フランスのスーパーで見つけた!おすすめお土産11選

Haru

トラベルライター

シェアありがとうございます

フランス スーパー

Photo by TeroVesalainen

フランスでのお土産選びに悩んでしまうという方におすすめの、スーパーマーケット。

ご自分用やバラマキ用にもピッタリなフランスのスーパーで買える人気のお菓子を11選ピックアップ。

買い物の仕方も併せてご紹介していくので、ぜひ参考にして下さいね。

第11位 モノプリ(Monoprix)のエコバッグ

この投稿をInstagramで見る

000momy_momy000さん(@000momymomy000)がシェアした投稿

まずはフランスのスーパー、Monoprix(モノプリ)で人気のエコバッグ。新しいデザインが常に登場している人気のバッグは、現地で購入すると一つ1,5〜2,5 ユーロほどで手に入るので、バラマキ用にもおすすめ。

フランスと日本のスーパーで大きな違いというとまずはレジ。

大きなカートから商品をレジ前のベルトコンベアに乗せ、最後に次の人の商品と区別するための仕切り棒(レジ係の人のすぐ横にあります)を置きます。

レジでバーコードを通してもらった品物をエコバックか買い物袋(有料)に入れていきます。

また、自身のショッピングカートなどに直接入れていく方も。

【住所】14 – 16 rue Marc Bloch 92110 CLICHY
【アクセス】バス停 「Quai de Clichy」より約徒歩2分
【公式サイト】 https://www.monoprix.fr/

第10位 ジャルダンビオ(Jardin BiO) のミューズリー

この投稿をInstagramで見る

Jardin BiOさん(@jardin_bio)がシェアした投稿

各スーパーに、必ずと行っていいほどある有機商品を扱う「ビオコーナー」。サラダに少しだけ加えるだけでもコクがアップするバルサミコ酢。

こちらはビオ食品を扱うブランド、Jardin BiO(ジャルダンビオ)のバルサミコ酢になります。スーパーでも見つかりやすいのでご自宅用にもおすすめ。

またフランスには買い物カゴはなく、大きなカートに直接商品を入れます。もしくは持参したエコバックをカート内において入れてもOKです。

また、大きなカートは繋がれているので使うに際には1ユ-ロ、2ユ-ロ、50サンチ-ムの小銭を入れると(返す時に返ってきます)、前の鎖と離れるようになっています。

【住所】28 rue de la Houve 57150 Creutzwald
【アクセス】CREUTZWALD G.R.(クレウツヴァルド)駅より徒歩で約3分
【公式サイト】http://www.jardinbio.fr/fr/

第9位 カルフール(carrefour)の有機ジャム

この投稿をInstagramで見る

Carrefour RDさん(@carrefourrd)がシェアした投稿

フランスの大手のスーパーマーケット、Carrefour(カルフール)のオリジナルブランドの有機素材を使ったジャム。

コストを抑えながらも素材にこだわった安心安全なジャムは、こちらのフランボワーズ以外にもテイストも豊富なので味ごとに試してみても。

またフランスの野菜や果物は欲しい分だけビニール袋に入れて量りを見つけて、値段シ-ルを貼ります。

スーパーにって機械は少しずつ違いますが商品の写真も付いているので、フランス語で野菜や果物の名前が分からなくても、比較的分かりやすくなっています。

【住所】33 avenue emile zola 92100 boulogne-billancourt
【アクセス】バス停 「Parc de Billancourt」より約徒歩1分
【公式サイト】http://www.carrefour.com/

第8位 ルフレドゥフランス(REFLETS DE FRANCE)のハチミツ

この投稿をInstagramで見る

Damien Cabrespinesさん(@damcab)がシェアした投稿

大手スーパーマーケット、カルフールグループが手掛けるブランド REFLETS DE FRANCE(ルフレドゥフランス)。

フランスの地域それぞれの名産から有名なゲランドの塩、チーズやバターなど様々な食材が揃い、ベージュ色のようなパッケージで統一されているのが特徴的。

フランス産のハチミツはいくつかの種類があり、カルフールのハチミツコーナーで見つかります。

【住所】 Route de Paris, Zone Industrielle, 14 120 Mondeville
【アクセス】Gare de Caen (カーン駅)より車で約12分
【公式サイト】 https://www.refletsdefrance.fr/

第7位 ビョーグ(BJORG)のチョコビスケット

この投稿をInstagramで見る

bjorgさん(@bjorgofficiel)がシェアした投稿

フランスのスーパーで見つかるオーガニック、Bjorg(ビヨルグ)の商品。

アーモンドミルクや豆乳、ミューズリーなどといった朝食におすすめの食品から、パスタ類や小麦粉など毎日の食卓に欠かせない食材を扱っています。

その中でもオーガニックのお菓子類はお土産やご自宅用にもピッタリ。

こちらのチョコレートを挟んだビスケットは一枚で食べ応えもあり、甘いものを朝食に食べるフランスでは朝食用としても人気があります。

【住所】 217, chemin du Grand Revoyet – 69561 Saint Genis Laval
【アクセス】 Gare de Pierre Bénite( ピエールベニット駅より車で約6分)
【公式サイト】https://www.bjorg.fr/

第6位 アルベール・メネス(Albert Ménès)のスパイス

この投稿をInstagramで見る

Carrefour Market Cavalaireさん(@carrefour_market_cavalaire)がシェアした投稿

1921年創業フランスの老舗、Albert Ménès (アルベール・メネス)。

タプナードやパテ、リエットなどフランスらしい食材からお菓子類、ハチミツやジャムなど幅広く食品類を展開しています。

モノプリやカルフールなどスーパーにも置いてあることから気軽に手に入りやすくなっています。

その中でもスパイス、ハーブ類はキッチンに飾っておくだけでもおしゃれなガラス瓶が特徴に。種類が豊富なので並べておいても様になります。

【住所】 156 Rue Saint-Denis, 92700 Colombes
【アクセス】 Gare de Colombes(コロンブ駅)より車で約5分
【公式サイト】 https://www.albertmenes.fr/

第5位 ミッシェルオギュスタン(Michel et Augustin)のチーズ入りクッキー

幼馴染の二人が作り上げる厳選した素材にこだわる食品を提供する、Michel et Augustin(ミッシェルとオギュスタン)。

キュートなパッケージでスーパーの売り場でも注目度の高いお菓子やデザート、新鮮なフルーツジュースなど素材にこだわるだけあって本格的な味わいが印象的です。

サブレやビスケットはもちろん、フランスで欠かせないアペリティフに活躍する塩系のチーズ入りクッキーはお土産にも喜ばれます。

【住所】 151 Rue de Billancourt, 92100 Boulogne-Billancourt
【アクセス】 Marcel Sembat メトロ(マルセルサンバ)駅より徒歩で約7分
【公式サイト】https://www.micheletaugustin

第4位 ヴレ(Vrai)のヤギのチーズ

この投稿をInstagramで見る

Vrai – La Laiterie Familialeさん(@danslevrai)がシェアした投稿

1995年に誕生したフランスの有機食品を扱うブランド「Vrai」からヤギのチーズ。

牛やヤギ、ヒツジの乳から作ったヨーグルトやバター、そしてチーズといった乳製品を主に扱い、スーパーでも手に入りやすくおすすめです。

ヤギのミルクで作られたチーズはチーズ好きなら一度は試したいチーズ。独特の臭みと酸味があり、クセになる味わいが印象的です。

フランスのスーパーでは、対面式でお好みの量にカットしてくれるチーズ売り場もあるのでチーズ好きにはたまりません。

【住所】2, rue Julien Neveu BP 9310635531 Noyal-sur-Vilaine cedex
【アクセス】 Noyal-Acigné駅より徒歩約11分
【公式サイト】 http://www.vrai.fr/

第3位 セキールパトロン(c’est qui le patron)の有機バター

この投稿をInstagramで見る

C’est qui le patron ?!さん(@cestquilepatron_)がシェアした投稿

消費者のためのブランドとして誕生した、c’est qui le patron (セ・キールパトロン)。
一つの商品にどれだけの価格がかかっているかをクリアにして、オーガニック食品を始め様々な食品を展開しています。

生産者ともしっかりとコミニケーションをとっていることから、食品の無駄にも繋がることをきちんと考えているエコな一面も。

牛乳や卵、肉類などからハチミツ、バターそして生野菜など低価格で信頼できるものが見つかります。

【住所】5, rue Saint Georges 75009 Paris
【アクセス】 Notre-Dame de Lorette メトロ(ノートルダム・ド・ロレット)駅より徒歩約2分
【公式サイト】 https://lamarqueduconsommateur

第2位 サンミッシェル(St Michel)のガレット

この投稿をInstagramで見る

trnd Franceさん(@trndfrance)がシェアした投稿

1905年フランス大西洋沿岸サン・ミッシェルで誕生した、St Michel(サンミッシェル)。

シンプルで優しい伝統のレシピを守り続けフランス産の小麦、新鮮な卵とバターを使ったお菓子は長く愛され続けています。

シンプルな素材で作られているお菓子は、ヨーロッパ、アメリカ、日本を含むアジアなどでも世界的に好まれるように。

定番のガレットは、まとめ買いしておいてバラマキ用のお土産にもおすすめです。

【住所】 2 Boulevard de l’Industrie, 41700 Contres
【アクセス】 Gare de Blois Chambord (ブロワシャンボー)駅より車で約27分
【公式サイト】http://www.stmichel.fr/

第1位 リンツ(Lindt)のチョコレート

この投稿をInstagramで見る

Lindt Chocolate Franceさん(@lindtfrance)がシェアした投稿

スイスのチョコレートメーカー、(Lindt)のチョコレートは日本でも有名な歴史あるブランド。

フランスのスーパーではリンツのチョコレートがお手頃価格で手に入り、種類も豊富なので食べ比べもおすすめです。

シンプルにカカオの味を楽しめる99%や90%タイプの本格的なチョコレートから、デザート感覚で楽しめるクリームブリュレやプラリネ味など子供からお年よりまで日常的に愛されています。

【住所】5, boulevard de la Madeleine 75001 Paris
【アクセス】 Opéra メトロ (オペラ)駅より徒歩で約5分
【公式サイト】https://www.lindt.fr/

フランスでのお土産探しはスーパーへ!

今回は、フランスのスーパーで購入できるおすすめのお土産を11選ご紹介しました。

日本でも手に入るブランドもありますが、フランスならではのテイストなどもたくさんあります。

フランスのスーパー、地方は特に日祝日は午前中のみの営業、または休日のこと多いので行く前に必ず情報をチェックしていくことをお勧めします。

フランスへ行かれた際にはスーパーで、ぜひご自分用とお土産探しのアイテムをチェックしてみて下さいね。

フランスの魅力はまだまだあります♪

フランスに旅行に行くならパリ!と思う方も多いと思いますが、フランスは他の場所もとっても美しくてオススメです。今回はパリだけにとどまらず、フランス全土で行って見るべきおすすめスポットをランキング形式に22位からご紹介したいと思います。
フランスには年間を通してたくさんの行事があります。その行事に合わせてフランスに旅行に行くのも楽しいですよ。今回は12ヶ月分、いろいろあるイベントの中でも特に有名なイベントに絞って内容をご紹介したいと思います。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Haru
フリーランスのライターとして活動しています。フランスの南、地中海ごく近くに在住経験あり。いつでも旅に出られるように、衣食住をシンプルにを心がけミニマルな生活を実践中。海や山の近くにアパートや家を借りてのんびり過ごす、暮らすような旅を好みます。
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で