エジプトの地中海リゾート「マルサマトルーフ」に沈没しかけた理由

Juri Mizuki

トラベルライター

シェアありがとうございます

60DD341C-8505-40A0-AD8D-6985623E21A3(Photo by Juri)

マルサマトルーフという場所を知っていますか?

それは地中海のリゾートで、私が「沈没」しかけたエジプトの楽園です。

今回はそんなマルサマトルーフについてアクセス、観光方法、安全情報について紹介いたします。

1. 沈没とは?

バックパッカーなどの長期旅行者に用いられる用語で、ある場所が気に入って長期で滞在する事を指します。

60DD341C-8505-40A0-AD8D-6985623E21A3(Photo by Juri)

人によって沈没の理由は異なりますが、物価の安さや居心地の良さ、周りの人を含めた周辺環境といったものが挙げられます。

人によって期間はまちまちで、1ヶ月程滞在する人も居れば、観光ビザの滞在期間の限界まで滞在する人も居ます。

私の場合、観光ビザが切れる1週間前程にマルサマトルーフを見つけた為、沈没できる程の時間は残されていなかったです。

それでも海の美しさは勿論のこと、地元の人たちの優しさ、そして居心地の良さを理由に6日間も滞在してしまいました。

滞在中外国人は私以外に1人しか見掛けませんでした。

地元の人たちが凄くフレンドリーでランチや夕食に何度も招待してくれました。

ランチ
(Photo by Juri)

ランチ2
(Photo by Juri) 

もっと長い時間が残されていたら絶対に沈没していたことでしょう。笑

2. マルサマトルーフで必ず訪れるべき美しい海

1 Lido(リド)

Lido beach
(Photo by Juri)

マルサマトルーフの街の中心部から歩いて10分程の位置にあるこのビーチは、街中にあると思えない程の透明度です。

海岸線を西側に向かって歩くと徐々に透明度が上がっていくのが分かるでしょう。

夏はエジプト人の観光客が集まりパラソルなどがたくさん並び賑やかになるでしょう。


正式名称:Rommel Beach
住所: Qism Moursy Matrouh,egypt
アクセス:マルサマトルーフ中心部から北に向かって徒歩10分程度

2 Ageeba bay(アギバベイ)

ここは街からは離れて居ますが、1日中ゆっくりと過ごせるくらい美しいです。

そしてターコイズブルーの海がとても美しいのが特徴です。

崖から東に10分程度歩くと美しいビーチとその周辺に建ち並ぶ別荘群が現れるでしょう。

ビーチは「アギバベイ」、崖の方は「アギバビーチ」と呼ばれています。

個人的に、このアギバベイは個人的に世界トップクラスの美しさだと思います。

Agiba bay *1
(Photo by Juri)

agiba bay*2
(Photo by juri)


正式名称:Ageeba Beach
住所:Qism Moursy Matrouh, Matrouh Governorate、egypt
アクセス:マルサマトルーフからタクシーで30~40分

3  Cleopatra beach(クレオパトラビーチ)

cleopatra beach
(Photo by Juri)

地元の人に人気のあるもう一つのビーチがクレオパトラビーチです。

ここも夏はたくさんの人で賑わいます。

正式名称:Cleopatra Beach
住所:Qism Moursy Matrouh
アクセス:マルサマトルーフからタクシーで10〜15分

3. マルサマトルーフへの行き方

・カイロからの場合

【電車】7~9月はカイローマルサマトルーフ間を寝台列車が運行しています。

所要時間は7時間、運賃は60米ドルです。

【バス】カイローアレクサンドリア間でEl turgomen バスターミナルからWest&Mid delta Coが朝7:30、19:30、15:30、16:00、17:00、22:00の間隔で運行しています。

所要時間は約5〜6時間で110エジプトポンドです。

バスチケット
(photo by Juri)

【飛行機】6〜9月の間は木曜と日曜日にカイローアレクサンドリア間でフライトが運航されています。

・アレキサンドリアからの場合

アレクサンドリアーマルサマトルーフ間では、朝7時から翌朝の2時までWest & Mid deltaのバスが運行しています。

所要は4時間で運賃は2019年5月時点で70エジプトポンドです。夏はエジプト人で混雑して忙しくなるので前もってチケットを入手するのをオススメします。

マルサマトルーフの中心部から2km程離れたバスターミナルから出発します.

4. マルサマトルーフ周辺の観光

▼Siwa(シワ)

マルサマトルーフを訪れたら、是非ついでに足を運んでいただきたいのがSiwa Oasis(シワオアシス)です。

Siwa oasis 1
(Photo by Juri)

本音を言うと、シワオアシスもマルサマトルーフと並んでメインになるような美しい自然を有する最高なリゾート地です。

大きな都市から離れていて、独自の文化を残し尚且つ美しい塩湖とオアシスを有するとても雰囲気の良い町です。

Siwa oasis 2
(Photo by Juri)

もちろん塩湖なので水に入ると浮きます。

▼Alexandria

他にも、首都カイロに続くエジプト第2の都市アレクサンドリアへもシワからバスで4時間程でアクセス可能です。

アレクサンドリアもマルサマトルーフ同様に地中海を有する街ですが、港もあるので海が汚いのが残念です。

エジプトに居るのを忘れるような美しい地中海建築が並ぶアレクサンドリアは「地中海の真珠」と呼ばれています。

Alexandria 1
(Photo by Juri)

Alexandria 2
(Photo by Juri)

ここは首都がカイロに移される前に首都が置かれていて、歴史的な建造物が海岸線に美しく並んでいます。

Alexandria 3
(Photo by Juri)

5. 安全情報

Road trip in Egypt
(Photo by Juri)

マルサマトルーフは、エジプトの中でもリビア国境から200kmという近さもあってテロへの警戒度はカイロやその他ルクソール、アスワンなどの都市よりも高いです。

特に教会などの異宗教関係の施設周辺は、イスラム過激派のテロを恐れて常に銃を持った軍の兵士が路上で警備している状態です。

エジプトでは観光客がそのテロの標的になる事が無きにしも非ずなので外務省の渡航危険情報を確認して周辺国の情勢と併せて渡航を検討してください。

マルサマトルーフで「沈没」しよう!

いかがでしたか?

マルサマトルーフという場所を初めて聞く方も多いかと思いますが、景色、人、食事に至るまで非常に素敵な場所です。

ぜひ、あなたもマルサマトルーフで「沈没」してみては!?!?

エジプトのアスワン観光を120%楽しむ弾丸24時間旅!

エジプト観光で大抵の方々はカイロ・アスワン・ルクソールを訪れる事になるでしょう。 今日はその中でもエジプト南部のアスワンの魅力と私が現に行った24時間のスケジュールを紹介しようと思います。

一生に一度は見たいピラミッド!エジプトのおすすめスポット10選!

生涯一度は訪ねたい観光地として挙げる人も多いギザのピラミッド!古代遺跡やファラオの墓など、ミステリアスな魅力に満ちている国ですが、自然が美しい国としても有名なエジプト。こちらの記事ではエジプトのおすすめ観光スポットをご紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Juri Mizuki
21歳から世界を旅し始めて5年間でラグジュアリー旅からバックパッカー旅など幅広い形での旅を経験し、これまでに102カ国渡航しました。グアテマラのアンティグアでの語学留学経験あり。トラベルコンサルタントとして旅しながらリモートで働かせていただいております。 ガイドブックなどには載ることの無いリアルな情報をここから読者の皆さんにお届けします。現在旅している人・そうでない人関係なく楽しんでいただけるメディア作りをしていければなと思います。
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で