フランス アンボワーズ観光徹底解説!

小餅芋餅

トラベルライター

フランス アンボワーズ

(写真:本記事記者小餅芋餅)

今フランスでは密かにロワール地方、ことアンボワーズという街が人気となっています。

その理由として、レオナルドダヴィンチ生誕500周年を迎えたからです。

イタリアの天才発明家であり画家であるレオナルドダヴィンチは、なんとここ、アンボワーズでその生涯を終えました。そのため彼に関連するものがたくさんあります。

今回はそんなアンボワーズの特集です。

謎のバゲット自動販売機

フランス アンボワーズ バゲット

(写真:本記事記者小餅芋餅)

フランス国内色々と旅をしてきましたが、バゲット自動販売機を見たのはここアンボワーズだけです。

アンボワーズ駅を降りたらすぐの場所に、ポツンと立っています。

1本1ユーロ。フレッシュなバゲットと記載されていますがどうなのでしょうか。

アンボワーズのミステリーです。

【地図】Gare d’Amboise

【住所】37400 Amboise
【アクセス】駅出て左すぐ
【営業日】毎日
【料金】1ユーロ

アンボワーズの城、Château Gaillard Amboise

この投稿をInstagramで見る

Touraine Val de Loireさん(@tourainevaldeloire)がシェアした投稿

アンボワーズはそんなに大きな街というわけではないのですが、なんとお城が3つもあります。

まずは一番街から離れているお城から探検してみましょう。

イタリアからかつて職人を呼び寄せてできたこのお城は、特に柑橘系の果樹園が美しく有名です。

当時の暮らしぶりも見学できます。

【地図】Château Gaillard Amboise

【住所】29 Allée du Pont Moulin, 37400 Amboise
【アクセス】ロワール河も越えムーラン橋という道沿へ
【営業日】毎日
【料金】大人13€
【公式サイト】http://chateau-gaillard-amboise.fr

クレープ屋さん

この投稿をInstagramで見る

Dmitri Ogleznevさん(@do.photography.nz)がシェアした投稿

ブルターニュ地方のクレープがいただけるレストランです。

クレープの種類が豊富で大変迷ってしまうほど。

甘いものからお惣菜系まで、なんでも揃っています。もちろんクレープ以外も全て美味しいです。

こちらでいただくワインも美味しいです。

【地図】Restaurant Anne de Bretagne

【住所】
【アクセス】ロワール河越えてすぐ
【営業日】月曜定休

ロワール河

フランス アンボワーズ ロワール河

(写真:本記事記者小餅芋餅)

アンボワーズ駅があるところとお城がたくさん建っている市内の間に河がとうとうと流れています。

これこそがロワール河です。

この周りにカフェスタンドが少しあったり、なんと小舟が置いてあったり。

豊かな自然に囲まれて穏やかな気持ちになれる、最高のスポットです。

【地図】Loire

【住所】Quai du Général de Gaulle, 37400 Amboise *セグウェイ貸出場所にピンを立てています。

老舗ビスケット屋さん

この投稿をInstagramで見る

Məlissa 🎀 📷 😻😸🍀さん(@a_ssilm)がシェアした投稿

ロワールの古城で有名なのがシャンボールですが、そのシャンボールに関係する老舗ビスケット屋さんです。

当時、飼っていた鶏の卵をどう活かそうと考え思いついたのがビスケットに使用すること。

その後レーズンやラムとの組み合わせを発見し守り抜いた伝統の味。

ビスケット以外にもたくさんの美味しいものがあるので、色々試してみましょう。

【地図】Biscuiterie d’Amboise

【住所】2 Place Michel Debré, 37400 Amboise
【アクセス】アンボワーズ城近く
【営業日】毎日
【公式サイト】https://biscuiteriedechambord.fr

夜に行きたいバー

この投稿をInstagramで見る

Armelle Jaffryさん(@armellejaffry)がシェアした投稿

まさしくバーというところで一杯飲みたいのであれば、シェイカーにいきましょう。

お酒の種類がとても豊富。ジン、ウォッカ、ラム、シャンパン、、、とそれぞれのベース別にカクテルが書かれているのでわかりやすいです。

中で食べれるスナック(ポテトやピザ、ハンバーガーなど)も絶品。

お店の向かい側、ロワール河の向こうに見えるライトアップされたアンボワーズ城は息をのむほど美しいです。

【地図】Le Shaker

【住所】3 Quai François Tissard, 37400 Amboise
【アクセス】オール島、アンボワーズ城が見える方
【営業日】毎日

アンボワーズ 2つ目のお城

この投稿をInstagramで見る

Château Du Clos Lucéさん(@chateauclosluce)がシェアした投稿

800年の歴史のあるお城です。

このお城は中世に建てられ、修道女や貴族やいろんな人の手に渡った数奇な過去をたどっています。

お城内にはレストランや美術館が内装されているほか、音楽イベントなど様々なイベントが開催されているのでいつ行っても楽しむことができます。

【地図】Château du Clos Lucé

【住所】2 Rue du Clos Lucé, 37400 Amboise
【アクセス】ロワール河を渡り、ビクトールユゴー道をまっすぐ進む
【営業日】毎日
【料金】大人16€(シーズンにより異なる)
【公式サイト】http://vinci-closluce.com/en

昔からあるチョコレート屋さん

この投稿をInstagramで見る

Pillow & Pepperさん(@pillowandpepper)がシェアした投稿

こちらも昔からある素敵なお店です。アンボワーズ城の方に向いている箇所はチョコレートが、小道に向いている方の箇所は喫茶店になっています。

たくさんの美味しいチョコレートがずらり。

またこちらでいただけるケーキの数々。全て最高の美味しさなのです。

寒い冬にはホットチョコレートもオススメです。

【地図】Pâtisserie Bigot

【住所】2 Rue nationale, 37400 Amboise
【アクセス】アンボワーズ城前
【営業日】毎日
【公式サイト】https://maison-bigot-amboise.com

アンボワーズ城

フランス アンボワーズ 城

(写真:本記事記者小餅芋餅)

ロワール河を越えてまず堂々とした姿を見せてくれるのがこのアンボワーズ城です。

ほぼ2世紀にわたる、アンボワーズの王宮とフランスの歴史がこのお城に刻まれています。

また、レオナルドダヴィンチの埋葬地としても有名です。

美しい芸術品の数々や、360度ぐるりと見渡せる風景も最高ですが、夜のライトアップは幻想的でことさら美しいです。

【地図】Château Royal d’Amboise

【住所】
【アクセス】ロワール河を越えてすぐ
【営業日】毎日
【料金】大人12.8€
【公式サイト】https://www.chateau-amboise.com/fr/

レオナルドダヴィンチの発明品

この投稿をInstagramで見る

Château Du Clos Lucéさん(@chateauclosluce)がシェアした投稿

アンボワーズ2つめのお城で紹介したクロリュセ城ですが、城内だけで見学を終えるともったいないです。

アンボワーズとっておきのお楽しみといえば、レオナルドダヴィンチが発明した数々の発明品(レプリカ)をこの目で見れること。

美しいお庭の中に突如現れる発明品の数々。

かつて昔にこんなものを考えたのか、と驚きの連続です。

【地図】Château du Clos Lucé

【住所】2 Rue du Clos Lucé, 37400 Amboise
【アクセス】ロワール河を渡り、ビクトールユゴー道をまっすぐ進む
【営業日】毎日
【料金】大人16€(シーズンにより異なる)
【公式サイト】http://vinci-closluce.com/en

パリからアンボワーズまで

フランス アンボワーズ 駅

(写真:本記事記者小餅芋餅)

パリからアンボワーズへはTGVが出ています。

オーステルリッツ駅(gare d’Austerlitz)からアンボワーズ(Amboise)までは2時間弱で着きます。

アンボワーズ駅から20分弱歩くと、市街地に出ます。

古城が多くあるロワール地方へ!

この投稿をInstagramで見る

Touraine Val de Loireさん(@tourainevaldeloire)がシェアした投稿

パリから日帰りで行けてしまう、ロワール地方アンボワーズ。

ここはまだまだフランス人以外の旅行者が少ないため、かえってのんびりと旅行ができる素晴らしいスポットです。

イタリアのイメージが強いレオナルドダヴィンチですが、この地で永遠の眠りについていたり、お城もたくさんあったりととっても魅力的な街なのです。

オーベルニュで泊まるもよし、日帰りで行くもよし、パリだけじゃない、素晴らしいフランスの文化に触れにぜひアンボワーズまで行ってみませんか。

フランスの魅力は尽きません♪

フランスに旅行に行くならパリ!と思う方も多いと思いますが、フランスは他の場所もとっても美しくてオススメです。今回はパリだけにとどまらず、フランス全土で行って見るべきおすすめスポットをランキング形式に22位からご紹介したいと思います。
パリの中でもまったく雰囲気が異なるため、パリっ子もモンマルトルが大好きです。また昼と夜とでは見せてくれる顔もガラリと変わります。そんな不思議な世界、モンマルトルを今回はご紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

小餅芋餅
よく一人でふらりと海外旅行に出かけ、これまでに26カ国は訪れました。現在はパリ在住ですが、そのほかも女子旅、一人旅で経験した素晴らしい各国のことを一緒に共有したいと思います。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で