ゲストの方へ

【2018年版】韓国旅行・観光で事前に注意すべき10のこと

FOR GUESTS
Stayway 編集部

トラベラー

シェアありがとうございます

Photo by Pixabay
私たちにとって身近な国である韓国。

荷物も少なく気軽に行けるイメージがありますが、実際どんな準備・注意が必要なのでしょうか?

こちらの記事では事前に準備しておくと便利なグッズや注意点、心構えなど10のポイントをピックアップしてご紹介します!

こちらの記事もあわせてチェック icon-arrow-down

日本から韓国まで飛行機で1~2時間ほどの距離。比較的に安い費用で行ける国の一つでもあり、旅行された方も多いのでは?今回はそんな韓国のおすすめ定番観光スポットはもちろん、アクセスの良いホテルやアパートまでご紹介します。

お隣の国という事もあり、最も人気の旅行先の一つとも言える韓国。韓国旅行では日本でもなじみ深いメニューを本場で食べることができるというのも楽しみの一つですね。今回は韓国旅行でおすすめしたい絶品グルメをランキング形式でご紹介します!

①現在の韓国のトイレ事情は?ペーパーを流せない?


Photo byOdyssey
海外に旅行に行く際、日本と比べて快適に利用できるのかが気になるトイレ。
韓国ではどうなのでしょうか。

韓国では水まわりの設備が整っていないことやの理由があり、トイレで紙を使用してもそのまま流せなかったため、使用後の紙は箱に捨てるタイプのトイレが多くありました。

2018年、公衆トイレはトイレットペーパーが流せる状態へと移行し、以前より使いやすくなっています。

しかしトイレットペーパーは置いていなかったり、個室には設置されずトイレ内にあることもあるため利用前に確認するか、ポケットティッシュを持参するのがおすすめです!

また飲食店内のトイレやビル内の共同トイレなど、施錠されていたり、暗証番号の入力が必要な場合もあります。

②便利なエコバッグは必須です!


Photo byOdyssey
韓国ではスーパーマーケットで買い物をした場合も買い物袋は有料です。

コンビニでも袋は無料ではもらえないことがあるので大きめのエコバッグを持っていきましょう!

また常温ではなく、保冷剤を使って冷やしながら持ち帰りたい食べもののお土産には大きめの保冷バッグがあると重宝します。

水道水は飲まないほうが良いため、ペットボトルのミネラルウォーターを入れて歩くのにも便利です。

③変換プラグと電圧器が必要かどうかを確認!


Photo by Pixabay
日本から持ち込む予定のノートパソコン、カメラ、スマートフォンの充電などをおこないたい場合、韓国の電圧が220Vのため、対応しているかどうかを確認します。

対応している製品ならば、韓国のプラグのかたちに変換するプラグが必要です。

ドライヤーなど日本国内使用に限られた100Vの電化製品を使用するには変圧器が必要です。

変換プラグや変圧器は韓国でも手に入り、宿泊先のホテルでも貸し出されている場合もありますが、確実に利用したい場合は日本で購入しておきましょう。

④インターネットを使って最新情報を入手できるように!


Photo by Pixabay
スマートフォンやタブレットと合わせて用意しておきたいのがWi-Fiルーターです。

日本で用意したり、現地の空港でレンタルすることも可能ですし、滞在先のホテルでレンタルをおこなっている場合もあります。

まずは滞在先のホテルに確認しておきましょう。

⑤韓国の歩道は歩きにくい?!


Photo by Pixabay
韓国では都市部でも歩道がデコボコとして歩きにくいです。

土の上にブロックが敷き詰められているため欠けたり外れたりと、ハイヒールでは細いヒール部分が引っかかりやすく危険です。

またヒールがない靴でも観光で歩き回った際に、歩道の舗装が良くないと疲れやすいもの。

歩きなれた靴を準備しておきましょう。

6番目以降は、次のページから発表しますね。

季節に合わせたおすすめの服装から、日本から持って行くと便利なグッズも紹介します。