在住者おススメ!ロンドンのストリートマーケット7選!

Kumi

トラベルライター

ロンドン、マーケット、スピタルフィールズ
photo by Kumi
ロンドンはストリートマーケットが盛んな街。

週末に限らず、連日市内のいたるところでストリートマーケットが開催されており、普通のショップでは見つからない掘り出し物を見つけることも可能です。

今回はロンドンのお勧めストリートマーケットを紹介します。

時差 マイナス9時間(サマータイム中はマイナス8時間)
言語 イギリス英語
通貨 イギリスポンド
気候 気温は一年を通して東京より若干低く、夏でも30度を超える日は数日程度

第7位 アップルマーケット

ロンドン、アップルマーケット、ストリート
photo by Kumi
第7位はアップルマーケットです。

オードリー・ヘップバーン主演の映画「マイ・フェア・レディ」のロケ地として有名なロンドンの人気観光エリア、コヴェント・ガーデン。

そこで連日開催されるアップルマーケットは、アクセサリーやソープ類、絵画など、様々なストール(屋台)が所狭しと並び、日々多くの観光客、地元の人を魅了しているマーケットです。

その場で似顔絵を描いてくれるストールもあり、また近辺にはラデュレのカフェを始め、オシャレなカフェやレストランも多くあります。

さらには大道芸人によるショーも開催されるなど、ショッピングのみならず様々な楽しみ方のできるマーケットです。

【住所】21 The Market, London WC2E 8RD
【アクセス】地下鉄コヴェントガーデン駅から徒歩1分
【営業時間】10時から18時
【公式サイト】https://www.coventgarden.london

第6位 オールドスピタルフィールズマーケット

View this post on Instagram

A post shared by Old Spitalfields Market (@oldspitalfieldsmarket) on

第6位はオールドスピタルフィールズマーケットです。

若者を中心に人気のロンドンのイーストエリア。オシャレなバーやレストラン、カフェ、クラブなどが集まり、日々流行に敏感な人たちが行き交うエリアです。

そんなロンドンイーストエリアにあるオールドスピタルフィールズマーケット。手頃な値段のアクセサリー類から本格的なレザー製品、昔懐かしいレコードまで様々な販売されているマーケットです。

またマーケットを囲むようにカフェやレストランが軒を連ね、訪問客のお腹を満たしてくれます。

【住所】16 Horner Square, London E1 6EW
【アクセス】地下鉄リヴァプールストリート駅から徒歩3分
【営業時間】9時から17時30分(曜日によって異なる)
【公式サイト】https://oldspitalfieldsmarket.com

第5位 ブリックレーンマーケット

ロンドン、ブリックレーン、マーケット

photo by Kumi
第5位はブリックレーンマーケットです。

第6位のオールドスピタルフィールズマーケットから徒歩5分ほどの距離で開催されるブリックレーンマーケット。

ブリックレーンマーケットはヴィンテージの洋服を扱うストールが多いことで有名です。平日もいくつかのストールが出店していますが、お勧めは日曜日です。ブリックレーンと呼ばれるストリートに 所狭しとストールが並び、掘り出し物が見つかること間違いありません。

ブリックレーンマーケットはヴィンテージファッション好きにはお勧めのマーケットです。また数多くのストリートアートもブリックレーンの魅力の一つとなっています。

【住所】91 Brick Ln, London E1 6QR
【アクセス】地下鉄リヴァプールストリート駅から徒歩5分
【営業時間】毎週土曜日11時から18時、日曜日10時から17時
【公式サイト】http://www.bricklanemarket.com

第4位 バラマーケット

View this post on Instagram

A post shared by Borough Market (@boroughmarket) on

第4位はバラマーケットです。

バラマーケットは「ロンドン橋落ちる」の歌で有名なロンドンブリッジ近くにあるフードマーケットです。ロンドンっ子のお腹を満たす新鮮な食材が豊富に販売されています。

また観光客でも気軽に購入しやすいチョコレートやケーキも販売されており、連日朝早くから多くの人で賑わっています。

なおマーケットにはストリートフードのストールも多く出店しており、新鮮な食材を使った美味しいフードを味わうことも可能です。

【住所】8 Southwark St, London SE1 1TL
【アクセス】地下鉄ロンドンブリッジ駅から徒歩5分
【営業時間】10時から17時(曜日によって異なる)
【公式サイト】http://boroughmarket.org.uk

第3位 コロンビアロードフラワーマーケット

ロンドン、コロンビアロード、マーケット
photo by Kumi
第3位はコロンビアロードフラワーマーケットです。

コロンビアロードフラワーマーケットはブリックレーンマーケットから歩いて5分ほどの距離にあるコロンビアロードで毎週日曜日に開催されるフラワーマーケットです。

切り花から鉢植え、またお部屋のインテリアにぴったりなミニサイズのサボテンなど色鮮やかな花々がとても安い値段で販売されており、マーケットは満員電車並みに混み合います。

ロンドンは地下鉄の駅の出口に必ずフラワーショップのストール(屋台)があると言っても過言ではないほど、気軽に花束を買うことができますが、どうしても割高になりがちです。

そのため、お花好きの人たちはコロンビアロードマーケットでまとめ買いをしています。

【住所】Columbia Rd, London E2 7RG
【アクセス】地下鉄リヴァプールストリート駅から徒歩10分
【営業時間】毎週日曜日8時から15時
【公式サイト】http://www.columbiaroad.info

第2位 ポートベローマーケット

View this post on Instagram

A post shared by Portobello & Golborne Market (@visitportobello) on

第2位はポートベローマーケットです。

ポートベローマーケットは、アンティークで有名なマーケットで、映画「ノッティングヒルの恋人」で有名になったノッティングヒルにあるポートベローロード沿いで開催されるマーケットです。

アンティーク雑貨のほか、フードストールも多く出店しているため、マーケットには美味しい香りが常に漂っています。

またポートベローロード周辺はカリビアン諸国出身の人たちが多く居住している地域でもあり、週末にはカリビアン音楽のレコードを販売するストールも出店されます。

さらにポートベローマーケット周辺では毎年8月末にロンドン最大のお祭りの一つ、ノッティングヒルカーニバルが開催され、イギリス中から多くの人が集まります。

【住所】Portobello Road, London, W11
【アクセス】地下鉄ノッティングヒルゲイト駅から徒歩5分
【営業時間】9時から18時(曜日によって異なる)
【公式サイト】http://www.portobelloroad.co.uk/the-market

第1位 カムデンマーケット

photo by Kumi
第1位はカムデンマーケットです。

カムデンマーケットはロンドンの北部、地下鉄カムデンタウン駅周辺に広がるマーケットで、一年を通して多くの観光客で賑わうマーケットです。

オシャレなストリート系の服からアクセサリー、フードストール、またタトゥーやピアスのストールが並び、週末は駅が入場制限されるほどの賑わいを見せます。

またカムデンはマーケット周辺にはクラブやライブハウスなどが立ち並び、音楽好きの人にも人気のエリアです。

【住所】【アクセス】地下鉄カムデンタウン駅から徒歩3分
【営業時間】10時から18時
【公式サイト】https://www.camdenmarket.com

ロンドンのマーケットで掘り出し物を見つけてみよう!

いかがでしたか?

マーケットでの買い物の楽しみはなんと言っても通常のお店では見つけられない掘り出し物に出会えることです。またお店の人とのやりとりもマーケットならではの醍醐味です。

英語に不慣れでも片言の英語でコミュニケーションは十分に取れるので、英語に自信のない人も心配ありません。

またマーケットでは値切り交渉も可能です。

ぜひロンドンのマーケットでよりお得に掘り出し物を見つけてみましょう!

ロンドン旅行前に要チェックです🌞 icon-hand-o-down

1日に四季があり、また雨がよく降ると言われるイギリスの天気。ロンドン旅行を計画している人にとってどんな洋服を持っていけばよいか迷うことでしょう。今回はロンドン旅行に役立つ気候、また持参すべき洋服についてご案内します。

ロンドン観光情報まとめました!✨ icon-hand-o-down

イギリスの首都、ロンドン。歴史的建造物と近代的な観光スポットも多く、地下鉄で手軽に移動ができる便利な都市です。そこでロンドンを9つのエリアに分け、それぞれの観光スポットをご紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。
皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Kumi
自称前世はロンドン人。紆余曲折あったものの長年の夢を叶え、数年前に拠点をロンドンに移し、ロンドンライフを満喫中。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で