どれが一番おトク?旅行先別に日本のLCCを徹底比較!

アバター

トラベルライター

シェアありがとうございます

飛行機

photo by Tokyoship

旅行がしたい!でもお金がない!

日本中、世界中に旅人や旅行を趣味にする人はたくさんいると思いますが、誰しもが一度はそんな葛藤に苛まれたことがあるのではないでしょうか。

格安で旅できるLCCを10社ご紹介します。

1.LCCの基本!国内旅行ならスカイマーク

Photo by Kouhei14915

スカイマークはLCCの基本。まだ日本にLCCの概念があまり浸透していない頃から、JALやANAといったFSCとは違い、低価格路線で攻めていた航空会社です。

他LCCよりも割引の方法や手段がたくさんありますが、条件が厳しい項目も。

1ヶ月以上先の旅程が決まっている方にお勧めのLCCです。

【航空会社】スカイマーク
【公式サイト】https://www.skymark.co.jp/ja/
【電話番号】0570-039-283

2.オーストラリアまで行ける!? ジェットスター

photo by robertwaghorn

日本のLCCは大体が国内向け、アジア向けであるのに対し、ジェットスターはなんと赤道を挟んでオーストラリアまで行けるのが魅力的な航空会社です。

使用用途としては、学生の短期留学などでオーストラリア、南半球の国に渡る際、その手段として使われることが多いそうです。

その他、ビジネス向けのサービスも展開していますので、法人運営をしている方も使用してみてはいかがでしょうか。

【航空会社】ジェットスター
【公式サイト】https://www.jetstar.com/jp/ja/home
【電話番号】0570-550-538

3.中国行くなら春秋航空

photo by Follash

中国向けの航空会社として外せない春秋航空。

これは春秋航空に限った話ではありませんが、LCCは全体を見て就航している空港が限られている傾向にあります。

春秋空港もその例外ではなく、成田空港からでしか中国に渡ることができません。

国内就航空港は新千歳・広島・佐賀といったような、他LCCでは網羅することができないマイナー空港にも就航しています。

【航空会社】春秋航空
【公式サイト】https://jp.ch.com/
【電話番号】0570-666-118

4.九州巡りはソラシドエア

photo by Si-take.

九州旅行・出張の強い味方です。

かく言う筆者もよく吸収出張ではソラシドエアを使用していました。自社機運用だけでなく、ANAとの乗り合わせ便も多いのが特徴的です。

また、学生の方、または満22歳未聞の方であれば、お得に航空券を取ることができる「ヤング割」もあります。

大学生最後の卒業旅行、九州に行くならぜひ使ってみてください。

【航空会社】ソラシドエア
【公式サイト】https://www.solaseedair.jp/
【電話番号】0570-037-283

5.中部地方在住の方に嬉しいエアアジアジャパン

photo by パンダ

中部国際空港はLCCの少ない空港ですが、エアアジアジャパンはそこを本拠にしている航空会社です。

最近までは中部国際空港と新千歳空港を結ぶ便(3往復/日)の運行しかしていなかったのですが、2019年2月より台北の桃園空港を結ぶ便(1往復/日)が就航しました。

今でも国内・アジアに向けて新規の路線開拓を進めています。

【航空会社】エアアジアジャパン
【公式サイト】現在HPリンク切れ
【電話番号】050-3176-1789

6.バニラエアでアジアに行こう!

photo by Qaz741

つい最近まではセブ島まで直行で行くことができたLCCです。

残念ながら昨今は就航路線が縮小傾向にあります。2019年に後程紹介するPeachとの統合に伴い、就航路線に大幅な整理がはいりました。

そうは言ったものの、国内向け路線なら直行で奄美大島や石垣島に行くことができます。これは国内LCC唯一です。

【航空会社】バニラエア
【公式サイト】https://www.vanilla-air.com/jp/
【電話番号】0570-6666-03

7.LCCなのに高級感!?スターフライヤー

photo by Pinkaba

LCCにしては少し値段が高めですが、黒のシルエットが映える機体は高級感抜群。

もちろん、見た目だけではありません。ビデオや機内誌などの機内サービスはFSC並みに充実しており、FSCにはない割引の数々。

特にスターユースと呼ばれる割引は12歳以上26歳未満が使える太っ腹割引。

学生ではなくなった後も若者として割引してくれるのはなんだかうれしいですね。

【航空会社】スターフライヤー
【公式サイト】https://www.starflyer.jp/
【電話番号】0570-07-3200

8.台湾各地と日本を繋ぐタイガーエア

photo by en

台湾は昨今人気になりつつある旅行先です。

タイガーエアはそんな台湾の航空会社。

海外の航空会社なので、緊急時、電話が繋がりにくいというのが欠点ですが、その他は日本のLCCと大差はありません。

【航空会社】タイガーエア
【公式サイト】https://www.tigerairtw.com/jp/
【電話番号】+81(0)3-6455-0242

9.ちょっとそこまで韓国料理を食べに行こう!チェジュ航空

photo by LERK

チェジュ航空の最大の特徴は就航路線の多さです。

東京・大阪・名古屋の三大都市圏のみならず、静岡や松山からも就航しています。

日帰り旅行も可能なのが韓国旅行のメリット。

ぜひ、気楽な韓国旅行の良い相棒としてお使いください。

【航空会社】チェジュ航空
【公式サイト】https://www.jejuair.net/jejuair/jp/main.do
【電話番号】0570-001-132

10.進化続けるLCC界の原点 Peach

photo by s_masako

日本のLCCと言えばやはりPeach。

Peachが出始めたころは航空券が3000円なんかで買えると結構騒がれました。

低価格路線を維持しつつ、現在では特に海外向けに就航路線を増やしています。

筆者が一番よく使い、一番便利だと思う航空会社です。

【航空会社】Peach Aviation
【公式サイト】https://www.flypeach.com/pc/jp
【電話番号】0570-001-292

用途によって、LCCを使い分ける!

どこに行くのか。いつ行くのか。どれくらいの期間で行くのか。

そういった様々な旅の項目を整理することがLCCをうまく使うコツです。

ぜひ、より良い、より安い旅のために、計画的な旅行をしましょう!

ハワイに行くならどのLCC?こちらで紹介しきれなかった会社もご紹介!

「ハワイ旅行を計画したいけど、極力旅費は抑えたい」という方へ!今回はハワイ行きのLCCをまとめ、運賃やサービスの違いなどを徹底比較してみました!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

アバター
吉田宙斗と申します!関西生まれ関西育ち、生粋の関西人。関西の情報はお任せあれ。自由に旅行をしながら知らないことを知って記事に書く。 自分も読者の方も楽しめる、そんな記事を執筆させていただきます!
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で