【おたるないバックパッカーズホステル杜の樹】昭和初期の古民家を改装したゲストハウス

Kazui

トラベルライター

今回宿泊させていただいたのは、小樽に位置するゲストハウス「杜の樹」
正式名称は「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」

ゲストハウス 北海道 杜の樹
photo by Kazui

小樽のどのゲストハウスのオーナーさんに聞いても、
こちらの「杜の樹」さんがおすすめだと言われていたので、
取材をとても楽しみにしていたゲストハウスの1つです!

宿泊前に何度か前を通ったのですが、
宿の入り口から面白そうなゲストハウスでした!

ゲストハウス 北海道 杜の樹
photo by Kazui

そんなゲストハウス「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」
を今回は紹介していきます。

おたるないバックパッカーズホステル杜の樹とは

北海道小樽市に位置する「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」
JR南小樽駅から徒歩10分で、小樽観光を行うにはとてもいい位置にあります。
札幌駅からも電車1本で行けるので、とてもアクセスはいいです。

また、ゲストハウスの説明として

北海道小樽の「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」は、
自由で気ままなバックパッカーの宿で、いわゆる「ゲストハウス」です。この宿は、昭和初期に建てられた古い民家をリノベーションしました。
1999年にオープン。北海道で最も古いゲストハウスのひとつです。

と、ホームページに書いてあります。
最近数が急激に増えつつあるゲストハウス。その中で生き残り続けるこのゲストハウスは面白いに違いないです。

さらに、宿の正式名称「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」の由来として、

「おたるない」は、小樽地名の由来であるアイヌ語の
「Ota-or-nai(砂浜の中川)」から・「バックパッカー」は、バックを背負って旅をする個人旅行者のことで、
そういう旅人のための宿なので「バックパッカーズホステル」「杜の樹」は、近くに水天宮という神社があって、その昔は、この一体が神社を中心とした小高い「鎮守の杜」だったのだろうということで、その「杜の中の一本の樹」という意味でつけられました。

つまり、「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」には。

・過去の小樽の残映

・旅の憧憬

・旅人との出会い、語らい

などの思いがこもっているそうです。
素敵ですね。

【地図】

【正式名称】おたるないバックパッカーズホステル杜の樹
【住所】北海道小樽市相生町4−15
【アクセス】JR南小樽駅より徒歩10分
【公式サイト】https://otaru-backpackers.com/

基本情報

チェックイン:15:00〜22:00
チェックアウト:〜10:00
門限:24:00
価格:~3000(時期によって変動)

元気な動物だちがお出迎え

ゲストハウス 北海道 杜の樹
Photo by Kazui

宿に到着すると、元気な犬と気ままな猫がお出迎えしてくれました。

ゲストハウス 北海道 杜の樹
Photo by Kazui

ゲスト同士やスタッフさんとの交流のきっかけにもなるので、非常に居心地がよかったです。
気を抜くと1日宿に居座ってしまいそうなほどにアットホームな雰囲気でした。

古民家を改装した古き良き宿

この「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」、古民家を改装したこともあり、
西洋文化を取り入れている建築が多い、小樽の街の雰囲気とは大きく異なる「和」の雰囲気を味わうことができました。

ゲストハウス 北海道 杜の樹
Photo by Kazui

こちらが共有スペースの様子。自然を楽しみながらおしゃべりや読書を楽しむことができます。
外にハンモックが置いてあり、寝ている方もいらっしゃいました。

さらに、たくさんの漫画がおいてありました。

ゲストハウス 北海道 杜の樹
Photo by Kazui

かなり最近の漫画が最新巻まで置いてあったことに驚きました。
韓国から来たゲストさんと話していたのですが、日本のことが好きな韓国人の中で、日本の漫画が好きな人は多いそうです。日本の漫画で日本語を勉強する人も少なくないだとか。

なので「漫画」という1つの日本の文化を宿に置いておくのも面白いと思いました。
ちなみに私も消灯時間まで漫画を読んでしまいました。

「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」に泊まってみて

ゲストハウス特有の「アットホーム感」を存分に味わうことができました。
宿に泊まっていたフランス人夫婦、オーストラリア人と仲良くなることもでき、一緒にお祭りに行くこともできました。

大きすぎるゲストハウスだとどうしても交流は生まれにくくなってしまうので、この「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」の規模感はとても好きでした。

朝起きてチェックアウトをする前に全員で朝ごはんをいただきました。

ゲストハウス 北海道 杜の樹
photo by kazui

こちらも他のゲストさんと一緒に。一つの食卓を5人で囲んでおいしくいただきました。

さらに、宿で仲良くなった韓国からのゲストさんと一緒に札幌まで40kmほど一緒に歩きました。

こんな素敵な出会いがあるから私はゲストハウスが好きです。
是非皆様も旅をする機会がありましたら、ゲストハウスを利用してみてください。

大正からある病院を改装したゲストハウス!

小樽にあるゲストハウス【Little Barrel】は、大正時代に建てられた病院をリノベーションしてできたもの。小樽の街特有の西洋文化を取り入れた建築様式をこちらのゲストハウスでも味わうことができます。また、一つ一つのお部屋が広いことも大きな魅力です。

浅草にあるアットホームなゲストハウス!

今回、取材に伺ってきたのは、浅草橋/蔵前にあるゲストハウス【Little Japan】 その浅草橋や蔵前近くにあるのは、今や日本の観光名所で、海外からの観光客で溢れている浅草と秋葉原。いつ訪れても賑わっていますね!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Kazui
アメリカ、ドイツ、オーストラリア、シンガポールからの帰国子女で、旅が趣味。 現在大学4年を休学し、日本を旅しています。目標は「日本のゲストハウスを世界中に広めること」「旅する文化を日本で広めること」

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo