イタリアで使える言語は?覚えると便利な公用語のフレーズも紹介!

Vista

トラベルライター

イタリア ナポリ

Photo by AdobeStock

旅行へ行く際に事前にしっかりと調べておきたいことの1つが、現地ではどの言語が使用されているかということです。

本記事では、イタリアへ旅行へ行った際に困らないよう、イタリアの言語について紹介します。

【イタリアの基本情報】
時差:-8時間
*サマータイム実施時は-7時間
言語:イタリア語
通貨:ユーロ
気候情報:地中海洋性気候。温暖で雨が少なく、日本と同じように四季がはっきりしています。夏は 日差しが強く、冬は雨が多くなります。

イタリアの公用語

イタリア ナポリ

Photo by AdobeStock

イタリアで話されているのは、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属するイタリア語です。イタリアに住む国民の9割以上がこのイタリア語を話します。

しかし、過去に多数の小国に分かれていたことがあるイタリアは、地域ごとに方言が存在します。それぞれの特徴が強く、同じイタリア語でも互いに理解できないことがあるようです。イタリア全土の教育の場では標準イタリア語とされるトスカーナの言語が使用されていますが、地方では方言を好んで話す人も多くいます。

イタリア語は英語と同じように26文字のアルファベットを使用していますが、発音方法は英語と大きく異なります。イタリア語は英語よりもカタカナ読みに近いため、日本人にとっては比較的発音しやすい言語ということができるでしょう。

イタリアで英語は通じるの?

英語

Photo by geralt

イタリアの主な観光地であるローマ、フィレンツェ、ナポリ、ベネチア、ミラノなどでは英語も多く使用されており、観光で行く際には特に不便を感じることはありません。

ホテルや空港、駅、ショッピングモールなどではほとんどの人が英語を話すことができます。また、レストランでは英語のメニューが用意されていることがほとんどです。さらに、日本語のメニューがあるレストランも多数あるので、食事の際も困りません。

イタリアはとにかく観光客が多いことから、年配の方であっても英語を話せることがほとんどです。そのため、旅行中は英語さえ話すことができれば、問題なく過ごすことができます。

イタリア語のフレーズ

言語

Photo by geralt

挨拶

イタリアで使える最も基本的なフレーズ、挨拶です。これらのフレーズは観光客であっても毎日利用することができるので、ぜひ旅行前に覚えておきましょう。

特に海外では店員さんとのコミュニケーションは必須です。お店に入った時や出る時など、必ず挨拶をするようにしましょう。

Buon giorno (ボンジョルノ):おはよう、こんにちは
Buona sera(ボナセーラ)=こんばんは
Ciao!(チャオ):やあ/バイバイ
Arrivederci(アリヴェデールチ)/ArrivederLa (アリヴェデールラ):さようなら
Piacere(ピアチェーレ):はじめまして
Come sta?(コーメ スタ)/Come stai?(コーメ スタイ):お元気ですか?
Grazie!(グラッツィエ):ありがとう
Prego(プレーゴ):どういたしまして
Per favore(ペルファヴォーレ):お願いします
Buona giornata! (ブオナ ジョルナータ):よい1日を

旅行中の便利な表現

ショッピングの際や、レストラン、駅、ホテルなどでコミュニケーションをとる際に使える表現です。意外と使えるシーンが多いので覚えておくといいでしょう。

Scusi(スクージー):すみません
Non capisco(ノン カピースコ):わかりません
Dove il gabinetto?(ドーヴェ イル ガビネット):お手洗いはどこですか?
Quanto costa?(クワント コスタ?):いくらですか?
Prendo questo(プレンド クエスト):これ下さい
Sconto,per favore(スコント ペルファボーレ):まけてください
Posso potografafe?(Posso potografafe?):写真を撮ってもいいですか?
Avete il menu in inglese ?(アヴェーテ イル メヌゥ イン イングレーゼ?):英語のメニューはありますか?
Non capisco l’italiano(ノン カピースコ リタリアーノ):イタリア語はわかりません

感情表現

イタリア人は感情表現が豊か!美味しいものを食べた時や素敵なものも見た時など、下記の表現を使って感想を伝えてみましょう!

Buono!(ボーノ):美味しい
Bravo/Brava(ブラーヴォ/ブラーヴァ):素晴らしい
fantastico (ファンタスティコ):=素晴らしい、素敵
Sono contento/Sono contenta(ソノ コンテント/コンテンタ):嬉しい
mi piace(ミピアーチェ):好き

数字

ショッピングの際など、いくつほしいか伝えなければならない場面があることでしょう。1~10まで数字を覚えておくとショッピングの際に役に立つので、ぜひ覚えておきましょう!

uno(ウノ):1
due(ドゥエ):2
tre(トレ):3
quattro(クァットロ):4
cinque(チンクエ):5
sei(セイ):6
sette(セッテ):7
otto(オット):8
nove(ノーヴェ):9
dieci(ディエチ):10

イタリア語を学ぼう!

イタリア語について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

イタリアではほとんどの場所で英語が使えますが、イタリア語を知っていれば現地の人とより仲良くなることができます。

イタリアに行く際は、ぜひ今回紹介したフレーズを使用してみましょう!

歴史とファッションの街ミラノ!おすすめ観光スポット23選

イタリア経済とファッションの中心・ミラノ。中世にミラノ公国の首都として栄え、その後ナポレオンなど諸外国の支配を受けながらも豊かな文化が花開いた美しい都市です。中世と現代が交錯する見どころいっぱいのミラノの街を、ランキング形式でご紹介します!

女子旅におすすめ!ベネチアの観光スポット13選

水の都といわれるイタリアのベネチア!島内は一切の車両の使用が禁止で、中世から残る美しい町並みが広がります。本記事ではそんなベネチアの観光スポットを紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Vista
ベルリン在住のフリーランスライター。アメリカ留学とシンガポール在住経験もあり。 趣味は海外旅行で現在訪れた国は25か国以上🌍50を目標に常に次の旅行中を模索中!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で