セブシティーで遊ぶならここ!おすすめスポットに格安で行く方法とは?

Hinata Yoshioka

トラベルライター

セブシティで遊ぶならここ!おすすめスポットに格安で行く方法とは?

Photo by Hinata Yoshioka

セブ島で遊ぶなら、セブシティーをおすすめします。

色んな場所がコンパクトに集まっているので、どこに遊びに行っても比較的近く、あちこち行きやすいのが利点です。そしてその内容もバラエティーに富んでいるので面白いんです!

遊びに行く前に注意事項!

セブシティーの治安ですが、都会ということもありそれなりに注意が必要です。ジプニーなどのローカルな交通機関に乗る時は、荷物の管理に注意しましょう。

財布や携帯を車内で出さないようにして、支払いのコインを手に持った状態で乗るのが安全です。

ジプニーに関しては夜の乗車はおすすめできませんし、夜遊びは危険です。できるだけ早朝から明るい内までの予定を立てて、健康的に遊びましょう。

安くて便利な交通機関

セブシティで遊ぶならここ!おすすめスポットに格安で行く方法とは?

Photo by Hinata Yoshioka

セブ島は広く、時間によっては渋滞もあるので、タクシーを使うと思ったより割高になります。そこでおすすめなのがバスです。

Mybusを使うと、空港からSMシティー、パークモール、SMシーサイド等に25ペソで行けます。

時刻表もあり、安全で綺麗な乗り物です。チケットは乗り場に併設されているので、毎回購入して乗ることが可能です。

ジプニーはあらゆる場所で乗れるので便利ですが、路線が幾つもあるので専用サイトでチェックすることをおすすめします。

乗る際に、運転手さんにも再確認すると間違いがないです。因みにジプニーはワンライド8ペソです。

ジプニーのサイト (Mybusや、バンの情報も見れます)

https://cebujeepneys.weebly.com

SMシティー

この投稿をInstagramで見る

The SM Storeさん(@thesmstore)がシェアした投稿

セブ島のあちこちにあるのが、SMと名前の付いたショッピングモール。ローカルの人々から観光客まで、あらゆる人で賑わっています。

SMシティーはどちらかというとローカル客の多いモールで庶民志向、大概のものはここで揃うセブ最大級のショッピングモールです。

営業時間 月曜〜日曜 10A.M〜9P.M
アクセス Mybusで空港からSMシティーまでワンライド
サイト https://www.smsupermalls.com

サントニーニョ教会

セブシティで遊ぶならここ!おすすめスポットに格安で行く方法とは?

Photo by Hinata Yoshioka

フィリピン、セブ島の中で一番古い教会。

度重なる戦火を乗り越え、島を守ったとされるサントニーニョ像が安置されています。週末にはミサも頻繁に行われていて、誰でも参加することができます。

教会の周りには門前街のように屋台が広がり、賑やかな雰囲気です。ローカルの人たちが熱心に信仰している神様「サントニーニョ」とは、キリストの幼い頃の呼び名です。

営業時間 6~20時(金・日曜は4時~)
アクセス Mybusで空港からSMシティー、乗り換えてSMシティーからCompania Maritima Bus Stop下車 徒歩5分

マゼランクロス

セブシティで遊ぶならここ!おすすめスポットに格安で行く方法とは?

Photo by Hinata Yoshioka

フィリピン人のほとんどがローマカトリック信仰なのですが、その始まりはマゼランがキリスト教を持ち込んだことから始まっています。

そしてラプラプ島でその生涯を終えたマゼラン。彼を祀った十字架がこの有名なマゼランクロスです。

営業時間 8A.M〜18P.M
アクセス サントニーニョ教会のすぐ隣

SMシーサイド

セブシティで遊ぶならここ!おすすめスポットに格安で行く方法とは?

Photo by Hinata Yoshioka

海の前にあるモールなので開放感があります。比較的新しく綺麗で、店舗ひとつずつの大きさも広々としています。

屋上には海を見下ろせるスペースもあり、カップルやのんびり買い物をしたい人向けのモールとなっています。

SMシーサイドへは、マゼランクロスのすぐ近くにMybusの乗り場Compania Maritima Bus Stopがあるので、教会の行き帰りに行くのもおすすめです。

アクセス Mybus で、Compania Maritima Bus Stop (KKD stk+bbqというBBQのお店の海側のバス停)から一駅
営業時間 日曜〜木曜 10A.M〜9P.M  金曜〜土曜 10A.M〜10P.M
サイト https://www.smsupermalls.com/

因みに、Compania Maritima Bus Stopとマゼランクロスの間の道に、アヤラセンターにも停まるミニバスが出ています。BEEPという乗り物で、10ペソ程です。

サイト https://sugbo.ph/2019/beep-busjeep-cebu/

シラオガーデン

この投稿をInstagramで見る

やんやん ☻さん(@pipi.yanyan)がシェアした投稿

セブ島の山方面にあるのが、シラオガーデンというお花畑。

季節の花が咲き乱れている中に、インスタスポットとなる空間があちこちに作られています。家族連れで、カップルで、ゆったりと楽しめる空間です。

同じ場所にふたつのガーデンがあるのですが、入場料は別々になります。営業時間が暗くなる前までなので、のんびり楽しみたい方は早めに行くことをおすすめします。

営業時間 午前8時~午後5時
入場料 50ペソ
アクセス セブシティーから車で50分
シラオガーデン・リトルアムステルダムhttps://www.facebook.com/SiraoGardenOFFICIAL/
営業時間 午前6時~午後6時半
入場料 50ペソ
シラオPGCS https://www.facebook.com/SiraoPGCS/

トップス

この投稿をInstagramで見る

Hitoshi Nittaさん(@hitoshi_97)がシェアした投稿

丘の上にある展望所です。ここからセブシティーの風景がバッチリ見渡せます。

昼間の景色もいいですが、夜景もおすすめです。山頂には屋台も出ていますが、レストラン「ラヴィ イン ザ スカイ」なども歩いていける距離にあります。

シラオガーデンと共に巡ることができる、バンの往復サービスがあります。ネットから予約できるので便利です。

シラオガーデン、トップスの他にもう一箇所、Temple Of LEAHという場所もオプションで選ぶことが可能です。

バンで行く他にも、夜景を見ながらレストランで食事をするツアーなどもあるので、好きなものを探してみてくださいね。

アクセス

GO TO TOPS (バンの往復サービス) https://www.facebook.com/gototops/
ラヴィ イン ザ スカイ https://sugbo.ph/2018/la-vie-in-the-sky-cebu/

アヤラ・センター・セブ

セブシティで遊ぶならここ!おすすめスポットに格安で行く方法とは?

Photo by Hinata Yoshioka

セブ島でショッピングといえば、アヤラセンターが有名です。

屋台のような小さなお土産屋さんも所々にありつつ、海外ブランド系のお店もあって高級志向です。

かなり大きなモールなので少し騒々しいといった部分もありますが、外に出ると大きな木が並ぶ広場などもあり、リフレッシュすることも可能です。

営業時間 10A.M〜21P.M

アクセス 空港からタクシーで250〜300ペソ程(渋滞でなければ)。渋滞時はgrabタクシーがおすすめ(アプリが必要)。タクシーは必ずメーター換算で乗るように、最初に交渉してください。

※安くで行きたい場合は、MybusでSMシティーまで行き、アヤラセンター行きのジプニーに乗り換えという方法もありますが、初心者だと少し難しいかも知れません。

サイト https://www.ayalamalls.com/

計画を立ててレッツゴー!

いかがでしたでしょうか。沢山ある観光地を効果的にまわる為にも、事前にちゃんと計画を立ててから行くことをおすすめします。

バスやジプニー、ミニツアーなどを上手に使うと安価でローカルな旅を楽しめること間違いなしです。なるべく朝早い時間からスタートして、明るい時間帯で楽しく過ごしましょう。

セブに行く際はこちらもチェック!

卒業旅行や新婚旅行、夏休みの旅行にぴったりの南国リゾートセブ!友達や恋人、家族でも楽しめるリゾート地として人気ですよね!今回は初めてのセブ旅行におすすめのスポットを集めた、二泊三日のモデルプランをご紹介します!
旅行で意外と苦戦するのがお土産選び。恋人、家族、友達、職場にどんなお土産を買えばいいのだろうか。せっかくお土産を買うならみんなが喜んでくれるものがいいですよね?この記事ではセブ島で絶対に買うべきおすすめのお土産を15選にまとめてみました!

Staywayについて 

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Hinata Yoshioka
神戸出身。旅好きで20代の頃に日本国内でヒッピー旅を続けた後、沖縄の西表島、そして沖縄本島へと移住し計13年。巡り巡って現在は神戸で生息中。 近年はHawai’i(オアフ島、マウイ島、カウアイ島、特にハワイ島)に通ってフラやロミロミ、ホクレア号に関わるなどハワイ文化にどっぷりとハマりつつも、最近新たにセブ島(フィリピン)にご縁ができ、これから通い始める予感…? 地球一周のクルーズシップで行ったことのある国はキューバ、イースター島、マダガスカル、ポルトガル、ギリシャ、タヒチなど約42カ国。 HP「hinatabook」 …という訳で、このどうにもならない放浪癖を何かに活かしたい!と、思っていた頃に出会ったのがフォト・ライターのお仕事。あまりに自由奔放なこの旅人生も、何かのお役に立てれば幸いなり。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で