【食べ歩きもできる!】岐阜のおすすめ古い町並みTop10

Kenichi

トラベルライター

シェアありがとうございます

photo by kenichi

自然と歴史が色濃く残る岐阜県。

岐阜県にはさまざまな観光スポットがありますが、今回は古き良き時代の面影を残す古い町並みを紹介していきます。

昔ながらの建築物はもちろん、そのエリアの歴史を学んだり、郷土グルメをいただいたりすれば、楽しい旅行になりますので、岐阜の観光プランに古い町並みを入れてみてくださいね。

第10位 大湫宿(おおくてじゅく)

View this post on Instagram

緑通信(中島 淳)さん(@jun_kaido.tabi)がシェアした投稿

瑞浪市大湫町にある「中山道 大湫宿」。

江戸日本橋から数えて47番目に設置された宿で、海抜510m地点の高所に設けられたとあって、急坂が続いているのが特徴です。

大湫宿には国の有形文化財に登録されている格子造りの建物がいくつもあり、宿場町の景観を色濃く残しています。

パワースポットや史跡、日本一長い石畳の琵琶峠など見どころがいっぱいです。

大湫宿
【住所】岐阜県瑞浪市大湫町
【アクセス】中央自動車道「瑞浪」ICから車で約25分
【電話番号】0572-68-7710
【営業時間】散策は自由
【定休日】散策無休

第9位 日本大正村(明智町)

photo by tsuda

恵那市明智町にある「日本大正村」。

日本大正村はテーマパークのような名称ですが、地域の方々がボランティアで運営しているスポットで、有料施設以外は入場料などが一切かかりません。

ほぼ無料とはいえ、大正時代の面影が残る路地や建造物があり、有名戦国武将・明智光秀ゆかりのスポットや史跡なども残っています。

矢絣の着物と袴、ブーツなどをレンタルしてハイカラさん気分を味わうこともできるので、SNS映えも期待できるスポットですよ。

日本大正村(明智町)
【住所】岐阜県恵那市明智町456
【アクセス】中央自動車道「瑞浪」ICから車で約30分
【公式サイト】http://nihon-taishomura.or.jp
【電話番号】0573-54-3944
【営業時間】9~17時(12月15日~2月末は10~16時)
【定休日】無休(12月29日~1月3日は休業)

第8位 飛騨高山 古い町並み(下町通り)

View this post on Instagram

一人一さん(@greenwood_tree)がシェアした投稿

高山市下二之町にある「飛騨高山 古い町並み(下町通り)」。

岐阜県の観光スポットの中でも高い人気を誇る高山にはさんまち通りと下町通りと呼ばれる古い町並みがあります。

下町通りはさんまち通りと比べるとあまり観光地化されていないエリアなので、昔の面影が色濃く感じられるスポットです。

建築物や雰囲気をのんびり鑑賞したい方は下町通りを訪れるのがおすすめとなっています。

飛騨高山 古い町並み(下町通り)
【住所】岐阜県高山市下二之町
【アクセス】「高山」駅から徒歩約15分
【公式サイト】http://bunka.nii.ac.jp
【電話番号】0577-32-3333
【営業時間】散策は自由
【定休日】散策は無休

第7位 多治見本町オリベストリート

View this post on Instagram

korchimasplさん(@korchima)がシェアした投稿

多治見市本町にある「多治見本町オリベストリート」。

明治から昭和初期にかけて建てられた商屋や多く残っており、ストリートには古い建物を改装したカフェやギャラリー、ベーカリーショップなどがあり、新旧の調和が心地よく感じられます。

岐阜県多治見市は陶器の問屋街として発展してきた経緯もあり、ストリートには伝統的な美濃焼が見られるスポットや上絵付が体験できるスポットなどもあるので、思い出つくりをするのに最適です。

多治見本町オリベストリート
【住所】岐阜県多治見市本町
【アクセス】中央自動車道「多治見」ICから車で約10分
【公式サイト】https://www.oribe-street.com
【電話番号】0572-21-2765
【営業時間】散策は自由
【定休日】散策は無休

第6位 川原町の古い町並み

photo by kenichi

岐阜市湊町・玉井町・元浜町の3町に広がる「川原町の古い町並み」。

狭い間口に長い奥行きという特徴を持つ日本家屋が広がるエリアで、お土産屋や鮎料理が食べられるお店、足湯ならぬ手湯など見どころがたくさんあります。

岐阜県が誇る伝統漁法・鵜飼が見られる鵜飼遊覧船乗り場からも近いので、鵜飼と共に楽しんで行きたいエリアです。

また、こちらのスポットでは着物レンタルのお店もありますので、気分を盛り上げるために利用してみるのもいいでしょう。

川原町の古い町並み
【住所】岐阜市湊町・玉井町・元浜町
【アクセス】 JR「岐阜駅」から岐阜バスで約20分「長良橋」下車、徒歩約5分
【公式サイト】https://www.gifucvb.or.jp
【電話番号】058-266-5588
【営業時間】散策は自由
【定休日】散策は無休

第5位 うだつの上がる町並み

photo by kenichi

岐阜県美濃市にある「うだつの上がる町並み」。

うだつとは火災の延焼を防ぐ防火壁のことを指しますが、当時は裕福な家しかうだつを作れなかったので富の象徴とされ、出世しない、生活が向上しないことを指す言葉”うだつが上がらない”はこちらからできたそうです。

うだつの上がる町並みには今もうだつが残る建物が多く残っており、古き良き江戸時代の風情を感じることができます。

美濃市は和紙が有名な街で、和紙を使用したタオルや靴下などお土産に購入しやすいアイテムが販売されているので、ぜひ覗いていきましょう。

うだつの上がる町並み
【住所】岐阜県美濃市加治屋町
【アクセス】東海北陸自動車道「美濃」ICから車で約5分。
【公式サイト】https://www.minokanko.com
【電話番号】0575-35-3660 (美濃市観光協会)
【営業時間】散策は自由
【定休日】散策は無休

第4位 岩村城下町

View this post on Instagram

NAOさん(@naoi99)がシェアした投稿

恵那市岩村町にある「岩村城下町」。

岐阜県で3番目に重要伝統的建造物群保存地区に指定されたスポットで、現在も当時の面影を色濃く残す商屋やなまこ壁などが点在しています。

再現された町並みではなく、昔から今に至るまで残っているスポットなのでフォトジェニックスポットがいっぱい!

岩村城下町には約200年の歴史がある酒蔵・岩村醸造や女城主で知られる岩村城跡など見どころがたくさんあるので、お時間の許す限りタイムスリップを楽しんでいきましょう。

岩村城下町
【住所】岐阜県恵那市岩村町
【アクセス】中央自動車道「恵那」ICから車で約20分
【公式サイト】http://iwamura.jp/
【電話番号】0573-43-3231 (恵那市観光協会岩村支部)
【営業時間】散策は自由
【定休日】散策は無休

気になる第3~1位は?>>>

Kenichi
岐阜県在住。東京にも2年ほど在住経験あり。今までに訪れたことがある都道府県は20県ほど。ご当地グルメや温泉が好きで、気になるものがある所を中心に旅行しています。自身がネットを通じて情報を得ているので、各エリアの魅力を分かりやすく発信していけたらと思います。
応募はこちら▼
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で