8つの海外観光局に取材!それぞれの国の特徴と楽しみ方とは?

新巻 健人

トラベルライター


photo by acworks

読者の皆さん。こんにちは!

Stayway mediaは今まで合計で8つの海外観光局様にお話をお伺いし、一般的に知られていないような穴場の観光スポット情報や、その場所ならではの特別の楽しみ方を取材してきました。

ネット上でも簡単に海外の観光情報を入手できる時代ですが、Stayway mediaはよりリアルな情報を収集したいということで、各海外観光局のスペシャリストの方々に協力を要請し、取材にご対応頂きました!

各国の取材記事を簡単にまとめましたので、気になった方は記事をぜひクリックして、読んでみて下さいね!

果たして8つの国々の魅力とは!?

1・マレーシア政府観光局🇲🇾

写真: 「マレーシア政府観光局」の佐伯さん

皆さんはマレーシアと言われれば、どんなイメージを思い浮かべますか?

ペトロナスツインタワー?熱帯雨林?綺麗なビーチ?安くて美味しい屋台飯?アジアで発展している国?

その通り!全て正解です。

この記事ではブルーモスク、ピンクモスク、スカイミラー、エコフォレストパークなどのおすすめスポットを紹介しています!

【観光客に人気なスポット】: ブルーモスク、ピンクモスク、スカイミラー、エコフォレストパーク

【おすすめのグルメ】: サテー、ナシレマ、ロティチャナイ

「マレーシア政府観光局」さんを取材した記事はこちらから!

(写真参考: pexels) 読者の皆さん、こんにちは! 今回からStayway med...

2・オランダ政府観光局🇳🇱

写真: 「オランダ政府観光局」の中川さん

オランダと言われれると、チューリップ、チーズ、ミッフィー、風車などを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ご存知の通り、日本はオランダと古くから貿易を始め、歴史的に良き友好関係にあります。

その影響もあってか、オランダでは日本食やアニメなどで、日本に興味を持っている人が多いという噂を聞いたことがあります。

一方、日本人はオランダという国についてあまり知らない方も意外と多いのではないでしょうか?

オランダのことをもっとを知りたい!そう思った方はぜひこの記事を読んでみてくださいね!

この記事ではロッテルダム、ハーグ、ユトレヒトなどのおすすめスポットを紹介しています!

【観光客に人気なスポット】: キューブハウス、マウリッツ美術館、ミッフィーミュージアム

【おすすめのグルメ】: オランダのコロッケ、にしんの塩漬け、ゴーダチーズ

「オランダ政府観光局」さんを取材した記事はこちらから!

ご存知の通り、日本はオランダと古くから貿易を始め、歴史的に良い友好関係にあります。近年では、ライフワークバランス先進国としても世界を一歩しているオランダ。そんなオランダをリサーチする為に、「オランダ政府観光局」の局長を務めていらっしゃる中川さんにお話をお伺いしました!

3・オーストリア政府観光局🇦🇹

photo by Marco Sacchi

音楽や芸術はもちろん、お城などの歴史的建造物が多数存在するオーストリア!

音楽で言えば、小学校の授業で習うモーツァルトやベートヴェン、シューベルトなど有名な音楽家は皆オーストリアに深く関わりがある人物ということは良く知られているかと思います。

この記事で紹介するのは2018年8月に英誌エコノミストの調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が発表した「世界の最も住みやすい都市」ランキングで第1位に輝いたオーストリアの首都ウィーン。

これを機にオーストリアは更に世界中から注目されること間違いなしですね!

この記事ではシェーンブルン宮殿、ベルヴェデーレ宮殿、プラーター公園の大観覧車、オーストリア国立図書館などのおすすめスポットを紹介しています!

【観光客に人気なスポット】: シェーンブルン宮殿、ベルヴェデーレ宮殿、プラーター公園の大観覧車、オーストリア国立図書館

【おすすめのグルメ】: ウィンナーシュニッツェル、ザッハトルテ、グラーシュ

「オーストリア政府観光局」さんを取材した記事はこちらから!

2018年8月に「世界の最も住みやすい都市」ランキングで第1位に輝やいたオーストリアは首都ウィーン。住みやすさ以外にも魅力は沢山!そんなウィーンを調査するために麻布十番にある「オーストリア政府観光局さん」にお話をお伺いしました!

4・マカオ政府観光局🇲🇴

photo by マカオ政府観光局

皆さんはマカオと言われれば、どんなイメージを思い浮かべますか?

西洋と東洋、中世と現代が混じる文化、歴史ある世界遺産、豪華なカジノ、高級リゾートホテル、買い物天国などのイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

その昔、ポルトガルに統治されていたこともあるマカオは、東京に例えると大田区の半分程の面積だそうです。

小さなマカオですが、カジノを含む統合型リゾートなどで成功を収め、現在も物凄いスピードで日々成長しています!

この記事ではマカオ全体をエリア別に分けて紹介しています。

【観光客に人気なスポット】: マカオ半島、タイパ地区

【おすすめのグルメ】: エッグタルト、ミンチィ、アフリカンチキン

「マカオ政府観光局」さんを取材した記事はこちらから!

マカオと言われれば、どんなイメージですか?西洋と東洋、中世と現代が混じる文化、世界遺産、カジノ、買い物天国などのイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。そんなマカオをリサーチするために都内にある「マカオ政府観光局」を取材しました!

5・マリアナ政府観光局🏖

美しいビーチが印象的な北マリアナ諸島!

マリアナ諸島とは主にサイパン島、テニアン島、ロタ島などの島々のこと。

透明度抜群の世界的ダイビングスポットとしてダイバーにも人気の高い北マリアナ諸島。

ショッピング、グルメ、ビーチと全て揃っており、女子旅にもぴったりな観光スポットです。

この記事ではサイパン島、テニアン島、ロタ島を紹介しています!

【観光客に人気なスポット】: マニャガハ島、グロット、禁断の島、ダガビーチ

【おすすめのグルメ】: ケラグエン、ロコモコ、サイパンの地ビール

「マリアナ政府観光局」さんを取材した記事はこちらから!

©マリアナ政府観光局/MVA 読者の皆さん、こんにちは! 海外観光局取材の第5弾として、...

6・香港政府観光局🇭🇰

日本から直行便でわずか4時間前後で遊びに行ける香港は、日本人だけでなく世界中の旅人が訪れる人気の観光地です。

日本との時差もたったの1時間ということもあり、国内旅行感覚で気軽に遊びに行けるのはとても魅力的。

金曜日の深夜便で香港に行き、日曜日の夜に帰国するということも可能!

週末弾丸旅行が可能な海外の渡航先は香港を含めかなり限られているのではないでしょうか。

この記事では「香港政府観光局様」に提供して頂いた貴重な情報を元に、香港のおすすめの観光スポットおよび、香港が誇る観光客に人気のグルメを紹介しています!

【観光客に人気なスポット】: オールドタウンセントラル、シャムスイポー、ドラゴンズバック

【おすすめのグルメ】: エビ入り蒸し餃子、ワンタン麺、香港式ミルクティー

「香港政府観光局」さんから頂いた情報をもとに作成した記事はこちらから!

直行便でわずか4時間前後で遊びに行ける香港は、世界中の旅人が訪れる定番の観光地。今回はそんな旅行先にぴったりな香港について調査するために、「香港政府観光局」様にお話をお伺いしました!香港政府観光局もおすすめする観光スポットとは!?

*香港記事に関しては対面での取材ではなく、メールにて情報を提供頂きました。

7・ニューカレドニア観光局🏝

© Valentin Coutaz / NCTPS

皆さんはニューカレドニアと言われると、どんなイメージを思い浮かべますか?

ニューカレドニアという名前は聞いたことがあるけど、どの地域か正確には分からないという方も意外と多いのではないでしょうか。

オーストラリアの東側に位置している島で、ゆったりとした時間が流れている島がニューカレドニアです。

透明度抜群の世界的ダイビングスポットとしてダイバーにも人気の高いニューカレドニアはショッピング、グルメ、ビーチと全て揃っており、女子旅にもぴったりな観光スポットです。

この記事ではウベア島、ブーライユ、イル・デ・パンのおすすめスポットを紹介しています!

【観光客に人気なスポット】: ウベア島、ブーライユ、イル・デ・パン

【おすすめのグルメ】: 天使のエビ、ガレット、生はちみつ

「ニューカレドニア観光局」さんから頂いた情報をもとに作成した記事はこちらから!

「天国にいちばん近い島」と言われているニューカレドニアは買い物、グルメ、ビーチと全て揃っており、女子旅にも家族連れにもぴったりな旅行先!そんな魅力的なニューカレドニアを調査するために「ニューカレドニア観光局」さんにお話をお伺いしました!

*ニューカレドニア記事に関しては対面での取材ではなく、オンライン取材にて情報を提供頂きました。

8・タイ国政府観光庁🇹🇭

東南アジアの定番の旅行先といえばタイ!

バンコクにチェンマイにプーケットに日本人でも知っている都市は多いのではないでしょうか。

日本からタイのバンコクまでLCCの直行便があるということもあり、近年タイへの日本人観光客は増加傾向にあります。

この記事ではタイの雨季の楽しみ方を紹介しています!

【観光客に人気なスポット】: チェンマイ、チェンライ、カンチャナブリー、プーケット、クラビ

「タイ国政府観光庁」さんを取材した記事はこちらから!

タイを知り尽くしたタイ国政府観光庁のスタッフさんの隠れたおすすめは雨季の山リゾート。 緑に囲まれたリゾートホテルに宿泊、朝日で起きて、優雅に朝食。お昼はラフティングなどのアクティビティを楽しみ、夕方からタイ式スパでリラックス。

この冬は海外旅行に行こう!

記事はいかがでしたでしょうか?

LCC航空会社の大活躍もあり、今日本では旅行業界が盛り上がっています。

今回紹介した香港、タイ、マレーシアに関しては日本からLCCが飛んでいるので格安で遊びに行けますよ!

旅ってなんだかワクワクしますよね?

さあ、みなさんもLet’s go trip with Stayway!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

旅に出るならStaywayで予約しよう!検索するのも簡単で便利!

logo