女子必読!ハワイ旅行の服装で留意すべき10か条!

Stayway 編集部

トラベルライター

シェアありがとうございます

ハワイの年間気温は24℃と過ごしやすい気候です。

ただし夜になると肌寒いこともあるので、訪れる時期によって、服装にも気を遣いましょう。また、リゾート地ではどんなことに気をつければ良いでしょうか?

今回は、ハワイ旅行で留意すべきファッションのポイントについて解説します!

1. スコールなど雨に備えた服装


Photo by jai Mansson
ハワイでは晴れた日でも、突然のスコールが降ることがあります。

特に10月〜4月は雨季になるので、バッグに入れて持ち歩いても邪魔にならない薄手のウィンドブレーカーなど、雨に備えた服装を準備すると良いでしょう。

ただ、現地の人はスコールにも慣れているので、傘を持ち歩く人はめったに見かけません。濡れたまま気にせずに歩いている人も多いので、あまり神経質になる必要はないかもしれません。

2. カラフルなファッションもOK


Photo by marijana1
ハワイのロコガールはカラフルなものが大好き!ファッションでも、きれいな色のTシャツやタンクトップ、ショートパンツなど、見た目にも鮮やかなファッションを着こなします。

反対に、黒やベージュ、ネイビーなどの暗い色の洋服はあまり見かけません。

全身ブラックでクールに決めたつもりが目立ってしまった!とならないように、取り入れるならTシャツのみにしてボトムスは軽めにするなど、色の抜け感を演出するのがポイントです。

3. かっちりした服装はNG?


Photo by VladBitte
日本ではカーディガンを羽織っていても不自然ではありませんが、ハワイでは暑い時期に長袖のものを着込む習慣がありません。

反対に、開放的なタンクトップなどをさらっと着こなすのがハワイ流です。

日本で過ごしている服装で行くと浮いてしまう可能性があるので、その土地に適した服装を心がけましょう。

4. リゾートでしかできないファッションを楽しむ


Photo by Lazare
せっかくのハワイ旅行。

日本にいる時と同じ格好では楽しめません。日本ではちょっとためらってしまう服装にもチャレンジしてみましょう!

例えば、ショートパンツなどのカジュアルスタイルでも、ハワイでなら大人女子でも悪目立ちしません。

また、ロコガールたちは水着にさらっとパーカーを羽織って気軽にお店に入ります。ちょっと派手かな?と思うくらいの服装でも、意外と溶け込むものですよ!

【女子必読!ハワイ旅行の服装で留意すべき10か条】後半はこちら💛👇