ロンドン在住者オススメ!ピクニックが楽しめるロンドン市内の公園10選

Kumi

トラベルライター

シェアありがとうございます

photo by Kumi

ロンドンは世界的に有名な大都市でありながら、緑豊かな公園が多く集まっていることでも有名です。少しでも太陽が顔を出せば多くの人が公園で日光浴やピクニックを楽しみます。今回はロンドン市内でピクニックも楽しめる公園10選を紹介していきます!

【時差】マイナス9時間(サマータイム中はマイナス8時間)
【言語】イギリス英語
【通貨】イギリスポンド
【気候】日本に比べて気温が若干低く、夏でも30度を超える日は数える程度

第10位 リッチモンドパーク

View this post on Instagram

A post shared by Metro UK (@metro.co.uk) on

第10位はリッチモンドパークです。

ロンドンの南西部に位置する高級住宅街エリアリッチモンドにあるリッチモンドパークはロンドン最大の王立公園として有名です。また何百頭ものシカが生息していることでも有名で、人懐こいシカたちとともにゆったりとした時間を過ごすことも可能です。

さらに春夏にはツツジやシャクナゲの花が園内に咲き乱れ、また園内の高台からはロンドンを一望することもできます。

【地図】

【正式名称】Richmond Park
【住所】Richmond, London
【アクセス】地下鉄もしくはナショナルレイル「リッチモンド駅」から徒歩30分
【ホームページ】https://www.royalparks.org.uk/parks/richmond-park

第9位 グリニッジパーク

View this post on Instagram

A post shared by @LONDON (@london) on

第9位はグリニッジパークです。

世界標準時で有名なグリニッジにあるグリニッジパークはロンドンで最も歴史のある王立公園として有名で、シカやキツネのほか、70種類以上もの鳥たちが生息していることでも知られています。

また春には見事な桜が園内に咲き乱れ、日本的な桜並木はロンドン市民、また観光客を魅了し、また日本のお花見を懐かしむ在英日本人も多く訪れます。

【地図】

【正式名称】Greenwich Park
【住所】Greenwich, London SE10 8QY
【アクセス】ナショナルレイル「グリニッジ駅」から徒歩15分
【ホームページ】https://www.royalparks.org.uk/parks/greenwich-park

第8位 ロンドンフィールズ

View this post on Instagram

A post shared by Broadway Market (@broadwaymarket) on

第8位はロンドンフィールズです。

ロンドン北部のハックニー地区は若者に人気なバーやクラブなどが集まりロンドンでも人気のエリアの一つです。

そのハックニーにあるロンドンフィールズはロンドンで最もトレンディな公園と称されることも多く、多くの若者で賑わいます。

近隣にはフードストールも多く立ち並ぶブロードウェイマーケットがあり、食料を持参しなくともピクニックを十分に楽しむことも可能です。

また通常ロンドンの公園ではバーベキューをすることが禁止されていますが、ロンドンフィールズはロンドンで唯一バーベキューが可能な公園としても知られています。

【地図】

【正式名称】London Fields
【住所】London Fields Westside E8 3EU
【アクセス】オーバーグラウンド「ロンドンフィールズ駅」徒歩1分
【ホームページ】https://www.hackney.gov.uk/london-fields

第7位 バターシーパーク

View this post on Instagram

A post shared by Wandsworth Council (@wandsworth_council) on

第7位はパターシーパークです。

ロンドンはよくテムズ川の北部は安全なエリア、南部は危険なエリアと言われてきましたが、テムズ川の南に位置するバターシー地区は最近アメリカ大使館が移動し、高級ホテルや構想マンションが建設されるなど高級住宅街として変貌しつつあります。

そのバターシー地区にあるバターシパークは園内にアートギャラリーがあったり小さな動物園があったりと、ただ緑を楽しむだけでなく、1日いても飽きない魅力満載の公園です。

また園内には日本の仏教徒によって建てられたパゴダ(仏塔)があり、公園のシンボル的存在となっています。

【地図】

【正式名称】Battersea Park
【住所】Battersea, London SW11 4NJ
【アクセス】ナショナルレイル「バターシーパーク駅」から徒歩2分
【ホームページ】https://www.wandsworth.gov.uk/batterseapark

第6位 ヴィクトリアパーク

View this post on Instagram

A post shared by Tower Hamlets (@towerhamletsnow) on

第6位はヴィクトリアパークです。

ヴィクトリアは第8位で紹介したロンドンフィールズと同じくトレンディなハックニー地区にある公園です。

園内にはシカやリス、ガチョウなど多くの野生の動物や鳥たちが集まり、また地元の人たちで運営されているガーデンセンターも人気があります。

なお、11月初旬に開催される花火大会も多くの人を魅了しています。

【地図】

【正式名称】Victoria Park
【住所】Grove Rd, London E3 5TB
【アクセス】地下鉄「マイルエンド」駅から徒歩15分
【ホームページ】https://www.towerhamlets.gov.uk/lgnl/leisure_and_culture/parks_and_open_spaces/victoria_park/victoria_park.aspx

第5位 リージェンツパーク

ロンドン、公園、イギリス
photo by Kumi

第5位はリージェンツパークです。

ストリートマーケットが人気のカムデン地区に隣接するリージェンツパークはロンドン動物園、ローズガーデンで人気の公園です。

園内には日本庭園もあり、また夏にはミュージックフェスティバルなども開催されるなど、公園としてだけでなく様々な楽しみ方を堪能できる公園です。

【地図】

【正式名称】The Regents’s Park
【住所】Chester Rd, London NW1 4NR
【アクセス】地下鉄リージェンツパーク駅からすぐ
【ホームページ】https://www.royalparks.org.uk/parks/the-regents-park

第4位 ハムステッドヒース

ロンドン、公園、イギリス
photo by Kumi

第4位はハムステッドヒースです。

ロンドンでも最も高級なエリアと言われるハムステッド。多くのセレブリティが居を構えるエリアとしても有名で、そのハムステッドにあるハムステッドヒースは320ヘクタールほどもある大きな公園です。

園内にはロンドンにいることを忘れるほどの巨大な芝地、樹齢何百年ともなる大きな木々が植えられ、キツネなどの野生動物も多く生息しています。

また園内には遊泳可能な池があり、夏の日差しが心地よい日には多くの遊泳客で賑わいます。

【地図】

【正式名称】Hampstead Heath
【住所】Hampstead, London
【アクセス】オーバーグラウンド「ハムステッドヒース駅」すぐ
【ホームページ】https://www.hampsteadheath.net/

第3位 セントジェームズパーク

View this post on Instagram

A post shared by The Royal Parks (@theroyalparks) on

第3位はセントジェームズパークです。

バッキンガム宮殿、ウェストミンスター寺院など有名観光地から徒歩数分ほどの距離にあるセントジェームズパーク。もともとは貴族のためのシカ庭園として設立されました。

園内の中央に位置する池には水遊びを楽しむアヒルや白鳥たちが集い、また園内にはいくつものアイスクリームスタンドがあり、夏の暑い日にはアイスクリームを買い求める人で長蛇の列ができることも稀ではありません。

【地図】

【正式名称】St. James’s Park(英語の発音では、セントジェイムズィーズパークとなるので注意)
【住所】London SW1A 2BJ
【アクセス】地下鉄「線トジェームズパーク駅」徒歩3分
【ホームページ】https://www.royalparks.org.uk/parks/st-jamess-park

第2位 グリーンパーク

View this post on Instagram

A post shared by The Royal Parks (@theroyalparks) on

第2位はグリーンパークです。

日本大使館の目の前、また高級ホテル「ザ・リッツ」に隣接するグリーンパークはもともとは王室の狩猟場として設立されました。

1826年に一般市民も利用できるようになり、その後はロンドン市民また観光客の都会のオアシス的存在として親しまれています。

【地図】

【正式名称】Green Park
【住所】London SW1A 1AA
【アクセス】地下鉄「グリーンパーク駅」すぐ
【ホームページ】https://www.royalparks.org.uk/parks/green-park

第1位 ハイドパーク

View this post on Instagram

A post shared by The Royal Parks (@theroyalparks) on

第1位はハイドパークです。

ロンドンで最も大きな王立公園の一つハイドパーク。園内にはボートを楽しむことのできる池があり、アヒルや白鳥なども楽しそうに水遊びをしています。

また週末には有名なスピーカーズコーナーで、一般の人々が演説をしている姿を楽しむことができます。もし英語に自信があるのであれば、何か演説してみてはいかがでしょうか?

【地図】

【正式名称】Hyde Park
【住所】London
【アクセス】地下鉄「ハイドパークコーナ駅」または「マーブルアーチ駅」から徒歩すぐ
【ホームページ】https://www.royalparks.org.uk/parks/hyde-park

ロンドンは公園の宝庫!

ロンドン、イギリス、公園
photo by Kumi

ロンドンは大都市でありながら多くの公園であふれているのも魅力です。

多くの人が一年を通して公園でくつろぎ、夜10時近くまで明るい夏には仕事帰りに公園で1日の疲れを取ったり、友人たちとお酒を楽しんでいる姿を見かけることも少なくありません。

ぜひロンドン滞在の際はロンドンっ子に混じって、公園でくつろいでみましょう!

イギリスについてはこちらからもどうぞ♪

かつて大英帝国と呼ばれたイギリス。壮大なイメージを持たせるその名の通り、イギリスには数多くの歴史的建造物が存在し、31件もの世界遺産が存在しています。今回はイギリス観光の際には訪れたい世界遺産を厳選して紹介していきます。
イギリスのデザートやスイーツはフランスやイタリアのスイーツに比べ、あまり手を加えられ過ぎていない素朴な味わいが特徴で、老若男女問わず、イギリス人はみんな甘いものが大好きです。今回はイギリスに来たら食べるべきスイーツを紹介していきます。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Kumi
自称前世はロンドン人。紆余曲折あったものの長年の夢を叶え、数年前に拠点をロンドンに移し、ロンドンライフを満喫中。
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で