【第1弾!旅人インタビュー】15歳でオーストラリア高校留学!旅を中心に自由に生きる為に大切なマインドとは?

新巻 健人

トラベラー

シェアありがとうございます

旅人の新巻健人さん

Stayway旅人インタビュー企画が始まりました!!

1人目のゲストは海外経験が豊富で常に旅することばかりを考えている新巻健人さんです!

「一度しかない人生をもっとクリエイティブに生きたい!」

「レールを外れて自分らしく思い切った人生を送りたい!」

「世間体ばかりを気にしていて現状に満足できない…」

「幸せとはなんだろう…?」

そんな風に思っている方におすすめの記事です!

果たして新巻さんの海外で培ったポジティブなマインドとは?

①「自己紹介をお願いします」

初めまして。こんにちは!

海と写真が好きな新巻健人と申します。

先日、東南アジア旅から帰ってきたばかりの25歳です。

本日はどうぞ、よろしくお願いします!

②「新巻さんが旅人になったきっかけとバックグラウンドを教えて下さい!」

きっかけは間違いなく親の影響ですね。

両親が海外旅行が好きで、小さな頃から色んな国に旅行で行っていました。

初めての海外旅行デビューは5歳の時に行ったハワイ旅行です。

それから小学校低学年の頃からほぼ毎年海外に連れて行ってもらっていたので、

中学生くらいになった時には、旅人の基礎は出来ていたと思います!(笑)

元々、両親が若い頃にオーストラリアにワーキングホリデーをしていた影響もあり、

僕は海外志向を持った親の元で育ちました。

15歳の時にオーストラリアへ高校留学をした経験があり、卒業するまで3年間オーストラリアに住んでいました。

卒業後は大学に進学する予定は無かったのでオーストラリア以外の他の国にワーキングホリデーをしようと考えていました。

そして実際に、19歳の時にカナダへワーキングホリデーに行き、それから旅や海外の魅力にどっぷりハマり、気づいたら海外で6年間も暮らしていました(笑)

③「あなたは何カ国旅したことありますか?」

13カ国29都市です。

アメリカ (ハワイ×2、グアム×2、シアトル、ロサンゼルス、マイアミ)

カナダ (バンクーバー、トロント)

オーストラリア (ゴールドコースト、ケアンズ、シドニー、メルボルン)

韓国 (ソウル×2)

香港

マカオ

タイ (バンコク×4、チェンマイ、プーケット×2)

カンボジア (シェムリアップ、プノンペン)

ベトナム (ホーチミン、ダナン、ホイアン、ハノイ)

マレーシア (クアラルンプール)

シンガポール

インドネシア (バリ×5、ジャカルタ、ジョグジャカルタ)

フィリピン (セブ×2)

④「今まで旅した国や場所でお気に入りの所を教えてください」

国内ならダントツで沖縄がおすすめの場所ですね!

LCCのセールで上手く航空券を買うことができれば東京から往復1万円以下で行けるので

学生バックパッカーには特におすすめの旅先です。

実際に僕は去年の夏に沖縄で4ヶ月間旅をしながらアルバイトをしていました。

沖縄での旅のテーマは”離島とゲストハウス”を巡る旅でした。

離島が大好きで合計20島も沖縄で行ったのが今でも最高な思い出です。

離島好きへ捧ぐ!実際に沖縄を旅した僕が選ぶおすすめの離島ベスト20

上記の記事でも紹介していますが、一番好きな沖縄の離島は伊良部島という所です。

新巻さんが選ぶ、沖縄離島ランキング1位に選ばれた伊良部島

大自然に溢れて最高な海に囲まれているのが伊良部島。

シュノーケルをして一緒に魚と泳いだり、滞在中は毎日自然と触れ合っていました。

僕のプロフィール写真も伊良部島の三角点という場所でゲストハウスで知り合ったカメラマンに撮影してもらったやつなんです。

こんな素敵な海がある伊良部島で、僕はGoproを片手に写真を撮りまくる日々を過ごしていました。

遊びすぎて気づいたら、写真のように真っ黒になっていたので、

沖縄へ行く際には必ず日焼け止めを忘れないようにしてくださいね(笑)

まだまだ伊良部島は一般的に知名度は低いですが、

驚くような大自然を見たい方は是非行ってみてください!

そして、海外でおすすめの場所はオーストラリアはゴールドコースト。

留学生に大人気のリゾート地、ゴールドコースト

僕が高校の時に留学していた思い出の地でもあります。

ゴールドコーストは世界屈指のリゾート地で、

綺麗な海やスローライフを求めて世界中から観光客が訪れる場所です。

東海岸にあるゴールドコーストといえば有名なのはサーフィン!

波乗り好きな人にとってまさにここは天国みたいな環境です。

日本よりパワフルでサイズのある波を毎日楽しめます!

初心者の僕も中古で板を買って、海へ繰り出していました。

気軽に海に遊びに行けるような環境があるゴールドコーストは本当に最高ですね!

ちなみに僕は海から200メートルの場所にあるシェアハウスに住んでいました。

徒歩30秒で海に行けるので、暇な時はよく音楽を聴きながら海の近くを散歩していました。

こんな場所に住めるなんて夢のような毎日でした。

基本的にオーストラリア人は日本人と違った国民性を持っていて、

どちらかというとスローなライフスタイルを好みます。

平日のお昼からビーチで堂々とお酒を飲んでいる人が沢山いるような

日本では考えられないくらいeasy-goingな国がオーストラリアです(笑)

⑤「旅をしていた時はどんなスタイルでしていましたか?」

僕の場合は一人旅の経験もありますし、

彼女と一緒に東南アジアを1ヶ月半間旅したこともあります。

一人旅の時はなるべく友達を作りたいので交流がありそうなゲストハウスに泊まります。

ゲストハウスには1人旅をしている仲間が沢山いるので、

仲良くなって友達になり他の旅人と一緒に観光したりすることが多いです。

彼女と一緒に旅していた時は最高な絶景を見て2人で感動したり、美味しいものを食べた時に喜びを共有できるなど、一緒に色んなことを感じることができるのが最大のメリットかなと思いました。

もちろん好きな人と旅することは楽しいことも多いですが、

喧嘩したりすれ違うことも沢山あったので、これから恋人と旅をしようと考えている人は必ず計画的なプランを立てて下さいね(笑)

⑥「旅してる時に起きた一番大きなハプニングを教えて下さい!」

インドネシアのバリ島のウブドという田舎町で起きたハプニングです。

日本で原付に乗ったことない僕がバリで人生初の原付デビューを果たしたのですが、

バイクを借りた翌日になんと事故ってしまいました。

彼女と原付で2人乗りしてた時に田舎道の田んぼに思いっきりつっこみました!(笑)

バイクに大きなダメージも無く、運良くお互いケガもせず無事だったのですが、

この事件の後に大げんかして、3日間もお互い口を聞かないという気まずい状況になってしまいました…

海外では無理してはいけないということを身を持って学んだ事件でしたね(笑)

⑦「旅中に出会った一番面白い人か変わっている旅人について教えてください!」

特にこの人!という人はいないのですが、

個性の強そうな旅人にはゲストハウスで沢山出会いました。

僕はタイの日本人ゲストハウスで一ヶ月間ボランティアスタッフをしてた経験もあり、

旅人と交流する機会が圧倒的に多かった為、少し変わった旅人をよく見かけました。

個人的に驚いたのが、世界一周をしている若者の数の多さです。

初めての海外で女性1人で世界一周をしようとしてる20歳の女性に会った時は驚きました。

そして、仕事を辞めて旅をしてる人も多かったですね。

旅で色んな経験をして、様々な価値観に触れ、自分が経験して学んだことを自分の将来に生かせれば会社を辞めて旅に出ても良いのではないでしょうか?

いい大学に行って、いい会社に就職して、結婚するだけが人生の全てではないと思います。

レールの上に乗り、全員同じ方向に向かうことが正しいというような風潮がある日本が100%正しいとは僕は思いません。

人によって価値観が違うのでもちろん否定はしませんが、当たり障りないように他人の顔色を伺いながら過ごす人生では無く、しっかり自分の考えや信念を持って生きることが重要だと思います。

十人十色の人生。

‘好きなことを自由にやって最高に楽しむ人生を送りたい’と考えている僕は

環境に左右されないようにこれからも自分の道を突き進んでいきたいと思います。

今、旅をするか迷っている人には、旅をしたいと思ったことを良い機会に

余計な邪念や固定概念を捨てて、思い切って世界へ羽ばたいて欲しいです!

⑧「旅を通してあなたが学んだことは何ですか?」

僕にとって旅することは最高な冒険であり、またライフワークでもあります。

日本の常識は世界の非常識という事実と日本人として生まれてきたことがどんなに運の良いことかを旅を通して学びました。

海外に行って、毎回思うのは日本という国は本当に環境に恵まれているという事実です。

基本的に何でもクオリティが高いですし、帰宅したら安全な屋根の下で美味しい日本食を食べれて、温かいシャワーを好きなだけ浴びられることができます。

町を歩いても安心安全でぼったくられることも騙される心配もありませんし、人を疑いなく信じることもできます。

上記のようなことは日本では当たり前の日常ですが、海外ではこういうことが当たり前ではないと東南アジアを放浪した時に初めて気づきました。

海外を旅していなければこんなことに気づけなかったはずです。

パスポート保有率が23%前後というデータが今の日本の現状を表していますが、

僕も含め日本人は世界を知るためにもっと旅した方が良いと思います。

⑨「最後にこれから旅したい人にメッセージをお願いします!!」

Life is a journey, travel while you are young!

人生は冒険であり、若いうちに旅に出るべきだという名言です。

一番大切なのは旅という経験を今後、自分の人生にどう生かすかではないでしょうか?

僕自身、旅することは未来の自分への最高の投資だと思っています。

なぜなら、旅という非日常の経験から学べる事は山ほどあるからです。

‘旅=ただの旅行や遊び’ではなく、’旅=意味のある最高なアドベンチャー’

僕の頭の中ではそんなイメージです。

‘旅中の面白いハプニングや失敗談は自分の人生をより、豊かにしてくれる。’

そう、信じてるのでこれからも積極的に旅をしようと思います。

本日はインタビューして頂き、ありがとうございました。

新巻さんが書いた他の記事もおすすめ! icon-chevron-down 

実際に沖縄を4ヶ月間旅した僕が選ぶ沖縄離島ランキングベスト20を紹介します!人生で初めての一人旅でしたが最高の時間を過ごしました!果たして離島ランキング第一位に選ばれるのはどの島なのか!?
4ヶ月も旅するということは当然お金はかかる! 都会に比べ、物価の安い沖縄でも意識をしなければ簡単にお金は無くなってしまいます汗 国際通りを始め、観光客がよく訪れるエリアは東京の物価とあまり変わらないというのが事実です...涙 安心して下さい! 沖縄で節約旅をすることは誰でも可能です。
人生に刺激が欲しい...毎日同じようなことをしてばかりで人生面白くない!休みの日は疲れて、一日中家でYoutubeを見て、気づいたらもう夜の19時だ...
旅初心者ならバンコクに行こう!バンコクに一ヶ月暮らしていた僕がバンコクをおすすめする理由とは?
この記事では2017年12月に3ヶ月東南アジアをバックパッカーとして旅した僕のおすすめの観光スポットを紹介します。最初の1ヶ月半は彼女と一緒に旅して、残りの1ヶ月半は一人旅しました。 もともと、一人旅の経験はありましたが、パートナーと旅することは初めて。 旅中に些細な喧嘩や小さなトラブルに何度も遭遇しましたが、一生の思い出に残る経験になりました!

staywayについて

Staywayは世界中の民泊施設を検索できるサイト。価格からロケーションまで幅広いニーズに答え、利用者にあった宿泊先を素早く見つけることが可能です。さらに宿泊先でのさまざまな滞在方法も提案しているので、ぜひチェックしてみましょう!

新巻 健人
海と自然が大好きな旅人。15歳でオーストラリアの高校に留学。オーストラリア、カナダ、タイで合計6年間暮らしていました。好きな言葉は'Life is a journey, travel while you are young!' インスタグラムをフォローする

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で

Staywayについて

Staywayは世界最大級のホテル・バケーション施設の検索比較サイトです。
世界中のホテル・民泊サイトを比較し、最安値の宿泊施設を探す事が可能です 宿泊施設を探す