美術館好き女子にオススメ!ロンドンで行くべきミュージアム7選

Yayoi

トラベルライター

Photo by Yayoi

日本でもたくさんの企画展が開催され美術館、博物館へ足を運ばれる人も多いと思います。

その時「チケット代結構かかるな。」と思われたことありませんか?

実はロンドン、ほとんどのミュージアムが入館無料なのです!

そこで、ロンドンにきたら訪れてほしいミュージアム7選をちょっと変わった視点からご紹介致します!

こちらに記載しております「※所要時間:~」ですが、あくまでミュージアム、カフェ好きの主観による目安となります。

<基本情報>

■時差-8時間 *サマータイム実施時は-9時間
■言語英語
■通貨GBP(£ポンド)
■気候一年を通して雨や曇りが多く、夏でも涼しいと感じることが多いです。
また夏は日が長く(日没21時ごろ)冬は短い(日没16時ごろ)であるのも特徴です。

1.大英博物館 The British Museum

photo by Yayoi

イギリスの美術館といえば、ここ大英博物館。

ロンドンの中心部にあり世界三代博物館のひとつとしても有名です。

ここはいつ訪れても観光客でにぎわっています。

photo by Yayoi

展示物で有名なのは「ロゼッタ・ストーン」。

古代エジプトのヒエログリフで書かれた石碑で学校の歴史の授業でよくみますよね。

いつきても常に人だかりができるほどの人気ぶりです。

photo by Yayoi

オススメは4階にある「Great Court Restaurant」

実はここ、アフタヌーンティーができるんです!

しかもお手ごろ価格!(£22+サービス料10% 約¥3500)

世界的なミュージアムでアフタヌーンティーするなんて、

考えただけでちょっと震えちゃいますよね!

photo by Yayoi

※所要時間:足早で見るなら3時間(アフタヌーンティーするなら+2時間)

※アフタヌーンティーサーブ時間:15:00~16:30


【住所】Great Russell Street London WC1B 3DG
【アクセス】Tottenham Court Road 駅から徒歩5分他
【開館時間】10:0017:30・金曜日は20:30まで(Good Fridayは除く)
閉館10分前にギャラリーは閉まります
※Good Friday=イースター休暇の一部
【休館日】1/112/24,25,26
【公式サイト】https://www.britishmuseum.org

2.ナショナル・ギャラリー The National Gallery

photo by Yayoi

かの有名なトラファルガー・スクエアにあるギャラリー。

13世紀~20世紀初頭のコレクションを中心に2,300点を超える西洋絵画が収蔵されています。

ゴッホの「ひまわり」、ダ・ヴィンチの「岩窟の聖母」など誰もが一度は耳にしたことがある作品がところ狭しと並んでいます。

photo by Yayoi

他にもモネ、セザンヌ、フェルメールなど巨匠と呼ばれる画家の珠玉の作品をみることができます。

どの部屋を訪れても名品に出会える名画の宝庫なのです。

photo by Yayoi

オススメはここからトラファルガー・スクエアを眺めること!

実はトラファルガースクエアエントランスに向かう際に、ビック・ベンがトラファルガー・スクエア越しに見えるんです!

かすかにしか見えないので晴れた日に見える富士山のような感覚です。

ぜひ晴れの日に訪れて探してみてください!

photo by Yayoi

.

photo by Yayoi

※所要時間:2時間ちょっとで一通り見て回れる(西洋絵画好きは1日いられる)


【住所】Trafalgar Square, London, WC2N 5DN
【アクセス】Charing Cross駅から徒歩約2分、Leicester Square駅から徒歩約3分
【開館時間】10:0018:00・金曜日は21:00まで
【休館日】1/112/24,25
【公式サイト】https://www.nationalgallery.org.uk

3.テート・ブリテン Tate Britain

photo by Yayoi

テムズ川沿いに佇むミュージアム。

【The world’s greatest Turner collection】

この文言が館内に掲げられており、至るところでイギリスの巨匠ウィリアム・ターナーの絵画をみることができます。

photo by Yayoi

館内は穏やかな時間が流れていて賑やかなミュージアムが苦手な方にぴったりの場所です。

photo by Yayoi

オススメはテムズ川沿いを歩いてテート・ブリテンへ!

Photo by Yayoi(ヴィクトリア塔庭園)

ウェストミンスター駅をでると目の前にはビック・ベン、テムズ川越しにはロンドン・アイが見えます。

ヴィクトリア塔庭園を通り抜けてテムズ川沿いを歩くのがオススメです!

ちょっと距離はありますが、これぞロンドン!

といった景色を楽しむことができますよ!

Photo by Yayoi (ビック・ベン工事中)

.

Photo by Yayoi (ロンドン・アイ)

※所要時間:2時間あれば満足(テムズ川沿いをゆっくり歩いてくるなら2時間半、ターナー好きは1日)

【住所】Millbank London SW1P 4RG
【アクセス】Pimlico駅から徒歩約9分、Westminster駅から徒歩約20分他
【開館時間】10:0018:00
【休館日】12/24,25,26
【公式サイト】https://www.tate.org.uk

4.テート・モダン Tate Modern

photo by Yayoi

前述の「テート・ブリテン」の姉妹ミュージアム。

こちらは20世紀以降近現代の作品が収蔵されており、ピカソやダリといった有名な画家の作品をみることができます。

photo by Yayoi

元々発電所だった建物を再利用しており、本館の「ボイラーハウス(Natalie Bell Building)」新館の「スイッチハウス(Blavatnik Building)」の2つに分かれています。

photo by Yayoi

オススメは本館6階にあるカフェ!

金融街の「City of London」を眺めながらお茶ができます!

「セント・ポール大聖堂」もばっちり見えるほど景色が最高なのです!

photo by Yayoi

またこのミュージアム、大きすぎて近くだと写真に収めきれません。

そんな時のオススメ写真スポットは「船の上」。

テムズ川クルーズをしていただくと全体をばっちり収められますよ!

※所要時間:本館のみ若干足早に回れば2時間半(カフェに行くと景色がよすぎて4時間超)

【住所】Bankside, London SE1 9TG
【アクセス】Southwark駅から徒歩約9分、St Paul’s駅から徒歩約15分他
【開館時間】10:0018:00・金、土曜日は22:00
【休館日】12/24,25,26
【公式サイト】https://www.tate.org.uk

5.ロンドン博物館 Museum of London

Photo by Yayoi

【London Starts Here】を謳っている通り、

ロンドンの歴史をたどることができるミュージアム。

旧石器時代から始まり現代に向かって展示されています。

Photo by Yayoi

近現代になると赤い電話ボックスや、ビートルズのLPなど、これぞロンドン!といったものが見られます。

photo by Yayoi

オススメは旧セント・ポール大聖堂の模型!

実はセント・ポール大聖堂、昔は尖塔のゴシック建築でした。

photo by Yayoi

今は丸いバロック建築となっています。

ここからセント・ポール大聖堂まで約徒歩5分!

ということで、見比べることができます!

photo by Yayoi

.

Photo by Yayoi
(セント・ポール大聖堂 丸天井の真下)

また入り口に入ってすぐにある、

【1666 Great Fire 2012 Olympic Fire】も見逃さずに!

この1666年にあった大火災で尖塔の旧セント・ポール大聖堂は燃えてしまいました。

ここでロンドンの歴史を学んでから街を散策するとさらに楽しくなりますよ!

Photo by Yayoi

※所要時間:1時間半あれば満足(セント・ポール大聖堂の外観を見に行くと2時間超)

【住所】150 London Wall, EC2Y 5HN
【アクセス】Barbican 駅から徒歩約5分、St Paul’s 駅から徒歩約5分他
【開館時間】10:0018:00 ギャラリーは17:40に閉まります
【休館日】12/24,25,26
【公式サイト】https://www.museumoflondon.org.uk

6.ヴィクトリア&アルバート(V&A)博物館 Victoria and Albert (V&A)Museum

photo by Yayoi

146室からなる巨大なミュージアム。

ここには絵画・彫刻・金属細工・家具・服飾など多岐にわたる作品が展示されています。

photo by Yayoi

また館内には世界初のミュージアム併設のカフェ、「V&Aカフェ」や、広々とした中庭があるのも魅力的です。

photo by Yayoi

オススメはルーム40にあるファッションコレクション!

これぞファッション界を牽引するロンドン!

といった量のファッションに関する展示が満載!

ここだけで1時間以上かかってもおかしくないです。

Mary Quantのドレスやブーツ、1949年に発行されたVogueなどみていて飽きません。

photo by Yayoi

もうひとつのオススメはミュージアムショップ!

photo by Yayoi

可愛い雑貨満載でみているだけで楽しめます!

ちょっと変わったお土産を探すのにもオススメです!

Photo by Yayoi

※所要時間:足早に回って2時間(ファッション好き、雑貨好きは4時間)

【住所】Cromwell Road London, SW7 2RL
【アクセス】South Kensington駅から徒歩約5分(地下通路あり)
【開館時間】10:0017:45・金曜日は22:00まで
閉館15分前にギャラリーは閉まります
金曜日17:30以降一部ギャラリー閉鎖あり
【休館日】12/24,25,26
【公式サイト】https://www.vam.ac.uk

7.ロンドン自然史博物館 Natural History Museum

Photo by Yayoi

前述のV&A博物館に隣接するミュージアム。

自然系の博物館としてはイギリス最大で、いつも人で賑わっています。

動物の剥製、昆虫の標本など自然系の展示がこれでもか!と至るところに展示されています。

クロムウェル ロード側の入り口を入ると、巨大な Blue whale skeleton(鯨の骨)がお出迎えしてくれます。

Photo by Yayoi

また人気があるのがブルーゾーンにあるダイナソーエリア。

動くティラノサウルスやトリケラトプスの骨などが展示されています。

Photo by Yayoi

.

Photo by Yayoi

オススメはこの建物そのもの!外観がとにかく美しいです。

地下通路を通って外に出た瞬間に見える圧倒的な迫力の建物は一見ミュージアムだとは思えません。

外観だけでもインスタ映えすること間違いなしです!

Photo by Yayoi

※所要時間:2時間予定がゆっくりまわりすぎて3時間(外観の写真を撮っていたら3時間半超)

【住所】Cromwell Road London SW7 5BD
【アクセス】South Kensington駅から徒歩約5分(地下通路あり)
【開館時間】10:0017:50(最終入館時間 17:30)
【休館日】12/24,25,26
【公式サイト】https://www.nhm.ac.uk

アートを身近に感じるならロンドンへ!

Photo by Yayoi

いかがでしたか?

こちらでご紹介したミュージアムは無料(一部企画展は除く)で入館できます。

これは全ての人にアートを身近に感じてほしい、アートは平等に公開されるべきだ、という考えがイギリスに根付いているからです。

観光客にも無料で開放してくれるなんてありがたいですよね!

そのかわり館内マップが£1~2で寄付という形で館内に置かれています。

入館料代わりに寄付してもよいかもしれませんね!

ロンドン在住者オススメ!イギリスの世界遺産13選

かつて大英帝国と呼ばれたイギリス。壮大なイメージを持たせるその名の通り、イギリスには数多くの歴史的建造物が存在し、31件もの世界遺産が存在しています。今回はイギリス観光の際には訪れたい世界遺産を厳選して紹介していきます。

ロンドン在住者オススメ!ピクニックが楽しめるロンドン市内の公園10選

ロンドンは世界的に有名な大都市でありながら、緑豊かな公園が多く集まっていることでも有名です。少しでも太陽が顔を出せば多くの人が公園で日光浴やピクニックを楽しみます。今回はロンドン市内でピクニックも楽しめる公園10選を紹介していきます!

Staywayについて

Staywayは、ホテルや旅館に加え、ゲストハウスや民泊・バケーションレンタルなど、様々な宿泊体験の選択肢を提供しています。

自分の好みに合った滞在先を選択することで、より充実した時間を過ごすことができます。

皆さんも、Staywayでご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を探してみませんか♪

Yayoi
ヨーロッパとアフタヌーンティーを愛してやまないOLトラベラー✈ 好きが高じてイギリス🇬🇧在住歴あり。 世界中のアフタヌーンティーを巡るのが現在の生きがい。 6月から4ヶ月間イギリス戻ります👍 ヨーロッパの濃い情報を発信して参ります!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で