ゲストの方へ

【2019】在住者おススメ!石川に来たら必ず行くべき温泉地10選

FOR GUESTS

シェアありがとうございます

photo by きうこ
北陸新幹線が開通してからますます注目が集まっている石川県。

石川県といえば兼六園や21世紀美術館など観光地としても有名ですが温泉地としても有名なんです。

そこで今回は在住者がおススメする石川県に来たら必ず行くべき温泉地10選をご紹介します。

第10位 和倉温泉

photo by myhsu
まずご紹介するのは石川県七尾市に位置する「和倉温泉」です。和倉温泉は開湯から1200年の歴史がある温泉地で、一羽の白鷺によって湯脈が発見されたという言い伝えがあります。

和倉温泉といえば【プロが選ぶホテル・旅館100選】で2016年まで36年連続総合日本一を獲得した加賀屋を筆頭に高級旅館が軒を連ねています。

海に面した旅館も多く部屋によってはオーシャンビューを楽しむこともできます。能登半島にも近いので観光も兼ねた温泉旅行にはピッタリです。

〈基本情報〉
【正式名称】和倉温泉観光協会・和倉温泉旅館協同組合
【住所】
【電話】0767-62-1555
【アクセス】金沢からのと里山街道にて車で約1時間30分
【公式サイト】http://www.wakura.or.jp

第9位 山代温泉

photo by wangjs
次にご紹介するのは加賀温泉郷の一つである山代温泉です。加賀温泉郷とは山代、山中、片山津、粟津の4つの温泉地の総称で地理的に「関西の奥座敷」と評されることもあります。

山代温泉は石川県の加賀市に位置し、1300年以上の歴史を持つ北陸随一の古湯として有名な温泉地です。

霊長ヤタガラスが羽の傷を癒していたとされる山代温泉は「カラスの湯」と呼び親しまれ、古くから北大路魯山人や与謝野晶子など多くの文化人に愛されてきました。

周辺には石川県を代表する九谷焼の絵付け体験やろくろ体験ができる施設もあるので、アクティビティを求めている方にはおすすめです。

〈基本情報〉
【正式名称】山代温泉観光協会
【住所】石川県加賀市山代温泉北部3丁目70
【電話】0761-77-1144
【アクセス】北陸自動車道加賀ICより車で約15分
【公式サイト】http://www.yamashiro-spa.or.jp

第8位 山中温泉

photo by karitsu

加賀温泉郷の一つである山中温泉は、開湯1300年と歴史ある温泉地で松尾芭蕉がこよなく愛したことでも有名です。名前の通り山に囲まれた自然豊かな温泉地で、大聖寺川の渓谷沿いに多くの旅館が立ち並んでいます。

山中温泉には多彩な温泉旅館はもちろん数多くの名所や旧跡、オリジナリティ溢れるショップやギャラリーがたくさんあります。

また周辺は「鶴仙渓」と呼ばれる景勝地で秋になると美しい紅葉を楽しむことができますし、総ひのき造りの「こおろぎ橋」やS字型をした「あやとり橋」などの観光スポットもおススメです。

〈基本情報〉
【正式名称】山中温泉旅館協同組合
【住所】石川県加賀市山中温泉西桂木町トト5−1 山中温泉文化会館
【電話】0761-78-0330
【アクセス】北陸自動車道加賀ICより車で約30分
【公式サイト】http://www.yamanaka-spa.or.jp

第7位 片山津温泉

photo by kawamura-shin

加賀三湖の一つ柴山潟湖畔に位置する片山津温泉は加賀温泉郷の一つで、北陸を代表する歓楽地としても知られています。

加賀温泉郷の中では最も新しく開湯された温泉地で、1653年鷹狩りに出かけた大聖寺二代目藩主の前田利明が偶然柴山潟から湧き出す湯を発見したのが始まりだと言われています。

温泉地内にある柴山潟の湖畔では8月になると毎晩花火が打ち上げられ、特別な時間を演出してくれます。

また2012年にリニューアルされた「総湯」は東京国立博物館法隆寺宝物館やニューヨーク近代美術館などを手掛けた谷口吉生氏が設計した共同浴場で、モダンなカフェなども併設されており連日地元の人を中心に賑わいをみせています。

〈基本情報〉
【正式名称】片山津温泉観光協会
【住所】石川県加賀市片山津町ツ71
【電話】0761-74-1123
【アクセス】北陸自動車道片山津ICより車で約7分
【公式サイト】http://www.katayamazu-spa.or.jp

第6位 粟津温泉

View this post on Instagram

温泉タオル集めよっかな〜さん(@iiyudanaaa)がシェアした投稿

粟津温泉は加賀三湖の一つ木場潟の奥に位置し、開湯1300年の歴史を持つ加賀温泉郷の一つです。最初に開業した旅館の「法師」は一時期、世界一古い宿泊施設としてギネスブックに乗ったこともあります。

粟津温泉の旅館の数は13軒と決して多くはないのですが、その分ゆっくりと静かに過ごしたい方にはおすすめです。

またすべての旅館が専用の源泉を持っており泉質は100%芒硝泉ですが、旅館によって微妙に湯加減が違うのも粟津温泉の特徴です。

〈基本情報〉
【正式名称】粟津温泉観光協会
【住所】石川県小松市井口町ホ59−9
【電話】0761-65-1834
【アクセス】加賀温泉駅より車で約20分
【公式サイト】http://www.awazuonsen.com

第5位 湯涌温泉

View this post on Instagram

yumiko satoさん(@satoyumihari)がシェアした投稿

金沢駅から車で約30分程の山間に位置する湯涌温泉は、金沢市街地から一番近い温泉地で開湯1300年の歴史があります。

「金沢の奥座敷」と言われており、加賀藩の歴代藩主の湯治場としても栄えてきました。

また大正ロマンを代表する「竹久夢二」が最愛の人と過ごした「ロマンの湯」としても知られており、以来多くの文人墨客が訪れています。

周辺には無料で利用できる「白鷺の足湯」があり、地元の人はもちろん宿泊者や日帰りで温泉街を訪れた人たちにも人気のスポットとなっています。

〈基本情報〉
【正式名称】湯涌温泉観光協会
【住所】石川県金沢市湯涌田子島町イ30−1
【電話】076-235-1040
【アクセス】北陸自動車道金沢西ICより車で約30分
【公式サイト】https://yuwaku.gr.jp

第4位 中宮温泉

View this post on Instagram

温泉タオル集めよっかな〜さん(@iiyudanaaa)がシェアした投稿

中宮温泉は地元で古くから信仰されている霊峰白山の麓に位置する温泉地です。

2017年に開湯1300年を迎えた中宮温泉は白山白川郷ホワイトロードの入り口にあり、11月下旬から4月までは積雪のため閉鎖されます。

古くから胃腸の霊泉と呼ばれ、婦人病や運動器障害、呼吸器障害などに効果があり一升瓶に詰めて持ち帰る人も多いそうです。

旅館周辺は観光地化されていないので遊ぶ所はほとんどありませんが、大自然の中でゆっくりとした時間を過ごしたいという方にはおすすめです。

〈基本情報〉
【正式名称】中宮温泉
【住所】石川県白山市中宮 石川県白山市中宮温泉ク5-1-10
【電話】076-255-5011
【アクセス】JR金沢駅から車で約1時間26分
【公式サイト】https://www.chuguonsen.com

第3位 辰口温泉

View this post on Instagram

湘南特派員さん(@shonan_reporter)がシェアした投稿

辰口温泉は金沢の市街地から車で約40分の位置にあり、金沢から最もアクセスしやすい温泉地の一つです。

開湯1400年の歴史があり、明治時代の文豪「泉 鏡花」ゆかりの地としても有名です。

現在は3軒の温泉宿しかありませんが、辰口温泉の泉質は肌にやさしく古くから「美人の湯」としても親しまれています。

また周辺には九谷焼の生産・販売の中心である九谷陶芸村があり、陶芸体験ができる施設もあるのでご宿泊の際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

〈基本情報〉
【正式名称】辰口温泉観光協会
【住所】石川県能美市辰口町ヌ 辰口町ヌ−32
【電話】0761-51-6666
【アクセス】JR松任駅から車で約20分
【公式サイト】https://xn--6or629cf4a463f.com

第2位 犀川温泉

View this post on Instagram

レトロな日本さん(@retronihon)がシェアした投稿

犀川温泉は日本3名園としても有名な兼六園から車で約15分ほどの場所に位置しています。

市内中心部からほど近いにもかかわらず、自然豊かでどの季節でも楽しめるのが犀川温泉の最大の魅力です。

一軒宿の「金沢犀川温泉川端の湯宿滝亭」では裏庭にある美しい夫婦滝が心を和ませてくれます。とくに夫婦滝の落水を間近でみられる露天岩風呂は必見です。

〈基本情報〉
【正式名称】滝亭
【住所】 石川県金沢市末町23の23−10
【電話】076-229-1122
【アクセス】北陸自動車道金沢西ICより車で約30分
【公式サイト】https://www.takitei.co.jp

第1位 深谷温泉

View this post on Instagram

olive8600さん(@impression39)がシェアした投稿

深谷温泉は金沢市の北部にある温泉地で、口の湯、中の湯、元湯の3つの泉源がありますが、現在は元湯のみが残っています。

この地に湧く深谷温泉は今から1200年ほど前に発見され、宮本武蔵が傷を治癒した場所とも言われています。

元湯石屋の源泉は琥珀色の湯色と滑らかな湯触りが特徴で、古くから美肌の湯として称えられてきました。

〈基本情報〉
【正式名称】元湯 石屋
【住所】石川県金沢市深谷町チ95
【電話】076-258-2133
【アクセス】北陸自動車道金沢森本ICより車で約20分
【公式サイト】https://www.motoyu-ishiya.jp

観光と温泉で石川県を思いっきり満喫しよう!

今回は石川県でおススメの温泉地10選をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

石川県は観光地としてだけではなく温泉地としても人気があります。

今回ご紹介した温泉地はどこもおすすめなので、ぜひあなただけのとっておきの場所を見つけてみてください。

石川の観光情報はこちら❤️ icon-hand-o-down

北陸新幹線ができたことで、がぜんアクセスしやすくなった石川県!金沢市は小京都とも呼ばれ、風情ある美しい都市ですが、ほかにも見るべきスポットが多数存在します!今回は石川県でおすすめの観光地を紹介しましょう。

石川の高級民泊でゆっくりしませんか?✨🏨 icon-hand-o-down

加賀百万石として、名声をとどろかせ前田利家の治めた土地として有名な石川県。兼六園や和倉温泉・白山などの観光スポットもあります。和菓子文化が発展してきたところでもあり職人が作り出す芸術品のような和菓子も魅力的。観光や旅行の際は、ぜひお得な民泊を選んでみては?

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

シモサカマサヒロ
私はこれまで石川県に18年、富山県に12年、福井県に9年住んだことがあり、お酒と魚とバスケをこよなく愛する生粋の北陸人です。 休日には家族4人でキャンプや釣り、最近ではバスケBリーグの富山グラウジーズ戦を観戦するのが一番の楽しみです。 北陸の魅力を一人でも多くの人にお伝えできれば幸いです。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で