【海外観光局に取材!第7弾- ニューカレドニア】-おすすめ観光-

新巻 健人

トラベルライター

© Valentin Coutaz / NCTPS

読者の皆さん、こんにちは!

今回のテーマは「天国にいちばん近い島」としても知られているニューカレドニア!

突然ですが、皆さんはニューカレドニアと言われると、どんなイメージを思い浮かべますか?

ニューカレドニアという名前は聞いたことがあるけど、どの地域か正確には分からないという方も意外と多いのではないでしょうか。

オーストラリアの東側に位置している島で、四国とほぼ同じ大きさにも関わらず人口はわずか27万人と人口密度が低く、自然に溢れ、ゆったりとした時間が流れている島がニューカレドニアです。

また、ニューカレドニアはフランス領であり、正式には、「フランス領ニューカレドニア」と呼ばれています。

成田空港と関西空港から直行便が出ており、約8時間のフライトでニューカレドニアの首都ヌメアに到着します。

ニューカレドニアはショッピング、グルメ、ビーチと全て揃っており、女子旅にも家族連れにもぴったりな観光スポット。

また、日本との時差もわずか2時間と時差ボケを心配することなく、到着後すぐに楽しめることもニューカレドニアの魅力のひとつです。

この記事では「ニューカレドニア観光局」様から頂いた情報を元にニューカレドニアの本当の魅力に迫ります!

1・世界遺産の海/ブーライユ

photo by wikipedia
ニューカレドニア島中央部西岸の町、ブーライユはヌメアから車で2時間半ほどの場所にあります。

ブーライユは首都ヌメアに次ぐニューカレドニア第二の都市ですが、人口は約4000人と少なく、とてものどかな街です。

 ブーライユは近年、リゾート地として脚光を浴び、益々人気が上昇している街でもあります。

リゾートホテル、世界遺産に登録されている海、乗馬、ゴルフにグラスボートツアーとここでは沢山のアクティビティーを年間を通して楽しむことができます。

View this post on Instagram

🔸✈🔸 I don’t need editing and any filters!!👍👍 I’m now in New Caledonia!! . #天国にいちばん近い島 って言われるほどの絶景リゾート ニューカレドニアに来てます🙌💓 . なんとなんと今回の旅、”ミステリーツアー”なんです😲 私自身も、これから何が待っているのか分からないww こういう旅は初めてすぎて、ワクワク感倍増♡ . 今朝は泊まってる #ブーライユ のシェラトン・ニューカレドニア・デヴァ・スパ&ゴルフリゾート ( @sheratondeva ) 近くのビュースポットへ行って 青すぎるラグーンの絶景ビューに感動して そのまま海へGO🏃 . フィルターも加工も全くいらない驚きの美しさの 海が待っていたよーー😆💓💓 . 🔜SWIPE 写真は、 1枚目と2枚目は海中フォト✨ 3枚目はグラスボートから🚣🏻‍♀️ もちろん、ノー加工ノーフィルター♪ . . Special thx. @newcaledoniatourismjapan @aircalin @newcaledoniatourism #aircalin #caledoniandream #シェラトンニューカレドニアデヴァスパ&ゴルフリゾート . . #newcaledonia #ocean #sea #旅行好きな人と繋がりたい #女子旅 #海外旅行 #旅行 #旅 #写真好きな人と繋がりたい #カメラ女子#リゾート#自然#世界遺産#海 #シュノーケリング #instagood #beach #travelphoto #traveler #travel #genic#genic_travel

✈travellog by aya☺︎さん(@a_zono)がシェアした投稿 –

最初に紹介するのは「グラスボトムボート」。

「シェラトン・ニューカレドニア・デヴァ・スパ&ゴルフリゾート」の目の前のビーチ、ポエビーチから出発。

底がガラス張りになったボートの上から、世界遺産に登録されたラグーンの海中風景を楽しむことができます

ウミガメとの遭遇率が非常に高く、海水の透明度もとても高いので、美しいサンゴ礁や熱帯魚たちの泳ぐ姿を堪能できます。

希望があれば、バリアリーフの近くまでいってシュノーケリングを楽しむことも可能です!

View this post on Instagram

🔸✈🔸 Cheers for Special dinner of Day2! I’m now in New Caledonia!! . #天国にいちばん近い島 って言われるほどの絶景リゾート #ニューカレドニア に来てます🙌💓 . #ブーライユ でのラストディナーは なんと山の上にて🍽 来てみて知ったけど、ニューカレドニアは 海だけじゃなくて 山の織り成す絶景もハンパない🤭💓 . @geckoevasion の粋なアクティビティで 最高の絶景を見ながらディナーを楽しめるよ🥂 . 食べ物が美味しいのもさることながら ニューカレドニアでは食べる場所やシーンが本当に スペシャルで、全てに特別感を感じます✨ , ここは、私が行った時に、なんとハネムーンの日本人 カップルにも会いました! このディナーは、日本人にも人気のディナーみたい😆💕 . 🔜SWIPE 1枚目2枚目は夕日を眺めて乾杯🥂 2枚目はサプライズで来てくれた、現地の TV番組も持つくらい有名アーティスト #gulaan さん 生演奏、本当に素晴らしかった👏🏻 . . Special thx. @newcaledoniatourismjapan @aircalin @newcaledoniatourism @sheratondeva @geckoevasion #aircalin #caledoniandream . . #newcaledonia #mountain #niceview #旅行好きな人と繋がりたい #ワイン #女子旅 #海外旅行 #旅行 #旅 #写真好きな人と繋がりたい #カメラ女子#リゾート#南の島#自然#世界遺産#絶景 #instagood #dinner #aumo #travelphoto #traveler #travel #genic#genic_travel

✈travellog by aya☺︎さん(@a_zono)がシェアした投稿 –

 お次に紹介するのは「サンセットアペリティフツアー」。

海岸線が西を向いているブーライユには、絶好のサンセットスポットが数多くあります。

このツアーでは展望の良い丘の上まで車で向かい、そこでワインやバゲットなどのちょっとした軽食を楽しみながらサンセットタイムを楽しみます。

フランス領であるニューカレドニアならではの、おしゃれでロマンチックな雰囲気のアクティビティーです。

また、ブーライユは知る人ぞ知る絶好の星空スポットで、天気が良ければ見事な天の川を見ることも可能です!

View this post on Instagram

🔸✈🔸 So beautiful Milkyway💫 from our special dinner place. I’m now in New Caledonia!! . #天国にいちばん近い島 って言われるほどの絶景リゾート #ニューカレドニア に来てます🙌💓 . 連投ですみません! 先程のpostの最高のサンセットが見れる#ブーライユ の 山の上のディナー会場・・・ 実は、さらにそこから見えるのは、満天の星空😍💓 焚き火の光があっても天の川までくっきり見えちゃうからスゴい! . こんな星空の元食べるBBQはホントこの上ないくらい 贅沢だったーー😍😍 . 写真は、中国から来てるカメラマンの @ethan_li_photo が撮ってくれたよ👏🏻 . このスペシャルなディナーは @geckoevasion プレゼンツの個人的に 超オススメアクティビティです🥂 . . Special thx. @newcaledoniatourismjapan @aircalin @newcaledoniatourism @sheratondeva @geckoevasion #aircalin #caledoniandream #bourail . . #newcaledonia #stars #niceview #旅行好きな人と繋がりたい#女子旅 #海外旅行 #旅行 #旅 #写真好きな人と繋がりたい #カメラ女子#リゾート#milkyway #自然#世界遺産#絶景 #instagood #dinner #travelphoto #traveler #travel #genic#genic_travel #aumo

✈travellog by aya☺︎さん(@a_zono)がシェアした投稿 –

こんな見事な星空を見ることができるブーライユは素晴らしいですね!

自然の宝庫、ブーライユにぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、「グラスボトムボート」と「サンセットアペリティフツアー」は「シェラトン・ニューカレドニア・デヴァ・スパ&ゴルフリゾート」で予約して参加可能ですので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

【アクセス】首都ヌメアから車で約2時間半

2・天国にいちばん近い島/ウベア島

@Valentin Coutaz/NCTPS

映画化もされた旅行記『天国にいちばん近い島』の舞台になったウベア島。

ニューカレドニアの首都ヌメアにあるマジェンタ空港から国内線で約35分と比較的気軽に訪れることができる離島です。

ウベア島は三日月型の細長い島で、約25kmにもおよぶ白砂のビーチラインが絶景で、島を囲むラグーンは世界遺産にも登録されており、海の美しさを存分に楽しむことができます。

ウベア島で一番のおすすめは「無人島ツアー」。

無人島と聞いて、なんだかわくわくしてきませんか?

そう、ここニューカレドニアには沢山の無人島が存在します!

無人島ツアーはウベア島のムリ・ビーチからボートで出発し、近くの無人島でシュノーケリングやローカルグルメのランチを楽しむアクティビティーです。

ウベア島の沖合、世界遺産の海域に浮かぶ無人島へのボートトリップツアーは手つかずの自然が残る無人島を探検したり、バーベキューランチを楽しんだり、まるで冒険しているかのような非日常を楽しむことができます!

ウベア島発ならではの贅沢なツアーを思い思いのスタイルでお楽しみ下さい。

また、ここではあえてビーチで「何もしない時間」を過ごすこともおすすめします。

波の音でも聞きながら、砂浜の上に寝そべって、空を見上げ、自然を思いっきり感じてみて下さい。

まだまだ観光地化されていない素朴な島で、自然の力をもらい、島を出る時には心と身体がリフレッシュされるはずです。

【アクセス】マジェンタ空港から国内線で約35分

3・海の宝石箱/イル・デ・パン

© Terres de lumière / NCTPS

海の宝石箱とも呼ばれるイル・デ・パンはヌメアから飛行機でわずか25分程度の距離にある小さな離島です。

1日3-5便運航しているため、始発-最終便の利用で日帰りで観光することも可能ですが、数日滞在して、のんびりと優雅なリゾートライフを満喫することもおすすめです。

View this post on Instagram

🇳🇨 #kuto #kutobeach #クトビーチ #iledespins #イルデパン #nouvellecaledonie #newcaledonia #ニューカレドニア #綺麗な海 #透明度 #加工なし

SATOMIさん(@satomion3)がシェアした投稿 –

 真っ白な砂浜と透き通った海が印象的なクトビーチは、イル・デ・パンで最も美しいビーチと言われています。

加工なしでこのレベルとはびっくりですね!

また、西向きのクトビーチは、太陽が水平線に沈んでいくサンセットタイムもおすすめ。

海全体がオレンジ色に輝く光景を見て、心が癒されるはずです!

イル・デ・パンのもうひとつの定番のスポットと言えば、ピッシンヌ・ナチュレル。

ピッシンヌ・ナチュレル(天然のプール)は、島北東部のオロ湾にあり、サンゴ礁が隆起したことにより海水がせき止められてできた入り江です。

海であるにもかかわらず、波が立たずに穏やかで、海水の透明度が極めて高いため、「天然のプール」と呼ばれています。

View this post on Instagram

ニューカレドニア🏖 ピッシンヌナチュレル🐠 −−− 天然のプールと言われてるほど 水道水を入れたかのような綺麗さ、透明感。 今まで生きてきた中で最も美しい場所だった😌💕 −−− #ニューカレドニア#newcaledonia#イルデパン#ピッシンヌナチュレル#iledespins#メリディアンイルデパン#天国に1番近い島#カメラ好きな人と繋がりたい#写真好きな人と繋がりたい#ファインダー越しの私の世界#海外#旅行#海外旅行#blue#sea#海#青#南国#リゾート#いいね#いいね返し#nature#自然#絶景#カメラ女子#beach#カメラ初心者#海好きな人と繋がりたい

Ran Amemiya🏖’93さん(@ameame74)がシェアした投稿 –

この写真を見れば「天然のプール」と呼ばれる理由が一目瞭然ですね。

ここでシュノーケリングをすれば沢山のカラフルな魚たちに出会えるはずです!

【アクセス】首都ヌメアのマジェンタ空港から国内線で約25分

4・ニューカレドニアのグルメを紹介!

photo by PaulNI

海外旅行の醍醐味は、現地の名物グルメや、その地ならではの特産品を楽しむことですよね!

ビーチリゾートのイメージが強いニューカレドニアですが、フランス領なだけに「美食の島」としても有名で、現地の食べ物は、本場フランスと比べても遜色がないほど絶品のものばかり。

そんなニューカレドニアが誇るおすすめのグルメを3つ紹介します!

①天使のエビ

©Toko / NCTPS

ニューカレドニアの大自然の中で養殖され、高品質なことから「天使のエビ」というブランド名で呼ばれています。

旨味や甘みの主成分となるアミノ酸の含有量が、実際に他の品種のエビより多く含まれており、本国フランスで世界最高品質の食材に与えられる「クオリサート(QUALICERT)」の認定を受けている「天使のエビ」。

ニューカレドニアという恵まれた自然の宝庫で生まれ育った天使のエビは、ストレスを感じずにのびのびと育っているため、「天使のエビ」と言われるように抜群の味!

ニューカレドニアのレストランでは、ボイルしただけで出されることも多いですが、その美味しさはまさにここでしか体験できないものです。

ニューカレドニアに行く際はぜひ、世界最高級の旨味と甘味が凝縮されている「天使のエビ」をぜひ試してみてくださいね!

おすすめのお店はこちら!

【店名】Le Miretti Gascon
【住所】Rue Gabriel Laroque, Noumea
【営業時間】11:00-13:30, 18:30-21:30 *日曜日は休み

②ガレット

©︎Show Takano

「ガレット」とはフランス北西部のブルターニュ地方発祥の有名な郷土料理で簡単に言うと、そば粉で作られているクレープのようなものです。

ニューカレドニアでガレットを楽しみたい方におすすめするのは、ヌメアのアンスバタ地区に位置している「Creperie Le Rocher」というレストラン。

「Creperie Le Rocher」の魅力は料理だけでなく、全席テラス席でシトロン湾を一望できるその景色。

1番のおすすめのメニューは先ほど紹介した「天使のエビ」が入っているガレット!

海を見ながら絶品のガレットを食べれるなんてニュカーレドニアならではですね!

観光客はもちろん、地元の人たちにも人気なレストランですので、事前にきちんと予約することをおすすめします。

また、日本語メニューも用意されているので、英語やフランス語が分からない方でも安心です。

おすすめのお店はこちら!

【店名】Creperie Le Rocher
【住所】57 Promenade Roger Laroque, Nouméa
【営業時間】平日 11:30-14:00, 18:30-22:00, 土曜日 7:00-22:00, 日曜日 7:00-21:00

③生はちみつ

@NCTPS

最後に紹介するのはお土産にもおすすめのニューカレドニア産の生はちみつ。

ニューカレドニア産のはちみつはすべて「100%天然の完熟生はちみつ」です。

一般的に売られているはちみつの多くは、効率化のために完熟前のまだ水分が多い状態で採取し、加熱によって水分を飛ばしていますが、ニューカレドニア産のものは糖度が十分に高まる“完熟状態”まで待ってから採取しています。

そのため非加熱の「生はちみつ」で、酵素やビタミン・ミネラルなど本来のはちみつに含まれる成分がそのまま残っているので栄養や美容効果も抜群!

加えて、ニューカレドニアにはミツバチの疫病がないため、抗生物質を混ぜた人工餌も与えておらず、とても安全です。

また、固有植物が多く独自の植生を持つニューカレドニアのはちみつは、採取されたエリアや時期によって味わいもさまざまなので、多彩なおいしさが楽しめます。

家族や友達のお土産にぜひ「本物のはちみつ」を買ってみてはいかがでしょうか!?

おすすめのお店はこちら!

【店名】AQUA
【住所】Complexe La promenade, 109 Rue de Boulari, Nouméa 98800
【営業時間】10:00-19:00

*日本人経営のお店ですので、日本語で対応可能なスタッフが勤務しております。

5・ニューカレドニアに遊びに行ってみよう!

© Valentin Coutaz / NCTPS

この記事の中で紹介しているスポットの中で、実際に行ってみたいと思う場所はありましたか?

記事を通してだけでなく、機会があれば実際に訪れ、ニューカレドニアの魅力を肌で感じていただけたらと思います。

今回紹介したのはニューカレドニアのごく一部で、まだまだニューカレドニアには魅力的な観光スポットやグルメスポットが存在します。

ニューカレドニアについてもっと知りたい!実際に行ってみたい!と思った方は、今回、記事を執筆するにあたり、ご協力頂いた「ニューカレドニア観光局」様の公式ページをぜひチェックして下さいね!

「ニューカレドニア観光局」公式ページ

https://www.newcaledonia.travel/ja/

ニューカレドニアの最新情報が発信されているSNSはこちらから!

Facebook  Twitter

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。皆さんもstaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

logo