【自然の宝庫カナダ】世界遺産全18ヵ所のアクセス方法・魅力とは?

さき

トラベルライター

シェアありがとうございます

グロスモーン国立公園 カナダ 世界遺産photo by Michel Rathwell

カナダの世界遺産には、文化遺産が8ヵ所、自然遺産が10ヵ所の全18ヵ所が登録されています。

そこで今回は、カナダの世界遺産全18ヵ所の魅力やアクセス方法をご紹介します。

雄大で美しい自然遺産や歴史の宝庫である文化遺産は、観光でも大人気のスポット。ぜひ旅行の参考にしてみてくださいね!

カナダとは?

北アメリカ大陸北部に位置するカナダは、世界第2位の広さを誇るロシアに次いで大きな国です。総面積は約997万平方kmで、日本の約27倍もあります。

10の州と3つの準州で構成されていて、首都はオンタリオ州のオタワになります。

カナダは、積極的に移民を受け入れている多国籍・多文化の国として有名で、人口に占める移民の割合は20%以上。

公用語は英語とフランス語で治安も比較的良いため、旅行先・留学先としてもとても人気のある国です。

文化遺産(全8ヵ所)

第8位 レッド・ベイのバスク人捕鯨基地(Red Bay Basque Whaling Station)

レッド・ベイのバスク人捕鯨基地 カナダ 世界遺産photo by Jim Sorbie

レッド・ベイは、16世紀に捕鯨活動が盛んに行われていた地域です。

ヨーロッパからたくさんのバスク人(スペインの少数民族)の漁師が集まり、精製された鯨油は、この港からヨーロッパに輸出されていました。

海底には、大量の鯨の骨や当時捕鯨で使われた沈殿船が残っていて、世界初の水中文化遺産として2013年に登録されました。

【住所】Red Bay, NL A0K 4K0
【アクセス】Lourdes-de-Blanc-Sablon Airportから車で約1時間半
【営業日】土日平日(11~5月を除く)
【料金】無料
【公式サイト】https://www.newfoundlandlabrador.com

第7位 スカン・グアイ(SGang Gwaay)

スカン・グアイ カナダ 世界遺産photo by Dale Simonson

スカン・グアイは、ブリティッシュコロンビア州のアンソニー島にあります。

現在は無人島ですが、19世紀末以前にはハイダ族と呼ばれる先住民が暮らしており、集落跡や貝塚、墓地などの生活跡や遺跡が今なお残っています。

また、10mもの高さがある貴重なトーテムポールが32本も残っており、歴史的価値が高いとされ1981年に世界文化遺産に登録されました。

環境保全に力を入れているため、訪れる際は文化遺産にダメージなどを与えないよう十分注意しましょう。また、年間の入園者数にも制限が設けられているため、早めに予定を立てることをオススメします。

【住所】Skeena-Queen Charlotte E, Anthony Island, BC V0T 1S0
【アクセス】バンクーバーからSandspit airportへ飛行機で移動し、空港からはシャトルバスでQueen Charlotte Cityに移動。そこからボートや水上飛行機でRose Harbourを経由してアンソニー島へ向かう方法がある。(ツアーがオススメ)
【営業日】土日平日
【料金】無料
【公式サイト】https://whc.unesco.org/en/list/157

第6位 グラン・プレの景観(The Landscape of Grand Pré)

View this post on Instagram

A post shared by The American Road Trip Company (@theamericanroadtripcompany) on

2012年に世界文化遺産に認定された、ノバスコシア州の牧草地。

大草原を意味するグラン・プレの名の通り、草原や海が広がる美しい景観が魅力です。

また、フランス人入植者(アカディア人)の開拓の地としても知られ、18世紀には英仏戦争に巻き込まれ、弾圧を受けた歴史背景があります。

【住所】69-161 Old Post Rd, Grand Pré, NS B0P 1M0
【アクセス】ハリファックス・スタンフィールド国際空港(Halifax Stanfield International Airport)から車で約53分
【営業日】ビジターセンター:土日平日(11~4月を除く)
【料金】大人$7.80、子供無料
【公式サイト】http://www.landscape

第5位 ルーネンバーグ旧市街(Old Town Lunenburg)

View this post on Instagram

A post shared by Natalie Robichaud (@nataliealys) on

ノバスコシア州にあるルーネンバーグ旧市街は、人口2千人ほどの小さな港町。

18世紀に、植民地戦争に勝利したイギリスから移民が入植し、当時に作られた赤や青などのカラフルなビクトリア調の木造住宅が今も残されています。

また、イギリスが定めた「すべての道は真っすぐに、曲がり角は直角に」という基準で、格子状に延びたストリートも特徴です。

その貴重で美しい街並みが評価され、1995年に世界文化遺産に登録されました。

【住所】Lunenburg, Nova Scotia
【アクセス】ハリファックス・スタンフィールド国際空港(Halifax Stanfield International Airport)から車で約1時間15分
【公式サイト】https://whc.unesco.org/en/list/741

第4位 ランス・オ・メドー国定史跡(L’Anse aux Meadows National Historic Site)

View this post on Instagram

A post shared by Explore TNL (@exploretnl) on

ラブラドール州ニューファンドランド島最北端にある考古遺跡「ランス・オ・メドー国定史跡」は、カナダの世界遺産第1号として1978年に登録された世界文化遺産です。

この遺跡からは建物の跡や生活道具などが発掘され、1000年頃にたくさんのバイキングが住んでいたことが明らかになりました。

その事実から、コロンブスが上陸する500年も前にバイキングがこの島に到達していたことが立証され、「コロンブスの新大陸発見」が覆される大発見として注目を集めた遺跡です。

【住所】Division No. 9, Subd. D, NL A0K 2X0
【アクセス】Saint Anthony Airportから車で約1時間
【営業日】土日平日(11~4月を除く)
【料金】無料
【公式サイト】https://www.pc.gc.ca

第3位 リドー運河(Rideau Canal)

リドー運河 カナダ 世界遺産photo by tsaiproject

オンタリオ州にある「リドー運河」は、カナダの首都オタワとキングストン市をつなぐ水路で、北米最古の運河として2007年に世界文化遺産に認定されました。

リドー運河は、47ヶ所に設けられた水門で水位を調整する仕組みで、現在も運用されています。

元々は米英戦争後、防衛のための軍事輸送ルートとして築かれましたが、今は自然豊かで美しい景観やカヌーなどのウォーターアクティビティで楽しむ人々で賑わう観光スポットです。

【住所】Rideau Canal, Ottawa, ON
【アクセス】Ottawa International Airportから車で約10分
【営業日】土日平日(11~4月を除く)
【料金】アクティビティによる
【公式サイト】http://www.rideau-info.com

第2位 ヘッド・スマッシュト・イン・バッファロー・ジャンプ(Head-Smashed-In Buffalo Jump)

ヘッド・スマッシュト・イン・バッファロー・ジャンプ カナダ 世界遺産photo by Mike

アルバータ州にある「ヘッド・スマッシュト・イン・バッファロー・ジャンプ」は、先住民のブラック・フット族がバッファローの狩猟を行った崖です。

草原に群れをなしていたバッファローを断崖に追い込み、高さ18mの崖から落とすという特殊な狩猟方法でした。

崖下には大量のバッファローの骨が蓄積し、骨の中から当時使用されていた矢尻などの武器や日用品が多く発見され、その価値が評価され1981年に世界文化遺産に登録されました。

【住所】Fort MacLeod, AB T0L 0Z0
【アクセス】Calgary International Airportから車で約2時間
【営業日】土日平日
【料金】大人$15、子供$10、6歳以下無料
【公式サイト】https://headsmashedin.ca/

第1位 ケベック旧市街の歴史地区(Historic District of Old Quebec)

ケベック旧市街の歴史地区 カナダ 世界遺産photo by alyssa BLACK.

ケベック州ケベックシティにある旧市街は、カナダにありながらフランス文化を色濃く残し、「北米のフランス」と呼ばれる歴史的地区。

150年に渡ってフランスの植民地であった歴史があり、公用語はフランス語で街並みもまるで中世ヨーロッパにいるかのような美しい建造物が多く残されています。

大聖堂などの観光スポットが多くショッピングも楽しめるため、毎年たくさんの人が訪れる人気のエリアです。

【住所】Old Quebec, Vieux-Québec, Quebec City, QC
【アクセス】Québec City Jean Lesage International Airportから車で約20分
【公式サイト】https://whc.unesco.org/en/list/300
次ページからは自然遺産!
さき
バンクーバー在住の旅行とアウトドアが大好きな日本人夫婦。30代を超えてからバンクーバーに留学し思いがけず結婚。大好きな旦那とネコ2匹に囲まれてバンクーバーを満喫中。
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で