マレーシアで使える言語は?覚えると便利な公用語のフレーズも紹介!

Vista

トラベルライター

Photo by adobestock

旅行へ行く際に事前に調べておきたいことの1つが現地で話されている言語です。アジア各国ではそれぞれの国で独自の言語が使用されており、マレーシアも例外ではありません。

そこで本記事では、マレーシアの公用語について紹介します。

【マレーシアの基本情報】
時差:-1時間
言語:マレー語
通貨:MYR
気候情報:一年を通して30度前後の気温が続きます。また、スコールと呼ばれる集中豪雨が頻繁に起こります。

1. マレーシアの公用語

マレーシアPhoto by AdobeStock

マレーシアでは、マレー語いう言語が使用されています。

マレー語はマレーシア以外にも、シンガポール、フィリピン、タイなど東南アジアで使用されており、話者数は約2500万人となっています。

そんなマレー語は、ラテン文字26文字を使用しています。基本的には母音と子音の二文字の組み合わせによって、マレー語は構成されています。

ラテン文字を使用していることから一見理解しやすいようですが、「ny」「ng」など英語にはない発音も存在するので、地名などを読む際には苦戦することがあるでしょう。

2.マレーシアで英語は通じるの?

英語Photo by geralt

マレーシアの英語力は高いことで知られており、シンガポールに次ぐアジア2位と評価されています。これはマレーシアがかつてイギリスの植民地であったことが大きく関係しており、街の中でもマレー語と英語が併用されていることがほとんどです。

また、マレーシアは移民が多いため、お互いにコミュニケーションをとるために英語を利用する機会が多いというのも、英語力が高い理由です。

そのため、空港、ホテル、駅、ショッピングモールなど、観光の際の訪れることが多いスポットでは、英語さえ知っていれば問題なく過ごすことができます。

また、マレーシアの大学は英語で授業を行っていることも多いため、若者のほとんどは英語を話すことができます。しかし、地方に行った際や年配の人はなどは、訛りの強い英語を話すことも多いので、まれに理解しにくいと感じることがあるかもしれません。

3.マレー語のフレーズ

言語Photo by geralt

挨拶

マレーシアで使える最も基本的なフレーズ、挨拶です。これらのフレーズは観光客であっても毎日利用することができるので、ぜひ旅行前に覚えておきましょう。

特に海外では店員さんとのコミュニケーションは必須です。お店に入った時や出る時など、必ず挨拶をするようにしましょう。

Selamat pagi (スラマッ パギ):おはよう
Selamat tengah hari(スラマッ トゥンガハリ):こんにちは
Helo(ヘロー(:こんにちは
Selamat petang(スラマッ プタン):こんばんは
Selamat malam(スラマッ マラム):こんばんは、おやすみ
Terima kasih(テリマカシ):ありがとう
Samasama(サマサマ):さようなら
Minta maaf.(ミンタ・マアフ):ごめんなさい
Ya/Tidak(ヤー /ティダッ):はい/いいえ
Minta maaf(ミンタ マアフ):すみません。

自己紹介に使える表現

マレーシアの人はとてもフレンドリー!会話をする機会があった際には、簡単に自己紹介をして仲良くなるのもいいでしょう。

Selamat berkenalan.(スラマッ ブルクナラン):はじめまして
Siapa nama anda?(スィヤパ・ナマ・アンダ):あなたの名前は何ですか?
Nama saya 〜(ナマ サヤ~):私は~です。
Apa khabar?(アパ カバー):お元気ですか?
Khabar baik.(カバル バイッ):元気です。
Saya orang Jepun.(ジサヤ・オラン・ジェプン):私は日本人です。
Nasılsın?( ナスルスン?):気分はどう?

旅行中の便利な表現

ショッピングの際や、レストラン、駅、ホテルなどでコミュニケーションをとる際に使える表現です。意外と使えるシーンが多いので覚えておくといいでしょう。

Di manakah Pengurup wang?(ディ マナカ プングルッ ワン?):両替はどこにありますか?
Saya sesat jalan(サヤ セサッ ジャラン):道に迷いました。
Di manakah bas/keretapi yang pergi ke ~?(ディ マナ カ バス/クェレタピ ヤン プルギ ク~?):~行きの電車/バスはどこですか?
Di manakah Tandas?(ディ マナカ タンダス?):お手洗いはどこですか?
Mari makan(マリ マカン):いただきます。
Sedap(スダッ):美味しい
Terima kasih(トゥリマ カシ):ご馳走さまでした。
Berapakah harga ini?(ブラパカ ハルガ イニ):いくらですか?
Apakah ini ?(アパカ イニ):これはなんですか?
Boleh murah sikit?(ボレ ムラ シキッ):まけてください。
Sila Kira(シラ キラ):お会計お願いします。
Adakah sesiapa yang boleh berbahasa Jepun di mula?(アダカ ススィアパ ヤン ボレ ブルバハサ ジュプヌ ディ ムラ?):日本語を話せる人はいますか?

マレー語を学ぼう!

マレーシアではほとんどの場所で英語が使えますが、マレー語を知っていれば現地の人とより仲良くなることができます。

マレーシアに行く際は、ぜひ今回紹介したフレーズを使用してみましょう!

マレーシアのリゾートを満喫!おすすめビーチ10選

アジアといえば美しいビーチ!多数の離島を所有するマレーシアにも、もちろん絶景とも呼べるビーチがたくさんあります。そこで本記事では、マレーシアのおすすめのビーチを紹介します。

バラマキから自分用まで、マレーシアで買って良かったお土産10選

マレーシアは、国土の約60%を熱帯雨林が占める自然豊かな国です。 旅行先としては少々マイナーですが、自然の中で動物と触れ合ったり、多民族の国ならではのグルメを満喫したりとアジアの魅力が詰まった国です。 今回は、マレーシアでおすすめしたいお土産をご紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Vista
ベルリン在住のフリーランスライター。アメリカ留学とシンガポール在住経験もあり。 趣味は海外旅行で現在訪れた国は25か国以上🌍50を目標に常に次の旅行中を模索中!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で