ファン必見!イギリス・リバプールのビートルズスポットを紹介!

Minori

トラベルライター

リバプール マシューストリート
photo by Minori
ビートルズゆかりの地と言えばロンドンのアビーロードが有名ですが、ぜひ彼らの故郷リバプールにも足を伸ばしてみてください。

たくさんのビートルズの軌跡を辿ることができますよ。

【イギリスの基本情報】
時差 9時間(サマータイム時:3月の最終日曜日の午前1時から始まり10月の最終日曜日の午前1時は8時間)
言語 英語
通貨 1£(ポンド)=約132円(2019年9月11日時点)
気候情報 夏は過ごしやすく、冬はとても寒さが厳しい気候です。

1.マシューストリート

リバプール マシューストリート
photo by Minori
ビートルズ発祥の地と言われているのが、ここマシューストリート。

現在ではリバプールの観光名所にもなっており、世界中からたくさんのビートルズファンがこの通りを目指します。
リバプール マシューストリート
photo by Minori
マシューストリートに着くと、ジョンレノンの銅像が見えてきます。

この投稿をInstagramで見る

혜나니さん(@nany__e2)がシェアした投稿


その通りを挟んで向かいにあるのが、ビートルズがデビューしたあの有名なキャヴァーンクラブ!

実際は1973年に一度閉店していますが、1984年に復活し1999年にはポールマッカートニーの公演も行われました。

この投稿をInstagramで見る

Markusさん(@markusschmidtravel)がシェアした投稿


現在もライブ会場として使用されているだけでなく、入り口すぐの部屋は写真撮影スポットとして開放されています。
リバプール マシューストリート
photo by Minori
このキャラヴァンクラブで演奏することはイギリスミュージシャンの登竜門となっており、ジョンレノン銅像の後ろの壁にはここで演奏したミュージシャンの名前が刻まれた壁があります。
リバプール マシューストリート
photo by Minori
他にもこの通りではビートルズのグッズを販売するビートルズショップや、
リバプール マシューストリート
photo by Minori
ジョンレノンのバー、
リバプール マシューストリート
photo by Minori
ビートルズバーなど、ビートルズにちなんだお店がたくさん立ち並んでます。


Mathew St
住所: Mathew St, Liverpool L2 6RE

2.ビートルズストーリー

この投稿をInstagramで見る

⭐ STUTTGART ⭐ 1982さん(@r0tez0ra)がシェアした投稿


マシューストリートから波止場に向かって15分歩いた場所にあるのが、ビートルズストーリーです。

日本語オーディオガイドを聞きながら、彼らの結成から解散までの軌跡を辿ることができるだけでなく、メンバーの所有していたアイテムの展示も楽しむことができると人気です。


The Beatles Story
住所:Britannia Vaults, Albert Dock, Liverpool L3 4AD
公式HP:https://www.beatlesstory.com/
チケット:17£ (子供料金やお得なファミリーチケット複数あり)
営業時間:9:00〜19:00
ただしイベントが行われる日や冬場は18:00まで、夏のピークシーズンには20:00までとなるので詳細はHPをご参照

3.リバプール大聖堂

リバプール マシューストリート
photo by Minori
世界で5番目に大きいことでも有名なリバプール大聖堂。ここはポールマッカートニー幼少時代に聖堂の声楽隊オーディションで落ちて悔しい思い出をした場所としても知られています。

しかし有名になった彼はここで公演を盛大に行い、リベンジすることに成功しました!この逸話はファンの間では有名ですよね。

また、ジョンレノンが亡くなった際には追悼イベントが行われるなど、ビートルズゆかりの地の一つとなっています。


Liverpool Cathedral
住所:St James Mt, Liverpool L1 7AZ
営業時間:8:00〜18:00

4.ペニーレーン

この投稿をInstagramで見る

Emma Scottさん(@emjsct)がシェアした投稿


ロンドンのアビーロードと並び、ビートルズファンの聖地ストリートと言えばペニーレーン。

あの名曲の歌詞にも登場する風景が今もなおしっかりと残っています。ジョンレノンもこのストリートのすぐそばに住んでいたそうですよ。


Penny Ln
住所:Penny Ln, Liverpool L18 1DE

5.ハードディズナイト

この投稿をInstagramで見る

Stan D.さん(@stan_39440)がシェアした投稿


ホテルの入り口をドアマンが開けるとまず耳に入ってくるのが、ビートルズの名曲。

この投稿をInstagramで見る

The Orchards Houseさん(@theorchardshouse)がシェアした投稿


フロントスペースには楽譜や写真なども飾られミュージアムのような空間が広がります。

110室あるすべての客室は、バスマメニティー含めビートルズ関連のグッツで溢れ、ファンにはたまらないビートルズホテルです。

中にはマッカートニースイートや、レノンスイートなどメンバーにフォーカスした部屋もありますよ。


Hard Days Night Hotel
住所:Central Buildings, N John St, Liverpool L2 6RR
公式HP:http://www.harddaysnighthotel.com/

6.ストロベリーフィールド

こちらは今まで紹介した観光地から少し離れたスポットですが、ビートルズの名曲の中でも特に人気の高いストロベリーフィールズフォーエバーのモチーフとなった孤児院です。

2007年に閉館となってしまい外観のみの見学ですが、たくさんのファンが今尚ここを訪れています。


Strawberry Field
住所:Beaconsfield Rd, Liverpool L25 6EJ

現地ツアー

ロンドンからビートルズゆかりの地を巡るツアーもあるので、効率よくたくさんのスポットを回りたい方には特にお勧めです。世界中のビートルズファンと一緒に盛り上がりたい方は思い切って英語ツアーを、日本語でじっくりと説明を聞きたい方は、日本語ツアーをチョイスしてみてくださいね。

【英語】ロンドン発日帰り:
https://www.veltra.com/jp/europe/uk/london/a/7506
【英語】ロンドン発ハード・デイズ・ナイト宿泊:
https://www.veltra.com/jp/europe/uk/london/a/107126
【日本語】ロンドン発日帰り:
https://activities.his-j.com/TourLeaf/LON0358/
【日本語】ロンドン発ハード・デイズ・ナイト宿泊
https://activities.his-j.com/TourLeaf/LON0302/

ファン必見!リバプールのビートルズスポット!

リバプールにあるビートルズゆかりのスポットの紹介でした。

彼らの歴史が刻まれた美しい海の街リバプールは、ロンドンからもアクセスは大変便利です。ぜひイギリス旅行の際にはリバプール観光も計画してみてはいかがでしょうか。

また、ビートルズの足跡を追う旅に欠かせないのが、ロンドン名物の2階建てバス「ダブルデッカー」!

こちらの記事ではロンドン旅行で知っておきたい乗り物と、その活用方法を紹介していますので、チェックしてみてくださいね♪

ロンドン名物、赤い2階建バスのダブルデッカー。同じくロンドン名物の丸い形が愛らしく印象的なタクシー。「Tube」の愛称で知られる地下鉄など、今回はロンドン市内を駆け巡る公共交通機関を上手に利用する方法を紹介していきます!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Minori
ドイツ1年、イギリス2年在住です。ヨーロッパ諸国やアジアを中心に50ヶ国以上の渡航歴からお得な情報を紹介します!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo