【2019年版】LAを訪れる前に知っておきたい情報まとめ

ユウキ

トラベルライター

シェアありがとうございます

Los Angeles
photo by Olenka Kotyk

全米でも屈指の人気観光都市カリフォルニア州ロサンゼルス。

観光地としても人気ですが、やっぱり見ず知らずの土地へ行くのは不安がありますよね。

そこで、現地に訪れる前に、ぜひ知っておきたい情報を在住経験者がまとめました。

安全で楽しい旅をするためにも、現地のルールを知っておくのをおすすめします!

1. ロサンゼルスの街について

Los Angeles
photo by Pedro Marroquin

ロサンゼルスの街は広い

ロサンゼルスは、まったくコンパクトな街ではありません。

拠点とする場所によって、かなり旅程が左右されるので、ホテルや行きたい場所を決める前に一度地図を見てみることをおすすめします!

ロサンゼルスに中心地はない

よく郊外の空港から電車やバスで「街中に出る」という表現がありますが、ロサンゼルスには「街の中心地」という概念は存在しません。

観光地やショッピングエリアが点在するロサンゼルスを訪れる際には、事前に大まかな計画を立てることをおすすめします!

2. ロサンゼルスの交通情報

Los Angeles
photo by Alexander Popov

交通渋滞がひどい

映画「ラ・ラ・ランド」の冒頭のシーンを思い浮かべてみてください。

車社会のロサンゼルスでは毎日渋滞が起こります。

ラッシュアワー時に高速道路を使わなくて済むように、計画を立てましょう!

最近ではGoogle Mapが渋滞を知らせてくれますが、それでも20-30分は余裕を見て行動するよう心がけましょう。

路上駐車は基本OK

アメリカでは路上駐車は基本OKですが、停める場所や時間帯に注意が必要です。

路肩に色がついているところ(黄色、赤色など)は、基本的に駐車禁止です。

Los Angeles
photo by Free To Use Sounds

また、道路の付近に、路上駐車可能・禁止時間/制限時間が書かれた赤や緑の標識があるので、事前に確認しましょう。

路上駐車用のメーターがあれば必ずお金を投入してくださいね!

高速道路は無料!でも走行レーンに注意

アメリカの高速道路は、基本的に無料で乗り降りすることができます。

一番左のレーンは、有料であったり、人数制限があったりするので基本的には避けるのが得策です。

観光にはレンタカーが断然おすすめ

ロサンゼルスの観光地はあちこちにあるので、効率的に回るのであれば、レンタカーが断然おすすめです。

公共交通機関で訪れるのが難しいところもありますし、買い物袋をたくさん持って歩き回るのは治安的にも心配があります。

免許がなかったり運転が不安という方は、UberやLyftを活用するのもおすすめです!

3. ロサンゼルスの気候

Los Angeles
photo by Jacob Repko

朝晩はかなり冷え込む

ロサンゼルスは、年中気候がいいことで有名ですが、意外にも朝晩はかなり冷え込みます。

さらに、日中でもレストランやショッピングモール内はかなりクーラーが効いているので、必ず薄手の上着を持って出ましょう。

また、パジャマは薄手の長袖長ズボンがおすすめです。

海水は冷たい

ハワイやフロリダの海と違い、ロサンゼルスの海水は冷たいので気を付けましょう。

特に、カリフォルニアは気温が高いので温度差を大きく感じてしまいます。

マリンスポーツをする場合はウェットスーツの着用を!

日焼け対策必須

日焼け止めは絶対に必須です!ロサンゼルスの紫外線は、日本の2倍以上あるといわれています。

きれいに日焼けをしている現地の方は、ただただ日に焼けたのではなく、適切なお手入れをしています!

肌の保護はもちろん、できればサングラスで目の保護もおこないましょう。

水分補給は徹底的に

ロサンゼルスは本当に乾燥しています。熱中症対策のためにも、常にお水を持ち歩いて、水分補給を行いましょう。

車で移動中にいつ、どのくらいの時間、渋滞に巻き込まれるかわからないので、余分に水を蓄えておくのをおすすめします。

現地の方はよく、車のトランクに水のペットボトルを箱単位で積んでいますよ!

4. ロサンゼルスの飲酒・喫煙ルール

Los Angeles
photo by Lex Guerra

飲酒年齢は21歳

カリフォルニアでの飲酒年齢は21歳です。

また、お酒の購入時には、IDの提示が義務付けられています。

お酒が買えるのは午前2時まで

また、午前6時~午前2時の時間帯でのみお酒の購入が可能です。

時間外に例えお店が開いていたとしても、お酒を買うことはできません!(バーやクラブもお酒の提供をやめます)

公共の場では飲酒禁止

公共の場での飲酒は禁止です。

ビーチを見ながらのんびりビール・・・は飲めません!

お酒を提供している店内やホテルの部屋では飲酒OKですが、一歩外を出ると公共の場になりますので注意しましょう。

公共の場・建物内では喫煙禁止

ロサンゼルスを含むカリフォルニア州全体で、公共の場または建物内での喫煙が禁止されています。

さらに、外であっても建物から6メートル以上離れなければいけません。

かなり少なくなりましたが、喫煙所を探すようにしてください。

また、電子タバコも煙草と同じ扱いなので注意しましょう。

5.  ロサンゼルスの治安

Los Angeles
photo by Avi Waxman

12歳以下の単独行動はNG

アメリカでは基本的に、12歳以下の子供を一人または保護者なしで行動させてはいけません。

子供だけで留守番をさせたり、車内や遊び場に置いて買い物へ行ったり、トイレに行かせたりということを含みます。

子供が一人でいるのが見つかれば、すぐに通報されます!

また、公共の場で子供をひどく叱りつけていると、虐待だと思われて通報されることもあるので気を付けましょう。

スリや置き引きに注意

ロサンゼルスの街は基本的には安全ですが、スリや置き引きには注意しましょう。

また、レンタカーの車内には何も残さないようにしてください。

車内に金目があると思われれば、窓ガラスを割られてしまいます!

危険な地域を把握しよう

近年では公共交通機関が発達し、ロサンゼルスはずいぶんと安全な街になりましたが、重犯罪が頻繁に起こるような地域がいくつかあります。

観光客はもちろん、現地の方にとっても危険がある地域なので、事前に確認しておくことが大切です。

6. ロサンゼルスの観光情報

Los Angeles
photo by Josh Hild

ビーチはたくさんある

ロサンゼルスの海岸だけで、およそ110kmあります。

サンタモニカやヴェニスビーチが有名ですが、他にもたくさんビーチはありますよ♡

ぜひいろんなビーチ情報を探してみてください!

無料の施設がいっぱい

観光にはどうしてもお金がかかってしまいますが、ロサンゼルスには無料で入れる施設がたくさんあるのでぜひ訪れてみてください♡

例えば、「カリフォルニアサイエンスセンター」は家族連れにもおすすめです。

この投稿をInstagramで見る

California Science Centerさん(@californiasciencecenter)がシェアした投稿

ロボットや航空機、科学にまつわる展示が盛りだくさんで、子供から大人まで楽しめます。

【地図】
【正式名称】California Science Center
【住所】700 Exposition Park Dr, Los Angeles, CA 90037
【営業時間】10:00- 17:00(月―日)
【公式サイト】http://californiasciencecenter.org/

また、ロサンゼルスの定番といえば巨大美術館「ゲティセンター」!

この投稿をInstagramで見る

Cultural Cocktail Hour ®さん(@culturalcocktailhour)がシェアした投稿

ロサンゼルスの町並みが見渡せるテラスもあるのでおすすめです。

【地図】

【正式名称】The Getty Center
【住所】1200 Getty Center Dr, Los Angeles, CA 90049
【営業時間】0:00-17:30(火―金、日)、10:00-21:00(土)
【公式サイト】https://www.getty.edu/

ロサンゼルスは唯一無二の街♡

車がないとなかなか観光が難しい都市ではありますが、ロサンゼルスは本当に魅力たっぷりの街です!

トラブルなく楽しい旅行ができるよう、ぜひここでご紹介した情報を活用してみてください!

【観光局からリアルな情報を入手!第12弾-ロサンゼルス🇺🇸】-おすすめ観光-

ロサンゼルスのおしゃれな観光スポットと穴場カフェについて知りたいという方も多いのではないでしょうか?今回は最新の情報をリサーチするためにロサンゼルス観光局さんにお話をお伺いしました!フォトジェニックな旅をしたい女子は必見の記事です!

【2019最新版】在住者がお伝えする、LA市内のディスカウントストア情報まとめ

LA市内には、有名ブランドのアイテムが定価の20%オフ以上で売られている「ディスカウントストア」がたくさんあります。 ここでは、ショッピング大好きの元LA在住者が、おすすめのストア4選と買い物時のポイントをご紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

ユウキ
神戸出身。ロサンゼルスに4年、トロントに1年の在住経験があります。きれいな写真とともに、世界中のおすすめの場所を紹介していきたいと思います! これまで訪れた国・地域:アメリカ、カナダ、オーストラリア、シンガポール、韓国、ミャンマー、台湾、フランス、フィンランド、ノルウェー、オランダ、イタリア、バチカン、ブラジル、アルゼンチン、キューバ、バハマ。
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で