マルタ・イムディーナに日帰りで行こう!在住者解説の基本情報とおすすめスポット6選!

うるし

トラベルライター

シェアありがとうございます

マルタ イムディーナ
Photo by Jennifer Morrow

世界中の観光客から注目されるマルタの中でも人気のスポットが、イムディーナ。

首都から少し外れたこの場所の、一体何がそんなに魅力的なのでしょうか?

この記事ではマルタに住んでいる私が、イムディーナの基本情報とおすすめスポット6選をご紹介します♪

イムディーナってどんな街?

「サイレントシティ(静寂の街)」の別名を持つイムディーナは、かつてのマルタの首都があった街です。

当時は貴族たちをはじめ、多くの人が住み賑わっていましたが、ヴァレッタへの首都の移動後の人の減少から、この名前が付いたそうです。

だからといって、さびれているわけでは決してありません!

ひっそりと落ち着いた趣を持つ入り組んだ路地裏や、貴族の館、教会、カフェなど、見どころは満載。

古都イムディーナは、中世の雰囲気がそのまま残っている、今でも観光客に大人気のスポットなのです♪

イムディーナへのアクセス

イムディーナは首都バレッタからも、繁華街のサン・ジュリアンからも、ほど良い距離にあります。

人気の観光地なだけあって、路線バスのアクセスも比較的良いのが嬉しいですね♪

バレッタからでしたら、「Valletta C2」のバス停から、51、52、53番の路線を使い、およそ30分でメインゲートの目の前のバス停「Mdina」に到着します。

サン・ジュリアンからでしたら、バス停「Spinola」から202番の路線で、およそ1時間でバス停「Telgha」に到着。メインゲートはそこから徒歩10分です!

外せない!イムディーナの見どころ6選

1. メインゲート

View this post on Instagram

Debbie Debonoさん(@debonodebbie)がシェアした投稿

イムディーナに通じる3つのゲートのうち、誰もが目にすると言ってもいいほど目立つのがこのメインゲート。

以前は架け橋がかかっていたのですが、現在は普通の橋を渡って街まで入っていきます。

門をくぐり向けるまで、テーマパークに入るかのようなわくわく感がありますよ♪

ゲートの内側には3人のマルタの守護聖人が掘られており、当時の騎士団長だったマノエル・ド・ヴェゲーナの家の紋章であるライオンの像が門に施されています。

正式名称: Mdina Gate
住所: L-Imdina
アクセス方法: バス停「Rabat 3」より徒歩5分

2. 聖パウロ大聖堂

View this post on Instagram

Travels of a Piratess 🌙さん(@travelsofapiratess)がシェアした投稿

聖パウロ大聖堂は、街を外から見た時にもわかるドームが印象的な、イムディーナの中心的な建造物の一つです。

イスラム教からの支配や大地震などで何度も倒壊してしまった過去を持っています。

現在の姿は、1702年にマルタの建築家によって再建されたものだそうです!

聖堂内は荘厳な雰囲気を持ち、美しい天井画や価値ある宗教画の数々を目にすることができますよ♪

チケットには、大聖堂博物館の観覧料も含まれているので、そちらもぜひ覗いてみてください!

正式名称: 聖パウロ大聖堂(St. Paul’s Cathedral)
住所: 2 Triq San Pawl, L-Imdina MDN 1061
アクセス方法: メインゲートより徒歩3分
開館時間: 月~土曜 9:30-17:00、日曜 15:00-17:00
料金: 大人€5、学生€3.5、12歳以下無料
電話番号: 2145 6620
公式サイトURL: https://www.metropolitanchapter.com

3. イムディーナ・グラス

View this post on Instagram

Reka Sirkoさん(@rekasirko)がシェアした投稿

イムディーナで大人気のお土産なのが、イムディーナ・グラスというガラス工房で作られたガラス細工。

マルタ島に3店あるうちの本店は、メインゲートを入ってすぐ目にすることができます。

様々な鮮やかな色が混ざりあったような模様が特徴的で、大型のガラス器の他にも、ピアスやネックレスなどの小物も品揃えが豊富なんです♡

2階には名画をモチーフにした作品の数々も売られています!

きらきらとガラスが輝く店内は、見ているだけで楽しくなるので立ち寄ってみるだけでもおススメです。

正式名称: イムディーナ・グラス(Mdina Glass Shop)
住所: Triq Inguanez, L-Imdina
アクセス方法: メインゲートより徒歩1分
開店時間: 8:00-18:00
電話番号: 2141 5786
公式サイトURL: https://www.mdinaglass.com.mt

4. カフェ・フォンタネッラ

View this post on Instagram

Aya (Ana) 🐉さん(@la.vie.ailleurs)がシェアした投稿

街の奥の方に潜んでいるのがこちらのカフェ♪

なんといってもこのカフェは、テラス席からマルタの自然豊かな景色を見下ろす事が出来て、最高なんです!

いつだって観光客でいっぱいのこのお店ですが、席数も多いので大抵は予約なしですんなり座ることができます。

絶景と共に食べる美味しい食事は格別です!

「マルタ一おいしい?」と定評があるのが、濃厚なチョコレートケーキ♡

大きさも濃さもかなりボリューミーなので、2人で1つでちょうどいいくらいです。

甘党の方はぜひお試しあれ!

正式名称: Fontanella Tea Garden
アクセス方法: メインゲートより徒歩4分
開店時間: 10:00-23:30
電話番号: 2145 4264
公式サイトURL: http://fontanellateagarden.com/

5. 歩くだけでわくわく、路地裏

View this post on Instagram

Mathieu Bonnevilleさん(@sky.symphony)がシェアした投稿

観光客でにぎわうイムディーナが、それでもなお「サイレントシティ(静寂の街)」と呼ばれる所以は、数々の路地裏。

日の差す人通りの多い道もあれば、そこから左右に伸びる日陰の細くひっそりとした路地もまた、イムディーナの忘れてはいけない魅力の一つなのです。

立ち止まって一歩入ると、マルタ・ストーンでできた高く平たい壁が迫ってくるような感覚を味わえます。

ドアの飾りやあちこちで見られる聖母子像などを探しながら歩くのも楽しいですよ♪

6. 聖パウロのカタコンベ

View this post on Instagram

@beaver_talesがシェアした投稿

カタコンベとは地下墓地のこと。

イムディーナの町の外、ラバトに足を運んでみると、こちらの聖パウロのカタコンベが地下に広がっています。

一部が公開されていて、まるで迷路のような巨大な地下の空間を散策できるんです!

死者と一緒に埋葬されていた装飾品などは、残念ながら荒らされてしまい残ってはいませんが、当時の人々の大事な日常の一部を感じることのできる、貴重な歴史を持つ場所の一つです。

この地下墓地に詰まった昔の人々の様々な想いが、ひんやりとした空気から伝わってくるようです。

正式名称:
住所: Hal-Bajjada, Ir-Rabat
アクセス方法: バス停「Rabat 3」より徒歩7分
開館時間: 6-10月 9:00-18:00 (チケット販売は17:30まで)、11月-5月 9:00-17:00 (チケット販売は16:30まで)
料金: 大人(18-59歳) €5、12-17歳/60歳以上/学生 €3.5、子供(6-11歳) €2.5、乳児(6歳以下)無料
電話番号: 2145 4562
公式サイトURL: http://heritagemalta.org

静寂の街を散歩しよう!

マルタ・イムディーナ、在住者解説のおすすめスポット6選、いかがでしたか?

静寂の街の名だけ見て、寂れていると思ったら大間違いですよ!

マルタに訪れた皆さんもぜひ、歴史を存分に堪能できるこの街に遊びに来てくださいね♪

マルタ観光時にGETしたいお土産はこちら🎁✨

地中海に浮かぶ小さな島、マルタ。 様々な文化が入り交ざっているこの素敵なリゾート地で遊びつくした後は、素敵な思い出を持って帰りたい! そんなあなたに、マルタ独特の魅力が詰め込まれたお土産の数々を、ランキング形式でご紹介します♪

観光局の方に取材させていただきました🎤✨

マルタはイタリア・シチリアからほど近い、地中海に浮かぶ美しき島国。温暖な気候に、青く透き通った海!今回はそんな旅行先にぴったりのマルタについてリサーチするために、マルタ観光局さんにお話をお伺いしました!果たして本当のマルタの魅力とは!?

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

うるし
大学3年。現在マルタに1年間の留学中です🏃‍♀️みなさんにナマのオススメ情報をたくさんお知らせしたいです📣他に、アメリカ(ケンタッキー州)/横浜/台湾(台北市)/静岡市/秋田市に在住経験があります!渡航経験は🇺🇸🇯🇵🇨🇳🇲🇽🇨🇦🇸🇬🇲🇴🇲🇹🇲🇾🇮🇹
応募はこちら▼
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で