マレーシアの世界遺産!魅力から、アクセス・ベストシーズンを解説!

Vista

トラベルライター

マレーシア クアラルンプールPhoto by adobestock

マレーシアというとビーチリゾートのイメージが強いですが、マレーシアの魅力はそれだけではありません。

2019年3月現在、マレーシアには4つの世界遺産があり、壮大な自然に触れたり、歴史を学ぶことができます。

そこで本記事では、マレーシアの世界遺産を紹介します。

【マレーシアの基本情報】
時差:-1時間
言語:マレー語
通貨:MYR
気候情報:一年を通して30度前後の気温が続きます。また、スコールと呼ばれる集中豪雨が頻繁に起こります。

1 ボルネオ島のキナバル自然公園

View this post on Instagram

Christopher Jamesさん(@christopherjameslynn)がシェアした投稿

ボルネオ島のキナバル自然公園は、マレーシア初の世界遺産として、2000年に世界自然遺産に登録されました。自然公園内には富士山よりも高い東南アジア最高峰であるキナバル山を含む、3つの山があります。

そして、山岳植物園では、南国らしい植物に出会うことができます。特に、直径1mもあるラフレシアは必見です。

さらに、空中遊歩道のキャノピーウォークやポーリン温泉、バタフライファームなどの見どころもあります。

これらをゆっくりと周りたいという人は、キナバル自然公園周辺のコテージに宿泊するのもいいでしょう。キナバル山の山頂へは2泊3日ほどでたどり着くことができます。

1~4月は比較的天候がいいとされているので、キナバル自然公園を満喫することができます。

【正式名称】Taman Negara Gunung Kinabalu, Kundasang, Sabah
【住所】89300 Ranau, Sabah
【アクセス】コタ・ブルーから車で約1時間半

2 グヌン・ムル国立公園

View this post on Instagram

Mat Travelさん(@mattravelmy)がシェアした投稿

ボルネオ島のキナバル自然公園と同じく、2000年に世界自然遺産に登録されました。

グヌン・ムル国立公園は、なんと東京23区と同じサイズ!そして、グヌン・ムル国立公園の6割は熱帯雨林となっており、ディア・ケイブやラングス・ケイブ、ウィンド・ケイブ、クリアウォーター・ケイブの4つの洞窟が公開されています。

中でもクリアウォーター・ケイブは全長100kmもあり、自然の壮大さを感じることができます。

公園内にはボードウォークが設置されているので、風景の変化を楽しみつつぜひ徒歩でそれぞれのスポットを巡りましょう!グヌン・ムル国立公園のジャングルは、アマゾンやアフリカ大陸に存在するものよりも古いとされており、様々な動物に出会うことができますよ!

ベストシーズンは比較的雨の少ない3~10月で、6月~9月がピークシーズンとなります。

【正式名称】Gunung Mulu National Park
【住所】Sarawak
【アクセス】ブルネイ ダルサラームから車で約1時間
【公式サイト】http://www.mulupark.com/

3 マラッカとジョージタウン

View this post on Instagram

— E R N I Eさん(@jiaxern)がシェアした投稿

マラッカとジョージタウンは、2008年に世界文化遺産に登録されました。

マラッカとは、東西貿易や文化の交流点として栄えていたマレーシアの最古の都市。ここではヨーロッパとの香辛料の貿易が盛んに行われており、1511年からはポルトガルが支配下にありました。

一方でペナン島の北東部に位置する地区ジョージ・タウンは、首都クアラルンプールに次ぐマレーシア第2の都市であり、かつてはイギリスの支配下にありました。ジョージ・タウンという名も、イギリス国王ジョージ4世にちなんで付けられたとされています。

これらの歴史背景から、マラッカとジョージタウンでは、ヨーロッパの雰囲気が残るコロニアル調の歴史的建造物を楽しむことができます。

その他、マレーシアのプラナカン文化も根付いており、島内を歩いているだけで様々な国の文化を見ることができます。

マラッカとジョージタウンを訪れるのであれば、乾季の12~2月頃がベストシーズンとなります。

【正式名称】George Town
【住所】George Town
【アクセス】ペナン島北東部

4 レンゴン渓谷の考古遺産

View this post on Instagram

Abantika Parasharさん(@abantikaparashar)がシェアした投稿

マレーシアで最も新しい世界遺産で、2012年に世界文化遺産に登録されました。

レンゴン渓谷は200万年にも及ぶ遺跡が見つかった場所であり、アフリカを除いて世界最古の遺跡とされています。

ここからは旧石器・新石器時代に使用されていた石器などが発見されてたことからも、初期人類の生活を知るきっかけとなりました。

さらに、レンゴン渓谷では約100万年前以上にこの地で生活していたとされるマレー半島最古の人間、ペラ・マンの人骨も採掘されています。

世界的にも珍しいほど美しい状態で発見されており、実際に発見された人骨はレンゴン考古学博物館で見ることができます。

その他、数多くの石器や青銅器がレンゴン考古学博物館には展示されているので、ぜひ当時の人の生活の様子を覗いてみましょう。

レンゴン渓谷の考古遺産の観光は博物館が中心となるため年間を通して楽しむことができますが、ボルネオ島を満喫したいのであれば1~3月頃に訪れるのがいいでしょう。

【正式名称】Archaeological Heritage of the Lenggong Valley
【住所】Kota Tampan New Village, Perak, 33400 Lenggong, Perak, マレーシア
【アクセス】イポーから車で約2時間
【公式サイト】http://www.mdlg.gov.my/

マレーシアの世界遺産へ行こう

いかがでしたでしょうか?これらの世界遺産を知らなかったという人が意外と多かったかもしれません。

マレーシアに行った際にビーチを楽しむのもいいですが、こういった世界遺産にも足を伸ばし、マレーシアの異なった一面を楽しむのもいいでしょう!

何度も訪れたい!マレーシア・クアラルンプールのおすすめグルメ12選!

日本人に大人気の旅行先であるマレーシア。首都のクアラルンプールには、日本人の口に合う美味しいグルメが盛りだくさんです。今回は、クアラルンプール滞在中に1度は食べておきたいのおすすめグルメを、ランキング形式でご紹介します!

クアラルンプールのおすすめ観光スポット10選!

一年中気温の高いマレーシアは、リゾート地として人気がある一方、首都のクアラルンプールは東南アジアでも有数の世界都市です。長年、ポルトガルやイギリスの統治下にあったことから、異国文化を感じることができる街並みも観光客に人気。この記事ではマレーシア首都クアラルンプールのおすすめ観光スポットをご紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Vista
ベルリン在住のフリーランスライター。アメリカ留学とシンガポール在住経験もあり。 趣味は海外旅行で現在訪れた国は25か国以上🌍50を目標に常に次の旅行中を模索中!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で