【観光前に読みたい】英語が通じるヨーロッパの国はどこ?

Vista

トラベルライター

シェアありがとうございます

ヨーロッパ 地球

Photo by adobestock

旅行をするときに重要なことの1つは現地で言葉が通じるかです。ヨーロッパの多くの国は独自の言語を所有しており、英語を公用語としていません。

しかし最近では特に若い人を中心に英語を話すことができる人が増えており、旅行の際には現地の言葉を知らなくても困ることはほとんどありません。

そこで本記事では、ヨーロッパで英語がどの程度通じるのかについて解説していきます。

1. ヨーロッパではどのくらい英語が通じるのか

ロンドン イギリス

Photo by adobestock

基本的に、観光地として有名な都市であればほとんど英語は通じます。ホテル、レストラン、鉄道、博物館、ショッピングセンターなどでは、英語が一般的に使用されています。

特に若い世代であれば英語を学ぶのが一般的になっているので、ほとんどの人が話せると考えていいでしょう。

しかし、地方都市に行くと英語が通じないことも多くあります。駅の表示なども英語が一切ないこともあるので、事前にしっかりと調べておく必要があります。

2. 英語を得意とする国ランキング

do you speak english? in a signboard with the Big Ben in the background

Photo by adobestock

世界的に有名な語学学校であるEF Education Firstは、世界中の人々を対象とする英語テストの結果をもとに、英語を得意とする国のランキングを発表しています。

以下がヨーロッパでの中で英語が通じる国(英語を母国語としない国のみ)のトップ10です。

以下のランキングからわかると通り、北欧諸国が上位を占めています。これは、言語の起源が同じであることが理由として考えられます。

第1位 スウェーデン
第2位 オランダ
第3位 ノルウェー
第4位 デンマーク
第5位 ルクセンブルク
第6位 フィンランド
第7位 スロベニア
第8位 ドイツ
第9位 ベルギー
第10位 オーストリア

参照:https://www.efjapan.co.jp/epi/

3. 実際各国どのくらい英語が通じたか

ホテル

Photo by PhotoMIX-Company

実際上記の国を旅行してみると、ホテル、レストラン、鉄道など一般的に観光客が利用する場所では問題なく英語を使用することができます。

しかし、スロベニアやベルギーでは、観光客向けではない小さなショップに行くと英語が通じないことが度々ありました。また、フリーマーケットなどでは英語が通じずにボディーランゲージでコミュニケーションをとることも多くあります。

ドイツでは、都市によって大きく異なります。多くの外国人が集まるベルリンではほとんどの場所で英語が通じます。

一方で、より日本人から人気な都市であるミュンヘンは、ベルリンほど国際化が進んでいないため、ドイツ語しか通じない場所も多くあります。レストランでも英語のメニューが用意されていないところも多くあります。

つまり、ランキング上位の国であっても、全員が英語を話せるというわけではありません。特に年齢層が高くなるにつれて英語を話す人も少なくなります。

4. 通じないので要注意な国

フランス

Photo by TheDigitalArtist

フランス、スペイン、ハンガリー、チェコ、ポルトガルでは意外と英語が通じません。

特にフランス関しては、現地の人は英語を話せない、というよりも話さない、という傾向が強くあります。これはフランス人は自分たちの文化に誇りを持っており、観光客であってもそれを尊重することを望んでいるからです。

英語で話しかけたとしてもフランス語で返ってくることが多いので、旅行の際には基本的な会話を知っていると大変役に立ちます。

また、観光大国として人気のスペインですが、バルセロナなどの大都市であっても英語が通じないことが多くあります。人気の観光エリアであっても店員がスペイン語しか話さないことも多いので、基本的なスペイン語は事前に学んでおくといいでしょう。

5. 英語以外の言語を勉強したほうが良いのか

ドイツ

Photo by liggraphy

ヨーロッパに長期滞在をする場合は、その国の言語を学んだ方がいいでしょう。なぜなら、アパートメントの契約や住民登録、病院など実際にそこで生活をするにはその国も言語で手続きなどをしなけらば行けないからです。

私はヨーロッパの中でも比較的英語の通じるドイツのベルリンに住んでいますが、現地で必要な書類など必要な諸手続きはすべてドイツ語で行っています。そのため、基本的な知識だけではなく、最低限コミュニケーションが取れる程度のドイツは必要です。

一方で旅行や短期滞在であれば、現地の言葉を学ぶ必要は不要です。ヨーロッパの有名な観光地であれば英語が通じることがほとんどです。そのため、その短期間のために語学学習に時間を割く必要はないといえます。

観光向けのガイドブックで紹介されているような基本的な表現のみ知っておけば十分でしょう。

旅行前に基本の会話は覚えておくと◎

北欧諸国を中心にヨーロッパでは多くの国で英語でコミュニケーションをとることができます。そのため、現地の言葉を話せないとしてもそこまで心配をする必要はありません。

しかし、地方都市など観光客がほとんどいない場所では、英語が通じないこともよくあります。そのため、自分が旅行する場所に応じて、その国も言葉を事前に少し学んでおくことも必要です。

現地の人と「話す」というのも観光の醍醐味。

今度の旅行では是非、会話も楽しんでみては?

スペインは英語で大丈夫??🇪🇸 icon-hand-o-down

旅行をするときに緊張するのが言語の問題です。言葉が通じず、レストランの注文や買い物時に緊張する人がいるかもしれません。実際にアメリカやイギリスだと単語を英語で覚えていればいいですが、スペインはどうでしょうか?今回はそんな疑問にお答えします。

ロンドン観光前に読みたい🚇 icon-hand-o-down

ロンドン名物、赤い2階建バスのダブルデッカー。同じくロンドン名物の丸い形が愛らしく印象的なタクシー。「Tube」の愛称で知られる地下鉄など、今回はロンドン市内を駆け巡る公共交通機関を上手に利用する方法を紹介していきます!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Vista
ベルリン在住のフリーランスライター。アメリカ留学とシンガポール在住経験もあり。 趣味は海外旅行で現在訪れた国は25か国以上🌍50を目標に常に次の旅行中を模索中!
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で