民泊の動向について

民泊の動向についての記事一覧

ABOUT VACATION RENTAL

2018年6月施行の民泊新法(住宅宿泊事業法)を中心に、民泊ホスト、民泊代行会社、民泊仲介サイト運営会社に関する業界動向をお届けします。

民泊の動向について

リクルートが米Airbnbとの提携で得るものとは?最新宿泊業界を解説!

不動産サイトのSUUMOを運営するリクールトは今後、世界的人気の民泊予約サイトAirnbnb (エアビー)と提携しながら民泊事業に参入する。今年民泊新法が施行されることもあり空き家化する物件の収益向上や訪日観光客のホテル不足問題の解消が期待される。

民泊の動向について

民泊新法より大切かも?実は民泊活用に足りないシンプルな戦略

新ビジネスの展開やインバウンド効果、地方創成など、民泊の可能性が近年注目されてきました。その一方で、騒音などで近隣に迷惑をかけてしまったり、民泊のイメージを低下させる悪質業社、いわるゆる「ヤミ民泊」の問題があります。今後どのように民泊の発展を支えていけば良いのでしょうか?

民泊の動向について

競争高まる民泊業界、顧客獲得に急ぐAirbnbの取り組みとは?

世界最大手の民泊仲介のAirbnb。世界中に民泊を広めた立役者として注目を浴びてきましたが、現在はHomeAway、Tripping.comなど、各国の民泊サイトが躍進しています。世界一を守り抜くべく、新規顧客獲得のためにAirbnbが導入した方法とは?

民泊の動向について

人気第1位の民泊は「一軒まるごと貸切」型:HomeAwayが調査

日本ではどんな民泊が人気がなのでしょうか?ホストが今空いている部屋を提供してくれ  「ホームステイ型」か、それともホスト不在の一軒「丸ごと貸切型*」なのか・・・     また、民泊って浸透しているの?などといった疑問を解消するため、日本である意識調査が行われました。そこには、民泊経験者と未経験者共に興味深い共通点がありました。その結果をまとめてお伝えします。

民泊の動向について

国内シェアは96%! 福井県鯖江市の民泊を使った新たな取り組みとは

国内シェアは驚異の96%・・・この数字、何を指すかわかりますか?実は国内で製造される眼鏡フレームのほとんどが福井県鯖江市からきています。驚きです。そんな「眼鏡の街」、鯖江市は地域経済活性化に向け、市内で民泊を利用した空き家活用方法を提案しています

民泊の動向について

ホテルのようなアパート in フロリダ、民泊サイトAirbnbの新事業に注目!

世界最大の民泊仲介業者Airbnbがここにきて、来年から自社ブランドを売りにした324室のアパートを開業することを発表。フロリダ州に5箇所に渡り建設されるこれらのアパートは、Airbnbらしく、民泊が可能なアパートとして運営していく方針です。

民泊の動向について

不動産会社も民泊事業に本格参入!一戸建を民泊用にリノベーション

リノベーション市場が伸び悩む中不動産会社として発展し続ける術を模索していた東急不動産グループは、従来の一戸建てのリノベーション事業を新たに民泊運営にも対応できるようなサービスを開始した。社会的役割を担う民泊のメリットや問題解決力もはっきりと見えてきそうだ。

民泊の動向について

沖縄県、空き家対策に民泊活用へ

ニュースでもよく見聞きする、日本全国で深刻化する空き家問題。人口減少と地方過疎化の悪循環により、特に地方に空き家物件が急増しています。そんな中、沖縄県のうるま市が民泊を活用した新たな試みを2017年10月からスタートさせました。

民泊の動向について

民泊サイトAirbnb、農山漁村滞在型の民泊を山陰で提供へ

山陰インバウンド機構(DMO)とAirbnbは、より多くの観光客を山陰地方に誘引するため、農山漁村滞在を受け入れるホストの開拓、教育、支援に関し、提携を発表。

民泊の動向について

リクルート、スマートロックのAPIを公開へー民泊に活用

2017年9月27日、株式会社リクルートテクノロジーズの研究開発機関アドバンスドテクノロジーラボは、不動産管理会社の内覧業務利用に特化したスマートロック「iNORTH KEY(イノースキー)」のAPIを無料公開した。

Staywayについて

Staywayは世界最大級の民泊・バケーション施設の検索比較サイトです。世界中の民泊サイト・ホテルサイトを比較し、最安値の物件を探す事が可能です。宿泊施設を最安値で検索しませんか? 民泊を探す