メルボルンでの旅行必見!日本からの行き方について解説!

Akari

トラベルライター

シェアありがとうございます

オーストラリア メルボルン
Photo by AdobeStock

世界の住みやすい都市に何度も選ばれているメルボルン。

オーストラリアのビクトリア州に位置し、コーヒーや歴史的な建物、音楽の文化が盛んで、シドニーにつぐ第二の都市です。

歴史的な建物が多く、ヨーロッパの街ような雰囲気を持つメルボルンは、散歩をするだけでも楽しめる街です。

今回はメルボルンに観光する際に参考にしていただきたい日本からの行き方などの基本情報です。

1. 日本からのアクセス

飛行機
photo by Kentaro Ohno

日本からメルボルンへは直行便で約10時間~10時間40分、乗継便で13時間からです。
フライト料金は乗継便で往復5万円代から、直行便で9万円代から。

LCCが参入しているので、シーズンによってはお手軽価格で遊びに行けちゃいます。
ジェットスター航空が月水木土のみ、成田空港から直行便を運行しています。しかし、ジェットスター航空はLCCであるため、食事や手荷物受託に別途料金が発生します。

オーストラリアに入国をする場合は、観光でもビザの取得が必要となります。観光ビザはETAS(イータス)と呼ばれるもので、オンラインで申し込むことができます。申請費用は20オーストラリアドルで、有効期限は1年間です。有効期間内であれば複数回オーストラリアに入国することが可能です。

このETASを取得していないとオーストラリアに入国することができないので、必ず出発前に申請をするようにしましょう。

メルボルン空港(通称:タラマリン空港)は市内中心地から22kmの距離にあります。
中心地へのアクセス方法は主にタクシーかスカイバスとよばれるシャトルバスです。

タクシーの場合:所要時間20~40分、料金AUS$60~80
スカイバスの場合(サザンクロス駅まで):所要時間約20分、料金AUS$19.5

おすすめはスカイバスです。
空港から中心地のサザンクロス駅間を24時間運行していて、スーツケースを1人2つまで積むことができます。

メルボルンの基本情報を知っておこう

メルボルン
photo by Hiroki Yoshida
いかがでしたか?

今回はメルボルンの行き方をご紹介しました。旅行の際に参考にしていただければ嬉しいです!

メルボルンはコーヒー文化やウォールアート、音楽文化などさまざまな魅力で溢れている街です。

食を楽しみたい人、観光を楽しみたい人、買い物を楽しみたい人にはぴったりです。

メルボルンでの日々を快適に過ごすためにも、急な気温の変化に対応できる服装の用意と、危険な地域を把握をしておくことを忘れずに!

【2018年最新版】絶対に行くべき!メルボルンの観光地20選!

オーストラリアのカフェ天国と言われているメルボルンを紹介!街並みはまるでヨーロッパみたい!?郊外に行けばもちろん自然もあります。そんなメルボルンの絶対行くべき観光地をまとめてみました!

【アートと大自然を楽しむ街♪】メルボルンのおすすめホテル10選!

オーストラリア大陸南東部にあるビクトリア州の都市、メルボルン。「セントパトリックス大聖堂」などの19世紀の建造物や、「グレート・オーシャンロード」も見どころ!そこで、観光スポットに徒歩で行くことができる便利なホテルを中心にご紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Akari
小さい頃から外国が好き。旅行は毎回コスパ重視で、バックパッカースタイルです。訪れた場所は10か国20都市。オーストラリアでの1年半の滞在を経て、オーストラリアに住む人たちのように自由な人生を送りたいと決意しフリーのライター/イラストレーターに。
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で