民泊の動向について

民泊新法より大切かも?実は民泊活用に足りないシンプルな戦略

ABOUT VACATION RENTAL
Stayway 編集部

トラベルライター

新ビジネスの展開やインバウンド効果、地方創成など、民泊の可能性が近年注目されてきました。その一方で、騒音などで近隣に迷惑をかけてしまったり、民泊のイメージを低下させる悪質業社、いわるゆる「ヤミ民泊」の問題があります。今後どのように民泊の発展を支えていけば良いのでしょうか?

「民泊新法」が解決できること

2018年6月15日に施行される民泊事業関連法案は、悪質業者の排除と民泊事業の方設備のおかげで、サービスの質を底上げします。

民泊参入へのハードルを平準化することで、最低のサービス品質の確保や悪質業者の排除に効率的に取り組めるようになると同時に、日本企業の参入が多く見込まれます。

民泊新法施行後は、行政が全業者を一括管理

今までは、しっかりとしたルール整備がなかったため、民泊に参入するのをためらうオーナーやユーザーが悪質業者に当たってしまうことがありました。例えば、Airbnbなどに掲載されている物件が誇大広告をしてたり、問題を起こしても物件名を変えて再度客を呼び込んだりなど。

では具体的にどのような問題を解決できるのでしょうか?また、日々「住民」が入れ替わる民泊で、どのように効率性を発揮するのでしょうか?

急増している民泊関連の苦情

冒頭で、日本において民泊の発展を遅らせているのは、「民泊は迷惑」というイメージが少なからず影響していると述べました。事実、東京や大阪、名古屋や京都において、民泊関連の苦情が2016年を境に急増しています。

最も多い苦情はゴミや騒音ということもわかっています。しかし、「健全」な民泊業社をこうした問題に配慮しています。問題なのは、苦情があっても自治体の対応が遅れていることを逆手に取り営業を続けるいわゆる「ヤミ民泊」の存在です。

苦情は観光庁の相談窓口経由で自治体へ

新法施行後自治体は、観光庁の膨大な登録者名簿をもとに、従来よりも効率的に民泊利用者と直接連絡を取れる立場にいる管理会社やオンライン仲介業者(Airbnb、HomeAwayなど)に対処を促すことができるようになります。改善が見られない場合、オンラインプラットフォームを提供する仲介者に対し、物件をサイトから解除するように頼むようにしますAirbnbは年180営業日数を超えた物件は掲載できなくすると発表しています。

こうした国と民泊業者の連携で、悪質業者を営業停止にすることはできても、全てを解決できるわけではありません。一旦根付いてしまったイメージは、良くも悪くも、簡単には払拭されないのです。

そこで、民泊に対するイメージ向上も兼ねて、健全な民泊を推進するには、どうすればいいのでしょうか?

地域と一体化するような民泊が注目されている

沖縄件石垣市、まるまる貸切 ⭐⭐⭐⭐⭐

民泊の発展を支えるイメージ戦略

法律が対処出来きない範囲は、利用者である私たち、そして物件提供者が周辺地域にオープンでいることが大事です。例えば、民泊利用者に近くのおいしいレストランやお店、綺麗な公園などのスポットを紹介し、利用者が地域にお金を落とす。その結果、地域経済が活性化するといた好循環を生むことができれば、民泊への評価もあがってくることでしょう。

地域の人との交流を促す「交流民泊」もこのような視点から注目されています。

2017年の11月3〜5日は、嬉しい3連休でした。こうして時々やってくる休みを使って、いつもよりもち...

旅をカスタマイズできる民泊へ

地域に密接するような民泊は、地方創生の観点からも今最も期待されているシェアリングエコノミーです。新法に向け物件数が増えるにつれて、どんどん民泊探しも多様化し、便利になっていきます。民泊の持つ本来のポテンシャルに正しいイメージを日本全国で結びつけることができれば、私たちの旅先での体験や満足度向上にも影響します。

一泊旅行に最適!ゲストハウスやマンション

渋谷区アパート ⭐⭐⭐⭐ 18レビュー  from HomeAway

京都市左京区、無料レンタルバイク付き ↓ 20%OFF ↓ 

海外リゾート気分!長期滞在するなら古民家・コテージ・ヴィラ

北海道ニセコ、プライベートChalet 「高峰」  ↓ 15%OFF ↓ 

民泊自体が持つ利便性を理解してもらう必要も

観光庁が構築していくデータベースは、空き家問題にも役に立ちます。現在、日本に急増する空き家の多くが、所有者を特定できない状態にあります。それは、所有者名義がその人の死後も書き換えらないまま維持され、現代において誰が法的に所有者に該当するかを見極めるのが困難になっています。

そこで、そのような空き家が民泊利用のために観光庁のデータベースに登録された時、無届けの物件だけでなく、空き家の事実上所有者の特定を全国で把握できるようになっていきます。こうして、増え続ける空き家問題の解決の糸口が見えてくることが期待されています。

少しずつ良いイメージを持ってもらうだけで、民泊の浸透率が高まっていくのでは?

Staywayとは

仲介サイトを比較して、オススメの民泊をStaywayで探しましょう。

[cta id=”527″ vid=”0″]