絶景のビーチリゾートを満喫!マレーシアのおすすめの離島7選

Vista

トラベルライター

マレーシア 水上コテージPhoto by adobestock

マレーシアといえば美しいビーチの数々!

マレーシアには複数の離島があり、それぞれで異なる雰囲気を楽しむことができます。そこで本記事では、マレーシアの離島の中でもここは欠かせない!という人気のものを紹介します。

【マレーシアの基本情報】
時差:-1時間
言語:マレー語
通貨:MYR
気候情報:一年を通して30度前後の気温が続きます。また、スコールと呼ばれる集中豪雨が頻繁に起こります。

第7位 ティオマン島

View this post on Instagram

Lemons and Palmtreesさん(@lemonsandpalmtrees)がシェアした投稿

ティオマン島は、マレー半島東海岸の北東に位置しています。サンゴ礁が多いことから、この島にはダイバーが世界中から集まっています。

また、映画”南太平洋”の撮影地となったことでも有名。ティオマン島では、北部のモンキービーチが最も美しいといわれているので、ぜひ訪れましょう!

【正式名称】Pulau Tioma
【住所】Mersing, Pahang
【アクセス】メルシンからフェリーで約2時間

第6位 パンコールラウ島

View this post on Instagram

Pangkor Laut Resortさん(@pangkorlautresort)がシェアした投稿

パンコールラウ島とは、車で20分ほどで一周することができてしまう小さな島。

パンコールラウ島には、世界のビーチ100選に選ばれたことがあるエメラルド ベイがあり、観光客だけではなく、地元の人もこのビーチを求めて多く集まります。

また、運が良ければ芸能人や海外セレブに会うことができるかもしれません!

とても静かな雰囲気なので、思い切りアクティビティやショッピングを楽しむというよりも、何もせずにゆったりとした時間を過ごしたいという人におすすめの離島です。

【正式名称】Pangkor Laut
【住所】32300 Lumut, Negeri Perak
【アクセス】KLスバン空港から飛行機で約40分

第5位 シパダン島

View this post on Instagram

PSR Resortsさん(@psrresorts)がシェアした投稿

マレーシアの離島の中でも特にダイバーから人気を集めているシパダン島。この島は無人島となっており、観光保護のために1日に島に行くことができる人の数が限定されています。

そのため、人の手が加えられていないありのままの姿の自然に触れることができます。

シパダン島で見ることができるのは、なんと400種以上の魚と数百種類の珊瑚!ダイバーであれば人生に一度は訪れたい絶景のビーチです!

【正式名称】Sipadan Island
【住所】Sipadan Island
【アクセス】マブール島からボートで30分

第4位 レダン島

View this post on Instagram

VOVSK Discover New Malaysiaさん(@discovernewmalaysia)がシェアした投稿

レダン島は、マレーシアだけではなく、東南アジアのビーチの中でもトップを争うほどの美しさ。まだまだ知名度が低いため、穴場としても知られています。

エメラルドグリーンのビーチと白浜のビーチが広がり、何時間でものんびりと過ごすことができます。

また、ダレン島ではビーチだけではなく、美しい星空も見ることができます。アルコール片手に、静寂の中で長い夜を楽しむのもいいでしょう。

【正式名称】Redang Island
【住所】Pulau Redang, 21090 Kuala Terengganu, Terengganu
【アクセス】JETTY SHAHBANDARフェリーターミナルからフェリーで約2時間

気になる第3~1位は?>>>

Vista
ベルリン在住のフリーランスライター。アメリカ留学とシンガポール在住経験もあり。 趣味は海外旅行で現在訪れた国は25か国以上🌍50を目標に常に次の旅行中を模索中!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で