【食べてみっせ!】福島在住者が教える、福島のおすすめグルメ11選

Stayway 編集部

トラベルライター

福島 焼きあがった餃子Photo by adobestock

福島県といえば、首都圏からでも2時間ほどの、東北地方のなかでも気軽に行ける旅行先として人気の県です。観光ガイドブックに載っている有名店もいいけれど、せっかく観光で訪れるのなら、地元の人に愛されている人気のグルメを味わい尽くしたいですよね。

今回は、福島在住者が本当におすすめする、福島のグルメ厳選11ヶ所をランキングにしてみました。長年愛され続ける郷土料理あり、B級グルメあり、スイーツあり、福島グルメをまるごとご紹介していきますよ。

第11位 喜多方ラーメン「あべ食堂」

View this post on Instagram

haruka h_r_k_1023さん(@haru_travelcrazy)がシェアした投稿

喜多方ラーメンは、全国でも有名な、福島県喜多方市のご当地ラーメンです。

行列のできる人気店のなかでも、地元の人が何度もリピートしてしまうのが「あべ食堂」です。
あべ食堂の中華そばは、色は濃い目なのに意外とあっさりな醤油ベースのスープに、ちぢれ麺がよく絡みます。自慢のチャーシューは、トロトロなのに脂身少なめで、いくらでも食べられそうです。”朝ラー”として早朝から食べに来る人も多いんですよ。

正式名称:あべ食堂
住所:喜多方市緑町4506
アクセス方法:JR喜多方駅から徒歩20分
営業時間:7:30~14:00
定休日:主に水曜日、他月1回、火曜定休あり
公式サイト:http://www.ramenkai.com
電話番号:0241-22-2004

第10位 高遠そば「三澤屋」

福島 高遠そば
Photo by sayo ts

一本の長ネギを箸の代わりにして食べるという高遠そばは、見た目のインパクトがありますよね。

高遠そばとは、辛味大根と鰹節のダシにつけたそばのことで、長ネギは薬味としてもおいしくいただけます。昔、会津のお殿様が好んで食べていたことから広まった食べ方です。

高遠そばの店「三澤屋」は、観光地として有名な大内宿の中にあります。大内宿に立ち寄ったら、昔のお殿様気分で食べてみたいですね。

正式名称:三澤屋本店
住所:0241-68-2927
アクセス方法:会津若松駅から会津鉄道で約43分、湯野上温泉駅下車、湯野上温泉駅から車で約20分
営業時間:10:00~16:30
定休日:1月4日~7日のみ
公式サイト:http://www.misawaya.jp
電話番号:0241-68-2927

第9位 馬刺し「堀商店」

馬刺しといえば熊本が有名ですが、福島の会津坂下町にも昔から馬肉の文化があります。

福島で馬肉を刺身で食べるようになったのは、興行でこの地を訪れたプロレスラーの力道山が辛子みそをつけて生で食べたことがきっかけだそう。

「堀商店」では、新鮮でやわらかい馬刺がリーズナブルに食べられます。地元の人は、お土産に馬刺をテイクアウトすることも多いんですよ。

正式名称:堀商店(坂下ドライブイン 民宿 堀)
住所:福島県河沼郡会津坂下町古町川尻446
アクセス方法:JR只見線会津坂下駅から徒歩約15分
営業時間: 11:00~21:00
定休日:元日のみ
電話番号:0242-83-3027

第8位 こづゆ「割烹 田季野」

View this post on Instagram

会津若松 こづゆ(2018/3) #会津若松 #こづゆ

のかりょ(@東京)さん(@nokaryo.0911)がシェアした投稿 –

こづゆとは、お正月や冠婚葬祭などの特別な席で振舞われる会津地方の郷土料理です。

ホタテの干し貝柱のだしをベースに、干ししいたけ、きくらげ、糸こんにゃく、にんじん、里芋、豆麸などを加えた具だくさんのお吸い物で、会津塗りの漆器に盛られています。

わっぱ飯が人気の割烹「田季野」では、セットメニューのお味噌汁を378円プラスでこづゆに変更することができるほか、こづゆを単品で注文も可能です。貝だしのあっさりとしたこづゆの味は、わっぱ飯とも相性抜群です。

正式名称:元祖輪箱飯(わっぱめし)割烹・会津料理 田季野
住所:会津若松市栄町5−31
アクセス方法:JR只見線七日町駅より徒歩18分
営業時間:11:00〜20:00
定休日:なし
公式サイト:http://www.takino.jp
電話番号:0242-25-0808

第7位 円盤餃子「満腹」

福島 円盤餃子Photo by Koji Horaguchi

福島県の餃子といえば、円盤餃子です。20~30個ものこんがりと焼けた餃子が円形に並んだ様子は、まるで空飛ぶ円盤みたいですね。

「元祖円盤餃子 満腹」はその名のとおり円盤餃子発祥の店です。こちらの餃子は、こだわりの皮のモチモチ感と、じゅわっとジューシーな肉汁がビールによく合います。見た目のボリュームのわりに意外とペロリといけちゃいますよ。

正式名称:満腹
住所:福島県福島市仲間町1-24
アクセス方法:福島駅から徒歩15分
営業時間:月・木・金 16:30~餃子がなくなり次第終了
土・日11:40~餃子がなくなり次第終了
定休日:火曜日・水曜日
公式サイト:http://enban.hp.gogo.jp
電話番号:024-521-3787

第6位 クリームボックス「大友パン」

クリームボックスとは、福島県郡山市のご当地パンです。分厚い食パンの上にミルククリームがたっぷりと塗られており、ふんわりとしたパンとクリームのやさしい甘さが魅力です。

クリームボックスの王道といえば、地元で根強い人気のある「大友パン」。
生クリームを使用したなめらかで甘さひかえめのミルククリームは、学生時代から地元の学生の思い出の味として親しまれています。

正式名称:大友パン
住所:福島県郡山市虎丸町24-9
アクセス方法:JR郡山駅西口から徒歩13分
営業時間:7:30~19:30
定休日:なし
電話番号:024-923-6536

第5位 ソースカツ丼「とん亭」

View this post on Instagram

食べたいものを食べる幸せ😋 #ソースカツ重 #とん亭 #満腹

太田光さん(@hikaru_orange)がシェアした投稿 –

福島県会津地方では、カツ丼といえばソースカツ丼です。
その味は、大正時代から親しまれてきた庶民の味。

地元の人にも古くから親しまれている老舗「とん亭」のソースカツ重は、創業時から継ぎ足して使っている特製手作りソースを使用した深い味わいが堪能できます。丼からはみ出すほどの大きなソースカツをご賞味あれ。

正式名称:とん亭
住所:福島県会津若松市天寧寺町1-11
アクセス方法:JR会津若松駅から車で15分
営業時間: 11:00~14:00(ランチタイム)
17:00~20:00(ラストオーダー20:00)
定休日: 毎週月曜日
公式サイト:https://www.gurutto-aizu.com
電話番号:0242-27-2191

第4位 なみえ焼きそば「杉乃家」

福島 なみえ焼きそば

Photo by Hajime NAKANO 

なみえ焼きそばは、福島県双葉郡浪江町で生まれたご当地焼きそばです。

太麺に濃厚ソース、豚肉ともやしだけのシンプルな具が特徴で、一味唐辛子をふりかけて食べるのがツウな食べ方です。

元々浪江町で営業していた「杉乃家」。現在は原発事故の避難先である二本松市で営業を続けています。いまも変わらないご当地の味をぜひ食べてみてください。

正式名称:杉乃家
住所:二本松市本町2丁目3番地1 市民交流センター内1階
アクセス方法:JR二本松駅より徒歩2分
営業時間:ランチ11:00~15:00 ディナー17:00~20:00
定休日:月曜日 第3月・火曜日
電話番号:0243-24-1215

第3位 カレー焼きそば「寿楽」

View this post on Instagram

maruroyamashitaさん(@maruroyamashita)がシェアした投稿

ソース焼きそばにカレーをかけた会津若松市のご当地B級グルメ、カレー焼きそば。
安くてボリュームがあり、見た目のインパクトもある、地元で人気のソウルフードです。

「ラーメン居酒屋 寿楽」のカレー焼きそばは、平打の太麺にスパイシーなカレーを豪快にかけたワイルドな一品です。豪快に平らげたいですね。

正式名称:ラーメン居酒屋 寿楽
住所:福島県会津若松市馬場町1-3
アクセス方法:JR七日町駅から徒歩15分
営業時間: 18:30~26:30
定休日: 日曜日
電話番号:0242-24-8641

第2位 向山製作所の生キャラメル

View this post on Instagram

【向山(むかいやま)製作所②】 1つ前の投稿で向山製作所さんの生キャラメルソースプリンをご紹介したばかりですが、、せっかくなので!!!!パンケーキが大人気の『向山製作所 郡山表参道カフェ』さんもご紹介します★☆★ * * 色んな種類のパンケーキがありますが、今回は定番の「スタンダードパンケーキ」をいただきました。 * 芳醇な生キャラメルソース、バター、あっさりとした生クリームが絶妙で、気づいたら一皿ぺろっと完食。 * パンケーキが焼きあがるまでにサービスで出してくださる生キャラメルもうれしい心遣いで、ほっこりしてしまいました。 * * こちらのカフェ、実は昨年11月にカフェに併設する形でパン屋『Boulangerie Mukaiyama(ブーランジェリー ムカイヤマ)』がオープンし、リニューアルされたばかりで、大注目されているんです★ * 電子部品の製造、生キャラメル・パンの販売を手がける向山製作所さんから皆さん、目が離せませんよ~!! * * #福島けんぽく #大玉村 #向山製作所 #ふくしまなかなか #郡山市 #向山製作所カフェ #カフェ巡り #ランチ #おしゃれ #パンケーキ #生クリーム #生キャラメル #食べ物 #福島カフェ #郡山カフェ #パン屋さん #日本 #東北 #福島県 #福島 #ふくしま #cafe #pancake #pancakes #fukushima #fukushimagram

ふくしま県北withなすびさん(@fukushima_kenpoku)がシェアした投稿 –

福島県の電子部品会社である向山製作所が、不況のなか社員の雇用を守るために開発したのが、なんと生キャラメルです。

その生キャラメルの味は口コミで広がり、世界のお菓子の祭典「サロン・デュ・ショコラ」に4年連続で出店し高い評価を受けるまでに成長しました。

向山製作所郡山表参道カフェでは、そんなこだわりの生キャラメルを使ったパンケーキなどのスイーツやドリンクを店内で食べることができます。ふわふわのパンケーキにとろーりキャラメルソースをかけて召し上がれ。

正式名称:向山製作所郡山 表参道カフェ
住所:福島県郡山市中町7-14 おのやビル 1F
アクセス方法:東北本線 郡山駅から徒歩5分
営業時間:10:00~18:00
定休日:年末年始
公式サイト:http://www.mukaiyama-ss.co.jp
電話番号:024-953-6697

第1位 山塩ラーメン「奥裏磐梯らぁめんや」

栄えある第1位は、山塩ラーメンです!

会津地方の北塩原村では、太古の海水成分が地下水に溶け出した温泉水から、山塩が生塩されています。この山塩を使った料理がおいしいと話題を集めています。

そんな貴重な山塩を使用した「奥裏磐梯らぁめんや」のラーメンは、味に丸みがあり甘くてまろやかな味わいにハマる人が続出のラーメンです。磐梯山と桧原湖の絶景を眺めながら、味わってみてはいかがでしょうか。

正式名称:奥裏磐梯らぁめんや
住所:福島県耶麻郡北塩原村檜原苧畑沢1034-19
アクセス方法:磐梯東都バス 森のくまさんレトロバス 桧原歴史館前 徒歩1分
営業時間: 10:00〜15:00
定休日:毎週火曜日
電話番号:0241-34-2200

地元で愛される福島グルメを食べつくそう

今回は、在住者が教える福島のおすすめグルメをランキングでご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

紹介した11店舗はどこも、地元愛に溢れていて常連客の絶えないお店です。味はもちろん、見た目のインパクトもあるので、旅の思い出とともに写真をシェアするのも楽しいですよ。

福島への旅行の際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

福島の観光情報まとめました✨ icon-hand-o-down

磐梯山や色の違いが楽しめる五色沼など、美しい自然に恵まれた土地・福島。「喜多方ラーメン」は全国的にも有名ですね。福島県で訪れるべき観光スポットを今回はご紹介します。どこも魅力的なところばかりですよ!

日本橋「ふくしま館」の館長さんにインタビューさせていただきました!📃 icon-hand-o-down

さて、突然ですが、福島県と言えばどんなイメージを思い浮かべますか?磐梯山?喜多方ラーメン?桃?スパリゾートハワイアンズ?全国で3番目の大きさを誇る福島県は観光、歴史、温泉、グルメなど、どれをとっても魅力的! そんな福島県をリサーチする為に、「日本橋ふくしま館」の館長の根本さんにお話をお伺いしました!果たして本当の福島の魅力とは??

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

logo