【2018】コムローイ祭りをチケット・ツアー参加なしで楽しみタイ!

Chiharu Isogawa

トラベルライター

シェアありがとうございます

ラプンツェルのイメージとなったとも言われているタイの幻想的なお祭り、コムローイ祭り!

「ランタンが一斉に上がるところをどうしても見たい!!」

その場合、会場入りする必要があるのでチケットの購入が必要になります。

ではチケットを購入しないとお祭りは楽しめない?

そんなことは一切ありません!!!(本当に!笑)

こちらの記事ではツアーやチケット購入なしでイーペン祭りを楽しむ方法をご紹介します。

1. そもそもイーペン祭りとは?

タイといえば夜空いっぱいに灯篭が舞うコムローイ祭り!!

ということで名称は定着しているかと思いますが、よく耳にする「コムローイ」、「ロイクラトン」に「イーペン祭り」とは何が違うのか。

私自身、すぐ理解できなかったので簡単にまとめると

・「ロイクラトン」は川に灯籠を流すお祭り

・「コムローイ」は空にランタンを放つお祭り

・「イーペン祭り」はこの2つの行事を合わせた呼び名(元々は「イーペン・サンサーイ」という、地元民向けの地方のお祭りのことを指していたようですが現在はチェンマイで行われるこのお祭りのことを示します。)※諸説あり

です。

「ロイクラトン」について

水の祭典として知られる華やかなお祭り、ロイクラトンはこのイベントの大きな見どころの一つ!

ちなみにロイは「流す」クラトンとは「灯籠」という意味。

夜毎年陰暦12月(新暦10月~11月頃)の満月の夜、川の恵みへの感謝の気持ちを表すため、そして自らを清めるためにロウソクや線香、そして色とりどりのお花で飾られたクラトン(灯篭)を川に流します。

実際にクラトンを作ってみました

購入することももちろんできますが、道端や広場などで、実際にクラトンを作らせてくれるローカルの人々が。

バナナの木と葉っぱ、釘を使いクラトンの土台作り。

そしてその後、お線香やお花で飾り付けをします。

自分達で作ったクラトンで特別感UP。笑

常に同じ場所にいるようではないので見かけたらぜひ作ってみてくださいね^^

「コムローイ」について

ランタンを空に放ち、過去の悲しみや辛さをランタンとともに放つという意味をもつのが「コムローイ祭り」。

ラプンツェルのイメージとなったとも言われている、とても幻想的なお祭りです。ランタンは市内の至る所で販売され、1つ300円前後で購入可能。

(ランタンをお祭りの数日前から放ち始めている人も見かけるかもしれませんがそれは禁止行為。昨年もそのせいで60便ものフライトのキャンセルが出てしまったそう。知らずに禁止行為をしないように要注意です。)

「2018年イーペン祭り」について

これら2つの行事を合わせて行うようになり、それを「イーペン祭り」と言います。(※諸説あり)

このイーペン祭りではロイクラトン、コムローイ以外にも、山車でのパレードや美女・美男子コンテスト、大規模な屋台も楽しむことができますよ♪

【基本情報】

2018年のプログラム(予定)

11月21-22日 19:00-23:00 イーペン美男美女コンテスト @Lanna Folklife Museum
11月22日 19:00-22:00 灯篭流し @ピン川、チェンマイ県庁前
11月23日 19:00-23:00 巨大クラトン山車のパレード @ターペー門からチェンマイ県庁前

2. 屋台・タイ料理を楽しむ

イーペン祭り前日から道は屋台でいっぱい!

チェンマイはバンコクに続く第二の都市とも呼ばれますが、バンコクと比べ物価がかなり安いのもおすすめポイントの一つ♡

当日はとても混雑するので、(日本の人気花火大会のようなイメージ)可能な方は人混みが半分以下の前日にゆっくり屋台巡りすることをオススメします。

カオソーイ

チェンマイといえばカオソーイ!

カオソーイとはココナッツミルクを加えたカレースープに卵麺が入っているもの。ココナッツカレーラーメンといったところでしょうか。

半分は茹でられた普通の麺、もう半分は揚げて上にトッピングされていて、スープの味はもちろん、この麺の食感の違いが病みつきになる絶品グルメです。

カオニャオマムアン

ココナッツミルクで炊いたあまーいもち米とマンゴーを一緒に食べるのがカオニャオマムアン。

意外と美味しいので是非食べてみてほしい、タイの定番スイーツ。

チェンマイ市内、いたるところ見つけることができますよ♪

フレッシュココナッツ

ココナッツ大好きな方必見🥥🏝 タイでは30〜150B(約120〜600円)でフレッシュココナッツを丸ごと1つ食べることができます! ココナッツ好きにはたまりませんね😆🌺 タイ全体で売っていますが、特にチェンマイでは物価が低いため、ほとんどの場合30〜50Bで見つかります🤤♥ レストランやバンコクでは50〜150B程度🏝 ちなみにおすすめは茶色くなる前のまだグリーンのココナッツ! 好みにもよりますが、古そうなココナッツは渋かったり、甘さが口に残る感じがします🤭 今回の旅だけで20個近く食べたのでだいぶ違いを感じられました🤣笑 南国の象徴とも言えるココナッツは写真映えもGOOD👍♥ タイに行った際は是非試してみてくださいね:D♡

chiharuntravelさん(@chiharuntravel)がシェアした投稿 –

そして個人的にオススメは何と言ってもフレッシュココナッツ!

タイでは30~150B(約120~600円)でフレッシュココナッツを丸ごと1つ食べることができます。

ココナッツ好きにはたまりませんね。

タイ全体、あらゆる場所で売っていますが特にチェンマイでは物価が低いため、ほとんどの場合30~50Bで見つかります。

レストランやバンコクでは50~150B程度。

ちなみにおすすめは茶色くなる前のまだグリーンのココナッツ!

好みにもよりますが、古そうなココナッツは渋かったり、甘さが口に残る感じがします。

今回の旅だけで20個近く食べたのでだいぶ違いを感じられました。笑

ココナッツウォーターを飲んだ後はスプーンですくって中の果肉を食べることができます。

日本では乾燥させたココナッツチップの状態でしか手に入りにくいのですが、フレッシュな果肉はみずみずしく、美容や熱中症にも効果的ということなので暑い日にピッタリ!

南国の象徴とも言えるココナッツは写真映えもGOOD♡

3.お祭り当日

そしてお祭り当日。

私たちは前日のうちに屋台を楽しんだのもあり、日中はゆっくりと周辺の寺院や広場の装飾を見て散策を楽しみました。

おすすめは寺院。

所狭しと飾られたカラフルなランタンと、ロウソクの灯火が幻想的な世界へ観光客を引き込みます。

イーペン祭りの屋台や市内の美しい装飾を楽しんだ後、近くの寺院でランタンを放ち、その後も止まる事なく空に上がるランタンをゆっくりと眺めることができました。

美男美女コンテストも見にいきましたが、正直、かなり長い。笑

もちろん美男美女が揃い美しいのですがあまりお勧めはしません。

山車パレードは自由に歩けないほどの大混雑ですが、きらびやかに飾り付けられた山車・パフォーマーたちは一見の価値ありです♪

開催予定地@Lanna Folklife Museum

おすすめのホテル「riverside house bed & breakfast」

photo by booking.com
長ーく続く屋台、川も空もランタンでいっぱい。

年に一度の一大イベントということもあってもちろんどこも人でいっぱい!

楽しいお祭の後に人混みでなかなか帰れないのは大変ですよね?

私が実際に泊まったホテルですが、とにかく立地がパーフェクト!!!

夏祭りの後、屋台を眺めながらそのままおうちに辿り着いてしまうような感覚でした♡

部屋も清潔でコスパもよく、スタッフもかなり親切で言うことなしでした。

ここから予約できます♪

いかがでしたか?

観光客向けの会場で一斉にランタンを放つわけではないので、お祭りの過ごし方も自由♪

チケット無しでも空に絶え間なく上がるランタンや市内の装飾を存分に見て楽しめ、川沿いの屋台グルメもゆっくり楽しむことができるのでおすすめですよ♡

タイの観光情報まとめました! icon-hand-o-down

微笑みの国として知られるタイは日本から毎日沢山の直行便が出ており、'日本人が訪れる渡航先ランキング'の上位にほぼ毎年食い込んでいる観光国です。ここ2年間で4回もタイに行っている僕がタイのおすすめの定番観光スポット20選を紹介します!

チェンマイの観光情報はこちら icon-hand-o-down

海外旅行の際に気になることと言えば、旅行先の治安ですよね。できるだけ危険な目には遭いたくないですし、せっかくの旅行ならストレスなく楽しみたいもの。そこで今回は実際にタイを旅行して感じた注意するべき点についてご紹介します。

staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんんもstaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?