茨城女子が選ぶ、おすすめドライブ観光スポットモデルプラン!

Ran

トラベルライター

Photo by Ran

茨城県といえば魅力度ランキング最下位で有名ですが、海や山自然に溢れており都心からのアクセスも良い茨城県。

パワースポット、食べ歩き…

そんな旅になると車で向かった先はあまり知られていないアートな街「大子町」。

旅を盛り上げる茨城県の魅力いっぱいの観光スポットを茨城女子がモデルプランにして紹介します。

1.Take & Go 守谷SA(下り)

Photo by Ran

朝は少し早めに出発!都内から常磐自動車道を40分ほどドライブすると小腹も空き、休憩もかねて守谷サービスエリアに立ち寄りました。2015年『憩いの森』をコンセプトにオープンした施設で、旅の最初に一息つく憩いの場です。

そんなテラスに外観がとても可愛いソフトクリーム店があります。

ここでは「守谷さんちの牛乳ソフト」が絶品だと有名です。

守谷市の牛乳加工施設「ミルク工房もりや」から仕入れた牛乳で作っており、濃厚で味わい深いソフトクリームです。可愛い外観×ソフトクリームは写真映え間違えなし!

旅の最初から気分を上げてくれます!

TAKE&GO 守谷SA(下り)
【住所】茨城県守谷市野木崎97-3
【アクセス】守谷SA下り線
【営業時間】平日 9:00~18:00/休日 9:00~18:00
【電話番号】0297-48-5277
【公式サイト】https://www.driveplaza.com

2.道の駅 常陸大宮 かわプラザ~Gelato&Smoothis

Photo by ”自分”

Photo by Ran

常磐自動車道を那珂インターで降り、目的地「大子町」方面へ!

大子町へ向かっている途中に通る、隣町の常陸大宮市に2016年にオープンした道の駅『常陸大宮~かわプラザ∼』に寄り道♪

ここは関東屈指の清流、鮎の舞う久慈川のほとりに位置する施設です。 Gelato&Smoothis では地元の食材を使ったジェラートやソフトクリーム、スムージーなどを販売しています。

ジェラート等は季節に合わせたものが毎年販売されます。5月にはさくらスムージーやジェラートも販売される予定です♡

常陸大宮 道の駅~かわプラザ~ Gelato&Smoothis
【住所】茨城県常陸大宮市岩崎717-1
【アクセス】常磐自動車道・那珂ICより118号線大子方面へ19km
【営業日】9:00-18:00
【電話番号】 0295-58-5038
【公式サイト】https://www.michieki-hitachiomiya.jp

3.daigo cafe

Photo by Ran
Photo by Ran
おすすめNo.1は、奥久慈しゃも玉子のふわっとろデミグラスライス♡
「奥久慈しゃも」という地鶏で全国特殊鶏(地鶏)味の品評会で第1位に評価された玉子を使用しているそうです。
その名の通り「ふわっ!とろっ!」でデミグラスソースが濃厚でとても美味しくて大満足間違いなしです。
Photo by Ran
Photo by Ran
そして女子旅の醍醐味は食後のデザートですよね。daigo cafeで大人気なのは見た目も可愛くインパクトがある「夢見るりんご」というスイーツ。
りんごの形をしたスイートポテトで、中には特産品のりんごがたっぷり入っていて絶品です。

レトロな空間で落ち着くランチタイムでした。

daigo cafe
【住所】茨城県久慈郡大子町大子688
【アクセス】JR水郡線常陸大子駅から徒歩約3分
車の場合は大子町文化福祉会館「まいんの駐車場が利用可能
【営業時間】11:00-18:00
【定休日】水曜日
【電話番号】0295-76-8755
【公式サイト】https://www.facebook.com

4.袋田の滝

Photo by Ran

日本の滝百選で1位を取ったこともあるマイナスイオンで癒される空間になっています。
また近年、袋田の滝は「恋人の聖地」になっており注目のスポットです。

観瀑トンネル内にもハートの形の恋人の聖地のモニュメントがあります。

ぜひモニュメントがハートの形をしているので、そこから見れるハートの世界をご覧ください♡

Photo by Ran

Photo by Ran

そして毎年11月から滝のライトアップも開催しています。

2018年開催の際は、滝へと続くトンネルを活用した幻想的なライトアップが見られました。

今年も写真映えのイベントが開催されるかも?今年も袋田の滝から目が離せません。

袋田の滝
【住所】茨城県久慈郡大子町袋田3-19
【アクセス】<お車の場合>
常磐自動車道「那珂IC」から国道118号線経由,約50分
<電車の場合>
JR水郡線「袋田駅」下車徒歩約42分。バス・タクシー利用で約7~10分。
【営業時間】8:00-18:00(5月~10月)
9:00-5:00(11月~4月)
【電話番号】0295-72-1138
【公式サイト】http://www.town.daigo.ibaraki.jp

5.旧大子町立上岡小学校

Photo by Ran

明治時代に建てられた校舎で、平成13年3月31日に廃校されました。

懐かしい校舎が今も残っており、現在はロケ地として多数のドラマや映画の舞台として使われています。

学校の備品もそのまま残されており、当時の雰囲気をそのまま味わえるフォトスポットです。

Photo by Ran

Photo by Ran

昇降口を入ってすぐの階段の壁紙がピンク色で、とてもレトロな雰囲気です。

他の教室も現代では味わえない懐かしい空間が広がっており、思わず「懐かしい!」と思うスポットになっています。

旧大子町立上岡小学校
【住所】茨城県久慈郡大子町上岡957-3
【アクセス】常磐自動車道 那珂ICより60分
【見学可能日】土・日・祝日  夏休み期間中(7月21日(土)〜8月31日(金))は、毎日開校!
【電話番号】 0295-72-0285
【公式サイト】http://www.daigo-kanko.jp

6.大子おやき学校

Photo by Ran
明治7年に創設された小学校を活用した施設です。

ここでは大子町の郷土食である「おやき」の手作り体験ができる。「おやき」は大子町の農家などで作られ、郷土食として定着してきた大変ヘルシーな食べ物です。

Photo by Ran
「おやき体験」ではリンゴとカボチャのおやきを作ることができます。

おやき作りのスペシャリストの方に作り方は丁寧に教えてもらえるので失敗なしです。

実際に作ったおやきに小豆の皮で作った色素を使って、落書きができます。上手にできたものには「合格」がもらえるかも…♡

Photo by Ran
体験をして焼き上がりを待ちます。

体験は1時間くらいの所要時間で焼きたてのおやきが頂けます。もちろんお土産にも最適です。

茨城の食文化にぜひ触れにきてください。

大子おやき学校
【住所】茨城県久慈郡大子町槙野地2469
【アクセス】常磐自動車道/那珂IC/国道118号線を大子町方面へ
【営業時間】9:00-17:00
【体験時間】9:30-15:00
【電話番号】 0295-78-0500
【公式サイト】http://daigo-oyaki.jp

7.栗木りんご園

Photo by Ran

大子町には50か所以上のりんご園があります。

その中でも「栗木りんご園」は大子おやき学校から車で5分のところにあります。

10月から収穫体験ができ、自分が収穫したりんごはお持ち帰りもできます。ほかにも大子町にあるりんご園の中にはりんごジャム作り体験など日帰り旅行でも充実した時間を過ごせます。

栗木りんご園
【住所】茨城県久慈郡大子町浅川3271
【アクセス】常磐自動車道/那珂IC/国道118号線を大子町方面へ
【営業日】9月中旬~11月下旬
【営業時間】9:00-16:00
【電話番号】 0295-72-4282
【公式サイト】http://www.daigo-kanko.jp

8.久慈川橋

Photo by Ran

久慈川橋は、乙女心をくすぐるピンク色のにペイントされています。

橋からの眺めてみると水は澄んでおり、山の景色とマッチしていました。

夏には大子町の風物詩である「大子町花火大会と灯籠流し」が開催されます。

久慈川の中州から打ち上げられた花火と4000挺の灯籠が幻想的な景色を体験できます。

久慈川橋
【住所】茨城県久慈郡大子町北田気
【アクセス】JR水郡線常陸大子駅から直線距離で1073m

9.大子温泉保養センター 森林の温泉~もりのいでゆ

Photo by 森林の温泉(掲載許可済み)

森林の温泉は景色が一望できる広大な露天風呂が自慢の日帰り温泉施設です。

そして季節によってさまざまな温泉を楽しむことができます。

10月から1月にかけては「りんご風呂」、6月の新茶の時期には「お茶風呂」など地域の特産品を活かしたお風呂が楽しめます。

温泉で1日の疲れを癒し都内へ向け出発します。

大子温泉保養センター 森林の温泉~もりのいでゆ
【住所】茨城県久慈郡大子町矢田15-12
【アクセス】「道の駅だいご」を通り過ぎ、2kmほど先の「池田北」交差点を左折
久慈川をえて突き当たりを右折し、次のT字路を左折して道なりに進むと
もりのいでゆに到着します
【営業日】10:00-19:30(退館20:00)
【電話番号】  0295-72-3200
【公式サイト】http://morinoideyu.com

10.Namakemono

Photo by Ran

常磐自動車道を乗る前に、夜ごはんを食べに「Namakmono」というハンモックカフェに立ち寄りました。

ここは水戸インターまで7分でアクセスできる穴場カフェです。

フランス人のオーナーが作るお料理とパティシエが作る絶品デザートが味わえます。Photo by Ran

地元で育てられた無農薬のお野菜をふんだんに使ったガレットが人気です。

店内はハンモック席があり、ゆったりのんびりできる空間です。

お腹も心も満たされるのんびりカフェで1日の思い出を振り返ってみてはいかがですか?

Namakemono
【住所】茨城県水戸市有賀町1021-1
【アクセス】常磐自動車道 水戸インターより車で7分
【営業日】10:00-18:30 (定休日:日、月)
【電話番号】 029-388-2286
【公式サイト】https://www.facebook.com

11.守谷ベーカリー 守谷SA(上り)

Photo by Ran

ここ守谷SAはゆるキャラ「守犬」がいることで有名なサービスエリアです。

みんなの交通安全を守るため守谷SAには守犬の神社があります。

カエル?と思いがちですが、カエルの被り物をしているだけで正真正銘の犬だそう。

Photo by Ran
守谷ベーカリーにはそんなユニークな守犬のメロンパンが有名で観光客はもちろん、地元の方の買いに来るほどの人気ぶりです。

中にはチョコレートクリームが入り見た目も可愛く、食べておいしいメロンパンです。

高速の休憩には守谷SAに寄って守谷ベーカリーに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

守谷ベーカリー 守谷SA(上り)
【住所】茨城県守谷市大柏166
【アクセス】守谷SA上り線
【営業時間】7:00~20:00(守犬メロンパンは11:00から販売)
【電話番号】 0297-21-0028
【公式サイト】https://www.driveplaza.com

【自然あふれるフォトジェニックな茨城県!】

今回のモデルプランは茨城北部を中心としたコースでしたが、茨城にはまだまだ知られていない穴場な観光スポットがいっぱい!

都内からアクセスしやすい茨城県に訪れてください。

まだまだみどころいっぱい!茨城の観光スポット情報はこちら💠

フォトジェニックな青い花ネモフィラが咲く丘、朝日と共に撮影したい神磯の鳥居など観光スポットが多数!東京駅から茨城県庁のある水戸駅までは特急列車で約1時間半。都心から日帰り旅行も楽しめる、茨城県のおすすめ観光スポット10選をご紹介いたします。

Staywayについて

Staywayは、ホテルや旅館に加え、ゲストハウスや民泊・バケーションレンタルなど、様々な宿泊体験の選択肢を提供しています。

自分の好みに合った滞在先を選択することで、より充実した時間を過ごすことができます。

皆さんも、Staywayでご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を探してみませんか♪

Ran
茨城出身、埼玉在住の23歳。母の影響で旅行好きに…前職グランドスタッフの経験から日帰り旅で充実するプランをアレンジ!私ならではの楽しみ方をご紹介します!国内国外どちらも旅が大好きです。カフェや食べ物の紹介が多めです!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で