自然豊かな十勝・帯広のゲストハウス HOTEL NUPKA【ゲストハウス取材#15】

サトウチカラ

トラベルライター

シェアありがとうございます

今回お話を伺わせて頂いたのは北海道帯広市にあるHOTEL NUPKA(ホテルヌプカ)さん。

北海道十勝平野の中心都市・帯広市から、地元の魅力を日本全国、そして世界へ発信するホテルとして人気を集めています。

お話を伺わせて頂いたのは地元出身の柏尾さんと坂口さん。

地元愛に溢れた素敵なお二人でした。貴重なお話を伺わせていただきましたこと、この場をお借りしてお礼申し上げます。

HOTEL NUPKA(ホテルヌプカ)
 icon-home  北海道帯広市西2条南10丁目20-3
 icon-tachometer JR札幌駅から特急で約2時間30分・JR帯広駅より徒歩3分
 icon-plane 羽田⇄帯広空港直行便 約1時間30分(1日7往復)・とかち帯広空港からの連絡バスでホテル前バス停に到着
 icon-phone-square  0155-20-2600
 icon-desktop  https://www.nupka.jp/
 icon-twitter-square  https://twitter.com/
 icon-facebook-square  https://www.facebook.com
 icon-instagram  https://www.instagram.com/

1. ニーズに合わせた3スタイルの客室

ドミトリー

木のぬくもりを感じられるセキュリティボックス完備のドミトリー。

男女別になっており、清潔な共用シャワーとトイレも利用できます。8名グループでの貸切も可能です。

シングルルーム

プライバシーを確保できるコンパクトでシンプルなシングルルーム。

個室内にシャワーとトイレがあります。

ダブルルーム

カップルや友人と使いやすいコンパクトなダブルルーム。

個室内にシャワーとトイレがあります。

2. HOTEL NUPKAの3つの特徴

1Fの薪ストーブスペース

まるで友人の家のようにリラックスできる、暮らすような旅を楽しませてくれるヌプカ。

地元帯広の魅力を日本全国、そして世界へ発信しようとしているこのホテルに3つの魅力的な特徴を見つけました。

①「街を楽しむホテル」

ヌプカは、JR帯広駅から徒歩3分の中心市街地にあり、付近には六花亭帯広本店北の屋台があるグルメも人気なエリアです。

ヌプカは帯広エリアで泊まる場所としての役割を持ちながら地元と連携し、地元でオススメの場所などをホテルスタッフや常連さんが紹介してくれます。

帯広の街を夜までじっくり堪能しても、ヌプカで快適に睡眠をとれるから、翌朝また心地よく観光やお仕事に繰り出して行けるんですね。

ヌプカは、2018年10月に日本まちやど協会に加盟しました。「まちやど」とは、旅行者に街を丸ごと楽しんでもらえるよう、泊まる場所、食べる場所やお風呂に入る場所などを地域全体で構成しているまちのスタイルのこと。

今後帯広の中心市街地を「まちやど」として満喫できるよう事業展開を充実していきたいとのことでした。日本まちやど協会HPより引用

旅行者と地元の人の交流

カフェ&バー

1階にカフェ&バーを兼ねたコミュニティスペースをもつヌプカ。

旅行者だけでなく地元の方もふらっと立ち寄れる、開放的で温かい雰囲気が特徴です。

カフェ&バーのカウンター席では、ヌプカ スタッフを交えて旅行者と地元の人が楽しく話しをする光景がよく見られるとのこと。地元の人の普段使いのお店なども教えてもらったりしながら、暮らすような旅を帯広で楽しめるのではないでしょうか。

旅の始まりのビール

旅の始まりのビールは、十勝を訪れるゲストのために北海道産大麦麦芽100%で作られたオリジナルクラフトビール。

農林水産省主催のフードアクションニッポンアワード2016の「究極の逸品」にも選出されたこのビールを生で飲めるのはヌプカのみ。

グラス片手に、そこで知り合った旅人たちと、穏やかで和気あいあいとした時間を過ごしませんか?

※瓶入りはオンラインで購入可能です。詳しくはこちら

③多彩なイベント

View this post on Instagram

A post shared by HOTEL NUPKA (@hotel_nupka) on

 ヌプカでは、1階のコミュニティスペースを利用し、毎月数回イベントを開催しています。

音楽ライブや映画上映、パンの試食会まで、その時期に合わせた多彩なイベントがあり、旅行者だけでなく地元の方も集まり、旅行者と地元の方が交流するきっかけにもなっているそう。

3. 短編映画『マイ・リトル・ガイドブック』

もともと帯広/十勝の魅力を世界に伝えるための事業の1つとしてスタートしたヌプカ。

短編映画『マイ・リトル・ガイドブック』は一番最初の取組みで、十勝の魅力が美しい映像と感動のストーリーで表現されている作品です。

YOUTUBEで無料視聴が可能ですので是非チェックしてみてはいかがでしょう。

『マイ・リトル・ガイドブック』

台湾から来たヒロインが新たな夏の北海道の観光スポットを探しに、海を越えて十勝をひとりで訪れるというストーリー。
海外からの視点を織り交ぜながら、十勝に暮らす人々と美しい風景を鮮やかに描き出した映画です。

icon-youtube-play https://www.youtube.com
icon-facebook-square https://www.facebook.com

4. 2019年4月から馬車BARがはじまります

NUPKA 馬車

道内の旅行者からの人気が強く、宿泊者は、70%が道内から、20%が道外、10%が海外という構成になっています。ヌプカのために広い北海道のあちこちから旅行者が訪ねてくることも多々。

2019年4月からは、ヌプカ 前で発着する「馬車BAR」の運行を開始するとのこと。夜の帯広の中心市街地を50分ほどで巡る世界でも珍しい乗合馬車ツアー「馬車BAR」。

輓馬ばんばムサシコマが挽く馬車BARの中では、地元素材のクラフトビールやおつまみを楽しめるとのことです。帯広の夜がさらに楽しいものになるのが間違いないですね。

【馬車BAR公式サイト】www.bashabar.com

5. 帯広へ、ヌプカに行ってみませんか

帯広/十勝の魅力を発信するべく、地元出身のお二人が中心に作り上げたHOTEL NUPKA

2019年4月から放送がはじまるNHK朝の連続テレビ小説第100作目となる「なつぞら」(主演:広瀬すずさん)は、北海道十勝が重要な舞台となります。今年は春から北海道十勝への旅や暮らしに注目が集まりそう。

地元を大切にする想いが詰まったヌプカへ、そして帯広/十勝へ、是非足を運んでみてください。

東京や札幌からのアクセスも便利です。

北海道のおすすめ観光スポットBEST30の記事はこちら icon-angle-double-down 

雄大な自然の美しさが魅力的な北海道。 冬は雪景色、夏はさわやかな緑がまぶしいエリアでもあります。 北海道で行っておくべき人気観光スポットを60箇所、エリア別にまとめてご紹介します!

東京・渋谷のコミュニティホステルWISE OWL SHIBUYAの取材記事はこちら icon-angle-double-down 

目黒区のWISE OWL HOSTELS SHIBUYA。一般の方にも利用いただけるレストラン兼バーも展開しているコミュニティーホステル。どのスタッフの方も元気な笑顔が印象的で、ゲストの方々と仲良さそうに会話されている姿がとても素敵でした。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

サトウチカラ
都内の大学4年。2018年7月からStaywayにインターン生として参加しています。札幌/函館/さいたま/川崎/神戸/福岡/アメリカ(アリゾナ州)に在住経験があります。これまで渡航した国・地域は🇺🇸🇨🇦🇲🇽🇨🇳🇹🇭🇮🇳🇱🇰🇦🇺🇹🇼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で