ゲストの方へ

【2018年最新版】気になる1位はどこ?北海道のおすすめ観光スポットベスト30

FOR GUESTS
Stayway 編集部

トラベラー

シェアありがとうございます

雄大な自然の美しさが魅力的な北海道。

冬は雪景色、夏はさわやかな緑がまぶしいエリアでもあります。

北海道で行っておくべき人気観光スポットをグルメもふくめてご紹介しましょう。

20〜11位はこちら

10〜1位はこちら!

第30位・襟裳岬


Photo by Captain76
森進一さんの歌で一躍有名になった岬であり、沖合約7㎞まで岩礁が続く観光スポットです。

岬の周りには、海岸段丘があって絶景がのぞめますよ。山地など高いところを除くと、全国で一番風の強い場所として有名です。

・ ・ ・ 《Location:Hokkaido.erimo》 朝焼け襟裳岬。 やけてやけてすごかった、、 街で遊んでるじゅんきを捕まえに行ってそっから襟裳岬まで連行。 目の焦点合わねえとか言ってて可愛いかった、、、 本当にいいもの見れたなって🤭 今日は半日の予定の仕事が無くなって2時に終わるところへいったんだけどまさかの残業して結構メンタルきたお!!明日もお仕事頑張りましょ〜〜 #art_of_japan_ #bestphoto_japan #bestjapanpics #instagramjapan #daily_photo_jpn #hokkaidolikers #hokkaidosgram #longexposure_japan #Worldbestgram #japan_daytime_view #sunset_vision #icu_japan #jp_gallery #kf_gallery #Lovers_Nippon #Loves_Nippon #ptk_japan #photo_jpn #pics_jp #PHOS_JAPAN #Ray_moment #team_jp_ #tokyocameraclub #nipponpic #whim_life #photo_travelers #Loves_United_Scandinavia #広がり同盟 #s_shot #襟裳岬

shoya.satoさん(@shoooooya_215)がシェアした投稿 –

・基本情報

【住所】北海道幌泉郡えりも町えりも岬
【電話】01466-2-4626
【交通】お車の場合:札幌から約235km 高速道路を使って約4時間、一般道だと約4時間半 詳細はこちら
【駐車場】無料 詳細はこちら

第29位・羊ヶ丘展望台


Photo byMIKI Yoshihito
「少年よ、大志を抱け」の名言で有名なクラーク博士像がある展望台です。

ほかにも雪まつりの資料館やチャペル、オーストリア館、足湯などもある多彩なスポットですよ。札幌の老舗コーヒー店・宮田屋もオープン。絶品のコーヒーを味わえます。

・施設情報

【住所】北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1番地
【電話】羊ヶ丘展望台事務所:(011)851-3080 札幌観光協会:011-211-3341
【営業】5月〜6月8:30〜18:00 7月〜8月8:30〜19:00 9月8:30〜18:00 10月〜4月9:00〜17:00 年中無休
【交通】・電車の場合:地下鉄東豊線福住駅からバスで約10分
・お車の場合:JR札幌駅→羊ヶ丘展望台 車で約30分
【駐車場】あり(無料)周辺にも有料駐車場あり 詳細はこちら
【料金】大人520円 小・中学生300円

第28位・ニセコ


Photo by Oga~commonswiki
冬はスキーのメッカとしてにぎわうエリア。

「蝦夷富士」といわれる羊蹄山もあり、新仙沼というミステリアスで美しい湖、名前どおり鏡のように景色を映し出す「鏡沼」もあります。

名水が汲めるスポット、京極吹き出し公園も人気です。

・基本情報

【住所】北海道虻田郡ニセコ町字中央通142番地1(ニセコリゾート観光協会)
【電話】0136-44-2468(ニセコリゾート観光協会)
【交通】・電車の場合:札幌から…札幌駅→小樽駅→ニセコ駅 札幌→小樽間(快速エアポート号33分・普通約45分)小樽→ニセコ間(普通約90分)※運行本数が少ないので事前にダイヤをご確認ください。
・お車の場合:札幌(国道230号経由) 約120分 詳細はこちら

第27位・アイヌコタン


Photo by 663highland
阿寒湖のほとりにあるアイヌの集落です。

昔ながらのアイヌ民族の生活・文化などを体験することができ、民芸ショップ・お土産店もあります。

グルメではアイヌ料理が堪能できるところも。

・基本情報

【住所】北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-7-84(阿寒アイヌ工芸協同組合)
【電話】0154-67-2727(アイヌシアター・イコロ)
【営業】店によって異なります。
【交通】JR釧路駅より車で約90分 釧路空港より車で約60分
【駐車場】あり

第26位・阿寒湖


Photo by Inti-sol
特別天然記念物のマリモが眠る湖であり、ヒメマスも生息しています。

冬は全面凍りますのでワカサギ釣りがさかんなところでもあります。

・基本情報

【住所】北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
【電話】NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構(阿寒湖まりも館観光インフォーションセンター)0154-67-3200
【交通】札幌から釧路へJRで約4時間 詳細はこちら

第25位・藻岩山


Photo byNao Iizuka
日本新三大夜景にも選ばれた藻岩山の展望台。

標高531mで四季折々の素晴らしい風景が見られます。

ロープウェイもありますが、脚力に自信がある方は登山にトライしてみるのもいいですね。

・基本情報

【住所】北海道札幌市中央区伏見5丁目3番7号
【電話】011-561-8177
【営業】ロープウェイ2018年度 夏季:4/1~11/30 10:30~22:00(上り最終21:30)冬季:12/1~3/31    11:00~22:00(上り最終21:30)
【交通】車では札幌駅から約30分 札幌市営地下鉄東西線・円山公園駅より約10分 詳細はこちら
【駐車場】無料
【料金】ロープウェイ + もーりすカー(ミニケーブルカー)大人往復1,700円 小人(小学生以下)850円 大人片道900円 小人450円

第24位・北海道神宮


Photo by Daigaku2051
明治2年、「蝦夷地」と呼ばれていた地が北海道と命名され、日本の国土としての地位を決定づけました。

そしてこの神社も開拓・発展の神として建立されたのです。毎年6月には北海道神宮例祭がおこなわれ、大勢の観光客でにぎわいます。

・基本情報

【住所】北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
【電話】011-611-0261
【営業】6:00~17:00 時期により異なります。詳細はこちら
【交通】東西線円山公園駅下車→徒歩15分
【駐車場】1時間までは無料(参拝者にかぎる)

第23位・ノーザンホースパーク

Photo by Daigaku2051
新千歳空港から車で所要時間15分とアクセスも抜群なスポット!

馬と触れ合う体験はもちろん、夏はサイクリングやゴルフ、冬はクロスカントリーとオールシーズン楽しめる施設ですよ。

・基本情報

【住所】北海道苫小牧市美沢114-7
【電話】0144-58-2116
【営業】4/15~6/30 9/1~11/5    9:00~17:00 7/1~8/31 9:00~18:00 11/6~4/9 10:00~16:00 4/10~4/14休園日
【交通】新千歳空港から道央自動車道 新千歳空港I.Cもしくは苫小牧東I.Cにて、国道36号線経由で道道10号線(千歳・鵡川線)に入り、案内看板を左折。(空港から無料シャトルバスもあり 詳細はこちら
【駐車場】無料
【料金】4/15~11/5 大人(中学生以上)¥800 小人(小学生)¥400 小学生未満 無料
16:00以降は入園無料 11/6~4/9 入園無料

第22位・のぼりべつクマ牧場


Photo by jiashiang
登別といえば…というくらい有名なクマ牧場です。

オスとメスで分けて飼育されており、愛嬌たっぷりの姿も見ることができます。

センタークマ総選挙など遊び心あふれるイベントも開催されています。

・施設情報

【住所】北海道登別市登別温泉町224番地
【電話】0143-84-2225
【営業】4月1日~6月30日8:30~16:30 7月1日~9月30日    8:00~17:00 10月1日~1月31日8:30~16:30 2月1日~3月31日8:30~16:00
【交通】札幌~のぼりべつクマ牧場 1時間25分~1時間40分 詳細はこちら
【駐車場】ロープウェイ山麓前に有料駐車場あり 詳細はこちら
【料金】大人2,592円 小人1,296円

第21位・タウシュベツ川橋梁


Photo by上士幌町
旧国鉄の士幌線でも代表的なコンクリートアーチの橋です。

ダムの水量が減る1月ごろから姿をあらわし、水位が増える6月から再度水中に沈む別名「幻の橋」です。見える時期は毎年変動するので、見られるとラッキーな気持ちになりそうなスポットですね。

・基本情報

【住所】北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷
【電話】01564-7-7272(上士幌町観光協会)01564-2-2141(十勝西部森林管理署東大雪支署)
【営業】詳細はこちら