【必見】存在者が教える!英語?香港で使われる言語とは?

サトウヨメ

トラベルライター

シェアありがとうございます

治安が良くアジアの魅力がぎゅっと詰まっている香港。

初海外や女子旅の旅行先として選ぶ人も年々増えています。

そんな香港で暮らす人たちは、どんな言葉を話しているのでしょうか。

今回は香港で使われている言葉や、語学が苦手な人でも安心して香港旅行ができるテクニックも紹介します。

1. 香港の公用語は広東語と英語

香港では、中国語(広東語)と英語が公用語です。

2か国語が公用語となっていますが、実際は広東語しか話せない人もいます。

英語が公用語である理由は、かつて香港がイギリスの領土だったから。

現在は中国に返還されていますが、イギリス領土だった時代の名残を今も強く残しているため、英語が堪能な人はたくさんいます。

広東語とは?

まずは広東語について説明します。

広東語は中国語の方言の1つです。主に中国南部、香港を含む広州一帯で使用されています。

中国語とはいえ、「こんにちは」が「ニーハオ」ではなく「ネイホウ」、と言うように皆さんが思っている中国語とは少し異なるので注意が必要です。

文字は、広東語は繁字体を使用します。

日本で使う漢字より複雑な文字ですが、共通している文字やなんとなく読める文字が多いです。

英語が通じるのはどんな場所?

先ほど英語が話せない香港人もいると述べましたが、語学の教育がしっかりしている香港では、英語が話せる人が多く、英語でコミュニケーションがとれる場面が多いです。

特に外国人観光客が利用するホテルのスタッフや、レストランの店員さんは英語が話せますので安心してください。

広東語を話しているスタッフも、英語で話しかければ英語で対応してくれます。

英語が話せないスタッフであっても、英語を話せるスタッフを呼んで対応してくれます!

2. 英語も広東語も苦手でも大丈夫!

英語も広東語も中国語(普通語)も話せない…と不安に思っている方も多いかもしれません。

でも大丈夫!!

この記事を書いている私は香港で生活しています。広東語はさっぱり、英語は中学教育レベルですが、楽しく暮らしています!

世界中から観光客の来る香港ですので、言葉が通じず何もできない…なんてことはないので、どうぞご安心を。

日本語が話せるシチュエーションもある

日本人の観光客が多い香港では、少数ですが日本語が話せる人もいます。

例えば、ホテルのフロントや観光客の多いレストラン、カフェなどでは店員さんが日本語で簡単な説明をしてくれる場合があります。

ダメ元で、「日本語が話せる人はいますか?」と聞いてみると良いでしょう。

また、香港人の中には、日本が大好きで独学で日本語を勉強している若者も多くいます。

そんな香港人と出会って日本語で会話する、なんて素敵な経験もできるかもです♪

日本語のメニューがあるお店に行ってみる

観光客の多いレストランでは、英語メニューや日本語メニューを用意してくれているお店もあります。

ガイドブックなどに載っているお店では「日本語のメニューはありますか?」と聞いてみましょう。

お店の看板などに日本語が書いていたら、日本語メニューがある可能性大ですよ!

たまに日本語訳が間違っていることもありますが、可愛い間違いなので、お土産話のネタになります(笑)

日本のお店に行ってみる

香港_吉野家photo by asatoyome

香港には日本のレストランが多く出店しています。

牛丼の吉野家や、ラーメンの一蘭、讃岐うどんの丸亀製麺など様々なお店があります。

日本食が愛されている香港では、他の国より日本食の味へのこだわりが強く、日本の味に近いその味にびっくりしちゃいますよ。

日本のお店ならもちろん日本語メニューがありますし、香港限定のメニューもあって楽しめますよ♪

3. 覚えておくと使える広東語

日本で外国人観光客の人に日本語で話しかけられると嬉しいですよね。

香港人も、日本人が広東語を話すととても喜んでくれます。

簡単なフレーズだけでも覚えておくと良いかもしれません。

唔該(ンゴイ)

ぜひとも覚えてほしい広東語ナンバーワンはこの「唔該(ンゴイ)」です。

香港で最も使用する言葉と言っても過言ではないこの言葉は、”ありがとう”と”すみません”の意味を持ちます。

例:ホテルのドアを開けてもらって「唔該」

例:レストランで店員さんを呼び止める「唔該」

「唔該」は”~ください”の意味も持つので、お店で何か注文するときは「~、唔該」と言うと丁寧な言葉になります。

例:雲吞麺を頼むときは「ワンタンミン、唔該」

好食(ホウセッ)/好味(ホウメイ)

美味しいものがたくさんある香港でぜひとも口にしたい広東語は、美味しいを意味する「好食(ホウセッ)」または「好味(ホウメイ)」です。

レストランでも屋台でも、美味しいものと出会ったら「ホウメイ!」と気持ちを伝えてください。

ちなみに、「すっごく美味しい」は「好好食(ホウホウセッ)/好好味(ホウホウメイ)」です♪

数字

数字も必要な場面が多いです。

レストランの順番待ちで番号を呼ばれるときや、市場や露店などで買い物するときに、広東語で数字を覚えておくととても便利です。

   1 ヤッ    6 ロッ
   2    7 ツァッ
   3 サーン    8 パッ
   4 セイ    9 ガウ
   5   10 サッ

10以上は、10(サッ)、20(イーサッ)、30(サーンサッ)と続きます。

4. 言葉の心配をなくして、香港旅行を楽しもう♪

いかがでしたでしょうか。

香港では広東語が主に使われますが、英語でも、日本語とボディーランゲージでも、きっと香港旅行を楽しむことができますよ。

ぜひ香港へお越しくださいね♪

観光前必見!香港観光に必要なアイテムは?

香港旅行の準備中の方へ♪ 日本からアクセスが良く、LCCもたくさん就航している香港。弾丸で旅行をお考えの方も多いのではないでしょうか?ならば荷物はできるだけ少なく、身軽に旅行したいですよね。

おすすめ観光情報を観光局の方に伺いました!

直行便でわずか4時間前後で遊びに行ける香港は、世界中の旅人が訪れる定番の観光地。今回はそんな旅行先にぴったりな香港について調査するために、「香港政府観光局」様にお話をお伺いしました!香港政府観光局もおすすめする観光スポットとは!?

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

サトウヨメ
香港存在の新米主婦です。広東語も英語も話せませんが、香港楽しんでます♩♫ ♩趣味は料理と香港ローカルグルメ巡りです。
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で