【海外観光局に取材!第2弾 – オランダ】-おすすめ観光-

新巻 健人

トラベルライター

シェアありがとうございます

photo by Abdulsalam Hackle
読者の皆さん、こんにちは!

海外観光局取材の第2弾として、今回編集部がお話をお伺いしたのは、都内にある    「オランダ政府観光局」さん。

突然ですが、皆さんはオランダと言われれば、どんなイメージを思い浮かべますか?

チューリップ、チーズ、ミッフィー、風車などを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ご存知の通り、日本はオランダと古くから貿易を始め、歴史的に良き友好関係にあります。

その影響もあってか、オランダでは日本食やアニメなどで、日本に興味を持っている人が多いという噂を聞いたことがあります。

一方、日本人はオランダという国についてあまり知らない方も意外と多いのではないでしょうか?

世界で最もIT化が進んでいる国の一つのオランダ、ワークライフバランス先進国と言われているオランダ。

我々、日本人がオランダについて知らないことは、きっとまだまだ沢山あるはずです。

そんなオランダをリサーチする為に、今回「オランダ政府観光局」の局長を務めていらっしゃる中川さんにお話をお伺いしました!

果たして本当のオランダの魅力とは!?

この記事はオランダの各都市の観光情報を紹介!

1・お話をお伺いした中川さん

中川さんとオランダの代表的なゴーダチーズ: 撮影 2018/08/08

オランダ政府観光局・日本地区局長の中川さん。

オランダ政府観光局に28年間も務めていらっしゃる大ベテランの中川さんは、出張で年に3-4回オランダを訪れるそうで、通算100回以上オランダに行ったことがあるそうです!

そんな中川さんに今回取材に協力して頂きました!

基本情報

【住所】 〒102-0083 東京都千代田区麹町5丁目1 NK真和ビル5F
【電話】 03-3222-1441

詳しい情報は公式ホームページをチェック!

2・首都アムステルダム以外のオランダの観光都市を知っていますか?

photo by wikipedia
オランダの首都アムステルダムは世界的に有名な都市で多くの方が既に知っているかと思います。

この記事では首都アムステルダムではなく、日本人に認知度が低いであろう、ロッテルダム、ハーグ、ユトレヒトといった都市にあえて焦点を当ててみました。

九州とほぼ同じくらいのサイズのオランダはどの都市間も電車を使って簡単に移動できます。

例として、首都のアムステルダムから第二の都市ロッテルダムまでは電車でわずか1時間の距離です。

中川さんから頂いた貴重な情報をもとに各都市の魅力的な観光スポットを紹介していきます!

3・ロッテルダムの定番人気スポット!

ロッテルダムはヨーロッパ最大の港を有する工業都市であると同時に、トレンディなナイトライフや、洗練されたショッピングが楽しめる、オランダが誇る第二の都市です。

第二次世界大戦の影響で壊滅的な被害を受けた旧市街は、その後、実験的な建築群がそびえる都市に変貌し、多くのアーティスト、デザイナー、建築家が注目する街になりました。

上記のことも影響してか、世界的に有名な「Lonely Planet」の中で’世界で訪れたい街トップ10’に入ったこともあるそう。

モダンかつ斬新でフォトジェニックな建築物は多くの人がロッテルダムを訪れる理由の一つになりつつあります。

①キューブハウス

photo by Rick Ligthelm
オランダを代表する現代建築物といわれているキューブハウス。

キューブハウスは1974年に建築家ピートブロムによって建てられたサイコロ型住宅開発地です。

文字通り全ての住居はキューブ型な上に、45度傾いている非常に斬新な建築物です。

実際に中に入り、見学できるミュージアムになっている家もあるそうで、営業時間内であれば誰でも見学可能です。

地元のオランダ人だけではなく、世界中から多くの観光客が一目、キューブハウスの実態を見ようとここを訪れます。

基本情報

【住所】Overblaak 70 3011MH Rotterdam
【アクセス】Rotterdam Blaak駅から徒歩3分
【営業時間】毎日 10:00-18:00
【料金】大人: 2.5ユーロ 学生: 2ユーロ
【公式HP】http://www.kubuswoning.nl

②マルクトハル

photo by Rick Ligthelm
オランダ最大の屋内フードマーケットと住居ビルが合体したマルクトハル。

マルクトハルはロッテルダムを拠点とする世界で活躍する建築家集団MVRDVによって作られたロッテルダムの代名詞ともいえる人気スポットです。

写真の中に写っている窓の部分が住居スペースにあたり、合計で約230もの住人が住める部屋が設計されました。

天井を覆う巨大な壁画は「コルヌコピア」という作品で、オランダ出身のアルノクネンとイリスロスカムが製作したものです。

先ほど紹介したキューブハウスも徒歩圏内ですので、同時に観光することをおすすめします!

基本情報

【住所】Ds. Jan Scharpstraat 298
【アクセス】Rotterdam Blaak駅から徒歩3分
【営業時間】月-木 10:00-20:00 金 10:00-21:00
土 10:00-20:00   日 12:00-18:00
【公式HP】https://markthal.klepierre.nl

4・デン・ハーグの定番人気スポット!

オランダ第三の都市デン・ハーグ。

オランダの政治の中心地で多くの行政機関がこの街に集まっています。

首都のアムステルダムとは異なり、緑豊か、かつ静かで落ち着いた街ですが、オランダの代表的な海辺のリゾート地スヘフェニンゲンもあります。

③マウリッツハウス美術館

photo by Roman Boed
マウリッツハウスの建物は、17世紀半ば、ヤーコプ・ファン・カンペンの設計で建てられたもので、オランダ古典様式建築の代表作とされます。

マウリッツハウス美術館はオランダやフランダース地方の黄金時代の世界的に有名な絵画を収蔵しています。

その中でも有名なのがフェルメールのオランダのモナリザと言われる「真珠の耳飾りの少女」。

世界的に有名なこの絵画を見たことがある方も多いのではないでしょうか。


photo by wikipedia

基本情報

【住所】Plein 29, 2511 CS Den Haag
【アクセス】Den Haag Centraal駅から徒歩5分
【営業時間】10:00-20:00の間で曜日により異なる

④スヘフェニンゲン

photo by MoiM Hossain
スヘフェニンゲンはオランダが誇るリゾート地。

海水浴を楽しむ人も多く、ビーチ沿いにはレストランやバーなどがあり、観光客だけではなく、地元の人も多く訪れるリゾート地です。

海から近い距離にはカジノや買い物を楽しめるショッピングモールなどもあるので、一日中遊びに飽きることはありません!

基本情報

【住所】Strandweg 150-154, 2586 JW Den Haag
【アクセス】Den Haag, Badhuiskadeから徒歩3分

5・ユトレヒトの定番人気スポット!

オランダ第四の都市ユトレヒトは’ミッフィー’ゆかりの地として有名な街です。

アムステルダムから電車で35分ほどに位置し、毎日多くの観光客が訪れています。

歴史あるユトレヒト市内には中世の建築物や旧運河沿いがあり、独特な雰囲気を漂わせています。

⑤ドム塔

photo by bert de boer
ユトレヒトのシンボルのドム塔はオランダで一番高い塔で天気が良い日はアムステルダムやロッテルダムまで望むことができるそうです。

ドム塔に登りたい方はツアーを予約しましょう。

465段もの階段を上がるツアーはちょっとしたエクササイズになるはず。

基本情報

【住所】Domplein 9-10 3512 JC Utrecht
【アクセス】Utrecht Central Stationから徒歩5分
【営業時間】月-金 10:00-18:00 土 10:00-17:00 日 12:00-17:00
【入場料】大人: 8ユーロ

⑥ミッフィーミュージアム

photo by official page
日本だけではなく世界的に有名なキャラクター’ミッフィー’の博物館。

ミッフィー博物館の中には子供達が楽しめるように特別に作られた遊具などもあります。

多くの日本人のミッフィーファンが訪れるということもあり、館内では日本語で表記されている説明もあるそうです。

子供向けのスポットですが、ミッフィーを知っている人なら誰でも楽しめる場所です!

また、ミッフィー博物館だけではなく、ユトレヒトの街中にはミッフィー広場、ミッフィー像やミッフィー信号などが存在します。

そんなミッフィーの作者、ディック・ブルーナさんは残念なことに2017の2月に亡くなられました。

ミッフィーだけではなく、数々の名作を生み出したブルーナさんは世界中のファンから今でも惜しまれています。

昨日よりもっとがんばろうと思う熱い気持ちと努力を継続していくことができれば、だれもが平等に輝くことができると、ぼくは信じています。

ディック・ブルーナー

基本情報

【住所】Agnietenstraat 2, 3512 XB Utrecht
【アクセス】Utrecht Central Stationから徒歩20分
【営業時間】10:00-17:00 木曜日休み
【入場料】大人: 3.5ユーロ 子供: 8.5ユーロ

6・中川さんおすすめのオランダの人気料理/B級グルメ

①オランダのコロッケ

photo by Photocapy
オランダで食べられているコロッケは日本のコロッケとは異なり、細長い形をしています。

中身はジャガイモのみのものもあれば、エビ、ひき肉、チーズなど色々入ったものもあります。

オランダのコロッケはファストフードとしてオランダ国民に馴染み深い存在で、リーズナブルに食べられるコロッケは写真のように自販機で販売しているのがオランダの独特なスタイルです。

オランダを訪れる際は自販機でコロッケを買う体験をしてみたいものですね!

②にしんの塩漬け (ハーリング)

photo by wikipedia
オランダの代表的な魚料理といえばハーリング。

オランダでの食用方は、一日塩漬けした生ニシンを塩抜きし、そのまま食べます。

刺身のような感じですので、日本人の口によく合うのではないでしょうか。

オランダ各地の魚屋やマーケットで必ず味わえる一品です。

また、オランダ式のハーリングの食べ方はとても特徴的。

お皿に盛ったハーリングを食べるのではなく、魚の尻尾を持ち上げ、魚の頭から直接口に入れるという斬新な食べ方です。

ハーリング・ブローチェと言われる、ハーリングをパンに挟んだサンドイッチのようなメニューも人気の一つです。

③ゴーダチーズ

photo by bertknot
オランダの代表的なゴーダチーズは大きく、丸い円盤のような形をしています。

オランダ発祥のゴーダチーズは世界的にも有名で日本人の口にもよく合います。

ゴーダチーズはクセの無さと豊かな旨みから非常に人気の高いチーズで、そのまま食べるのはもちろん、パンやクラッカー、オムレツ、ピザ、グラタン、ディップにフォンデュ、お菓子作りまで使える万能なチーズです。

7・オランダに行ってみよう!

photo by wikipedia
この記事の中で紹介しているスポットの中で、実際に行ってみたいと思う場所はありましたでしょうか!?

記事を通して、少しでもオランダの魅力を皆さんに知って頂けたら嬉しいです!

今回紹介したのはロッテルダム、デン・ハーグ、ユトレヒトですが、首都のアムステルダムを始め、まだまだ魅力的な観光地はオランダにたくさんあります。

時間に余裕のある方はバックパッカーのようにオランダの各都市を旅してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もおすすめ!icon-chevron-down

オランダ全体のおすすめ観光スポットをまとめました↓

https://media.stayway.jp/amsterdam

Staywayについて

Staywayは世界中の宿泊施設を検索&比較できるサイト。価格からロケーションまで幅広いニーズに答え、利用者にあった宿泊先を素早く見つけることが可能です。さらに宿泊先でのさまざまな滞在方法も提案しているので、ぜひチェックしてみましょう!