ周辺のレストランやホテルは、カジノ目的の中国人が顧客なので、スタッフも中国本土から来た中国人です。シアヌークビルには2019年中に100万人の中国人労働者を受け入れることになっています。

さらに、このビーチ周辺は常にビル建設が行われているため、電気が足りず、一日に何度も停電が起こります。そんなお金に糸目をつけない人たちが来るエリアですから、セレンディビティビーチはホテルもレストランも高く、その割に海はゴミだらけで汚い、というワーストビーチになってしまいました。

ワーストビーチのエリアはどんどん拡大しているので、今回ベストビーチとしておすすめしたビーチも3年後にはワーストビーチになっている可能性が高いです。

宿泊情報

セレンディピティビーチでの宿泊は避けましょう。物価が高く、カジノ目当ての中年男性が多いため、昼間から酔っ払いが歩いています。シアヌークビルの中でも治安が悪いエリアですので、他のビーチに宿泊することをおすすめします。

ワーストビーチ② ロンサレム島のLazy Beach

シアヌークビル ロン島Photo by RUMI
シアヌークビルからフェリーで20分、ロンサレム島という自然豊かな島があります。しかしこの島はリゾートエリアとそうでないエリアに分かれています。

リゾートエリア、特にサラセンベイにはホテルやレストランがあり、ビーチもきれいなのですが、そうでないエリアはホテルも何もありません。つまり宿泊できず、帰りのボートもないという絶体絶命の境地におちいってしまうのです。

シアヌークビルからロンサレム島に行くボートは1日何便もありますが、行き先を確かめてからチケットを買うことをおすすめします。予約したホテルがあるビーチに行くようにして下さい。運悪く目的と違うビーチに着いてしまった場合は、船着き場にいる船頭さんに声をかけて、宿泊予定のホテルがあるビーチまで船で送ってもらいましょう。

ベストビーチ第3位 ロンサレム島のM pai bay(ムパイベイ)

シアヌークビル ロン島Photo by RUMI
真っ白な砂浜と美しい海が広がるM pai bay。ビーチフロントにはレストランも売店もあり、島とはいえ、大勢のカンボジア人が住んでいるので意外と便利です。そして、島に暮らす人々の生活を間近に見ることができます。

ロンサレム島のメインビーチはサラセンベイなので、にぎやかなビーチが好きな方にはこちらをおすすめします。静かにのんびり過ごしたい方にはM pai bayが良いでしょう。

ロンサレム島Photo by RUMI
M pai bay(ムパイベイ)に行く場合は、必ずM pai bayに停まるボートに乗って下さい。島に上陸した後で移動するのは、かなり困難です。

ボートチケットを買う時にM pai bayに停泊するか確認して下さいね。M pai bayは別名M23とも言いますので、料金表でM23に停まるボートかどうか、チェックしてからチケットを買いましょう。同じ島でも、上陸した後で移動するのは大変です。

宿泊情報

Win Win Guesthouse はビーチから少し奥に入った住宅街なのでとても静かですが、隣は雑貨屋さんなので便利です。ビーチまでは徒歩3分、その途中に食堂もあります。
ロンサムレ島 ホテル

<基本情報>
Win Win Guesthouse (ウィンウィン ゲストハウス)
【住所】 M Pay Bay Koh RongSanloem, Kâmpóng Saôm, Cambodia
【電話】+855 86-779-776
【アクセス】ロンサレム島のM Pay Bay桟橋から徒歩7~8分
【料金】1室2名1,700円
【公式サイト】なし

ベストビーチ第2位 ロン島のココナツビーチ

シアヌークビル ロン島Photo by RUMI
ロン島は香港とほぼ同じ大きさですが、ココナツビーチはロン島の一番端にあたる場所で、オフシーズンはホテルがほとんど営業していません。その分 人が少ないのでビーチを独占できます。開発が進んでいるロン島の中でも「秘境」と言えるビーチです。

シアヌークビル ロン島Photo by RUMI
桟橋付近にはお魚がいっぱい!思わぬ大物もいます。

ロンサレム島Photo by Toshi
ブランコは満ち潮の時に乗って、そのまま海に飛び込むと最高!

ロン島 食事Photo by RUMI
オフシーズンのココナツビーチでは、レストランもショップもほとんどクローズしているので、食事も買い物もすべてそのホテル内で済ませることになります。リゾート価格ですが、1食1,000円弱です。

宿泊情報

Photo by RUMI
<基本情報>
Bunnan Bungalows and Restaurant(ブナン バンガロー & レストラン)
【住所】 Bunnan Bungalows Coconut Beach,Koh Rong Island, Cambodia
【電話】+855 96-924-3861
【アクセス】ロン島のココナツビーチ船着き場 正面
【料金】1室2名3,000円~
【公式サイト】なし

ベストビーチ第1位 シアヌークビルのオートレスビーチ

シアヌークビルPhoto by RUMI
ワーストビーチであるセレンディビティビーチからトゥクトゥクで約30分、シアヌークビルのバスターミナルから約20分のところにあるオートレスビーチは、真っ白な砂浜と透明度の高い海が広がる美しいビーチです。

シアヌークビルPhoto by RUMI
田舎町ですが、イタリア人が経営するイタリアンレストランやカフェもあり、また旅行に最低限必要なものは雑貨屋さんでそろいます。ビーチフロントにあるレストランは安くてボリュームたっぷり。中心部から離れているので、物価が安く、人も少なくておすすめです。

シアヌークビルPhoto by Toshi
遠くにセレンディピティビーチのカジノ街が見えます。

シアヌークビルPhoto by Toshi
夕陽も見逃せません。

レストラン情報

Mom’s Kitchenのオーナーはアフリカ系黒人男性とカンボジア人女性のカップルで、子どもたちがレストラン内で走り回っている、家庭的なレストランです。

シアヌークビル 食事Photo by Toshi
料理はボリュームたっぷりで、アイスコーヒーはビアジョッキに入って1ドルです。オーナーが親切で、観光情報も教えてくれる上に、ビーチが目の前!イチオシのレストランです。

シアヌークビル オートレスビーチPhoto by RUMI
食後はデッキチェアでのんびり。

<基本情報>
Mom’s Kitchen(Moms kitchen in the villageではありません)
【住所】Otres Village, Otres Beach,Sihanoukville Cambodia
【電話】+855-88-440-5111
【アクセス】オートレスビーからオーティチビーチに向かって徒歩3分くらい
【営業時間】 7時半~深夜0時
【公式サイト】 なし

宿泊情報

シアヌークビル ホテルPhoto by RUMI
イタリア人男性とカンボジア人女性のカップルが経営するゲストハウスです。1階はカフェになっており、カプチーノは本場イタリアの味!

ゲストハウスの向かいにはローカル価格の安い雑貨屋さんがあり、ゲストハウスの並びにはイタリアンレストランやピザショップもあり、ビーチまで徒歩5分以上かかりますが、ビーチに向かう道にはローカルなお店が並んでいます。
<基本情報>
Lucky One Guesthouse(ラッキーワンゲストハウス)
【住所】Otres Village, Otres Beach,Sihanoukville Cambodia
【電話】+855-10-300-444
【アクセス】シアヌークビル バスターミナルからトゥクトゥクで約20分
【料金】1室2名3,000円~
【公式サイト】なし

シアヌークビルから離島めぐりの注意点

シアヌークビル ボートPhoto by RUMI
シアヌークビルから離島に行く場合、シアヌークビルの桟橋でボートチケットを買いますが、片道で買うことをおすすめします

往復の方が安いのですが、往復で買ってしまうと行き帰りとも同じ会社の船でないと乗れません。帰りの船が午前発のみで、夕方に帰りたい、という場合は、帰りのチケットをキャンセルして、別会社のチケットを買わなくてはなりません。

まずは片道のチケットを買って、島に着いてから帰りのチケットを買うか、別の島のチケットに買うか選んだ方が賢明です。

そして希望の時間の船のチケットを買うようにして下さい。往復で買った場合は、帰りの船の時間指定ができないことが多いです。

シアヌークビル ボートPhoto by RUMI
以前は離島に行くフェリーはオートティルチービーチから出航していたので、オートティルチービーチから出るフェリーはwebで検索できます。

しかし2017年からはセレンディビティビーチから出航するフェリーの方が多くなったのですが、web制作が追い付いていません。もしかして今でも「ボートオートティルチービーチから出航するんだよ、セレンディビティビーチからじゃないよ!」という地元の人もいるかもしれません。

ですから、直接桟橋に行って出航時間を確認するしかありません。セレンディビティビーチの桟橋は、シアヌークビルのバスターミナルから車で10分くらいの距離です。

シアヌークビル ボートPhoto by RUMI
桟橋にはたくさんの旅行会社がカウンターを出しているので、ちょうどいい時間帯に出発する旅行会社のボートを選びましょう。「その時間帯にはロン島に行く船はない!」と言われても、隣のカウンターではあっさりと買えたりします。

今しか行けない秘境

シアヌークビルPhoto by RUMI
カンボジア唯一ともいえるビーチ、シアヌークビルは、猛スピードで開発が進んでおり、海の汚染も深刻です。

何年か後には、「ここが昔はきれいなビーチだったなんて信じられない」という状況になるのは、ほぼ間違いないでしょう。行くなら今しかありません!

在住者が教える!世界遺産アンコールワットのモデルコース3選

カンボジアの観光スポットとして大人気の世界遺産アンコールワット遺跡群をまわるコースは2つあります。 今回はその2つと、それとは別のおすすめコースを紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

在住者が教える!シェムリアップで食べるべきグルメ5選

シェムリアップで食べるべき料理はワニ料理、輸入牛を使ったロックラック(サイコロステーキ)など、カンボジアの他の都市では食べられないものをぜひ!カエルの炭火焼きや、名物アモックとかぼちゃプリンも外せません。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

RUMI
カンボジア・シェムリアップでゲストハウス経営の後、タイのバンコクに移住。バンコク在住歴は通算6年です。世界20か国以上を旅行しており、「人が住んでいる所ならどこでも生きられるはず」と信じて東南アジアのマイナーな街にも探検に出かけています。
応募はこちら▼
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で