【岐阜】参拝もグルメも♪日本三大稲荷の一つ「千代保稲荷神社」を参拝しよう!

Kenichi

トラベルライター

岐阜 千代保稲荷神社

photo by kenichi

岐阜県海津市にある「千代保稲荷神社」は、日本三大稲荷の1つに数えられることもある神社です。

地元の方々の間では”おちょぼさん”の愛称で親しまれており、商売繁盛のご利益を授かろうと多くの方が全国から押し寄せます。

今回は、千代保稲荷神社の参拝方法やグルメなど、さまざまな魅力を紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.千代保稲荷神社(おちょぼさん)とは?

岐阜 千代保稲荷神社

photo by Bong Grit

おちょぼさんは県内外から年間200万人以上もの人が押し寄せる人気スポットです。

しかし、おちょぼさんの魅力はご利益だけでなく、参道グルメやショッピング、お祭りなども人気があります。

2.おちょぼさんでご利益を!

岐阜 千代保稲荷神社

photo by Bong Grit

おちょぼさんは商売繁盛のご利益が授かれるとして有名な神社ですが、商売繁盛以外にも縁結びや開運、合格祈願を願って訪れる方も多いんですよ。

3.千代保稲荷の参拝方法

岐阜 千代保稲荷神社

photo by kenichi

一般的な神社での参拝方法はお賽銭を奉納してお願い事をしますが、おちょぼさんの参拝方法はちょっと変わっています。

ここからはおちょぼさんの参拝方法を紹介していきますので、ぜひ覚えておいてください。

参拝前に奉納する油揚げを購入しましょう

View this post on Instagram

名古屋 治療系整体院 整体院 good body.【公式】さん(@good_body.kaz)がシェアした投稿

おちょぼさんの鳥居をくぐると向かって左側に出店のようなスペースがあり、そちらでは油揚げとろうそくのセットが50円で販売されています。

何も知らずに訪れるとそのままスルーしてしまいがちですが、実はこの油揚げとろうそくがお賽銭の代わりとなる物なのです。

人が少ない時期は戻ることもできますが、初詣時期などには人が多すぎて戻ることができないので、買い忘れないように鳥居の左側の方から入っていくのがおすすめ!

油揚げをお供えして参拝

View this post on Instagram

Tomonori Watanabeさん(@waiolileather)がシェアした投稿

油揚げとろうそくを購入したら拝殿へと向かうのですが、拝殿の手前には献灯所があるので、まずはそちらでろうそくに火を灯して立てていきましょう。

その後、拝殿に到着したら、お賽銭を奉納する感覚で先ほど購入した油揚げを奉納し、お願い事をします。

一般的な神社ではお賽銭や財布などが入っているのが見られますが、おちょぼさんではお賽銭の代わりに油揚げがどっさり入っている不思議な光景が見られるんですよ。

名刺を奉納して自己紹介

View this post on Instagram

福原 佐和美さん(@sawami0383)がシェアした投稿

拝殿の後ろ側には霊殿がありますが、こちらも一般的な霊殿とは異なっていて、おちょぼさんでは名刺を挟み込む慣習があるんです。

企業関係者の方が商売繁盛を願って挟んだ名刺は一種のアートのようにも見えます。

企業関係者の方や商売を営んでいる方はぜひ挟んでいってくださいね。

重軽石で願い事占い

View this post on Instagram

さぴね🍰さん(@sapine444)がシェアした投稿

参拝が終わったら拝殿の右側から出ていくのですが、拝殿の右側には”重軽石”と呼ばれる2つの石が置いてあります。

この重軽石は願いが叶うか叶わないかを占う石で、まず最初に何も考えず石を持ち上げて石の重さを確かめてから台座に戻しましょう。

次に願い事と共に叶うなら軽く、叶わないなら重くなってくださいと念じてから持ち上げます。

その時の重さが軽くなっていれば願いが叶い、重くなっていれば叶わないと言われていますので、ぜひ試してみてくださいね。

4.おちょぼさんの月並祭

View this post on Instagram

ちぃ♪さん(@decolaprincess)がシェアした投稿

おちょぼさんでは毎月月末になると”月並祭”と呼ばれる祭りが開催されています。

これは、商売関係者が「今月の商売報告と来月の商売繁盛の祈願」を行いに来る行事と言われているんですよ。

平日・休日関係なく多くの参拝客で賑わい、深夜から明け方にかけて活気が絶えることはありません。

5.熊手などは参道で!

View this post on Instagram

doさん(@d.tji)がシェアした投稿

商売繁盛の縁起物と言えば”熊手”は外せませんね。

参道には多くのお店が営業しており、その中に熊手を扱うお店も数店あります。

お手頃価格の物から豪華な熊手までたくさんの熊手があるので、ぜひ購入して飾っておきましょう。

熊手を扱うお店以外にもたくさんのお店があるので、それらも併せて見ていくのも楽しいですよ。

6.千代保稲荷神社へのアクセスと駐車場

この投稿をInstagramで見る

福原 佐和美さん(@sawami0383)がシェアした投稿

【お車をご利用の場合】

名神高速道路・岐阜羽島ICから車で約15分

【公共交通機関をご利用の場合】

岐阜羽島駅から海津市コミュニティバスに乗り「お千代保稲荷」下車

【駐車場】

おちょぼさんの駐車場には東大鳥居横と南門近くに無料駐車場があり、それ以外にも近隣に有料駐車場(300円)もあります。

無料駐車場は競争率が激しく、かなりの待ち時間が発生することもあるので、有料駐車場に停めた方がすんなり参拝できるのでおすすめです。

千代保稲荷神社

【住所】〒503-0312 岐阜県海津市平田町三郷1980
【電話】0584-66-2613
【営業】24時間
【交通】車/名神高速道路「岐阜羽島」ICから車で約15分
電車/「岐阜羽島駅」から海津市コミュニティバスに乗り「お千代保稲荷」下車
詳細はこちら
【駐車場】あり
【料金】参拝は無料(油揚げ(ろうそく付き)50円)

7.千代保稲荷でグルメを楽しもう!

View this post on Instagram

Kenny Hamadaさん(@remember.3)がシェアした投稿

おちょぼさんのもう1つの楽しみ方としてグルメがあります。

参道には100軒以上のお店が建ち並んでおり、飲食店も数多くあるので参拝前後に利用してみてください。

串かつ・玉家

View this post on Instagram

ご飯のあかうんとさん(@menn_tero)がシェアした投稿

おちょぼさんの名物グルメと言ったら串カツは外せません!

参道には串カツ屋がいくつかありますが、「玉家」は数々のメディアにも取り上げられるほどの超人気店です。

店内はトイレに至るまで全面金ぴかで、金運アップのご利益がありそう。

店内でゆっくり食べるのもいいですが、おちょぼ名物立ち食いがおすすめですよ。

メニューは串カツとどて煮で、串カツはソースにつけて食べるもよし、どて煮の味噌に漬け込んで食べるもよし、できたてアツアツの串カツをお好きな味で楽しんでください。

串かつ・玉家

【住所】〒500-8827 岐阜県岐阜市弥八町10 寿々木南ビル 1F
【電話】058-265-5569
【営業】9:00~17:00(月末年末年始は早朝まで営業)
【料金】串カツ一本90円~

芋にいちゃんの店

View this post on Instagram

パイドさん(@tx2yx)がシェアした投稿

ユニークな店名が気になって中をのぞいてしまう魅力のある「芋にいちゃんの店」。

こちらは大学いもが大人気のお店で、これが食べたくてわざわざおちょぼさんを訪れるという方もいるんですよ。

大学いもの他にはさつまいもがたっぷり入った鬼まんじゅうが人気があります。

芋にいちゃんの店
【住所】〒503-0312 岐阜県海津市平田町三郷1984
【電話】0584-66-2822
【営業】9:00~17:00(天候によって変更,月末は深夜まで営業)
【料金】~999円

いなりや

View this post on Instagram

YOÜさん(@yo______ou)がシェアした投稿

注文を受けてから調理を始める鰻専門店「いなりや」。

うな重やひつまぶし、食べ比べ丼などがメニューに並ぶお店ですが、お店のおすすめはひつまぶしです。

表面はパリッと中はふんわり柔らかく仕上げられた鰻は、何杯でもおかわりしたくなる魅力がありますよ。

いなりや
【住所】〒503-0312 岐阜県海津市平田町三郷1835
【電話】0584-66-2150
【営業】ランチ10:30〜15:00/ディナー17:00〜22:00
【料金】ランチ ~3000円 ディナー ~3000円

やまと本店

View this post on Instagram

水底さん(@the_bottom_of_water)がシェアした投稿

川魚料理をメインで提供する「やまと本店」。

こちらのお店の人気メニューは、他ではなかなかお目にかかれない”なまず”です。

泥臭さが気になると言われているなまずですが、やまと本店のなまずは泥臭さがなく、創業以来受け継がれてきた秘伝のタレで味付けされています。

なまずはビタミンやコラーゲンが多く含まれており、美容や滋養強壮に良いと言われているので、ぜひ食べてみてください。

やまと本店
【住所】〒503-0312 岐阜県海津市平田町三郷1966
【電話】0584-66-2150
【営業】ランチ10:30〜15:00/ディナー17:00〜22:00
【料金】ランチ ~3000円/ディナー ~3000円

京や

View this post on Instagram

@k_z_k_86がシェアした投稿

玉家に負けず劣らずの人気を誇る串カツ屋「京や」。

こちらも店内と店頭での立ち食いができますが、人気なのは揚げたてをすぐに食べられる立ち食いの方です。

この他にも串カツ屋があるので、それぞれのお店を食べ比べしてお好きな味を探して見るのもいいかもしれませんね。

京や
【住所】〒503-0312 岐阜県海津市平田町三郷1788-1
【電話】0584-66-2190
【営業】—
【料金】ランチ ~1000円/ディナー ~1000円

ご利益を授かりに「おちょぼさん」を参拝しよう♪

千代保稲荷神社ことおちょぼさんの魅力と楽しみ方についてご紹介しました。

おちょぼさんは岐阜県内でも有名な観光スポットで、非常に多くの方が訪れます。

商売関係者はともかく、通常の観光で訪れる目的なら年末年始は避けた方が落ちついて参拝できるのでおすすめです。

おちょぼさんでご利益を授かると共に参道グルメやショッピングを楽しんでいってくださいね。

【日本最高所?!】岐阜にあった秘境、濁河温泉とは?

通年営業している温泉としては日本最高所の温泉地・濁河温泉。標高1800m地点にあるため、アクセスが大変なエリアですが、ここでしかできない体験もあります。濁河温泉の宿泊施設や観光スポットを紹介しますので、ぜひ参考にして足を運んでみてください。

【必見!】奥飛騨のおすすめ温泉宿10選

視界いっぱいに広がる自然の風景が心地よい奥飛騨地方。便利な施設などはありませんが、何もしないという贅沢な時間が過ごせる気持ちの良いエリアです。奥飛騨地方にあるおすすめ温泉宿を紹介しますので、のんびりと過ごしたい方はぜひ参考にしてください。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Kenichi
岐阜県在住。東京にも2年ほど在住経験あり。今までに訪れたことがある都道府県は20県ほど。ご当地グルメや温泉が好きで、気になるものがある所を中心に旅行しています。自身がネットを通じて情報を得ているので、各エリアの魅力を分かりやすく発信していけたらと思います。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で