香川の島旅②~豊島・犬島1日観光モデルコース~

SHIHO

トラベルライター

岡山 犬島 家プロジェクト
Photo by Kentaro Ohno

香川県、瀬戸内海には旅行で訪れるのにぴったりな、魅力的な島が沢山あります。

今回は、自然と融合した美しいアートに触れられる香川県「豊島(てしま)」と、美術館に生まれ変わった産業遺産が珍しい岡山県「犬島(いぬじま)」の2ヶ所を1日で巡る、おすすめ観光コースをご紹介します。

【豊島】3つの観光エリア

豊島には大きく分けて3つの観光エリアがあります。

直島からのフェリーが到着する港があるのが「家浦(いえうら)」、小豆島からのフェリーが到着する港、美しい棚田や豊島美術館がある「唐櫃(からと)」、島の南「甲生(こう)」の3つです。

豊島に行くフェリーは本数が少ないため、犬島にも行くとなると滞在時間が限られます。

本当は1日をかけて観光することをおすすめしますが、遠方から来られる方にはそうも言っていられないので、絶対外せない見所を押さえ、家浦と唐櫃のみを巡るプランでご紹介します。

8:40 豊島(家浦港)到着。「金栄丸食堂(きよまるしょくどう)」で朝ご飯

View this post on Instagram

軽部りつこさん(@ritsukok)がシェアした投稿

豊島のアート作品は、大体9時半か10時に開館します。平日だともう少し遅い便でも大丈夫ですが、週末や連休等は混み合い、待ち時間がある場合もあるので、早い時間の到着をおすすめします。

アート作品の開館時間までに余裕のある方は、「金栄丸食堂(きよまるしょくどう)」で朝ご飯を食べましょう!

金栄丸食堂(きよまるしょくどう)
【場所】家浦
【営業時間】朝8:00頃~10:00、昼10:00~16:30、夜18:00~21:00
※朝・夜は「たかまつ屋」にご宿泊の方を優先的にご案内いたします。
【定休日】不定休
【電話番号】090-5696-1909
【公式サイト】http://www.konichiwa.jp

9:00 レンタサイクルを利用して島の景色を楽しもう♪

View this post on Instagram

TOMYさん(@coa8x8)がシェアした投稿

島内の移動は、電動アシスト付き自転車を利用しましょう。
豊島にはバスもありますが本数は少なく、坂が多いので普通の自転車だと結構キツいです。

レンタサイクル屋さんはいくつかありますが、自転車の数は限りがあるので、特に週末や連休に行く方は事前予約をしておくと安心です。

潮風を切りながら、美しい海や棚田、のどかな島の風景を存分に堪能して下さい♪

香川 豊島 棚田
Photo by Kentaro Ohno

豊島のレンタサイクル屋さん一覧

9:50 屋外アート作品「勝者はいないーマルチ・バスケットボール」

View this post on Instagram

チ ユ キさん(@o.texi)がシェアした投稿

唐櫃(からと)地区にある、地元の人や観光客がバスケットボールを楽しめる場所として作られたアート作品。屋外にあるので、いつでも鑑賞可能です。

勝者はいない
【場所】唐櫃(屋外作品)
【休館日】無し
【鑑賞料金】無料
【公式サイト】https://setouchi-artfest.jp

(滞在時間5分)

10:00 それぞれ違う心臓音が面白い「心臓音のアーカイブ」

View this post on Instagram

310さん(@310.highbridge)がシェアした投稿

「心臓音のアーカイブ」はフランス人アーティスト、クリスチャン・ボルタンスキー氏が、これまでに収集した世界中の人々の心臓音を聴くことができる美術館です。

人によってこんなに心臓音が違うということに驚かされます。
実際にここで自分の心臓音を録音して聴くことも可能なので、是非体感してみて下さい。

(滞在時間10分)

心臓音のアーカイブ
【場所】唐櫃
【開館時間】10:00-17:00(最終入館16:30)
【休館日】HP参照
【鑑賞料金】510円 ※15歳以下無料
【心臓音の録音】1,540円
※「レコーディングルーム」で心臓音を採録する料金です。採録した心臓音は、CDブックレットにおさめてお持ち帰りいただけます。
【電話番号】0879-68-3555(豊島美術館)
【公式サイト】http://benesse-artsite.jp

10:25 展示物が無い一風変わった美術館「豊島美術館」

View this post on Instagram

琉球泡盛( Ꙩ _ ꙩ )さん(@awamorizanpa)がシェアした投稿

2010年に、建築家・西沢立衛氏とアーティスト・内藤礼氏により作られた「豊島美術館」。一般的に思い浮かべる”美術館”とは全く違い、中に入っても展示物はなく、建物そのものがアート作品となっています。

小高い丘の上、緑の中に突如現れる丸く白い建造物。

天井に開けられた穴から降り注ぐ光。

外から見ても中から見ても楽しめる美術館となっています。

中に入る場合、繁忙期には30分以上待つ場合もあるので、時間に限りがある方は朝イチでこちらに来た方がいいかもしれません。

(滞在時間20分)

豊島美術館
【場所】唐櫃
【開館時間】3月1日~10月31日 10:00~17:00(最終入館16:30)
【開館時間 冬期】11月1日~2月末日 10:00~16:00(最終入館15:30)
【休館日】3月1日〜11月30日 火曜日
【休館日 冬期】12月1日〜2月末日 火曜日から木曜日
【鑑賞料金】1,540円 ※15歳以下無料
【電話番号】0879-68-3555
【公式サイト】http://benesse-artsite.jp

10:55 過去と現在が交差する映像アート「あなたの最初の色」

View this post on Instagram

@過去Pic整理中さん(@mnk_hibou)がシェアした投稿

スイス出身のビデオ・アーティスト、ピピロッティ・リストが手がける映像アート作品。
改装された蔵の中に映し出される、現代的なカラフルな映像は、何とも言えない不思議な空間へと誘われます。

もしこちらが混んでいる場合は、近くの「ストームハウス」に行くのもいいと思います。

(滞在時間10分)

あなたの最初の色
【場所】唐櫃
【開館時間】9:30~16:30
【休館日】火曜日 ※祝日の場合は開館、翌日休館
【鑑賞料金】300円
【公式サイト】https://setouchi-artfest.jp

11:50 伝統的な日本家屋とアートの融合「豊島横尾館」

View this post on Instagram

Cliff Yu Saitoさん(@cliff1029)がシェアした投稿

「豊島横尾館」は、アーティスト・横尾忠則氏と、建築家・永山祐子さんによって集落にある古い民家を改修して作られました。

11点の平面作品が展示され、日本の伝統家屋に融合されたアートの数々はどれも見応え抜群です。

(滞在時間15分)

豊島横尾館
【場所】家浦
【開館時間】3月1日~10月31日 10:00~17:00(最終入館16:30)
【開館時間 冬期】11月1日~2月末日 10:00~16:00(最終入館15:30)
【休館日】3月1日〜11月30日 火曜日
【休館日 冬期】12月1日〜2月末日 火曜日から木曜日
【鑑賞料金】510円 ※15歳以下無料
【電話番号】0879-68-3555
【公式サイト】http://benesse-artsite.jp

12:10 豊島マルシェでお土産選び

View this post on Instagram

ねこかさん(@necoka222)がシェアした投稿

家浦港に併設されている豊島マルシェには、豊島の名産レモンを使ったクッキーやジャム等が販売されています。

マーマレードよりさっぱりとした程よい甘みのレモンジャムに、香川の人気洋菓子店「ルーヴ」が手がける和三盆糖を使った「豊島のレモンクッキー」もおすすめです。

マルシェ以外でも、豊島美術館や豊島内のゲストハウスにも、ここでしか買えないオリジナルグッズがあるので要チェックです!

豊島マルシェ
【場所】家浦
【営業時間】3月~11月 9:00~17:30 ※月内最終営業日は17:00閉店
【営業時間 冬期】12月~2月 9:00~17:00
【定休日】火曜日 ※ただし祝日の場合は営業、翌日休業
【電話番号】0879-68-3135
【公式サイト】https://teshima-navi.jp

~ここまでで豊島滞在時間は約3時間半~

12:25 フェリーで豊島(家浦港)から犬島へ

【犬島】12:50 アート作品鑑賞券を購入

岡山 犬島 チケットセンター
Photo by Koichi

犬島は歩いて1時間ほどあれば一周できる、小さな島です。犬島での滞在時間は2時間半ほどあるので、ゆっくりと観光できます。

港に到着したら、まずチケットセンターで「犬島精錬所美術館」の鑑賞券を購入しましょう。

このチケットは精錬所だけではなく、「犬島家プロジェクト」と、「植物園」との共通券となっています。

犬島チケットセンター
【住所】岡山県岡山市東区犬島327-5
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】火曜日・不定休
【電話番号】086-947-1112
【公式サイト】http://benesse-artsite.jp

13:00 犬島で美味しいランチ休憩♪

この投稿をInstagramで見る

金沢美織(かなざわ みお)さん(@kanazawamio1107)がシェアした投稿

豊島が結構タイトスケジュールだった分、ここでしっかりと休憩をとりましょう。

写真は「在本商店」さんの「犬島丼」。

島の周辺で捕れた舌平目を骨ごとミンチに、大根やニンジンと一緒に甘く煮込み、煮汁ごとご飯にかけた、犬島の郷土料理です。煮汁が染みたご飯もまた絶品なのです!

在本商店
【住所】岡山市東区犬島310−1
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】不定休
【電話番号】086-947-0279
【公式サイト】なし

その他、犬島は小さい島ながらもランチを食べられる場所が数軒あり、それぞれ違った特色があります。

ランチは繁忙期にしか無い場合もあるので、事前に電話で確認しておきましょう。

犬島でランチが食べられるカフェ、食堂

■在本商店 犬島丼 600円
■犬島チケットセンター たこめしセット 1,230円
■trees 犬島店 犬島チキンカレーセット 1,000円
■SATO・SUN 鯛飯ランチ 1,000円 他
■sima sima おひるごはん 950円

13:40 歴史的産業遺産を再生した「犬島精錬所美術館」

この投稿をInstagramで見る

@ttthcctkがシェアした投稿

「犬島精錬所美術館」は、過去実際に使われていた銅の精錬所の遺構を保存・再生した美術館です。

「在るものを活かし、無いものを創る」というコンセプトのもと作られた美術館は、太陽や地熱などの自然エネルギーを利用し、環境に負荷を与えない造りとなっています。

かつてこの犬島は、精錬所から排出される有毒な煙で木々が枯れるなど、ボロボロになっていました。

精錬所閉鎖後も、医療廃棄物の処分場となる犬島を救ったのが、瀬戸内島アートの仕掛け人、ベネッセホールディンクス最高顧問である福武氏です。

福武氏は、美しい島を守るためにこの地を買収し、美術館として蘇らせました。

犬島を訪れる際には、こういった歴史的背景も知っておくと、ただ観光するよりも、より思い出深いものとなるでしょう。

色あせた煉瓦に緑が絡みつく精錬所は、重い歴史と共に、新しいアート作品の一部となっています。

岡山 犬島 精錬所美術館
Photo by Kentaro Ohno

アーティスト・柳幸典が手がける、三島由紀夫が住んでいた旧宅の一部が使われた、不思議なアート作品も展示されています。

カフェも併設されており、ミュージアムショップではオリジナルグッズも売られているので、ここでお土産選びもいいでしょう。

(滞在時間20分)

犬島精錬所美術館
【住所】岡山市東区犬島327−4
【開館時間】10:00~16:30(最終入館16:00)
【チケットセンター】10:00~17:00
【休館日】3月1日〜11月30日 火曜日
【休館日 冬期】12月1日〜2月末日 火曜日から木曜日
【鑑賞料金】2,060円 ※15歳以下無料
※犬島「家プロジェクト」、「くらしの植物園」と共通
【電話番号】086-947-1112
【公式サイト】http://benesse-artsite.jp

14:05 写真を撮るのが楽しい!「犬島 家プロジェクト」

この投稿をInstagramで見る

🅟𝚒𝚛𝚘𝚌𝚘 さん(@snowsn0w_p)がシェアした投稿

犬島の家プロジェクトは、古民家を使用した5つのギャラリーと、「石職人の家跡」があります。

全て徒歩数分の距離に密集しているので、気軽に観ることができます。

岡山 犬島 家プロジェクト
Photo by cotaro70s

カラフルで女性にも人気の「A邸」、写真で見ると「どうなってるの?」と不思議な光景が撮れる「S邸」、1つ1つ個性的なアートが見る人の目を楽しませてくれます。

(鑑賞時間30分)

犬島 家プロジェクト
【場所】犬島
【開館時間】10:00 〜 16:30
【休館日】3月1日〜11月30日 火曜日
【休館日 冬期】12月1日〜2月末日 火曜日から木曜日
【鑑賞料金】2,060円 ※15歳以下無料
※「犬島精錬所」、「くらしの植物園」と共通
【電話番号】086-947-1112
【公式サイト】http://benesse-artsite.jp

14:40 素朴で懐かしい「犬島 くらしの植物園」

この投稿をInstagramで見る

Nami Honkawaさん(@naminami5)がシェアした投稿

アーティストが島の人々と共に、長く放置されていたガラスハウスと土地を整備し、犬島の風土や文化に根付いた植物園として再生しました。

島に溶け込み、どこかほっとする、穏やかな空気が漂う植物園です。

(滞在時間15分)

くらしの植物園
【場所】犬島
【開館時間】10:00~16:30
【休館日】3月1日〜11月30日 火曜日
【休館日 冬期】12月1日〜2月末日 火曜日から木曜日
【鑑賞料金】2,060円 ※15歳以下無料
※「犬島精錬所」、「犬島 家プロジェクト」と共通
【電話番号】086-947-1112
【公式サイト】http://benesse-artsite.jp

15:20  フェリーで帰路へ

岡山 犬島 フェリー
Photo by Kentaro Ohno

犬島から豊島方面へはフェリーの便数が少ないので、最終便に乗り遅れないように気をつけましょう。

島ならではの良さを楽しむには豊島と犬島がおすすめ!

豊島でのレンタサイクルに乗っての移動は、景色も良く非常に気持ちがいいものです(ただ夏は暑さ対策をしっかりしましょう)。

犬島では時間がたっぷりあるので、ゆっくりと島を巡ることができます。

3年に1度、これらの島では「瀬戸内国際芸術祭」が開催されるので、旅程が重なる方は是非開催期に行きましょう。

人が多いという難点もありますが、島アートも増え、開いているお店も多いので楽しみも増えるでしょう。

瀬戸内国際芸術祭公式ホームページ

豊島へのアクセス方法

豊島へのフェリー直行便は宇野港(岡山県)と高松港(香川県)から出ています。

高松港からの直行便は少ないので、早めに豊島に到着したいのであれば、直島や小豆島経由で乗り換えて行くか、宇野港から向かう必要があります。

土日祝や、瀬戸内国際芸術祭開催期間は、運行ダイヤが変更される可能性があるので、必ずホームページで確認しましょう。

豊島観光ナビ

四国汽船株式会社ホームページ

瀬戸内国際芸術祭 島へのアクセス

犬島へのアクセス方法

犬島は岡山県からの方が近いので、宝伝港(岡山県)からフェリー直行便が頻繁に出ています。

香川県側からの直行は無く、豊島か小豆島で乗り換える必要があります。本数が少なく、最終便も早いので、香川側からアクセスする方はフェリーの時間には充分気をつけましょう。

犬島も豊島同様、運行ダイヤが変更される可能性があるので、ホームページでご確認下さい。

岡山県ホームページ

四国汽船株式会社ホームページ

瀬戸内国際芸術祭 島へのアクセス

島泊するのも楽しい♪

この投稿をInstagramで見る

いのうえただひろさん(@tad_hero)がシェアした投稿

今回は香川(又は岡山)から日帰り旅行する1Dayコースをご紹介しましたが、島泊するのもおすすめです。

島に泊まることって、なかなか無いですよね!静かな夜に美しい星空を眺められるのは、島旅ならではの楽しみです。

豊島、犬島にはオシャレなゲストハウスから素朴な民宿など、いくつか宿泊施設があります。

また、豊島からは直島、小豆島へ渡ることも可能なので、翌日も観光予定がある方は、そちらで宿泊するのもいいでしょう。

香川の島旅についての記事はこちら🏝

香川県、瀬戸内海に浮かぶ「直島」は、アートの島として国内外問わず観光客に人気です。今回は香川県在住者である筆者が、直島のアート作品だけでなく、おすすめのオシャレな島カフェやパン屋さんもふまえた、直島1泊観光モデルコースをご紹介します。

香川県観光についての情報はこちら!

香川県といえば、うどんが美味しいことで有名ですが、それ以外にも「こんぴらさん」や「レオマワールド」など人気の観光スポットがもりだくさんです。香川県でホテルを選ぶなら、旅の目的に合った立地とプランがある施設を選ぶのがおすすめ。香川県のおすすめホテル・宿13選を紹介します!
香川県には有名なインスタ映えスポットが数多くあります。四国といえども関西からのアクセスも良好で、大阪から日帰りで訪れることも可能なため、女子旅にも大人気。そんな香川のおすすめインスタ映えスポット11選を紹介します!
近年は「うどん県」として話題を集める香川県。讃岐うどんのおいしさはもちろんですが、見るべき観光スポットがたくさんあります。瀬戸内海沿いで温暖な気候に恵まれ、絶景スポットも多い香川県の魅力を今回はご紹介しましょう。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

SHIHO
旅・猫・カフェがとにかく好き!海外では今まで70ヶ国以上の国を一人旅しました。オシャレなカフェから廃墟まで何でも来い!の好奇心旺盛なトラベルジャンキー。地元香川県の魅力も伝えていきたいです。ブログも運営中

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo