世界最大級のバラ園!?岐阜県・花フェスタ記念公園春の魅力

Kenichi

トラベルライター

岐阜 花フェスタ記念公園

photo by kenichi

世界最大級のバラ園を目玉としている「花フェスタ記念公園」。

毎年5月下旬~6月中旬にかけて最盛期を迎えるバラ園ですが、バラ園以外にも魅力があるんです。

今回は春の花フェスタ記念公園の魅力についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1. 花フェスタ記念公園ってどんなところ?

photo by T.Kiya

平成7年に開催された花の博覧会の跡地を岐阜県が整備し運営している「花フェスタ記念公園」。

80.7haという広大な敷地には、バラ園やバラのミュージアム、日本ではなかなか見られない植物を飼育・展示する大温室など、花や植物がたくさんあります。

季節によってさまざまなイベントが行われ、花の鑑賞だけでなく、グルメやショッピングなども楽しめるスポットです。

2. 世界最大級のバラ園

photo by T.Kiya

花フェスタ最大の魅力は、何と言っても年2回見頃を迎える世界最大級のバラ園です。

園内にあるバラの品種は約7000品種、総株数は約30000株と種類や数にも驚かされますが、17のテーマに沿ってつくられたテーマガーデンはどれも趣が異なり、見応えがあります。

目で見て楽しむのもよいですが、バラが見頃を迎える時期には園内が甘いバラの香りで包まれるので、香りを楽しむのもおすすめです。

3. 花フェスタ記念公園へのアクセス

View this post on Instagram

♂ sakiさん(@saki871)がシェアした投稿

花フェスタ記念公園へのアクセスはバス(タクシー)or車の2通りがあります。

駐車場は無料なので、お車でのアクセスもしやすいのがいいですね。

【公共交通機関をご利用の場合】
JR可児駅、または名鉄新可児駅からバスorタクシーで約10分

【お車をご利用の場合】
東海環状自動車道・可児・御嵩ICから車で約5分

4. 花フェスタ記念公園内

photo by kenichi

花フェスタ記念公園には東ゲートと西ゲートの2つの入り口があり、バラだけを見たいという方は西ゲートからの方があまり歩くことなく辿り着くことができます。

しかし、東ゲート付近にも季節の花々が植えられていたり、大温室へのアクセスがしやすいので、何を見るかによってゲートを選択するのがおすすめです。

春のおすすめスポット

photo by kenichi

毎年4月中旬頃になるとネモフィラが地面いっぱいに咲き誇り、青いじゅうたんのような世界が広がります。

また、この時期には無料開放デーといって入園料が無料になる日も重なり、非常に多くの方がカメラを構えて写真撮影を楽しんでいるんですよ。

ネモフィラ畑は東ゲートから入るとすぐに辿り着けます。

photo by T.Kiya

5月下旬~6月上旬に見頃を迎える春のバラ。

この時期には1年で最も多くのバラが咲き誇り、華やかなバラの世界が見られます。

photo by kenichi

花畑やガーデンに繋がる通路にもさまざまな植物が見られます。

4月中旬頃にはまだまだ花は少ないですが、GW頃になるといろいろな花が咲き乱れ、園内が明るく彩られ、素敵な風景となるんです。

photo by kenichi

西ゲートからアクセスしやすい花畑には白や黄色のスイセンが咲いています。

この他にも花壇に植えられているチューリップや、さまざまなカラーのチューリップ畑など、たくさんの季節の花が見られるんですよ。

5. 17個のテーマガーデン

photo by T.Kiya

無料開放デーの時期には間に合いませんが、5月下旬頃からは季節の花々に加えてテーマガーデンも華やかにオープンします。

バラだけでつくられるテーマガーデンは、日本でよく見かける庭園などとは趣が異なり、ここが日本であることを忘れてしまいそう。

それぞれのテーマの違いや品種、香りの違いにも注目して見てみてください。

6. 広大な園内散策にはバスが便利

photo by kenichi

名古屋ドーム17個分という広大な敷地を歩いて回ろうとすると、体力に自信のない方には厳しいかもしれません。

花フェスタ記念公園には園内を周遊するロードトレインが運行しているので、疲れた時にはそちらを利用するのもおすすめです。

また、徒歩とは違った目線から花を見ることができるので、徒歩では気付かなかったポイントも発見できるかもしれません。

7. 花フェスタ記念公園グルメ

photo by kenichi

園内には4つのカフェ・レストランがあります。

岐阜の食材にこだわったグルメやバラを利用したグルメ・美容グッズ、趣ある茶室で一服などができるので、園内散策の休憩にぜひ利用していってください。

花フェスタ記念公園【住所】 〒509-0213岐阜県可児市瀬田1584-1
【電話】 0574-63-7373
【営業】 2019年4月1日~2019年11月10日9:00~17:00 (入園は16:30まで)
2019年11月13日~ 2020年3月30日9:30~16:30 (入園は16:00まで)
春のバラまつり2019年5月11日~6月16日(春のバラまつり期間の土日は開園時間延長8:00~18:00 (入園は17:30まで)
秋のバラまつり2019年10月12日~11月10日(予定)
【交通】車/東海環状自動車道「可児御嵩」ICから車で約5分
電車/JR「可児駅」名鉄「新可児駅」から可児市のコミュニティバス「さつきバス」(月~土)可児市のコミュニティバス「Kバス」(日祝)で花フェスタ記念公園まで10分
詳細はこちら
【駐車場】無料
【料金】通常 大人520円/高校生以下無料
春・秋バラまつり期間 大人1000円/高校生以下無料

春の花フェスタ記念公園を訪れてみよう♪

岐阜県可児市にある花フェスタ記念公園の春の魅力をご紹介しました。

世界一のバラ園というだけあり、バラの見頃の時期にはたくさんの方が県内外から訪れます。

もちろん、バラが最大の見どころではあるのですが、それ以外の花にも注目してみるとより一層楽しめますので、花フェスタ記念公園を訪れの際はバラ以外も見ていってください。

【厳選】インスタ映えすると話題♡岐阜の絶景観光スポット12!

岐阜県のインスタ映えする絶景スポットをランキング形式でご紹介します。岐阜県には自然豊かな風景や昔ながらの街並みが見られるスポットがたくさん残されており、最近SNSで有名になった場所も多いので是非岐阜県を訪れる際には参考にしてみて下さい♪

【食べ歩きもできる!】岐阜のおすすめ古い町並みTop10

岐阜県にはさまざまな観光スポットがありますが、今回は古き良き時代の面影を残す古い町並みを紹介していきます。 そのエリアの歴史を学んだり、郷土グルメをいただいたりすれば、楽しい旅行になりますので、岐阜の観光プランに古い町並みを入れてみてくださいね。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Kenichi
岐阜県在住。東京にも2年ほど在住経験あり。今までに訪れたことがある都道府県は20県ほど。ご当地グルメや温泉が好きで、気になるものがある所を中心に旅行しています。自身がネットを通じて情報を得ているので、各エリアの魅力を分かりやすく発信していけたらと思います。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で