【2018】進化する西三河の都市・刈谷の観光スポット10選

Ito Yoko

トラベルライター

刈谷ハイウェイオアシスphoto by Oka21000

2009年度の年間来場者数は830万人となり、日本の遊園地やテーマパークランキングで3位に入るほどの人気を誇るのが「刈谷ハイウェイオアシス」。

今や全国放送のテレビで取り上げられるほどになりましたが、そのほかにも見どころたくさんの刈谷市。

今回は穴場のスポットも含めておすすめの観光地をご紹介します。

第10位・西福寺

View this post on Instagram

takmsさん(@ztzsz36mx)がシェアした投稿

密蔵院、知立市の遍照院と合わせて三河三弘法と呼ばれています。

弘法大師の像が建てられており、境内も美しく保持されています。

住宅街の中にある静かなお寺ですよ。

【住所】愛知県刈谷市一ツ木町5-31-2
【アクセス】名鉄本線「一ツ木」駅下車徒歩1分
【電話番号】0566-23-2560
【公式サイト】http://www.kariya-guide.com/

第9位・洲原池

View this post on Instagram

Kohshin Yamaちゃんさん(@kohshin_pic)がシェアした投稿

お花見スポットとしても愛されているところ。公園の中に洲原池はあります。

池周辺はおよそ2キロであり、ウォーキングコースとして整備されています。

以前は「新池」という名前でしたが、1655年洲原神社の分社ができてから今の名前になったのだそう。

【住所】刈谷市井ヶ谷町
【アクセス】刈谷市公共施設連絡バス 西境線 「洲原公園北口」バス停で下車
【電話番号】刈谷市役所公園緑地課 0566-62-1023
【公式サイト】http://www.kariya-guide.com/

第8位・密蔵院

View this post on Instagram

@nishikawa05591がシェアした投稿

こちらも西福寺同様に弘法大師の像があります。

村人との別れに涙を流した姿を像にしたと伝わり、「流涕(りゅうてい)弘法大師」と称されているのだとか。

素朴な造りの寺院で心が和みます。

【住所】愛知県刈谷市一里山町南弘法24
【アクセス】刈谷市公共施設連絡バス「一里山市民館」バス停下車徒歩10分
【電話番号】0566-36-0922
【公式サイト】http://www.kariya-guide.com/

第7位・刈谷市総合文化センター

photo by At by At

刈谷駅直結の施設です。愛称は「アイリス」。

お芝居やコンサートなど開催されており、駅からすぐなので交通の便もいいです。

2010年にできたところで、音響もよくきれいなので観劇していても快適でした!

施設内には地中海カフェもあり、パエリアやパスタなどが好評です。

【住所】愛知県刈谷市若松町2丁目104
【アクセス】JR・名鉄刈谷駅直結
【営業日】施設利用受付:9時~22時 チケット販売受付:10時~21時
【電話番号】0566-21-7430
【公式サイト】https://kariya.hall-info.jp/

第6位・刈谷市美術館

View this post on Instagram

naomi ohashiさん(@703hachi)がシェアした投稿

刈谷駅から徒歩10分の場所にあり、オリジナルの視点で開催される企画展が興味深いスポットです。

茶室が併設されていて、季節に合ったお菓子とお茶でおもてなしを受けることもできます。(有料300円)

美術品を鑑賞した後は、お茶を飲みながらほっこりできるのがいいですね!

【住所】愛知県刈谷市住吉町4丁目5
【アクセス】JR・名鉄刈谷駅徒歩10分
【営業日】9時00分~17時00分
【料金】企画によって異なります。詳細はこちら
【電話番号】0566-23-1636 月曜休館
【公式サイト】http://www.city.kariya.lg.jp

第5位・亀城公園

View this post on Instagram

Akikoさん(@akko.kuni)がシェアした投稿

刈谷城(亀城)の城跡を利用した公園。桜の名所としても有名です。

今は城がありませんが、お堀の跡が池となって当時の雰囲気を残しています。

1969年から公園の整備が進み、日本庭園として美しい姿を見せてくれていますよ。

【住所】愛知県刈谷市城町1丁目1
【アクセス】公共施設連絡バス小垣江線「体育館」バス停下車
【電話番号】公園緑地課 0566-62-1023
【公式サイト】https://www.city.kariya.lg.jp/kurashi

第4位・フローラルガーデンよさみ

View this post on Instagram

🌿 ɢᴀʀᴅᴇɴ ʟɪғᴇ 🌿さん(@n_gardenlife)がシェアした投稿

美しい花々を見られる憩いの庭園です。

以前は無線送信施設が建っていた場所なので、当時の外観を再現しており、資料なども見ることができます。

時折ガーデンマルシェやワークショップも開催され、ミニSL広場もあります。

【住所】愛知県刈谷市高須町石山 高須町石山2番地1
【アクセス】刈谷駅南口より刈谷市公共施設連絡バス(無料)小垣江駅東口(小垣江線)行約23分
【営業日】管理棟および記念館/9時〜17時、カフェ/同じ。その他の施設は24時間
【電話番号】0566-29-4330
【公式サイト】http://garden-yosami.jp/

第3位・ミササガパーク

View this post on Instagram

Yurikoさん(@yuriyurimzkm)がシェアした投稿

市制50周年の刈谷市と市制20周年のミササガ市(カナダ)の友好を記念して作られました。

特に芝桜が咲く時期は壮観!地元の人も「こんなきれいなところがあるんだ」と驚くという知る人ぞ知るマル秘スポットです。

バラも1200本植えられているとのこと、お花を愛する人はぜひ。

【住所】愛知県刈谷市半城土西町2丁目4
【アクセス】公共施設連絡バス東刈谷線「ミササガパーク」バス停下車
【営業日】終日
【電話番号】0566-62-1023
【公式サイト】http://www.city.kariya.lg.jp/shisetsu/

第2位・交通児童遊園

刈谷市交通児童遊園
photo by Asturio Cantabrio 

名前だけ見るとちょっと不思議?かもしれませんが、子供用の普通の遊園地です。

ここの魅力は何と言っても利用料が破格であるということ。

キッズコースターやメリーゴーランドなど1回1人50円で乗れてしまうんです。

お得に家族連れで遊ぶ場所としてはもってこいですね。

【住所】愛知県刈谷市神田町3丁目47−1
【アクセス】JR刈谷駅(南口)・名鉄刈谷駅(南口)から南東へ徒歩8分
【営業日】午前9時~午後4時30分(大型遊具とパターゴルフは午後4時まで)水曜休園(春休みと夏休みは開園)
【料金】入園料は無料。遊具使用は別途料金
【電話番号】0566-22-9371
【公式サイト】https://www.city.kariya.lg.jp/shisetsu

第1位・刈谷ハイウェイオアシス

刈谷ハイウェイオアシスphoto by Oka21000

高速道路・伊勢湾岸自動車道上にあるサービスエリアです。

一般道路からも入れるようになっており、「天然温泉かきつばた」があり、産直市場「おあしすファーム」で新鮮な野菜や魚も安く買うことができます。

レストランやお土産売り場も充実し、刈谷市民・観光客とも多くの人に利用されているスポットですよ。

【住所】愛知県刈谷市東境町吉野55
【アクセス】「刈谷駅北口」より東境線「刈谷ハイウェイオアシス行き」 または、西境線「洲原温水プール行き」乗車。
【営業日】施設により異なります。
【電話番号】0566-35-0211
【公式サイト】http://www.kariya-oasis.com/

刈谷で遊びつくそう!

刈谷ハイウェイオアシスは、「多くのお客様に長い間きてもらうこと」を狙って価格設定も安めに設定したそうで、これは「刈谷モデル」とも呼ばれているんです。

かくいう私もその一人でよく遊びに行っています。

デラックストイレもありますので、ぜひ見ていただきたいです!

女子トイレですが、ホテルのロビーかと思ってしまうくらいなので。

名古屋のおすすめスイーツ10選はこちら icon-arrow-down

名古屋と言いますと「小倉トースト」などあんを使ったスイーツがもちろん数多くあります。しかし、それ以外でもぜひ食べておくべきスイーツが和洋問わずあるんです。 今回はそんなスイーツの名店を10個ご紹介していきましょう。

名古屋のおすすめカフェ10選はこちら icon-arrow-down

モーニングからもわかるように、名古屋では「喫茶店文化」がさかんです。コメダ珈琲など昔からの名店もあれば、ちょっとおしゃれなカフェもあります。今回は名古屋でも特に人気のカフェをご紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。
皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Ito Yoko
愛知県在住。海外はこれまでハワイ・サンフランシスコ・台湾・北京・香港・ニュージーランド・ロンドンに行ってきました。国内では京都が大好きで学生時代から何度となく訪れています。一人旅でその土地の人と触れ合うのが好きです。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo