ゲストの方へ

インド攻略!カオスな国での観光を満喫するための3つのコツ!

FOR GUESTS
サトウチカラ

トラベラー

シェアありがとうございます

カレーの国、インド。

「興味はあるけどなかなか行く勇気が出ない…」なんて人も多いのではないでしょうか?

「汚い?」とか「危ない?」とか、「詐欺にあわない?」とかそういうことですよね。僕もそういうことを不安に思っていましたが、今となってはまた行きたくてたまらない国の一つです。

今回は楽しく安全に安く旅行するためのコツや心構えを、インド北部(デリー周辺)のこと中心にお伝えします。

インドの基本情報

【言葉】ヒンディー語・英語
【人口】約13億人
【通貨】インドルピー(INR)
【為替】1INR=約1.6円(2018年7月15日現在)
【物価】水1L (20INR)、コーラ500ml(35INR)

都市部の人はほぼ英語(※訛りが素敵)が話せるので、こちらも少し英語が話せれば困りません。当時TOEIC550点だった自分でも言語的な不自由はありませんでした。

物価はかなり安いです。

が、あんまりお金持ちぶっていると簡単にぼったくられたり、せびられたりするので現地の物価でお買い物しましょう。

羽振りが良すぎると、次に来た日本人も「日本人はちょろい」と思われてしまい、被害に会うかもしれません。

お店の人と値段交渉しているうちに仲良くなって友達になった、なんてことが起きるのがインドです。

【コツ1】移動手段を知る🚃 

旅行者が使いやすい交通手段はメトロ・オートリキシャー・長距離電車

が主になります。

メトロ

デリー(インディラ・ガンディー国際空港)に着いたらまず使うのがメトロ。

デリー市内まで快適に移動できます(約60INR)。

券売機でコイン型の切符を購入すればOKです。

ちなみにインディラ・ガンディー国際空港は一度外に出てしまうと、保安検査場外のエリアにも戻れません。

もし飛行機の到着時間が深夜で、市街地に行くのを朝まで待ちたいときは空港から出ないことを強くお勧めします。

オートリキシャー

いわゆるトゥクトゥクみたいな乗り物です。

日本語の「力車」が語源という説があったりなかったり。近場の観光エリアを巡るにはもってこいです。

乗り方は簡単です。

①走行中のリキシャーを拾う、もしくは道端で暇そうなリキシャードライバーを見つける。(稀に乗り合わせになることも)

②ドライバーと値段交渉。20分くらいの距離なら100INR(約160円)くらいが相場ですが、大体倍くらいの値段を言って来ます。「そんなに高いなら他を当たるよ」と言ってその場を去ろうとすると大体安くしてくれます。

③移動中はドライバーと色々話して、目的地近くでオススメの店とかを教えてもらう。ローカルを知るのも旅の醍醐味ですね。

④着いたらお礼をいって降りる。稀にチップを求められますが、サービスが良かったら少し渡してもいいんじゃないでしょうか。

長距離電車

デリー中心地から少し離れた場所に行くのに最適です。僕はデリーから200kmほど北上したところにあるハリドワールというガンジス川の川上の街に行くのに利用しました。

200kmというと神戸から名古屋くらいの距離ですが、インドだと片道5時間かかります。

座席は7ランクに分かれており、路線によって有るランクと無いランクがあります。

僕が利用したのは下から二つ目の「3-Tier Sleeper(SL)」というクラスでした。

混む路線のラッシュ帯は満員カオスになるクラスですが、僕のときは快適でした。

乗り合わせたインド人と仲良くなって車内販売のチャイ(インド式の紅茶)を奢ってもらったり、話しているうちに車両中の子供たちが集まって来たり、インド旅行一番の思い出になりました。

ニューデリー駅でのチケットの買い方は?

①ニューデリー駅2階の外国人向けチケット販売窓口に行く。ここにたどり着くまでに話しかけてくるインド人はだいたい嘘しか言わないのでいくら親切そうでも要注意です。
②整理券を取って番号を待つ(混雑具合によっては3時間くらい待つので、なかなか呼ばれなかったら空いているカウンターにすっと行ってしまうのもありです)
③行き先と日時、座席のランクを伝えてお金を支払うとカウンターの方がチケットを発行してくれます
発行後の返金はできないのでお気をつけて!!

タクシー

乗らないことをお勧めします。

特にデリー駅周辺のタクシーは新宿のキャッチよりもたちが悪いです。

僕は知らないところに連れて行かれそうになりました(笑)

【コツ2】良い宿の探し方を知る🛏

1日目の宿は事前に見当をつけておくと安心ですが、行き当たりばったりの旅行も楽しいですよね。宿を決める際に確認すべきなのは4つです。

・値段
・シャワーからお湯が出るか
・部屋の鍵が閉まるか
・トイレにトイレットペーパーがあるか(基本的にないので持ち歩くのがいいと思います)

宿が決まれば近くのオススメのスポットを聞いて見ると、ガイドブックには載っていない良い店が見つかるかもしれません。

【コツ3】インド旅行者としての心構えを理解する 👪

インドで生活する人たちはみんな良くも悪くも適当です。

こちらも気張らずに、細かいことは気にしすぎないことが楽しく生活するコツです。

数日滞在しているうちに、しつこいキャッチも可愛く見えてきます。かといってもちろん油断は禁物です。

荷物は前に背負ったり、お金は数カ所に分けて携帯したりする必要はあります。

お金を乞われることもあるかもしれません。

“施し”は文化でもあるので、自身の判断次第でいいと思います。

ただ中途半端で曖昧な態度や不用意に高額紙幣を見せてしまうと執拗な物乞いに会う可能性もあるので、はっきりとした態度で接しましょう。

屋台でのご飯に挑戦したい方は必ず胃薬を持参しましょう。

旅行中ずっとお腹を下しっぱなしになるかもしれないので(笑)。

(あまりオススメはしません。)

そしてインドの人たちは写真が大好きです。

「一緒に撮ろう」と言われて撮影したら、そのまま去っていきます。

データはいらないみたいです。フレンドリーなインドの人々との取り留めのない会話が良き思い出になります。

実際、デリー周辺はあまり綺麗ではありませんし、詐欺にあうこともあれば、食べ物に当たる人もいます。

ただ、自分で気をつけてさえいればインドの人々の温かさに触れながらカオスで楽しい旅行ができます。

無理のない範囲で、インドでしかできない経験を楽しんでください!

こちらの記事もおすすめ!  icon-hand-o-down

インドと言われると、なんとなく「危ない」というイメージを抱きませんか??実際にインドに行く事を決定した今年の3月。せっかく訪れるなら綺麗な写真を!という事で今回はインドのオススメ観光地を、インスタ映えポイントと一緒にお伝えします!
一度行けば人生観ががらっと変わり、ハマって何度も行きたくなると言われている異国情緒溢れる国・インド。こちらの記事ではインドのおすすめ観光スポットをご紹介します。自分自身を見つめなおす旅にでてみませんか?

staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんんもstaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

サトウチカラ
都内の大学4年生。去年12月に留学(アメリカ・アリゾナ州)から帰国し、6ヶ月に渡る就活をなんとか乗り越えたのち、今年7月からStaywayでのインターンを始める。趣味はフットサルと海外にかぶれること。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
LINEでもフォローしよう!

LINE@でもStaywayの情報をフォローしよう!

Staywayについて

Staywayは世界最大級のホテル・バケーション施設の検索比較サイトです。
世界中のホテル・民泊サイトを比較し、最安値の宿泊施設を探す事が可能です 宿泊施設を探す