【存在者が教える】香港の地下鉄・バス・フェリー・トラムの乗り方

サトウヨメ

トラベルライター

シェアありがとうございます

香港_風景photo  by Bernard Spragg. NZ  

パワースポットにグルメに夜景に、観光名所がたくさんある香港。

旅行に来た際は、できるだけ効率良く回りたいですよね。

香港は公共交通機関が整っており、タクシーを使わなくても便利にお得に移動できます。

今回は、観光でも使える地下鉄・バス・フェリー・トラムなどの公共交通機関の乗り方についてご紹介します!

1. 香港の交通機関で使えるICカード(オクトパスカード)

香港_オクトパスカードphoto by satoyome

香港旅行の際には必ず持ってほしいこのカード。

日本のSuicaやICOCAのように、お金をチャージして使えるICカードです。

地下鉄、バス、フェリー、トラムなどのほとんどの交通機関の他、コンビニや一部のレストランなどでも使うことができます!

価格は大人150HKD(50HKDは保証金)、駅の客務中心(カスタマーサービス)や空港でも購入可能です。

海外の交通機関は支払いに戸惑うことが多いですが、このオクトパスカードさえ持っていれば、ピッとかざすだけなので安心して利用できちゃいますよ♡

2. 地下鉄(MTR)

香港_MTRphoto by satoyome

香港内を縦横に結ぶ地下鉄のことをMTRと呼びます(一部鉄道も含む)。

主要な観光地を網羅でき、旅行者にとって最も利用しやすい交通手段です。

目印は上写真の”Ж”このようなマーク。

地下鉄の会社は1社のみですので、乗り換え時に改札を出る必要はありません。

地下鉄は10路線

香港を走る地下鉄は10路線あり、路線図やホームはそれぞれ色分けされています。

乗り換えの際は、次に乗る線の色をたどると迷いにくいです!

※下記の色はあくまで目安です。実際の色は路線図で確認してくださいね。MTRのサイト

観塘線 茶色 将軍澳線 紫色
荃湾線 赤色 馬鞍山線 茶色
東涌線 オレンジ色 迪士尼線(ディズニーランドリゾート線) ピンク色
港島線 青色 軽線 黄土色
エアポートエクスプレス  – 西鉄線 赤紫色

地下鉄の乗り方

香港_改札photo by satoyome

地下鉄の乗り方は日本の電車とほぼ同じです。

オクトパスカードがない場合は、切符を券売機で購入してください。

改札は、切符を通すかオクトパスカードをかざすとバーが開きます。

3. 路線バス(2階建てバス)

香港_バスphoto by hans-johnson

MTRと並んで香港の主流の移動手段と言えばバスです。

香港のバスには、路線バスとミニバスの2種類がありますが、観光客も利用しやすいのは路線バス。路線バスは基本2階建てです。

路線数は膨大で、香港中を網羅していると言っても過言ではないほど。

ですが事前に乗るバスさえ確認しておけば、乗り方は簡単です!

2階建てバスから見る香港の風景は見ごたえばっちりですよ☆

バスの乗り方

香港_バスphoto by satoyome

①バス停を探す

地図アプリなどで事前に乗るバスや乗り場を確認しましょう。

香港の路線バスは、「15」や「115」、「A10」など数字とアルファベットで区別されます。

②小銭もしくはオクトパスカードを用意する

料金は前払い。お釣りは出ないので、あらかじめ小銭もしくはオクトパスカードを用意してください。

③バスを止めて乗車

乗りたいバスが近づいて来たら、手を挙げて乗る意思を運転手さんに伝えてください。

乗車時は前のドアから、降車時は後ろのドアから出ます。

④降りたい停留所で下車

停留所は止まる前にアナウンス、もしくは車内前方のディスプレイに表示されます。

降りたい停留所が近づいたら、降車ボタンを押して下さい。

2階席に座った場合は、信号で停車のタイミングなどを使ってあらかじめ一階に降りておくと良いです。(ゆっくり下車準備していると待ってくれないので注意)

4. フェリー

香港_フェリーphoto by satoyome

香港に旅行に来たなら一度は乗ってみてほしいのが、このフェリーです。

香港の街はヴィクトリアハーバーを挟んで香港島と九龍半島サイドに分かれており、フェリーで行き来できるんです。

バスや地下鉄でも移動することができますが、フェリーで対岸へ渡るのも旅情をそそりますよ♪

朝から夜遅くまで常に動いているので、事前予約などは必要ありません。

夜のフェリーから見る夜景もオススメ!

のんびりフェリーに揺られながら、香港の風景を楽しんでください♡

フェリーの種類

港内線

ヴィクトリアハーバーを往復するフェリーの種類は基本4種類。

中環⇔尖沙咀 料金:2.7HKD~ 営業時間:6:30~23:30
灣仔⇔尖沙咀 料金:2.7HKD~ 営業時間:7:20~22:50
ホンハム⇔北角 料金:7.5HKD 営業時間:7:00~19:30(目安)
九龍城⇔北角 料金:7.5HKD 営業時間:7:00~19:30(目安)

港外線

離島へ向かうフェリーもあります。

中環フェリーターミナルから、ランタオ島や長州島、南Y島などの離島へ行くことができます。

フェリーの乗り方(港内線)

香港_フェリーphoto by satoyome

基本的に地下鉄の乗り方と一緒です。

オクトパスカードか券売機で購入した切符を使って改札を抜け、フェリーの到着を待ちます。

尖沙咀⇔中環線は、乗り場が2カ所あり、1階席の乗り場と2階席の乗り場の階が異なるので注意してください。

席は自由席ですので、好きな席に座りましょう。

尖沙咀⇔中環線のオススメは、香港島に向かう場合は進行方向右側、九龍半島サイドに向かう場合は進行方向左側の席です♪(香港の風景がよく見えます)

5. トラム

香港_トラムphoto by hans-johnson  

トラムは香港の2階建ての路面電車のこと。

香港島のみを走り、街並みを眺めながらぶらり途中下車の旅にぴったりの乗り物です!

空調はなく、窓からの風を感じながら走るトラムはとても気持ちがいいですよ♪

トラムの乗り方

香港_トラムphoto by satoyome

オクトパスカードか小銭を用意する

料金は一律2.3HKDです。

トラムの乗り場に行き、行き先を確認して乗車

車体前方の行き先を確認し、乗車します。

乗車口は後方、回転バーを押して乗ります。

2階席の先頭の席が眺めが良くてオススメです♡

駅にある表示や地図アプリで降りる駅を確認

電子掲示板などはないので、地図アプリなどで確認しましょう。

駅間は近いので、降車駅を間違えても大丈夫。

運賃を支払い降車

運賃は後払いです(一律2.3HKD)

バス同様、降車準備はお早めに!

6. その他

香港_ミニバスphoto by satoyome

上で紹介した交通機関の他にも、中国大陸と香港を結ぶ鉄道や、一階建ての小さなバス(ミニバス)などもあります。

香港通の方は、地元の人に紛れて利用すると楽しいかも!

7. 香港の交通機関を利用する際の注意

飲食禁止イメージ画像photo by Adobestock

MTRやバスなどのほとんどの交通機関では、車内やホームでの飲食を禁止しています。

車内を汚す可能性があるためとても厳しく、最高5000HKDの罰金を科せられてしまいます。

日本では車内で飲食している方を見かけますが、香港では禁止なので注意してくださいね!

ただし、ケータイでの通話はOK。かなり大きな声で通話している香港人を見かけても、許されていることなのでびっくりしないようにしてくださいね。

香港の乗り物を有効に利用して、香港旅行を楽しもう!

以上、香港の交通機関の種類と乗り方でした!

日本と似ている部分もあるので、比較的利用しやすいかもしれません。

ぜひ有効に利用して、香港旅行を存分に楽しんでくださいね♡

香港国際空港での過ごし方は? icon-hand-o-down

アジアでも有数のハブ空港として知られる香港国際空港。日本からの直行便を利用したり、ヨーロッパ旅行する際にトランジットで使用するという方も多いのではないでしょうか。今回は香港国際空港の乗り継ぎ方法とトランジットの過ごし方についてご紹介!

香港観光前に要チェック! icon-hand-o-down

香港の天気と気温、シーズン毎のオススメの服装を解説します。観光に適したシーズンも併せてご紹介します。グルメ・観光・ショッピング、アジアの魅力がぎゅっと詰まった香港。日本からのアクセスも良いため、効率よく回れば2泊3日で堪能できます。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

サトウヨメ
香港存在の新米主婦です。広東語も英語も話せませんが、香港楽しんでます♩♫ ♩趣味は料理と香港ローカルグルメ巡りです。
応募はこちら▼
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で