歴史とファッションの街ミラノ!おすすめ観光スポット23選

Noriko

トラベルライター

ミラノ ドゥオーモ
Photo by Marco Nürnberger

イタリア経済とファッションの中心・ミラノ。中世にミラノ公国の首都として栄え、その後ナポレオンなど諸外国の支配を受けながらも豊かな文化が花開いた美しい都市です。

中世の面影が残された昔ながらの街並みにファッションに敏感な人たちが集まる、中世と現代が交錯する見どころいっぱいのミラノの街を、ランキング形式でご紹介します!

時差 7時間(4月〜10月 夏時間)/ 8時間(11月〜3月 冬時間)
言語 イタリア語
通貨 ユーロ
気候 地中海洋性気候。温暖で雨が少なく、日本と同じように四季がはっきりしています。夏は 日差しが強く、冬は雨が多くなります。

第23位 ミラノ中央駅

ミラノ 中央駅
Photo by Patrick Denker

ヨーロッパの鉄道駅は広々として華やかで旅情を掻き立ててくれる駅が多いですが、ミラノ中央駅はそんなヨーロッパの駅の中でも評判の高い美しい駅です。

ミラノ中央駅
Photo by Giacomo Carena

1912年の建設当時新記録を誇った72mの高さの天井に、リバティ様式やアールデコなどの異なる混合様式で建てられた駅構内は、建築家フランク・ロイド・ライトにより「世界でもっとも美しい鉄道駅」と称されるほど。マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンの映画「ひまわり」の別れのシーンにも使用されています。

駅構内にはカフェやショッピングセンター、スーパーも充実しているので時間が余ってもここで買い物やお土産を選んだりすることもできます。

【住所】Piazza Duca d’Aosta, 1, 20124 Milano

第22位 ミラノ皇帝宮跡

ミラノ 皇帝宮跡
Photo by G.dallorto

ローマ皇帝マクシミアヌスがミラノに住居を構えたときの宮殿跡で、3世紀後半から4世紀の建物です。現在は土台部分しか残されていませんが、中世以降の歴史的建造物が多く残るミラノではめずらしい古代ローマ時代の遺跡です。

ドゥオーモからほど近い場所にありますが、ミラノで遺跡見学をする人は少ないのか観光客が少なく落ち着いた雰囲気。古代ローマ遺跡に興味がある方やゆっくり観光したい方におすすめの穴場スポットです。

【住所】Via Brisa, 20123 Milano
【アクセス】地下鉄赤・黄色線ドゥオーモ Duomo駅徒歩10分
【料金】無料

第21位 サンロレンツォマッジョーレ教会

ミラノ サンロレンツォマッジョーレ教会
Photo by Óðinn

サンロレンツォマッジョーレ教会は3世紀末から4世紀初頭にかけて建てられた、ミラノでも最古の教会のひとつです。11世紀と12世紀には地震と火災、中世には破壊されるなど数々の被害にあいながらその度に修復され現在まで残っている教会です。

教会前の広場にはキリスト教の信仰の自由を認めた313年のミラノの勅令を記念して制作されたコンスタンティヌス皇帝像、広場の端には古代ローマ時代から残る16本の円柱があります。

Visualizza questo post su Instagram

Un post condiviso da Marika Lamanuzzi 🌺 (@marika__l) in data:

 この円柱の横をすぐトラムが通りすぎる風景は、現在と古代が混ざり合ったような不思議な感覚になる、絵になる撮影スポットです。

【住所】Corso di Porta Ticinese, 35, 20123 Milano
【アクセス】地下鉄黄色線ミッソーリ Missori駅から徒歩12分
【開館時間】月曜〜金曜日:8:00~18:30 / 土曜日・日曜日:9:00~19:00
【公式サイト】http://www.sanlorenzomaggiore.com/

第20位 20世紀美術館

ミラノ 20世紀美術館
Photo by Fred Romero

2010年に開館したこの博物館は、イタリア語でムゼオ・デル・ノヴェチェント。ノヴェチェントは900という意味で、その名の通り1900年代の作品を主に展示している美術館です。日本ではわかりやすく20世紀美術館と呼ばれています。

館内には20世紀イタリア美術史において最も重視される画家デ・キリコ、モディリアーニ、ジョルジョ・モランディなどの他ピカソやマティスなどの作品も展示されています。

ミラノ 20世紀美術館
Photo by Heinz Bunse
そしてこの美術館の最大の魅力はその立地。ドゥオーモ広場に位置し、大きなガラス張りの窓からすぐ近くにドゥオーモ、そしてヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアを眺めることができます。

【住所】Piazza del Duomo, 8, 20123 Milano
【アクセス】地下鉄赤・黄色線ドゥオーモ Duomo駅すぐ
【開館時間】月曜日:14:30〜19:30 / 火曜〜日曜日:9:30〜19:30(木曜日のみ9:30〜22:30)
【料金】10ユーロ
【公式サイト】http://www.museodelnovecento.org

第19位 ヴェラスカタワー

ミラノ ヴェラスカタワー
Photo by CEphoto, Uwe Aranas

英ガーディアン紙「世界で最も醜い建築」ランキングで選ばれたのがこのヴェラスカタワー。

このタワーが建てられたのは1950年代と意外と古く、旧市街にある歴史的建造物と調和をとりながらも中世の高い塔や大建造物を呼び起こさせ、ミラノのあるロンバルディアの伝統を取り戻そうというコンセプトで作られたのだとか。確かに中世の塔を思い起こさせるきのこのようなかたちのタワーが、高い建物がないまわりの景色に奇妙に映えています。

タワーの中は住居やオフィスになっているので外から眺めるしかできないのですが、東京ディズニーシーのタワー・オブ・テラーに似たその独特の形から、建築マニアの注目を集める密かな観光スポットです。写真はドゥオーモ屋上からの眺め。近くまで行かなくても市内のあちこちから目にすることができますよ。

【住所】Piazza Velasca, 5 20122 Milano
【アクセス】地下鉄黄色線ミッソーリ Missori駅から徒歩5分

第18位 ガッレリア・ディタリア美術館

ミラノ ガッレリア・ディタリア美術館
Photo by Arbalete

スカラ座のすぐ横、という最高の立地に建てられたガッレリア・ディタリア美術館。イタリアの美術館というと宗教画やルネサンス時代のものが多いのですが、こちらの美術館は1800年代から1900年代の近代美術品が中心です。

展示されている作品の多くはミラノにある銀行や個人が所有していたものがほとんどなので、今まで一般に公開されていなかっためずらしい作品を見ることができます。宗教画中心の美術館に飽きてしまった方、近代美術に興味がある方には、館内の装飾も美しく立地も良いおすすめの美術館です。

【住所】Piazza della Scala, 6, 20121 Milano
【アクセス】地下鉄赤・黄色線ドゥオーモ Duomo駅から徒歩5分
【開館時間】火曜〜日曜日:9:30〜19:30(木曜日のみ9:30〜22:30)
【休館日】月曜日
【料金】10ユーロ
【公式サイト】https://www.gallerieditalia.com/

第17位 サンサティロ教会

ミラノ サンサティロ教会
Photo by dimitrisvetsikas1969

この教会の正式名はサンタ・マリア・プレッソ・サン・サティロ教会、別名「だまし絵教会」。

ドゥオーモ近くのショッピングストリートにある小さな目立たない教会ですが、バチカンのサン・ピエトロ寺院の建築主任だったブラマンテが手掛けた、15世紀末頃建てられた教会です。

ミラノ サンサティロ教会
Photo by  SanSatiroInteriors3.jpg: Goldmund100

教会の中に入ると広々とした空間の奥の方に祭壇が・・・という風に見えるのですが、実際の奥行きは1メートルほど。祭壇に近づいてみると祭壇の上の壁に奥行きが見えるような絵が施されているのです。

偉大な建築家が建てたちょっと珍しい教会、ドゥオーモからも近いのでぜひだまされに、訪れてみて下さい。

【住所】Via Torino 17-18, 20123 Milano
【アクセス】地下鉄赤・黄色線ドゥオーモ Duomo駅から徒歩5分
【開館時間】火曜〜土曜日:9:30〜17:30 / 日曜日:14:00〜17:30
【休館日】月曜日

第16位 アンブロジアーナ図書館

ミラノ アンブロジアーナ図書館
Photo by Elekhh

フェデリーコ・ボッローメオによって1607年に設立された、西洋史上3番目に古い図書館です。観光におすすめの場所に図書館というとなぜ?と思われるかもしれませんが、ここは絵画館も併設されているのです。ダ・ヴィンチの「楽士の肖像」、ボッティチェッリの「天蓋の聖母」、ティツィアーノの「三賢王の礼拝」などイタリアを代表する画家の絵を見ることができます。

Visualizza questo post su Instagram

Un post condiviso da Cyril (@clecosse) in data:

 図書館自体もハリーポッターに出てくるような独特の雰囲気があり、眺めるだけでも十分楽しめます。ドゥオーモから徒歩5分ほどの距離にありながら、図書館と併設されているせいか観光客が少ない穴場スポットになっています。

【住所】Piazza Pio XI, 2, 20123 Milano
【アクセス】地下鉄赤・黄色線ドゥオーモ Duomo駅から徒歩5分
【開館時間】絵画館:火曜〜日曜日:10:00〜18:00 / 図書館:月曜〜金曜日:9:00〜17:00
【休館日】絵画館:月曜日、1月1日、イースター、12月25日 / 図書館:土曜日、日曜日、祝日、12月7日、12月23日〜1月6日、イースター、夏季
【料金】15ユーロ
【公式サイト】https://www.ambrosiana.it

第15位 ポルディ・ペッツォーリ美術館

ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館
Photo by Mark B. Schlemmer

ミラノの貴族であったポルディ・ペッツォーリの美術品のコレクションが美術館として開放されている邸宅美術館です。

ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館
ピエロ・デル・ポッライオーロ「若い貴婦人の肖像」Photo by ピエロ・デル・ポッライオーロ

サンドロ・ボッティチェッリの「聖母」「死せるキリストの哀悼」、ピエロ・デル・ポッライオーロの「若い貴婦人の肖像」などルネサンス期を代表する画家たちの絵画が中心で、そのほかに陶磁器、時計、家具などの展示も。

そして何よりこの美術館の魅力は私邸が美術館として開放されていること。貴族の優美な邸宅を訪れる気分で、ゆっくり美術品鑑賞を楽しむことができます。

【住所】Via Alessandro Manzoni, 12, 20121 Milano
【アクセス】 地下鉄黄色線モンテナポレオーネ Montenapoleone駅から徒歩3分
【開館時間】水曜日〜月曜日:10:00〜18:00
【休館日】火曜日、1月1日、イースター、4月25日、5月1日、8月15日、11月1日、12月8日・25日
【料金】10ユーロ
【公式サイト】http://www.museopoldipezzoli.it/

第14位 サンタンブロージョ教会

ミラノ サンタンブロージョ教会
Photo by Roberto Costanzo

サンタンブロージョ教会は、ミラノの守護聖人アンブロシウスを祀るミラノ最古の教会です。アンブロシウス自身によって379年から386年にかけてロンバルディア・ロマネスク建築で建てられ、この様式の傑作と名高い教会です。

外観は三角形のファサードの左右に伸びるアーチを描く回廊、二つの鐘楼が特徴的。内部は金細工が施された祭壇があり、祭壇の裏からはアンブロシウスのミイラをガラス越しに眺めることができます。

【住所】Piazza Sant’Ambrogio, 15, 20123 Milano
【アクセス】地下鉄緑線サンタンブロージョ S. Ambrogio駅すぐ
【開館時間】月曜〜土曜日:10:00〜12:00 / 14:30〜18:00 日曜日:15:00〜17:00
【公式サイト】http://www.basilicasantambrogio.it/

第13位 レオナルド・ダ・ヴィンチ国立科学博物館

ミラノ レオナルド・ダ・ヴィンチ国立科学博物館
Photo by Pietrodn

レオナルド・ダ・ヴィンチの生誕500年を記念して1953年に作られた博物館です。およそ1万点が展示されている内部はダヴィンチが描いたデッサン、またそのデッサンをもとに作られた実際の模型などの展示品を見ることができます。

ミラノ レオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館
Photo by Jakub Hałun

また敷地内はなかり広く、実物の鉄道や飛行機が置かれた交通機関展示室があり、屋外には潜水艦までが置かれています。

ダヴィンチ好きの方はもちろん、子供連れで訪れても楽しめる博物館です。

【住所】Via San Vittore, 21, 20123 Milano
【アクセス】地下鉄緑線サンタンブロージョ S. Ambrogio駅から徒歩6分
【開館時間】火曜〜金曜日:9:30〜17:00 / 土曜・日曜・祝日:9:30〜18:30
【閉館日】月曜日(祝日を除く)、1月1日、12月24・25日
【料金】10ユーロ
【公式サイト】http://www.museoscienza.org/

第12位 サンマウリツィオ教会

ミラノ サンマウリツィオ教会
Photo by Carlo Dell’Orto

ミラノの中心街にある16世紀に建てられたこの教会は、質素な外見ながらいったん内部に足を踏み入れると壁面いっぱいにフレスコ画が描かれています。

これらのフレスコ画のほとんどはベルナルディーノ・ルイーニによって描かれたもので、彼はダヴィンチとともに仕事をしたことがあると言われる画家です。実際彼の作品のいくつかはダヴィンチのものと間違われフィレンツェのウフィーツィ美術館に飾られていたことがあります。

Visualizza questo post su Instagram

Un post condiviso da TANIGAWA, Hajime / 谷川 ハジメ (@tanigawahajime) in data:

 教会の奥にはダヴィンチの「最後の晩餐」をモチーフにしたとされるルイーニの「最後の晩餐」が描かれています。ダヴィンチとはまた違う構図で描かれたこちらの最後の晩餐も必見です。

【住所】Corso Magenta, 15, 20123 Milano
【アクセス】地下鉄赤・緑色線カドルナ Cadorna駅から徒歩5分
【開館時間】火曜〜日曜日:9:30〜19:30

第11位 センピオーネ公園

ミラノ センピオーネ公園
Photo by dimitrisvetsikas1969

スフォルツェスコ城の裏手に位置する、ミラノ周辺では最大の公園です。広々とした芝生と人工池があり、隣接している平和の門やスフォルツェスコ城を眺めながら地元民に混ざってゆっくりとした時間を過ごすことができます。

Visualizza questo post su Instagram

Un post condiviso da Matteo Pirovano (@totema_) in data:

 また公園内にはトッレ・ブランカの展望台があります。高さは108メートルとそれほど高くはありませんが、ミラノ旧市街には高い建物はあまりないので、ここからミラノ市街を一望するには十分です。天気が良ければ遠くのアルプスまで見ることができます。

【住所】Piazza Sempione, 20154 Milano
【アクセス】地下鉄赤・緑色線カドルナ Cadorna駅から徒歩5分
【開園時間】1~2月、5月、11~12月:6:30~20:00 / 3~4月、10月:6:30~21:00 /
6~9月:6:30~23:30
【料金】センピオーネ公園:無料 / トッレブランカの展望台:5ユーロ

次のページではいよいよ第10位から1位のミラノ観光スポットをご紹介します!

Noriko
パティシエール、イタリアソムリエ協会認定ソムリエです。ローマ、フィレンツェ、パリ、ボルドー在住経験があります。イタリア、フランスのグルメ、観光情報をお届けしたいと思います。お菓子レシピをChicca Foodで公開しています。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo